2016年01月30日

ついに離婚へのカウントダウン!?4

もう来ないと思っていたので不意を突かれたと言うか、何とも間抜けな感じで、

「年配の先輩と帰ったって聞いてたから今日は会えないと思ってたよ、元気?」

「改めて、あけましておめでとうございます。今年は私も天王山、本当に頼りにしてますのでどうぞよろしくお願いします。ってか、まあ一杯どうぞ」と言って酒を注いでくれたんですね。

「●●先輩が顧問している会社も今日新年会やっているから、紹介がてら一緒に行こう、って言われて御茶ノ水まで行ってきたんだけど、何でもその会社来年50周年らしくて、もしかすると社史とかブランドブックとか提案できるかなあって思ったの。それで50周年記念プロジェクトの担当さんを紹介してもらって。先輩について行ったかいがあったわ。日を改めて挨拶と私の実績なんかの資料を用意して会うことになった」って○子

「よかったじゃないか、いや俺もいろいろ考えているんだけど、スポンサードといっても今は企業もなかなか厳しいし、アナログメディアからネットメディアに移行してるから出版企画に乗ってもらうにはよっぽど企業メリットを考えないと難しいよ、そういう意味では周年記念の社史とかいいんじゃない、良かったね」って私

「それでね、実は相談なんだけど私の場合、どちらかというとエンタメ系のそれも韓流タレントなんかの本が多かったじゃない。企業の社史とブランドブックなんてやったことないのよ。でねできればぷんぷんに同行してもらって話を一緒に聞いてもらいたいの。それにできれば提案書なんかもお願いできないかなあって。。。」

「でも、クリエイティブな話しはその道のプロが一緒に行ったほうがいいんじゃない。俺なんか年だから、相手も嫌がるんじゃないか?」って私

「もちろんクリエイティブはしっかりしたの連れて行んだけど、ほらやっぱり高校の先輩関係だし、それにそのクライアントさん結構固い業界なのよ。ねっお願い!」

なんかちょっと面倒くさい話になってきたけど、私の知り合いの企業に紹介するよりはいいかな、っていう気になったので

「わかった、どっちにしても一度○子の会社に行って何ができるのか話を詰めようよ。」

ということで来週早々に〇子の会社を訪問することにしたんです。

あと、今度から連絡する時は携帯にしてくれと頼んだところ

「あら、自宅へ連絡したほうがかえって奥さんに怪しまれないと思ったんだけど」
「だってそうでしょ、ホントに何かあるんだったら自宅には電話しないでしょ、別れさせようって気がなければね」って。。。

それって何か。。。

「いやあ急に奥さんから高校時代の女の人から電話があったって言われたから、つい昔バンド組んでた関係の下級生って言ちゃって、何か藪蛇だったみたいだよ」っていったら、

「馬鹿ね、ホント男ってバカ正直なんだから」と言われてしまいました。。。

やっぱり男の下心はすぐばれるのです。
というかそれより○子はなんで家に電話してきたんでしょうかね。ううんわからん!

結構めんどくさい話になっていますが、ご訪問ありがとうございます!
「クリックしていただけると嬉しい!!」




OWNER-PC - IMG_0027.JPG

<今日のぷんぷん>
posted by ぷんぷん at 14:10| Comment(0) | 男と女 ケンカや恋なんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ついに離婚へのカウントダウン!?3

先週の金曜日に高校同窓会の有志といいますか、一部のまあヒマ人が集まる新年会がありましてね。

○子のことで同級生に勘繰られるのも嫌だしな、てなこともあり出席するのをためらっていたのですが、自宅に電話もあったことですし、今後連絡するのは携帯にしてもらいたいことも伝えたいし、あとやっぱり奥さんとあまりいい感じではない状況なので、彼女とは一定の距離を置きたいと思っていたので、その辺も釘を刺しておいたほうがいいと思い出席することにしたんです。

それに実は彼女とはあの同窓会の後、一度昼飯を食べて彼女に何社か紹介できそうな企業なんかの話をしていて、年が明けたら企業のトップとアポイントが取れたら一緒に行くことになっていたんですが、つい忙しくそのままにしていたんです。

もちろんこの件についてはできるだけ力になってやろうとは思っているのですが、紹介先にとってもいい話として紹介しないといけないので、しっかり話を詰めないといけないのですが、まだ○子と話していないので、そのあたりについても今日会って確認しようと思っていたのです。

新年会にはかなり遅れてしまい、結局8時過ぎに行ったんですが(6時半から始まっていました)すでに参加している連中は出来上がっておりました。

場所は神田界隈の魚が美味しいと評判のお店で、30人ぐらい集まっていたと思います。上は70歳から下は40歳ぐらいでしょうか、顔見知りの何人かの先輩にあいさつ代わりに盃を交わして同じ学年の連中がいる場所に席を移動して、あたりを見渡したんですが、○子らしき女性がいなかったんです。

隣の友人に

「〇子来てないの?」って聞いたら
「ちょっと前に帰ったみたいだよ。なんか先輩の爺さんと出て行ったみたい」って言うんです。

ちょっとほっとするやら、でも早く○子と話すべきことは話しておきたかったんで拍子抜けしていると、別の友人が
「おい、ぷんぷん、○子から聞いたぞ、うまいことやってんね。ああ羨ましい!」って

「ええ〜、何聞いたんだよ、何もねえぞ、変なこと言うな」て私が言うと

「何言ってんだか。お前、この前の同窓会の後彼女のマンションにしけこんだそうじゃないか。何か昔話が弾んで朝焼けのコーヒーどころか優雅にワイン飲んでいい感じだったって聞いたぞ!『いいことあったんだろうって』〇子に聞いたら、『内緒!』だってさ。何にもないなんて、あり得ないだろうがっ」って

で、思わず私は

「いやホントだって。まあ、据え膳食わねばみたいな気分になったのは事実だけど、何もなかったんよ。残念ながら。でもそんな話までしてたのかあいつ!今の俺はそれどころではないの。下手したら離婚って雰囲気なんだから」

「まあ、そうむきになるな。彼女かなり酔いが回ってみたいだから。いろんな先輩に盃もって挨拶してたみたいだから、きっと営業で必死なんだよ」というようなことでした。

○子の話は途切れて、その後は定年後どうするとか、沖縄の市長選とか、持病の話とか、まあ、年相応の話題に移って酒やつまみの魚なんかを頂いていたんです。

小一時間ぐらい経ったでしょうか、そろそろお開きかなという頃になって、なんと〇子が戻ってきて私の席に近づいてくるのが見えて、ウソって思っていたら

「ああよかった。ぷんぷんさん来てくれたんだっ」っていって私の横に座ったんです。

まったく、なんて言うかホント 女って!です。


ご訪問ありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」




OWNER-PC - IMG_0151.JPG

<今日のぷんぷん>


posted by ぷんぷん at 18:33| Comment(0) | 男と女 ケンカや恋なんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

ついに離婚へのカウントダウン!?2

お店の勘定を済ませ、店先で俳優さん家族を待っていると、その俳優さんがやってきて

「家、同じ方角でしたよね。でもうちは子供がいるのでどうぞお先に」って言ってくれて
なにやらほっとしまして、奥さんも「それでは今年もよろしくお願いします。お先に失礼します、おやすみなさい」ってな感じで二人で店を後にしたんです。

私としては、このまま帰ってしまうのではなくもう少し奥さんと今後のことを話し合うというよりも、お互いの気持ちが寄り添えるようなところまでというのか、上手く言えないのですが、なごめるような雰囲気とでもいうのか、こう二人にとって前向きな感じになった上で今日は別れたいと思っていたんですね。

本当は今日一気に元のさやに戻って、一緒に家に帰りたかったんですよ。

でも結局、その店から歩いて3分ぐらいのところが最寄りの駅なので、俳優さん家族に気が付かれない様にせわしなく「じゃスケジュール決まったら連絡頂戴ね」って奥さんと別れ改札を抜けホームに向かったんです。なかなかうまくいかないもんですね。。。

電車が来るまで5分ぐらい待っていたんですが、同じ年配の男性がかなり酔っぱらった様子でホームに千鳥足でなにかぶつぶつ言いながやって来たんですね。

見ると、電車に乗る前にトイレにでも行ったのかズボンの、そう社会の窓が開いていたので、声をかけたら、えらく恐縮して「これはどうも、恐れ入ります」ってお礼を言われたまではまあよかったんですが。。。

そうこうしていると電車がやってきて、その人と同じ車両に乗りこむなり「どちらまで?」って話しかけられるなり、電車が動き出した揺れで、その人が私に寄りかかってきてしまって。。。取りあえず支えてあげたんですが、いきなり酸っぱくてかなりきつい臭いが襲って来たんです。避けるわけもいかず、困ったんですがとっさに「次の駅です」と思わずウソを言ってしまいました。

「そうなんですか。そりゃ残念です。お見かけしたところご同輩のようだし、お話できるかと思ったんですがねえ、いまどきの女は強くなりましたなあ、困ったもんです。なんですか、この国の首相や大臣は、恥を知らないんですよね。本当に日本人なんですかね。むにゃむにゃ●▷◆」とかなんとか話しかけられたんですが、次の駅に到着したので「では気をつけて」って声かけて電車を降りました。

見た目普通の身なりだし、決して不潔そうには見えない人だったんですが。。。

独り身なのか、それとも私と同じような境遇なのか?もし臭いがきつくなければ
「今時の女は強くなった」なんて言うのが聞こえてたし、何か「誰かと酒飲みながら話したいなあ」なんて気も少しあったもんだから、もしかすると彼と話こんだかもしれないなあとちょっと残念でした。

しかし、私のウィークリーマンションの最寄りの駅まではまだ先なので、降りた駅のホームで次の電車を待つことになってしまい、一服したくなりましたが禁煙なんですよね。
トホホな年賀になってしまいました

いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」




IMG_0104.JPG

<今日のぷんぷん>

posted by ぷんぷん at 17:34| Comment(0) | 男と女 ケンカや恋なんか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする