2017年09月25日

自民党ぼろ負け!小池「希望の党」独り勝ちデジャブ!!

自民党ぼろ負け!小池「希望の党」独り勝ちデジャブ!!

先ほどまで小池都知事の新党の会見をテレビで見ていました。

掲げた理念、政策の大綱は少ししか読み取れませんでしたが、やはり並み居る政治家の中では、会見がうまい!と感じましたし、安倍でんでんの夕方予定の解散に関する記者会見前にぶつけてくる戦術もさすがで、注目の集め方が本当にうまいと感じました。

都知事をなげうった自身の出馬は表明しませんでしたが、状況がまるで昨年の都知事選と同様に、小池氏に有利に働いていると感じます。

一つには今の自民党、特に首相のまいた私利私欲の政権に国民はうんざり、いえもっといえば怒っていることに対し、民進党含め野党に国民の気持ちが全く動いていないことです。

東京都議選でも民進党は風前の灯で、都民ファーストが圧勝し、唯一議席を伸ばしたのは共産党ぐらいでした。国政でも同じ様相を呈しています。

たぶん、希望の党が議席を取る分、民進党と自民は議席を減らすことが予想されます。

公明党や共産党など組織票がしっかりしているところはほぼ変化はないのでしょうが、自民党や民進党などに投票しても何も変わらず、むしろ悪くなると直感的に国民は感じているので、希望を感じることができる新しい党として、希望の党がまさに党名にもあらわされておりかなり躍進しそうな予感がします。

小池氏の会見を聞いていて、うまいなあ、と感じたのは、記者からの質問で新しい党の役職などの質問などがあった際、「与党になるか野党になるかでいろいろ考えなければいけないのですが・・・」とかなんとか答えたときは、ぐっと来てしまいました。

女性初の首相を狙っているだけはあるね!とぷんぷん

IMG_0095.JPG


その覚悟、やるなら与党を見据える、とも取れます。

このような会見で与党という言葉を出すところが、人の心をつかむのが憎らしいほどうまいと感じさせます。

また、一度リセットして自分が代表になる、と表明する切れの良さもありました。中途半端な共同代表とか顧問とかではない思い切りの良さを伝えるうまさ、とでもいうのでしょうか。

さらには側用人ながら、現国会議員二人が先行して党を纏めようとしていた努力は認めながらも、枝葉末節と切り捨て、もっと大事なのは子供たちが希望を持てる国にしていくための、幹について今一度考えていくべきと、スパッと言い切るリーダーとしての強さも印象的でした。

一方の自分が国会で森友・加計学園問題で追及されるのが怖く、また乗り切る自信がない真っ黒な悪徳政治家である安倍には冒頭解散しかないと踏んでいるのでしょうが、よほどの不正選挙をしない限り勝つことはできないと思います。

まず小池氏と安倍では勝負になりません。

まあ、問題は小池氏という政治家のいう希望というものがどういうものか、安倍に変わるアメリカ奥の院の「くのいち」なのか?実態が見えないので一抹の不安は残ります。

まずは現政権を倒すのが野党のとるべき戦略であると思いますので、野党各党は今回の小池「希望の党」といかに選挙協力をしていくのか、見ものだと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:43| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

総選挙の大義は、国民を幸せにしない安倍政権打倒!この一点に絞り野党は集結せよ!!

総選挙の大義は、国民を幸せにしない安倍政権打倒!この一点に絞り野党は集結せよ!!

財務省が森友データ復元?良心と悪魔の囁きとの闘いなのか?

今朝の東京新聞のニュースに注目すべき記事がありました。
「学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省と学園側との交渉記録を含む可能性のある電子データが保管されていることが、同省への取材で分かった。「七月末までにコンピューターのハードディスクを破壊してデータを復元不能にする」との業者との契約を同省が覆し、業者に延期を指示した。同省が記録復元を視野に入れていることを意味し、情報開示を求める声が再燃することは必至だ」(東京新聞より一部抜粋)

やはり、安倍でんでんをかばい、国会で国民への裏切り行為が栄転につながった現在の佐川国税局長官の嘘が明らかになる可能性が高くなり、偽証罪での立件が濃厚となってきました。

高給厄人として、いよいよ自分の身が危なくなったとの判断で、このタイミングを計って、出してきたのか、それとも売国官僚の両翼を外務省と担う財務省の中にも、前文科省事務次官の前川氏のような高級役人としての良心にほだされた者がいたのか?

どちらにしても、戦後最悪の冒頭解散を狙う安倍でんでんの思惑通りにはさせたくない多くの国民には、神風になる可能性があります。

天網恢恢疎にして漏らさず!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


いまこそ、大義なき解散総選挙の真の大義として

「国民を幸せにしない安倍でんでん悪徳・犯罪政権の打倒!」

のただ一点に絞る選挙を全野党は全精力を注ぎ込んで展開すべきです。

なぜならこのまま予定通りに解散になった時、ただ勝つためなら選挙違反だろうが不正選挙であろうが、なりふり構わず突き進むのが与党の大儀なのです。

ですから多くの国民が願う劣化しつつある今の日本を我々国民の手に取り戻すには、安倍を退場させ、今の政治を終わらせるということが一番重要なことなのです。

自民党などの与党の基礎票は選挙権のある国民の20%前後と言われています。
今回の選挙に投票することの重要性を国民は自覚し、ぜひとも投票所まで足を運び安倍政権にNOを突き付ける行動を起こすべきです。もしそうしない人がいるとすれば、日本人として、大人として国民の義務も権利も放棄したのも同じだと思えます。

野党も政策、主義主張は二の次であり、日本の将来を決する重要な選挙であることを肝に銘ずべきです。

大義など全くなく、ただアメリカ奥の院の命令と「金だけ、いまだけ、自分だけ」と国民の幸せなど一顧だに値しないとする悪徳・犯罪与党の解散選挙目的は、ただ勝つためだけの選挙なのです。

であれば、国民の大多数が与党にNOを突きつける事を願っている今、各野党は共闘に専念すべきです。

今回は大同小異が全てです。

未だに共産党とは政策が違うなどとグダグダしている民進党は何を大義として戦うつもりなのか?

これがわからないようであれば、隠れ自民とも、アメリカ奥の院の手先と言われてもしょうがない、無用の長物、与党と同じ穴のむじなだと断言できます。

今の日本に一番重要な判断は、勝つためだけの大義なき解散に対して、国民の野党に対する願いは、主義主張は小異であり、大同は現政権を退場させる、この一点に纏まれだと確信しますが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:14| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

天皇陛下の突然の高麗神社訪問 カリアゲ君とトランプ大統領への反戦メッセージか?

天皇陛下の突然の高麗神社訪問 カリアゲ君とトランプ大統領への反戦メッセージか?


昨日天皇皇后両陛下が私的な旅行として、埼玉県にある今の北朝鮮付近にあった高句麗からやってきた渡来人に深くかかわる神社、高麗神社を訪問されたとニュースで知りました。

唐突感がぬぐえない、今回のご訪問はなぜこの時期に?

天皇陛下は以前何かの記者会見で、「私としては、桓武天皇の生母が 百済の武寧王の子孫であると、続日本紀に記されていることに、韓国との深いゆかりを感じています」と述べられ世間の注目を集めました。

この発言に、両国にある反日、反韓の問題を政治的に利用する人間たち、とくに両国の緊張を煽ることに利があるアメリカ奥の院たちは、とても焦ったのではないか、と思っています。

どこか日本人の多くは、日本は島国であるが故に単一民族国家としての頑なな考えや価値観があるようにDNAレベルで刷り込まれているように感じてきました。

学校でもあくまで中国や朝鮮半島からの渡来人やその知識や文化は、日本で同化したというよりも彼らをお客さんとして別物のように区別してきたように教えられ、自然に彼らが日本人の一末裔として今に至っていることを意図的に子供たちに教えてこなかったような気がします。

ですからどこか単一民族国家でありその象徴である天皇の混血を許さない、というよりもあるはずがない、とう純血主義的な考えが根底にあることが、歴史的な併合や敗戦時の混乱などで生じた、無用の反感を互いの国同士に植えつけ反目させる危うさにつながります。

このことはアメリカ奥の院たちが軍事ビジネスをしやすくする世論環境として機能し、今の北朝鮮と韓国・日本とのマッチポンプがとてもやり易くなっています。

確かに!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0032.JPG


また一方で、昨夜国連でトランプ大統領が一連のカリアゲ君の暴挙を非難し、さらには拉致されためぐみさんの話にも触れ、北朝鮮がこれ以上のアメリカおよび同盟国に対する無謀で危険な挑発を行えば、北朝鮮を潰すことしか選択肢がない、と全世界のリーダーの前で理解を求め、そして宣言しました。

つまり世界は、もし今後北のカリアゲ君が挑発的なことをやったら、軍事攻撃をするというアメリカの態度を認めざる負えない状況になったわけです。

天皇陛下としては、行き過ぎた朝鮮半島とアメリカの挑発合戦が戦争になる前に、朝鮮半島での南北の対立や日本との反目状態を解消するには、自分自身の出自を明らかにし、日本と朝鮮半島の民族は親戚であることを暗に知らしめたいのではないか。

そして、戦後から続く北朝鮮、韓国、日本に対するアメリカ奥の院の支配と搾取という悲惨な状態をそろそろ終わりにし、決して同じ民族、アジア人同士が戦争を始めることをさせたくない想いが、今回の独楽神社訪問には込めらているのではないか、と思うのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:31| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする