2019年01月15日

現代の一休さん達の反撃がオシャレ!

現代の一休さん達の反撃がオシャレ!


以前福井県のお坊さんが僧衣で車を運転していたら、警官から違反キップを切られたというニュースがありました。

「着衣が運転に邪魔なのかなあ」ぐらいで聞き流していたのですが、今度は多くの坊さんたちがその僧衣姿で、器用にジャグリングしたり、手品をしたり、僧衣であってもこんなに何不自由なく動けるぞ!という動画をアップし、ニュースで話題になっていました。

今どきの坊さんはなかなかやるなあ、と感じました。
詳しい事実関係は分かりませんが、単に裁判だ、抗議だと怒りに任せるやり方ではなく、今回の問題について動画を見た人がどう感じるのか、考えてほしい、とある種ユーモラスに投げかけているように思いました。

僧衣での運転に関してどうも警察もはっきりとした基準がなく、現場の警察官に運転に支障があるかないか判断を任せているようなのです。

よくよく考えますと日本はあいまいさあふれる暮らしの中でなんとかうまくやってきたようにも思えます。

そういえばあの文豪夏目漱石も「知に働けば角が立つ、情に掉させば流される、とかくこの世は住みにくい」と小説で嘆いたように、どうも当時の頭が先走る欧米帰りのエリートには日本は暮らしにくく感じていたようです。
今改めて思うのは、そのような日本の人間関係や日本人を少し愚鈍だと揶揄しているようにも受け取れてしまいます。

私などもつい理で攻めようとしがちですが、今回の坊さん達のデモンストレーションをみて、ふと考えさせられてしまいました。

どうも日本人は本来結構いい加減でのんびりな性格なのかもしれません。
あまり物事をはっきりさせないほうがうまく暮らせる先人の知恵なのですね。

日本人の価値観を再発見するのが必要かも!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


欧米的な価値観は石の文化とでも言いますか、きっちり分断します。
ですから家でも個人のプライバシーが守れるように部屋を区切り音を遮断します。

一方昔の日本は木の文化といえます。
家の襖や障子は音を遮断できず、おのずと暮らす上で作法が必要となりますものね。

日本とは古来暮らしの中の決まりごとには、いい面と悪い面がないまぜに同居している、まことに情緒的な国だったものが、明治維新以降、西洋的なものを良しとする傾向があまりにも占めるようになってしまいました。

恣意的に悪者がこのあいまいさを利用しますと弱いものいじめの面が強く出ますし、逆に大目に見ることで人を窮地に追い込まず、育てたりもします。

今回、現場の警官ももう少し大きな目で安全運転の注意と服装の注意で済ませればここまでの問題にならなかったことでしょう。しかし一方では僧衣や警察官の問題だけでなく、日本人の意識啓発としても注目したいと思いました。

ただいえることは厳密に運営・管理するとどうしてもこんな事態が起こるのが世の常です。
また今回の件は大手メディアが取り上げたことで話題になりましたが、やはりメディアの影響力は大きいのです。

そうであるなら今の心ある政治家さんたちも、現代の一休さん達を見習い、アピールや問題提起にもっと工夫を凝らす努力が必要なのかもしれませんね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:48| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

キ印機長の飛行機に乗っていることに気付いているのか 日本人よ?

キ印機長の飛行機に乗っていることに気付いているのか 日本人よ?


NHKの番組でモリカケ安倍が正月早々真っ赤な嘘をついた、とネットでは批判の嵐です。

聞けば辺野古移転に伴う批判をかわすために、自然環境保護の対策として問題となっているサンゴや貴重な生物等を移管して保護したと述べたのです。

以前私が詐欺にあったとき、飲み屋の親父さんから「だますほうも悪いが、だまされるほうも悪い」といわれ「なるほど、おいしい話に乗った自分も悪いわけだ」と納得したことがありました。

しかし、曲がりなりにも国の代表が、ここまで大きな問題になっていて、20万人近くがアメリカ大統領へ辺野古移転中止の嘆願を行っている重要な案件について、巧妙に国民をだますというのなら悪名高い官僚たちがやりそうですが、堂々と平気で嘘をNHKでつくなんて、これはもう正気の沙汰ではありません。

想像を絶しています。もはやこの国の代表は狂っているとしか思えません。

また、一応公共放送の名のもと国民の知る権利と不偏不党の存在であるはずのNHKがそのままうそを垂れ流すという事態は末期症状のなにものでもありません。

私などは安倍を含む自民党、特に清和会系の政治屋やNHKを売国奴と批判してきましたし、彼らの狙いや正体はすでに認識しています。しかしここまで堂々と国民を愚弄するモリカケ安倍でんでんの嘘に対して、何も感じない国民も同様の病にかかっていると思わざるをえません。

こっちの水は甘いよ!っていい加減目を覚ませ日本人!!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0157.JPG


この国が狂人の支配する国であることがはっきりして来ました。

平成最後の正月休みの中、天皇陛下のご苦労をよそに相も変わらず日本を崩壊に導く売国政治屋や疫病神の厄人たち、そして相も変わらずフェイクニュースと下らない番組しか流さない大手マスゴミに触れるたびに悪酔いしそうになりました。

平成という時代はいったい何だったのか?

頭にすぐ思い浮かぶのは、世にいう権威や正義というものが究極のところ、幻想、張りぼての偽物であったことが判明した時代だった、と思えます。

それもこれも、やはりメディアの凋落が故のことだと実感します。あまたの国民生活や海外との関係などに必要な政治や行政などの動向や問題点など、一般国民ではなかなか知りえないことを丁寧に拾い上げ、国民に警鐘を鳴らすのがジャーナリズムのはずです。

もちろん中にはジャーナリストの誇りや命にかけて、悪徳を真っ向から批判する有為なジャーナリストたちもいました。ネットでは名もない、けれど素晴らしい指摘をブログなどで書く人たちであふれています。

しかし、NHKをはじめ大手メディアがマスゴミという名がふさわしい、いえむしろ百害あって一利なし、の存在になっていてはもうお手上げです。。

逆説的ですが、司法 立法 行政の三権、さらにはアカデミズムやメディアの実態は搾取側のための仕組みである、ということが大きく暴露されたのも平成という時代だったのかもしれません。

腐った国の制度やそこに巣くう悪徳犯罪一味を一掃するには、もうフランスのように市民の力による革命しかないのでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 14:41| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

担がれず人権もないのに平和と象徴を追い求められた平成天皇

担がれず人権もないのに平和と象徴を追い求められた平成天皇


昨日は平成天皇最後の国民休日、誕生日でした。

最後の挨拶には8万人以上の人たちがお祝いに皇居に駆け付けたそうです。
記者会見ではすこし嗚咽を抑えながら平和の重要さと暗に現政権の横暴をいさめられたようにも受け取れるお言葉がありました。

できれば退位後は自由なお立場からより積極的な平和へのメッセージを述べられる機会を持たれるようになればよいのに、と改めて強く思いました。

天皇陛下の基本的人権を顧みることもせず、ただ、自身の戦前体制復帰という妄想と権力維持のためだけにその存在を利用する安倍でんでん悪徳・犯罪一味の意図を感じられていたのだと思います。それゆえ、自らその地位を生前に引くことを示され、国民に日本とは何か、国家とは何か、政治とは何か、平和とは何かを静かにしかし決然と示されたのが唯一の政治的行動だったと私は思いました。

平成という30年が過ぎようとしています。

言葉通り「平らになる」ことを願い、アメリカ奥の院支配から脱し、真の独立国家をめざした、小沢・鳩山両氏による民主党が、党内の隠れ悪党一味の管や野田などによって瓦解したことは今更ながら悔やんでも悔やみきれません。

特に鵺のような財務省や外務省を筆頭にした悪徳官僚たちの権力や利権を排除すべく邁進した行政改革、さらには将来的に在日米軍の排除の象徴として公約した普天間基地の移設など、この国の根幹にある問題解決を図ろうとしましたが、悪徳犯罪一味の大手メディアや検察などから総攻撃をくらい失速、退陣させられてしまいました。

今更ながら大手メディアの罪は重い!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


今世界は戦争や金融によって世界を支配してきたアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々に反旗を翻す勢力が力を増してきています。

もちろん以前からもロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、フィリピンのデゥテルテ大統領などすでにその力を蓄えるべく自国から旧権力サイドの悪徳一味を排除することを展開してきました。しかし世界中の主要メディアを牛耳る旧権力側からフェイクニュースやフェイクテロなどによって攻撃されなかなかうまくことは運びませんでした。

しかしアメリカであの悪魔のようなヒラリークリントンの政治に危機感を持ったアメリカ国民はトランプ大統領を選び、彼は公約通りに悪徳・犯罪一味の一掃に邁進して、プーチンたちと手を組み世界を取り戻そうとしています。

フランスで始まったイエローヴェスト運動はヨーロッパを激変させています。
もう少しで雪崩を打ったように世界は激動すると思われ、平成天皇の描く平和な世界が近づきつつあると感じます。

自らの不自由で非人間的な地位にもかかわらず、現政権の非人道的な政治を暗に批判し、最後まで戦争のない平和な国への思いをお持ちになり、象徴天皇とは何か、を常に深く考え,、その稀有な立場を勤めて来れたことに思いを馳せますと頭が下がります。

であればわれわれ国民がこれから考えること、なすべきことは平成天皇に比べればたやすいことだと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 17:53| Comment(1) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする