2018年06月25日

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!


昨夜は久しぶりに夜更かしをしてサッカーワールドカップ日本対セネガル戦を最後まで見ました。残念ながら勝つことはできませんでしたが、見ごたえのある面白いゲームで、引き分けの勝ち点1を獲得しました。

日本が負けずに決勝リーグに出られる可能性が高いので、余裕があるからかもしれませんが、相手チームもあまり南米チームのような汚いプレーがなく、互いに持ち味を出したナイスゲームだったと感じました。

一部キャプテンの長谷部選手やでフェンス人が肘鉄などを食らっているようにみえ荒っぽいプレーもあったようですが、日本チームは始終冷静かつ非常にハードプレイをしていて、勝ってもおかしくないゲームでした。

ワールドカップ前は直前に監督交代があり、数ゲームの強化試合は最終のパラグアイ戦までボロボロだったようで、前評判は惨敗が予想されていました。

監督が代わって多少の選出選手に違いはあったようですが、ここまで劇的にチームが変わるとはだれも想像していなかったようで、私も期待をせず夜更かししない程度に見ようと思っていました。

しかし、相手選手の一発退場で一人多いとはいえ、前回のブラジル大会でぼろ負けしたコロンビアに勝ったゲームを見て前評判とは違う、昔の勝負に対してもろい頃とは違う、いい意味で開き直ったといいますか、勝ち切る強さを感じさせました。

まあ、女子はすでにワールドカップで優勝しており、男子サッカーの頑張りが期待されながらなかなか実績が伴わず、もやもやさせられていましたが、今回はどうも様子が違います。

シロートからは戦術などはわかりかねますが、やはり西野監督のリーダーシップが優れているから今のような結果が伴ってきていることは想像できます。

テレビでの選手のインタビューなどで垣間見えるのは、やはりチームとしての目的と戦う上での責任ある行動力を監督が求め、皆が納得して共有しているのだろうな、と感じました。

また、記者会見で外国記者からセネガル戦への調整に関して問われたとき
「乾と大島の身長5cm体重5sアップに失敗したけど・・・」というジョークがネットでも話題になっていましたが、なかなかジョークもセンスのある監督さんです。

リーダーとは状況を変えられる人だねとプンプン

OWNER-PC - IMG_0167.JPG


次戦もこのままベストを尽くして決勝リーグに駆け上がってもらいたいと思います。

一方我が国の政治です。

国会を延長し、安倍でんでん悪徳・犯罪一味にとって重要な法案を通過させるためのようですが、どうも安倍はやめるつもりなどなく、森友・加計事件ももう済んだことにしようとしています。

どさくさにまみれメディアの都合も考えず当日の午前中に告知し、午後いきなり記者会見を行ってしまう加計汚さ、強引さ、ただ会見をやったというエビデンス作りのためだけに開いた相変わらず安倍一味のトンデモ記者会見でした。

こんな醜く、汚い連中がこの国を治めていることにどうして国民は平気なのでしょうか?

いえそんなはずは決してないと断言できます。この国の政治制度に問題があると思います。

サッカーのように常に結果が求められ、昨夜のゴールキーパーの川島選手などはたとえ実績があっても、たぶん今はできたら逃げだしたいほどの後悔と屈辱を感じながらも次戦に向けて努力しているはずです。

それがプロです。

それほど厳しいスポーツ選手に比べ何度もレッドカードを出されても汚い、しかも惨い政治運営をやって国民を不幸のどん底に落としている安倍でんでん悪徳・犯罪一味と与党議員たちの首を挿げ替えなければこの国の未来はありません。

いつまでも党離党略、省益優先のこの国の形を変えるには今の政治制度では、いつまでたっても無理です。

元文部省の事務次官だった前川氏のようなリーダーが生まれるためには、やはり国民が直接選べる大統領制が必要なのかもしれないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:20| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

コロンビアのレッドカードを安倍でんでん悪徳・犯罪一味にも!

コロンビアのレッドカードを安倍でんでん悪徳・犯罪一味にも!


最近ではあまり利用しなくなったFACE BOOKに知人から「おめでとう」のメッセージが届き照れくささもありながらお礼の返信を送りました。

この年になると誕生日はあまり意味のない普通の一日なのですが、前夜のサッカーワールドカップ初戦で日本代表が前回ぼろ負けした強国のコロンビアに思いもかけず勝利したものですから、気分のいい誕生日を迎えることができました。

何が起こるかわからないのがサッカーなのだなあとつくづく感じました。確かに今では戦術が全ての国で理解、浸透している中、このようなことが起こるとはほとんどの人が想像していなかったと思います。

しかし、やはり強豪相手だろうが、西野監督の攻めの姿勢が、香川選手からの前へのロングパスを生み、果敢にコロンビアのディフェンスを振り切りシュートした大迫選手、そして最後まであきらめない香川選手のゴールが、確実に入ることを直感した相手ディフェンダーが本能的に手を出してしまった、レッドカードなのだと思っています。

シロート目には退場により一人多い状態なのですごく有利なのは理解できますが、前半は最後までいつ追いつかれ、また追い抜かれるかヒアヒアしてみていたのも事実です。しかし後半になって落ち着いたのか雰囲気がガラッと変わり、昔の日本代表とは違う手練手管のチームのようで人間一瞬にして変われるのだと感じ驚きました。

改めて日本対コロンビア戦を振り返りますと、なんといいますか、そのチームや国の持つ自覚や覚悟で運命といいますか幸運を呼ぶことができるのだと思えました。

人生も似たようなことが時々起こります。

めったに訪れないのでしょうが、わたしにも奇跡が起こったことがありました。
以前会社を興して数か月経った年の瀬、思うように仕事の受注がなく、いよいよ資金が底をつき正月を迎えられるか暗い気持ちでいたのですが、なんと突然大きな仕事が決まり、しかも次年度から消費税が導入されるということで、先払いをお客さんがしてくれたことがありました。

下手の考え休むに似たり!まずは動けとぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg

まあ、当時金なし、コネなし実績なしにも関わらず、できることはすべてやったことが幸運をもたらしたのでしょうね。

話がそれました。
今回のサッカー中継を見ていましたら、
「就任2か月足らずの西野監督には時間がないが、どうしたら今回のワールドカップを戦えるのか?」
というテレビアナウンサーの問いに対して

元日本代表監督の岡田氏が、
「時間がないという、どうしようもないハンディをいくら考えても、しようがない。
ないものはないのだから、与えられた現状で最善を尽くすしかない」

当たり前のようですが、つい私などはないものねだりや人のせいにしたりして目の前のことをしっかり認識せずうやむやにしてしまいます。
改めて事を成し遂げる優れた人が放つ言葉には説得力があるなあ、と感じました。

ただただ逃げ回ることだけに全神経を使い、しかも周りを巻き込んで日本という国をめちゃくちゃにしている安倍でんでん悪徳・犯罪一味!
こ奴らにレッドカードを突き付け堀の中にぶち込むぞ!という気概とそう出来ることにまい進する実行力の重要性を改めて感じた次第です。

さて、同い年と知った西野監督や選手たちの活躍を期待して来週のセネガル戦を応援しようと思います。
がんばれサムライブルー!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:24| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ビジネスマン大統領のトランプ爺さんの野望と正義とは一体?

ビジネスマン大統領のトランプ爺さんの野望と正義とは一体?


ビジネスマンとして不動産業だけでなくゴルフ場やカジノなど手広く事業を成功させてきたトランプじいさんですが、これまで何度も倒産しながらも這い上がってきたことはとても有名です。

また、リアリティショウのテレビ番組ではトランプ企業の役員の椅子を懸けて番組参加者が競う中、「お前はクビだ(You're fired)」との決め台詞で多くのファンがいたこともよく知られています。

確かにウィキなどで調べると出たがりのきわめて俗人的で成り上がり志向が旺盛で、しかも力強い雄のようで、元夫人が二人もおり女性のうわさが絶えないようです。

また、ずいぶんと個性的な髪形は一時カツラ疑惑で話題になりました。ゴルフ好きと聞きますが決してフォームは奇麗ではありませんがまあやはり個性的なことだけははっきりしています。

しかし米国史上初の政治家や軍人の経験がない、しかも歴代最高年齢でアメリカ合衆国の大統領になった稀有な人物です。

共和党のタカ派からは今でも攻撃され、常に既得権益側の意を受けた大手メディアからスキャンダルやねつ造ネタ含め批判され続けています。

そのため既存メディアをフェイクニュースと罵倒し、記者会見よりも自らツイッターを駆使して発信するというこれまでには考えられなかった大統領でもあります。

先日の北朝鮮のカリアゲ君との史上初の米朝首脳会談はノーベル賞狙いのパフォーマンスだとも批判されています。

まあアメリカ人に謙虚さを求めること自体ナンセンスだね!とぷんぷん

IMG_0104.JPG


暗殺されたケネディ大統領は既得権益権力サイドにとって自分たちの利権、特にドルの発行権を奪うかもしれないとか、CIAの利権である麻薬、偽札ルートを暴かれ解散させられるかもしれないと何かとその筋には邪魔な大統領なので暗殺されたのだと喧伝されてきました。

私はトランプ大統領も既得権益を死守する軍産・金融ビジネスの連中からにらまれており、ケネディ大統領の暗殺のあと大統領に就任したジョンソン副大統領と同じくその筋の子分ペンスが副大統領なのですから、同様の事態がいつ起きてもおかしくないと思っています。

しかしメディアでは攻撃されていますが、いまだ決定的な危険がトランプ大統領に差し迫っている風には見えないのはいったいなぜなのでしょう?と思ってしまいます。

確かに安全保障という名のフェイクを理由にあのオバマ元大統領でさえその筋の言いなりに最終的にはなってしまいましたが。。。
もしかするとトランプ大統領はビジネスマンとして損得が優先するという非常にシンプルな動機でアメリカ奥の院たちを説得しようとしているのかもしれないと今回の米朝首脳会談での発言を聞いて思ってしまいました。

戦争をコストがかかりすぎる「戦争ゲーム」と言い放ちましたからね。

「これまでは戦争ビジネスが一番儲かったし、傀儡政権を各国に作りそのトップに安倍でんでんのような無能のYESマンを置けばやりたい放題で儲かったかもしれない。

しかし今はもうそのビジネスモデルは流行らないし、儲からない。核兵器が使えない武器である限り、通常戦争はこれまでのような収益を生まず実は割に合わないのだ。

いつまでもあんたらアメリカ奥の院など一部の権益を重視していては、日本や中国そしてインドなどが得するだけでアメリカは疲弊ばかりなのが分からないのか?

それより儲かるビジネスモデルを構築できるようにすべきで、それまではアメリカ国民の多くが元気になるように、まずはアメリカンファーストを徹底するのだ!」

というようなことを考え、実行しその筋に対して説得しているのかもしれません。

でもなぜG7でも嫌がられ、国内でも散々たたかれ、いまだ政権のスタッフもままならない中で、しかも命の危険を冒してまでトランプ爺さんは大統領の座にいるのでしょう?

決して旧支配層と単に敵対して英雄を気取っているとは思えません。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:29| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする