2017年05月29日

変態止まれ!陰謀前へ!!

変態止まれ!陰謀前へ!!

安倍でんでん悪党一味のような変態は一度立ち止まらせ、その陰謀の全容を世の中に広く知らしめ、お縄にかけなければお天道様が西から東へ沈みます。

いよいよ森友学園、加計学園に関する安倍でんでん一味の悪行の構造や実態がはっきりしました。

また事の次第や全容は朝日新聞はじめ、まだらボケから目が覚めた毎日新聞などいくつかの新聞やテレビニュースが取り上げ、これまで政治に関心のなかった人たちも知るところになったと思います。

そういう意味で、先日の文部科学省元次官、前川喜平氏の行った記者発表会はまことに素晴らしく久々の慶事でした。

しかし一方それでも、理屈にもなっておらず、また話の本筋をごまかそうとする輩がいるのです。

そのひどい言いぐさは、ある種変態ではないかと思うほどで、TBSお昼のワイドショウ「ひるおび」に出演している、ジジイ通信の田崎ジジイなのです。

すでに論理破綻をしているにも関わらず、すべてが安倍でんでん擁護の詭弁に終始していました。
金以外に何か安倍でんでんに弱みを握られているのでしょうかね。

一番あきれたのが前川氏の記者会見について、ものすごく狭く大勢の記者でごった返し、皆大粒の汗を掻いていたことを知っていたくせに、まるで前川氏がウソを言っているとばかりに「彼はことの真相に関することを話している時大汗をかいているでしょ!」と得意げに言い放つのです。

変態恥を知れ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


いつまでもこんな犯罪者の共犯者をテレビに出しているTBSやフジは、読売と同様決定的に信用を落とすことになること請け合いです。

また、隣に座っていた元読売新聞の大谷昭宏氏が珍しくまともなことを言っていたのにはびっくりしました。この人はジャーナリストとしてどうもブレが大きく信用していませんでしたが、

「今回の会見場所は一切知らしてはいけない。また会見後、前川氏の身柄の安全が確保されるまで報道してはいけない。こんなことは聞いたのは初めてで、官邸からの脅しがよほど効いてるのか」といって驚いていました。

また、先日の読売がどうでもよい前川氏の過去の話を、さもいかがわしい人間であるがごとく前川氏を貶める記事を、全国の読売新聞(本来東京、大阪など本社ごとに印刷するので、簡単に言うと別の新聞なので、ふつうは同じ内容でも、各地域で多少記事の内容や場所が違うものだそうです)に全く同じ内容で、同じ紙面の場所に書かれいたという意味は、明らかに官邸から指示があって書かれたものだと、も言い放ちました。

確かに、トランプを罵倒していた元共同の後藤や毎日の女性論説委員などの豹変は、メディアの潮目が変わってきたように感じうれしいのですが、安倍でんでんべったりのNHK政治部岩田女子などはまだまだ健在のようですね。

しかし改めて前川氏の決断に感謝したいとの想いを強くしました。

その勇気ある姿は、先日の朝日新聞に全文が出ていた、文部科学省の職員に宛てたメールにある、「気は優しくて力持ち」はまさに前川氏自身のことと、思い定め深く感動しました。

また、やはり大手メディが本来のジャーナリズムを国民のために発揮してくれればこの国は変われることも証明したように思います。

あとは、何とか野党に頑張ってもらい、安倍でんでん一味を国会から追放してほしいと願っています。

今でさえ、これだけ官邸の圧力があるのに、共謀罪が決定すればどうなるか、考えただけでも恐ろしいと思うのは、私だけではないと思いますが、みなさんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:14| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

男の顔は履歴書!安倍でんでん、官房長官と前川氏の会見、どちらが卑しい大人か一目瞭然!!

男の顔は履歴書!安倍でんでん、官房長官と前川氏の会見、どちらが卑しい大人か一目瞭然!!


読売が安倍でんでん犯罪を隠すため、なりふり構わず、こちらこそ犯罪でもなんでもない誤報で、しかも半年ほど前のことを、前文部科学省次官、前川氏の人格攻撃のネタとして偽造報道しました。

さらには、ご丁寧にご本人の記者会見を取材しても、変わらず加計学園についての安倍でんでん一党の悪行の矮小化を狙うくだらない記事をまた書く、ジジィ通信とはいったい!

さすが安倍でんでん寿司友の田崎ジジィが顧問をしているジジィ通信だけはあります。

安倍でんでん命令通りに記事化し、政権維持の片棒を担ぐジジィ通信や読売を見ますと、現在進行中のトランプ大統領から刑務所行きを命じられる事を恐れるクリキントン悪徳魔女一味が必死になって大統領を攻撃している、アメリカCNNやニューヨークタイムズと同じ構造で、完璧なフェイクニースです。というより、有害図書と変わりません。

前川氏の記者会見の動機に文科省の天下り問題の責任問題で、わずか半年で辞任に追い込まれた事に対する反撃との見方もあります。

しかしもちろんきっかけの一つではあるでしょうが、やはりあまりの安倍でんでん政権の横暴に高給厄人たちとは違い、本当に高級役人として我慢がならなかったのだと思います。

よっ官僚の鏡!とぷんぷん

IMG_0027.JPG


「あるものをない、とは出来ない。」

まさに名言、今年の流行語大賞として忖度と並ぶこと請け合いです。

また、官房長官が怪文書、存在しない、そして文部大臣や高給厄人も否定した、文書の存在と書かれた内容は事実だ、と述べました。

呼ばれれば国会で証言もすると。

実際は獣医は供給過多でニーズの面でも運営、資金の面でも如何なものか?と政権の意向に対し反対する行政のトップとして真っ当なやりとりであったわけです。

さらには日本獣医師会顧問で元衆院議員である北村直人も当然のごとく反対したにもかかわらず、それを無視し、ゴルフ友達を優先し、国民の財産を盗ませる悪党一味のボス安倍でんでん。

やはり安倍でんでん一味は立派な犯罪集団です。

普通であれば今回の前川氏の証言は内閣がぶっ飛ぶとんでもない大事件です。
文部科学省の実務のトップが、辞任したとはいえ渦中の事件について証言したわけです。

安倍でんでんは総理や国会議員を辞めるだけではなく、刑事告発され、刑務所で臭い飯を食らわせるべきです。

そんな人間がG7に専用機で何億もの税金をつかい、恥を撒き散らしに行くなんて何かの冗談!?

それにもまして、相変わらず安倍政権の犯罪性を本格追及しないNHKには、ニュース番組を放送する資格はありません。7時のニュースとか9時のニュースといったニュースの看板を外すべきだと思います。

「7時のフェイクニュース」というネーミングがピッタリなのではないかと思いますが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:51| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

安倍でんでん後の総理大臣は誰がやっても聖人君子に見えるかも!

安倍でんでん後の総理大臣は誰がやっても聖人君子に見えるかも!

法治国家としてそのまさにど真ん中で国民の代理人として国を治め、リードする立場の政治家や特に内閣及び行政にかかわる人間には普通の人以上の規律や道徳や公正さが求められるのだと思っていました。

そして小学生から中学生低学年までぐらいは、きっと総理大臣や大臣は普通の人より立派な人なのだろうと思っている、いや、いたと思います。

家庭で政治の話しが出れば、もしかすると、今の家庭では政治などの話題は出ないのかもしれませんが、普通であれば、多分親からの話などで、学校で習った知識とのギャップを知り、安倍でんでんや大臣など、今の政権に対して大人と同じように、いやそれ以上に敏感にうさん臭さを感じ取っているかもしれません。

しかし、大手メディアの世論調査を鵜のみにしている家庭では、全く逆の可能性もあり、それを裏付けるように、20歳代の右翼化が目立つとどこかで読んだ記憶があります。

彼ら十代前半の少年、少女たちに対して、内閣の大臣たちや自民党議員達はもちろん国会答弁を行う高給厄人たちは、彼らの目をきちんと見て、彼らからの質問に胸を張って、しかも彼らにもわかる言葉で説明できるのでしょうか?

特に安倍でんでんや官房長官などは、子供たちに総理大臣の行いや疑惑について質問された時、彼等が納得できる、そして尊敬されるような、美しく、また正しい日本語で受け答えができるのでしょうか?

はなはだ疑問ですよね。

というより、しどろもどろになり金田法務大臣なみの受け答えで、いや場合によっては、子供たちから言葉遣いの間違いを指摘されるのが落ちでしょう。

さらには

「総理大臣は裸の王様という寓話を知っておられますか?」

私でも知っている、とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


とか

「総理大臣は、嘘つきは泥棒の始まり、ということわざを習いましたか?」

とか

「総理は私たちが死ぬかもしれない戦争がしたいのですか?」
などと突っ込みを入れられる日本で最初で最後の首相になること請け合いです。

将来、親などは、子供が嘘ついたり、ごまかしたりしたときの決まり文句は

「そんなこと言っていたら安倍でんでんになってしまうよ!」

と叱るようになることを願いたいですが、共謀罪が成立するとそれも叶わないのでしょうかね?

どこかの劇団か硬派のお笑い芸人さんが流行らせてくれないかなあ。はあ〜。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」





posted by ぷんぷん at 15:46| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする