2018年12月18日

「気づくか、気づかないか」 BY コロッケ

「気づくか、気づかないか」 BY コロッケ


以前テレビかラジオの番組だったと思いますが、物まねから始まり、すでに芸術の域に達したあのコロッケさんがとても素晴らしいことを話していたことを思い出しました。

今年も、売国大手メディアはいつものようにもっともらしい10大ニュースなどを垂れ流す時期ですね。

私なども平成最後の年の瀬を迎えるにあたり、この30年間をどのように振り返り、新たな年と元号を迎えるのか、このブログでも書いてみたいと思うのです。しかしどういう視点を持てばいいのか、また個人ブログとして誰を読み手として書けばいいのかわからないのが正直な気持ちです。

そんなことを悶々と考えていたとき、メモに書き留めて置いたコロッケさんの言葉を思い出しました。

彼の投げかけた言葉は今日のタイトルだけでは終わらず、続きがあります。


「やってみるか、やらないか」

「できるか、できないか」

コロッケさんがこのことに気付いたのは、当時物まねで一気にテレビ芸能界を席巻し、人気絶頂を迎えた時、ふと我に返って考えたといいます。

絶頂期に次を考えるとはさすが!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG



「物まねブームに乗っているだけだとあとは落ちるだけ。
だからこのままポジションを維持し続けるためにも、次の芸、チャレンジを考え、新しい技を開発する必要がある、と考え努力してきたと思います。
だからたぶん今の自分があるのです」と。

やはりひとかどの人物、何かを成し遂げる人は違うなあと感心しました。

彼が言っていることは、言われてみればそんなこと知っているよ!という人は多いかもしれません。しかし、最初の「気づくか、気づかないか」つまり常識や他人事で暮らしていると、視野を広げ、またいつもとは違う視点を持つことはかなり難しいことです。

先日の安倍政権の支持率なんか、私はフェイクだと信用していませんが、もしかすると売国メディアの垂れ流す支持率をなんの疑問もなく信じる人は10%ぐらいはいるかもしれません。

そして何かしらの気づきがあったとしても、それを「やってみるか、やらないか」、つまりチャレンジすることはもっと大変です。

下手にやっても非難されるのが落ちだ。それよりは無難に仕事をこなし、また与えられた現状や環境をうまく泳げばいい、となりがちです。これこそゆでガエルの喩えのごとくいずれこのままですと日本人も日本も終わりです。

そして多くの人が挫折するのがせっかくチャレンジしても、最後までやり続けるモチベーションの維持と努力ができない、という点です。

つまり「できるか、できないか」という最後の砦を乗り越えるのは、才能だけでなく不断の努力、創意工夫により磨かれた技術や実力が必要になるからです。

コロッケさんのこの言葉を多くのの日本人にこの年末年始に味わってもらえたらいいなと思い、ブログに書いてみました。

しかし「金だけ、今だけ、自分だけ」のアメリカ奥の院に盲従しぶら下がり続ける、政・財・官そしてメディアの連中は一体どこで道を間違えてしまったのでしょうね?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:26| Comment(0) | 電車な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

若者よヨーロッパに続け!そうでないと地獄が待っているぞ!!

若者よヨーロッパに続け!そうでないと地獄が待っているぞ!!


安倍でんでん政権で次から次と成立してきた悪法

・特定秘密保護法
・安全保障関連法
・TPP関連法
・共謀罪法
・働き方改悪
・カジノ法案
・入管法改悪
・水道法改悪

ネット情報達人の学生はいま立ち上がらないと悲惨な人生が待っていることに気づいていないのだろうか?

日本はいまや、中央集権いえもうここまで来れば警察国家、独裁国家です。
国民の支持と合意に基づく民主主義的な要素はまったくなく、多くの国民が理解もできず納得もしていないにもかかわらず売国与党議員たちは悪法を成立させています。

NHK含め大手メディアは政権の意向のままその本来の役割であるジャーナリズムを放棄しているだけでなく、むしろ政権に都合のよいフェイクニュースを捏造し国民を洗脳しています。

もちろん一部の熱心な抗議行動のデモも起きていますが、いまフランスで起きている政権を揺るがすようなデモにはなっていません。いまやベルギーやオランダ、イギリスやドイツにも飛び火して、ヨーロッパ全土に広がりつつあります。

もちろん旧権力サイドもこれまで以上に執拗に汚い方法やフェイクニュースで対抗しようとしていますが、欧米の国民が日本人と決定的に違うのは、問題を自分事化する感性がさびておらず既存メディアのウソに気付いていることです。

いま世界で起こっている富を独り占めし、暴力で世界を不幸にしてきたアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々に対する市民たちの怒りがアメリカやヨーロッパで起きている、ということに気づいていません。

大手メディアが悪いのはもちろんですが、社会や生活の問題への関心のなさ、そして安倍でんでん悪徳・犯罪一味の悪行に疑問を持たないメディアリテラシィのあまりのなさが、残念ながら今の日本の悲しい現実です。


一方でだいぶ旧聞なのですが、社会を変えたバングラデシュの中高生たちによる「デモの進化形」がメルマガ「出たっきり邦人・アジア編」で紹介されていました。

ネット情報のすばらしさが実感できるよね、若者よ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


切っ掛けはダッカ市内で2台のバスがカーレースの様に追い越し合いをしながら乱暴な運転をしてバス停でバスを待っている学生たちに突っ込み2人が亡くなり、重軽傷が10数人という惨事を起きたことです。

しかも事故を起こした運転手は無免許、バスは正規の車検を受けていなかったのです。
さらにその事故を受けた運輸大臣が記者会見で、サラッとメディアの前で報告をし、最後にニコッと笑顔を見せたらしいのです。

どこかの国の大臣たちと同様の間抜けで、国民のことを一顧だにしない政治屋は世界共通なのですね。

メルマガ記事によりますと、この態度に学生の怒りが沸騰! 翌日は事故現場で学生は道路封鎖を行い、道路の安全確保・大臣の謝罪等を求め、デモをしました。

しかしそれで終わらなかったのがこのデモのすばらしさでした。
しかもこのデモ、なんと中学生や高校生が中心なのです!

そして子供たちは道路に飛び出し、交通整理と通行する車の車検や運転手の運転免許の確認を始めたということなのです。

道路を封鎖して座り込む今までの抗議活動やデモとは全く違うのです。

大人が出来ないのであれば自分たちで実行する、まことに見事な行動力です。


しかし一方で権力サイドのやることは吐き気を催す姑息で汚いのはどこの国でも一緒です。抗議した生徒を弾圧するかのように様々な勢力が出て来たのです。スラムの子供たちに制服を着せ、ニセ学生証を持たせ、暴力行為を起こさせたらしいのです。

まさに共謀罪が成立したわが国では一気にこのようなデモへの圧力や逮捕、そしてNHKや大手メディアによる政権に都合のよいプロパガンダがながされるのでしょうね

しかもフェイクニュースで名高いCNNでさえも大きく取り上げられていたニュースでしたが、日本では全く報道されませんでした。
まあ、今の政権である限りこのようなニュースを流すはずがありません。

やはり今進行中のトランプ、プーチン大統領たちなどによるある種革命が実際に日本に押し寄せてきて、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の犯罪が起訴されて、初めて国民は気づくしかないのかもしれません。はあ。。。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 13:26| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

ヤクザで痴性あふるる二人と東大出のバカ役人によって日本崩壊

ヤクザで痴性あふるる二人と東大出のバカ役人によって日本崩壊


もうこの国はたぶん詰んでしまったと感じています。

インチキ選挙によってしか選ばれようもない,しかも知性のかけらもない連中が多く紛れ込んでいる与党の国会議員たちは、何が楽しくて毎日暮らしているのでしょうね。

この国をおもちゃか何かと勘違いしているのか、数を頼んで小学生でもわかるこの国を滅茶苦茶に破壊させる法案を通すことに邁進しています。

彼らはほとんどの国民の敵になっていることへの自覚がないのでしょうか?

どう考えてもこの国を安全で幸せで暮らしやすい国にしようという考えの真逆のことを立法化しています。

なぜ好き好んでこの国を不幸のどん底に貶めることに突き進むのでしょう?
ただ、自分の立身出世や金持ちになりたいだけではないように思います。

やはり以前書いたように、その動機はこの国を憎んでいるとしか思えないのです。
ですから偽、えせ日本人、そうもどきなのです。

司法も警察もマスコミも全く国民の味方ではなく、敵です。

どのくらいの国民が自覚しているのだろう?とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


悪法が次から次と成立していますが、外国人労働者の受け入れ拡大も決定したようです。
もうだいぶ慣れて驚きはなくなりましたが、法務省も堂々と国会に提出する資料を改ざんしまくり、ウソを前提にしてまで国会を乗り切ろうとしています。

ここまで来れば、もうあきれてため息も涙も出ません。この国はやはり法治国家ではなくなりました。放置国家なぞと冗談を言う気力もなくなります。

役人たちは自分では東大でのエリートと勘違いしているのでしょうが、やっていることは単なる売国行為で、その心根のなんと貧相で卑しい馬鹿だということに気づいていません。

今フランスで起こっている政権に対する暴動を私は批判することはできません。むしろ当たり前のことや理が通用しなくなったとき、たとえ組織的な背景がなくても暴動しか訴える手段がなければそうなることは自明だと思えます。

もう少し経てば、日本でも暴力、いえ力による政権排除が起きるのでしょうか?

いえいえ、たぶん昔の百姓一揆のようなことにはならないのでしょうね。
そのための共謀罪ですものね。

もしかすると、今回の外国人労働者の受け入れ法案によっていまだ日本で働きたいとやってくる外国人がもっと増える可能性があります。
しかし実態が低賃金で雇止めされる、使い捨ての存在だと知れば、不満を募らせた多くの来日外国人主導による暴動がで日本でも起きる可能性があります。

不当労働を強いられた外国人には気の毒ですが、そういうことでもなければ、この国は変わらないのかもしれません。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 17:37| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする