2017年08月18日

カリアゲ君のミサイル撃つぞうキャンペーンの成果が早速出た!

カリアゲ君のミサイル撃つぞうキャンペーンの成果が早速出た!

2+2とか、なにやらカッコつけたネーミングなのですが、米国へ新任の防衛大臣と外務大臣がご機嫌伺いに出かけ、自分の金ではないのに、気前よく一基800億円のミサイル迎撃システム、イージス・アショアなるものを2基もお買い上げとのニュースがありました。

ついでながら、テレビで専門家が言うには、価格も正価の3倍ほどだそうです。

どこにそんなお金が今の日本にあるのか、不思議でしようがありません。

年金の給付開始時期がどんどん遅くなり、学校給食費を払えない家庭が増加し、非正規雇用の若者が結婚もままならないほど貧困化している経済状況にも拘わらずです。

アベノミクスというインチキはとうに化けの皮が剥がれ、息も絶え絶えの国民経済に対して、何も有効な政策を実行できないのに、自分や外国には気前よくお金をばら撒いてきました。
さらには、自分のお仲間には高等教育とは名ばかりの補助金目当ての大学ビジネスの正体がばれた加戸学園認可において行政をゆがめ、特区と言う名の国家財産の私物化に経済ゴロの竹中達とまい進する、とんでもない悪徳・犯罪一味がこの国を牛耳っているからこうなるのでしょうね。

そもそも今度の北朝鮮のミサイルは大気圏を通ってグァム近海に落とす代物だそうです。
つまり日本には落ちないミサイル、もっと言えばアメリカに対して撃つものをなぜ日本が撃ち落とす必要があるのでしょうか?

花火のほうがまだいいや!とぷんぷん

ぷんぷん31日4.jpg


接近戦の戦争のために必要なものならいざ知らず、そうでないものに、2000億円近くもの国税を投入する意味がさっぱりわかりません。

まあ、いつもの北の脅威に備える国防のために、必要な武器を同盟国のアメリカさまから購入しなければならないことを、さももっともらしい理由を考え出して購入するわけです。

私としてはマッチポンプ経済とみていますから、余計に呆れてしまいます。

さらには、アメリカ国内では実証実験が難しい迎撃ミサイルの性能評価のために、北に命令してグァム近海に撃たせて迎撃させる実験も兼ねているとネットでは分析されています。

事実を何も知らない、知ることができない我々一般国民は、今時Jアラートとかいう警報が鳴ったら、頭を低くして頑丈な建物に避難するのだそうですが、ミサイルでも核でも本当の攻撃だったら一巻の終わりであるのに、
「何を寝ぼけたことを言っているのだろう」という疑問すら頭に浮かばないほど馬鹿な国民なのでしょうか?

それともそんな事態になるはずがないと高を括っているのであれば、安倍でんでん悪徳・犯罪一味とアメリカ奥の院の出来レース、マッチポンプへの非難の声を上げるべきではないでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:59| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

警察は悪者を根絶したら、仕事がなくなる!?

警察は悪者を根絶したら、仕事がなくなる!?

世界の警察と自負していた、アメリカ悪徳・犯罪一味の美味しいビジネスが戦争である事は、ネット社会ではほぼ常識です。

その親玉がアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々である事も、既にバレバレです。

「そんな馬鹿な話があるか、単なる陰謀論だよ」
と一顧だにしない人達が日本にもまだまだ多く、しかも学歴のある、常識人と言われる人ほど多いように思います。

しかし、そんな常識人の人達もここ一連の安倍政権のあまりにも滅茶苦茶な、戦争まっしぐらの自衛隊派遣法や共謀罪などの法案成立や森友学園については、国家財産に関する不正もさることながら、寧ろその目指す教育勅語を用いて、まるで戦前の軍国国家を彷彿させる、教育方針には驚いたと思うのです。

何度も書いていますが、日本を戦争が出来る国にするため、いずれは憲法を改正し、そして徴兵制も復活するように、アメリカ奥の院に指示されているのだと、いう事を把握していないと、理解出来できません。

そして、戦争に備える必要性、必然性を世論にする為には、日本に危機が迫っている状況が無くてはなりません。

やっぱそうなんだ!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


まさに、北のカリアゲ君がその役割をアメリカ奥の院から命令されて、ミサイル発射実験やら核実験をやっているわけです。

この事を百も承知の上で、その都度NHK始め大手メディアがニュースで派手に煽っているのです。嘘も何度も続けば事実ぽっくなり、日本国民にもいつ北朝鮮が暴発するかわからないとの危機感を刷り込んでいる最中なのです。

それが功を奏し今は日本や韓国に恐怖を与え、国防のためにアメリカのオスプレイやミサイルなどを買わせ、商売繁盛なのです。

イラクや、シリヤが北朝鮮と同じ事をしたら、すぐにでも攻撃するアメリカが、口では激しく罵りますが、本当に潰して、天然資源の確保や周辺諸国での悪だくみを画策したいのであれば、とうの昔にカリアゲ君はこの世からさようならさせられているはずです。

巨大な軍需ビジネスでいつまでも稼ぎたい悪徳・犯罪一味の権力者たちは、はなから世界平和など一切考えてはいません。

つまり答えは単純で、敵がいなくなれば食えなくなるからです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:19| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

戦没者の悔しさ、悲しみに天も涙する 首都の記録的な長雨 

戦没者の悔しさ、悲しみに天も涙する 首都の記録的な長雨 

河野外務大臣さまも安倍でんでん悪徳一味にお仲間入りのようで、淡い期待をした私がバカでした。

命を取られるわけでもないのになぜ大臣としての矜持を示せないのか?

今の政権で大臣になる意味を河野外務大臣は考えたのだろうか?

民主主義国家の日本外交のトップとして、国民の負託にこたえるべき立場でありながら、何をするべきなのか一度でも考慮したことがあるなら、国民が一番関心を持っている現政権の疑惑に関与した役人の人事については、当然責任ある決定をしなければならないはずです。

新聞によりますと、森友事件でアッキード事件として、その名を知らしめた安倍の夫人付きの秘書官がイタリア日本大使館の一等書記官になったということです。

本人は栄転という餌に喜々として赴任するのでしょうが、国民から見れば国外逃亡としか見えず、また真実を証言せぬまま現政権延命を助ける二重の売国的な処遇を外務大臣は与えたわけです。

国の為にと家族や恋人を残し、戦火に散ったご先祖たちのように、命の危機や職業の危機も全くないくせして、たかがインチキ、悪徳内閣の外務大臣であってもその椅子欲しさに政治家になった、この男も偽日本人だったのですね。

末期的状況の日本に悲しいぷんぷん

IMG_0041.JPG


今この国を支配しようとしている政治家やそれに連なる官僚、マスコミの連中は、本当にこのまま、アメリカ奥の院が命ずるがままに、戦争のできる醜悪な日本にしてもいいと思っているのでしょうか?

ネット情報によりますと、北朝鮮の平壌空港と米軍の横田基地の間で飛行機が行き来している、との情報がありました。

何故アメリカと北朝鮮が裏ではつながっている決定的証拠について、NHKはじめ大手メディアでビックニュースとして取り上げられないのか?

この一点だけでもこの国は独立国では全くないことを証明しています。

何度もメディアが煽り、垂れ流すアメリカと北朝鮮の危機がフェイクであり、マッチポンプの最たるものであることがはっきり認識できます。

今日のしとしと降り続ける雨の音が、とてもむなしく、また悲しく、そして恨めしく聞こえてしまいます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:06| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする