2018年07月20日

安倍でんでん悪徳・犯罪一味の手中に収まってしまった日本

安倍でんでん悪徳・犯罪一味の手中に収まってしまった日本


今日で臨時国会もほぼ終わりだそうです。

自由党の山本太郎さんの奮戦むなしくカジノ法案も可決です。
いまだ西日本豪雨の被災地は酷暑の中後片付けが続き、不明者もいる中、政府は自分たちの利権を確保するのに目いっぱい仕事をしています。

一方、山本太郎さんの訴えで100台の使いやすい小型重機が被災地に届けられたそうです。

誰がどう見ても国民のことを考え、一生懸命勉強し、限られた時間の中で政府を鋭く質す、ごく限られた真の国会議員の一人です。

ネットでしか見ることのできない山本太郎さんの政府追及の政治活動を大手メディアは一切報じません。一社ぐらい報道しても罰は当たらないと思うのですがね。いつも感じますが、大手メディアの罪は本当に重く、つぶれたほうが日本の将来のためには絶対いいのです。

さて仲間の大手メディアが森友、加計事件を報じず、今回の西日本豪雨に関する対応についても一部のメディアしか批判しないことで安心しているのか、ほぼやりたい放題の国会が終わろうとしています。
日本を貶め、劣化することしか眼中にない連中は国民を完全に無視して政治をわが物にしています。このブログでは何度も書いていますが、やはり彼らは単なる金や地位といったことに執着しているだけではなく、この日本を乗っ取り、ぶっ壊そうとしていると思います。

安倍と同様の売国奴の誉れ高い小泉など今となればかわいいものかもしれません。
彼が放った「自民党をぶっ壊す!」は自民党内のまともな議員や経世会を壊すことだったのですね。

当時はだまされたなあ〜でもなぜ今小沢さんと共闘するの?とぷんぷん

IMG_0033.JPG


どうせ悪巧みしか能がないにしても、せめて給料の10%分ぐらい、平民の為に政治をすれば、と思うのですが、これっぽっちもその気はなく、アメリカ奥の院の機嫌取りと仲間のためだけの、政治という名のこの国の乗っ取りを数の力に任せやり切った安倍でんでん悪徳・犯罪一味です。

もうすでに日本は一般国民の国ではなく、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の手中にほぼ納められたといっても過言ではありません。

むかし真面目で有為の人達の一部では、日本の物欲ありきの便利な生活を続けるには、地球が二個強、アメリカ並みの生活だと5個強ないと立ち行かなくなると警鐘を鳴らしていました。

つまり、今の生活の価値観でエネルギーを使ったり、物質的な利便性を追求したりしていく暮らし方を続ければ、2030年頃には配給性の暮らしが待っているという事を主張していました。

「今だけ、自分だけ、金だけ」の価値観を信条とする、安倍でんでん悪徳・犯罪一味にとって、この国や地球の未来など一切に頭に思い浮かばないのでしょうね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:34| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

強いことが正義?

強いことが正義?


中国の漢の初代皇帝高祖について興味深い逸話を読んだことがあります。

敵から逃れる途中、乗っている馬車からわが子を投げ捨てようとして、部下はその都度その子を助け、いくら馬車が軽くなり逃げるのに有利だからと言って、わが子を投げ捨てるというのはとても許されることではない、とするのがその部下の考えなのですが、高祖にすれば、子はまた作れるが自分が死んでしまっては元の木阿弥だと、現代の価値観に従えば、まことに非人間的な冷たい現実主義者の話です。

たしか『項羽と劉邦』という司馬遼太郎の歴史小説の中で読んだと記憶しています。

しかしなぜそのような非人間的な男がリーダーになり、国を興すことができたのか?

現代では到底考えられないと思うのですが、意外と今の世の中を動かしている、アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々などと同じなのではないかとふと思ってしまいました。

彼らの価値観というやつは簡単に言いますと、できるだけ多くの仲間だけを食べさせ、豊かにでき、この世を支配できる圧倒的な力を持つ者がリーダーであり、それが唯一支配者たるものの正義である、ということなのかもしれません。

時代とともにその力は単に暴力や武器などだけでなく、世の中の考えや価値観を自分たちに都合のよいように植え付ける、本や映画やテレビそしてマスメディアなどを通じて行われています。

また財力も金銀財宝といったものだけでなく、ただの紙切れでしかないのに、信用という名のからくりで各国の貨幣をコントロールしたり、株式市場や先物取引、つい最近ではCO2の取引所などといった仕組みを創造したりして力の源泉にしています。
ビットコインもいずれ市民から支配者に無理やり乗っ取られるのかもしれません。

騙すほうも悪いが騙されるほうもどうかと思うよ!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


今回の西日本の大雨による大災害について、安倍でんでん悪徳・犯罪一味がネットで自民党赤坂亭と揶揄され国民そっちのけで酒盛りしていたことが非難され、一部大手メディアでも取り上げられました。

しかしこの期に及んでも、安倍でんでんは股関節だかが痛いということで広島への視察を取りやめたそうです。

異常気温の中隊員は被災地で必死の救助や復旧作業に当たっているにも関わらず、トップの小野寺は、当初宴会中であっても適切に情報を受け取り、指示もしていた、とインタビューに答えていたのに、今になってそのようなことは言っていない、と言い出したようです。

どうも酒を飲みながらの指示は、もっとまずいと官僚からでも言われたのでしょうね。嘘をついても平気でテレビのインタビューを受ける神経はもはやまともな人間とは言えません。

安倍でんでんがこの国のトップですから、ほかの閣僚も同等かそれ以下の人間もどきのような人材しかいないのです。

彼らの正義とは自分たちが支配者であるから何でも許されると本当に思っている節があります。

自分たちは選挙で国民の信任を受け多数派なのだから、戦争法だろうが共謀罪だろうが、災害で国民が大変だろうが原発で被爆しようが、働き方改革で死ぬまで税金を納めさせ、一方博打ビジネスで国民の金を巻き上げるカジノ法案を何としてでも通そうとしています。

こんな政権を支えている自民党、公明党の議員や支持者、そして三権の役人やNHKをはじめとする大手メディアの人間たちは日本がどうなっても構わない、と考えているのでしょうか?

もしかすると今のうちに不正の限りを尽くし財産をしこたまため込み、いずれ没落する日本を横目にしかるべきどこかへ逃げようと考えているとしか思えません。

 プラトンが論破を試みた「強いことが正義である」はいまだに現代でも脈々と生きており、正直者が損をし馬鹿を見る、正義とは見果てぬ夢、幻想なのかもしれませんね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:47| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

ジジィの床屋談義でも安倍自民はNO!

ジジィの床屋談義でも安倍自民はNO!


毎日うだるような暑さが続いています。
さすがにこれだけ暑いと、夜はついさっぱりしたものが欲しくなり、昨夜はところてんを今年初めて頂きました。

そしてだいぶ伸びた髪の毛を切りに散髪屋に行ってきました。
散髪屋の親父からは「これだけ暑いと客もさっぱりで商売あがったりですよ」と嘆いていたのですが、話題はやはり西日本豪雨の話で、聞くと親せきが広島にいるそうで、家が浸水したらしいのです。

暑さと泥の掃除で年老いた親戚などはとても大変だということで、一体政府は何をやっているのか、他人事みたいな安倍や自民党は本当にこりごりだとこぼしていました。

もう一人のお客さんは近所の常連さんらしく、親父と話し込んでいるのですが、聞こえてきたのが

「安倍の支持率が上がったとニュースで言っていたけど、いったい誰があんな滅茶苦茶な政権を支持しているのか、さっぱりわからん。日本人はどうも馬鹿が増えたようだ」と憤慨していました。

散髪屋の親父が還暦過ぎの私と同じぐらい、ご近所の常連さんは80過ぎぐらいの爺さんです。

いつもこのブログで安倍でんでん悪徳・犯罪一味の批判をしている私としては、うれしくなり
「でもどうも安倍を支持しているのが若い連中と60歳以上の我々世代の年配者だということですが、どう思います?」
と話を振ると

「そんなわけないじゃない!年金は減るし、死ぬまで働け!みたいな法律も作って、アメリカに文句の一つも言えない安倍なんかとっとやめるべきだ。私の周りでも昔はやっぱり何だかんだ自民党だと思っている連中が多かったけど、いつまでたっても不景気だし、第一物価が上がって母ちゃんもブウブウ文句ばかりだよ。今時安倍政権を批判している年寄りは結構多いはずだよ」とその80歳代の爺さんが吐き捨てるように話してくれました。

気になるのは西日本の豪雨で被害にあわれた人たちや捜索や土砂などの後片付けに追われる人たちの健康です。

まだまだ暑い日が続くから対策を急げ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


ところで、地震 雷 火事 親父といいますが、日本の場合雨も度を越す量が降ればとても怖い存在です。
改めてこの国の自然災害の頻度や被害の多さに驚いてしまいます。

名前だけは立派で仰々しい、国土強靭化政策は一体今はどうなっているのでしょうか?
一時は安倍の肝いりと言われながら、実態は功を奏していないように見えます。

またアベノミクスと謳った経済政策も一部の上場企業には減税による収益増加や我々の年金をじゃぶじゃぶ投入しているおかげで株もあがり恩恵を被っているようですが、一般の国民には生活必需品や食料などの物価が上がるのに、給料は上がらずどんどん疲弊し貧困化が進んでいます。

今回の西日本の災害時に議員会館で酒宴を開催したアホな連中と盛り上がっていたことがバレ、非難が殺到したせいで、国会追求から逃げるためのヨーロッパ外遊をやっと取りやめたようです。

国民の生活や将来を一顧だにしない、その感覚はもはや尋常ではありません。

やはりどんなことをやってもメディアがいつも支持率を上げてくれ、しかも投票もどうとでもなる、と考えているから平気なのかもしれません。

安倍だけでなくこの酒宴に参加した自民党の連中が次回の選挙でも落選しないのであればネットではかなり指摘されている不正選挙を疑うしかないのかもしれませんが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:02| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする