2019年03月19日

明日トランプが切るカードはハートのエースかそれともジョーカーか?

明日トランプが切るカードはハートのエースかそれともジョーカーか?


ネットの世界では日本時間の明日からトランプ大統領が、旧支配階級が行ってきた数々の犯罪、悪行をオープンにすると話題沸騰です。

すでにこれまでさんざんフェイクニュースで報道してきたロシア疑惑は、クリントン陣営 つまりアメリカ奥の院たち支配者層のでっち上げであったことが明らかになりつつあります。

支配層サイドの大手フェイク、洗脳メディアたちがいまだにあおっているようなのですが、ほとんどのアメリカ国民はすでにこれらニュースの嘘に気づいています。

もちろん体制側や自分の頭を人に預けている人々の中には、日本と同様いまだに大手フェイクニュースの実態に気づいていない人たちもいるようですが、その数はアメリカ国民の5%程度と言われています。

日本でも政権支持率が40%を切った、と日本のメディアが報じ始めましたね。まだまだ国民をだませると思いたいのでしょうが、実態とかけ離れた嘘はまずいと思い始めたわけです。
ですから自分たちの保身を考え始めたのか、世界のリアル情報の様子を見ながら、そして安倍でんでん悪徳・犯罪一味の顔色を伺いながら、トランプ大統領の動向を恐る恐る注視しているのだと思われます。

どこまでトランプ大統領が真の世界の支配構造やこれまで信じられていた宗教や金融システムがいかがわしいものであったか、さらには戦争ビジネスのためにでっち上げてきた北朝鮮のマッチポンプやロシアや中国に対する敵国戦略などの実態をさらしてくれるのか、ものすごく期待しています。

神様、仏様、トランプ様!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0028.JPG


まずは悪徳・支配者層の児童性愛に絡むおぞましい犯罪の実態から暴露されるのではないか、と喧伝されています。バチカンでは相当な司祭がすでに逮捕され、つい先月にはNO3の司祭がオーストラリアで逮捕されたと報道されていますが、日本のメディアは一切無視しています。

トランプ氏のメキシコ国境の話もその意図は違法移民対策だけではなく、麻薬や児童誘拐ビジネスの根絶も大きな目的なのですが、フェイクニュースサイドは一切報じません。

今更ですが本当のジャーナリズムが機能しないことが日本だけでなく世界の人々を不幸にしてきた一番大きな原因だと思います。

何しろ普通に生活している人は今何が起きていて、どのように考え、判断するかの情報がないのですからね。

世界で13億人の信者を抱えるバチカン、カソリック信者は真実を知ったら一体どうなるのでしょう?
熱心な信者の中には気が狂うほどのショックを受けるでしょうね。

日本がまともな国になるためには、やはり黒船ことトランプマジックしかないのかもしれません。

ただ、一方で単なる支配層が変わるだけで、御しやすい日本人はほっとかれる可能性も十分にあります。

フランスから始まったイエローベスト運動はますます大きくなり、ヨーロパ各地で同様の政府・支配者層への抗議運動が起きています。

トランプ大統領という人は決して聖人ではないのですから、自主独立の国民に対しては手を伸ばしてくれそうですが、ぶら下がりの人任せの国民にはそっぽを向く可能性が高いと思います。

さて明日以降のトランプ大統領が切るカードは日本にはハートでしょうか?
それともジョーカーなのでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

posted by ぷんぷん at 10:56| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

確定申告 墓穴を掘るのは自分か。。。

確定申告 墓穴を掘るのは自分か。。。


よく昔の映画に、悪人に捕らわれた人が穴を掘らされるシーンをよく見ました。
大体が言われなき罪や見せしめのために悪人たちが罰として穴を掘らせ、またそれを埋めるという単純作業を強いるのです。

また、こういうのもありました。
情報を聞き出すために
「正直に話せば、楽にしてやる」とうそぶき、「ちょうどお前の墓にお似合いの穴ができたな」といって脅し、最後は撃ち殺されてしまう。

それを見ていたほかの囚われの人たちは怯え、なんでも悪人たちのいうとおりにする、という話です。

今15日が締め切りの確定申告のために、領収書を費目ごとに整理し、ふうふう言いながら作業をしています。

大した作業ではないのですが、一年分を一気にやると申告書作成まで大体2,3日はかかってしまいます。

このところの政府のインチキねつ造データ事件を見ていますと、まじめに申告するのがバカみたいです。

昨年は国会で森友学園事件についての政権の悪行の主犯が安倍でんでん夫婦であることは明らかでした。
しかし財務省の佐川何某がうそをつきまくり、それでも結局国税庁長官に出世したときは本当に私だけでなく多くの日本人がはらわたの煮えかえる思いで見ていたと思います。

去年の確定申告の時も「いっそ申告を拒否しようか!」と考えたものです。

財務省の高給厄人たちよろしく、個人情報にかかわるので使途については、のり弁のごとく、真っ黒に塗りつぶし、データもねつ造をして納税金額を1円にする、とか。

その後も安倍でんでん悪徳・犯罪一味は国民を無視し、今では独裁者気取りでまるで当たり前のように不正のし放題で、この国を貶めています。

もうすでに独裁国家じゃん!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


そんな悪徳連中のための税金なんか払うのはバカじゃなかろうか?と誰しも思うはずです。
無い知恵絞って国からこれまで払った税金を取り戻すべく申告書を捏造しようかしら、という思いがこみ上げます。
まあ、大した納税金額ではありませんし、悪徳連中と同じレベルになるのはばかげていますけどね。

このままあの連中がのさばり続けるのがわかっていながら、自分を苦しめ、日本を貶めるために使われる税金を素直に収めるのはどう考えても馬鹿です。

何か彼らを退治、逮捕する方法はないものでしょうか?

まるで映画のように自分の墓を掘り、いつかその穴に自分が埋められてしまう、というまことに馬鹿げたことと重なる行為が今の確定申告だと思えるのです。

一番いいのは国民による納税拒否運動なのです。

しかし一気呵成に全国民が狼煙を上げないと、共謀罪が成立してしまった今、司法、検察による見せしめが横行してしまう可能性が高いですよね。

まさに墓穴を掘る、ということになりそうで本当にうんざりです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 17:23| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

嘘まみれで失った信用のツケを政治家や官僚は払えるのか!

嘘まみれで失った信用のツケを政治家や官僚は払えるのか!


新しい食や食材のビジネスについて、先日いろいろな人たちと話をする機会がありました。
主婦や女性をターゲットにした食の話なのですが、皆さんの関心が高いのは、その食品の安全性についてでした。

説明する側が「国がお墨付きをつけていますから」と言ったとたんでした。

「それが一番信用できない」と一言。

「食べるものですからおいしさや栄養素、そして価格も大事ですが、私たち主婦や消費者にとって家族の健康が大事で、安心して食べられることが一番重要なのです。

福島の原発事故以降、国の情報は信じられないと感じています。
もう安全だから食べようとか、風評被害に苦しむ農家の話とか、福島の農作物を食べて応援しよう!といったテレビCMやキャンペーンなどもありますが、現地の農家には申し訳ないですけど絶対に買いません。

新しい食材や食を私たちに売りたいのであれば、ビジネスをする企業には国のお墨付き、というのは逆効果です。
私たちが納得できる安全性を企業が証明してくれるような仕組みがないと難しいと思います。」と話してくれました。

確かに原発以降、食の安全への関心は子育ての若いお母さんたちほど敏感です。

原発再開をする政府って学習能力0 バカだよね!とぷんぷん

IMG_0106.JPG


また、その危機感をさらに募らせているのが安倍でんでん悪徳・犯罪一味によるモリカケ事件から顕著になった行政による公文書の偽造、ねつ造のオンパレードです。その後も財務省や国土交通省、文部科学省、そして今国会で野党が追及している厚生労働省や総務省などによる統計ねつ造が常態化しています。

もう誰も国を信じていません。

しかもこの状態にした安倍でんでん悪徳・犯罪一味は始末をつける気は毛頭なく独裁国家まっしぐらです。

現在、収入は減り続けしかも物価は日用品だけでなく食料品も軒並み値上げで、お母さん達は生活のやりくりが大変な時代になってきています。そんな中食べ盛りの子供の胃袋を満たすために、単に安いだけで食材を選ぶわけにはいかないのです。子供の健康な食べ物を日々やりくりする中で、安全性が担保されていない食材は
「いくら家計が厳しくても絶対に買わない!」と皆さんおっしゃっていました。

男どもが、怒り心頭の外交がどうのとか選挙不正がどうのとかよりも生活や食がままならなくなったら、一気に女性の反乱がおきるのかも、と感じました。

そんな現状を政府はどの程度把握しているのでしょうね。
きっと何も感じていないからいまだに政権にしがみついているわけです。

政権がついている大嘘は一民間企業であればとっくに倒産するようなことなのです。
それを証明するかのように、新聞の名に値しない産経新聞は全国紙からブロック紙に成り下がり、新卒を2名しか採用できずリストラも進行しているようで、いずれ倒産するのは時間の問題ですが、自業自得であり国民にはまったく影響はなく、むしろねつ造メディアが消えてホッとする人が多いのではないでしょうか。

しかし国の場合はどうなるのでしょう?

すでに国の体をなしておらず、先達が築き上げた財産をお金だけでなく日本の文化や信用もなくし、ずたずた、ボロボロに破壊しています。もうにっちもさっちもいかない危機的な状態が今の日本なのだと思います。

それにしても、自分が生きているうちに国の発表するデータや情報が信じられない時代がやってくるとは想像もしませんでした。

家計が苦しく、汚染された食材と知りながら日々の空腹を満たすために買わざるを得ないお母さんの気持ちを思うと胸が詰まります。皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:02| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする