2016年06月30日

シニア起業を企てるぞ!顧客のリピータ化・資産化(ファン化)2

前回、顧客のリピーター化、資産化について書きました。
引き続き今回も書いてみたいと思います。

リアルビジネスでもネットビジネスでも、いかにして潜在顧客を見つけ出し(商品・サービスを知ってもらい)その商品・サービスの良さを実感・体感してもらい、そして買ってもらう、この一連の過程はほとんど変わらないと思います。もちろんお客さんによっては一気に購入してくださる場合もありますし、効率から言えば売る側としては非常にありがたいことです。

ただ、やはり一番肝心なのは、商品・サービスを買ってくださった顧客を一回限りに終わらせず、複数回買っていただけるよう(リピーター化)に工夫すること。
さらには永続的に顧客との関係を維持発展(ファン化)できるかがとても重要でまた大変なのですが、この段階を大事にしかも戦略的に実現出来るかがビジネスを成功させるキモだと思います。

つまり、やはり顧客の資産化(ファン化)ができるか、ですね。

では顧客の資産化(ファン化)を行うにはどうしたらいいのか?
まずは、リピーター化を図る、そしてファンになってもらう工夫だと思います。

お客さんにとってその商品でなくてはいけない、他では満足できない
そのサービスが欲しいと思ってもらえる魅力、ブランド力をどうやって築くか、ということです。

そのモノやサービスに特に思入れがないけど買わなくてはいけない場合、普通私達は一定の品質であれば、できるだけ安く、また買いやすい場所であることが重要になってきます。ですから、食品や飲食店などの物販やサービス業などの差別化が難しい起業の場合、大手企業に比べて資本も人材も知名度も個人とは比べられないほど力の差があり非常に厳しく大変ですから、はやり最初からビジネスとしては考えないほうがいいかもしれませんね。

そうしますとと我々個人や小ビジネスのベンチャー的な起業を考える時、重要になって来るのは何なんでしょうか?

やはり何を、だれに、どのような場所で売るかと言うところを改めてしっかり考える必要があると思うのです。

例えば私の場合コミュニケーションの分野でキャリアを積んできましたから、普通に考えれば、これまでの経験を踏まえて低コストで個人や中小企業のコミュニケーションに関するコンサルティングができるのではないか?と思ってしまいます。

しかし、悲しいかな例えとても立派で役立つ話やノウハウを持っていたとしても、知名度のない私が例えば個人や中小企業向けのセミナーを無料でやったとしても、まず集客できないです。
仮にできたとしても何かしら収益に結び付く工夫をしないと、そもそもセミナーそのものがビジネスとして成立しませんよね。まあ営業活動の一環としての投資と考えればいいのでしょうが・・・

ところが私の話と同じ内容を、例えばビジネス界で著名な大前研一さんとがやるとしますと、集客もセミナー費用も十分に確保できビジネスとして成立します。
当たり前です。

では私と大前さんと何が違うのか?

乱暴ですが、その分野での知名度、実績、つまりブランドが違うということに尽きるのです。

こればかりは知名度のない私にはどうしようもない、しかし決定的な差です。

ではブランドとは何でしょうか?

私のような知名度のない、しかもジジイにでも今からブランド化できるビジネスや方法があるのでしょうか?(続く)


いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村

posted by ぷんぷん at 13:07| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

シニア起業を企てるぞ!顧客のリピータ化・資産化

前々回に商品やサービスについて、
「その良さを知ってもらう」
「その良さを実感・体感してもらう」を実現しなければ買ってもらえない、と書きました。

今回は買ってもらった後、「リピーターになってもらう」「ファンになってもらう」事について書いてみようと思います。

まずは、買ってもらわなければ事業は成立しません。あたり前です。
しかし、たとえ買ってもらったとしても商品によっては次回買ってもらえない、もしくは買ってもらえるまで時間がかかるモノ、コトもありますよね。

例えば住宅やマンション、結婚指輪、最近では再婚率が高いですから2度以上買った人もいると思いますが、ふつうは一回です。

それでは中々、売る側からしますと、せっかく高額な結婚指輪を買ってもらって、しかも結婚という人生でとても晴れがましい時に接客した顧客との出会の時間や親密さを1回で失うのは、商売人としてはとても残念なことだと普通は考えますよね。
また、今後少子が進む中、一人のお客さんとの出会いはとても貴重なものだと思います。

そこで何とかそのお客さんと次なる商売の機会を作りたいと考えるのは当然です。
顧客とのいい関係づくりを続けたい、しかもあまりしつこくならずに顧客が長いお付き合いを受け入れてくれる方法はあるのでしょうか?

私はあると思いますし、このあたりのことをビジネスとして考えていきたいと思っています。

普通に考えると、まずは買ってくれた顧客に、同じ年頃の人の紹介をお願いする、というのがありますよね。
また、新婚さんの結婚披露宴会場や必要な家具、ハネムーンの旅行商品などを提携している企業に紹介して手数料をもらう、もしくはバターでお互い紹介し合うような異業種との提携なども考えられますよね。

最近では個人情報の取り扱いがきびしいし、小規模のビジネスでは大手企業は敷居が高かったり、対等の関係を保つのは大変でしょうがネットを上手に利用することで、ご縁のできた顧客と長い関係づくりが可能になると思います。

ただ単にその時のニーズ=結婚指輪だけを売ると考えているとそこで関係はなくなりますが、売り手側がその顧客のライフスタイルに必要になる、サービスや商品はもちろんですが何かしらのアドバイザーなのかコンサルタント的な関係を継続できれば可能性が高くなります。

その時にネットは非常に有効な手段になりますし、コストもDMや会報誌などに比べるとコストパフォーマンスもとてもリーズナブルです。もちろん顧客リストの作成や利用に当たっては許諾や個人情報保護などはしっかり運営管理しなければいけませんが。

やはり考える方向は顧客の資産化だと思います。

いつまた顧客が購入してくれるか、商品・サービスの適正品揃えという問題はもちろんありますが、心のこもったお礼のはがき、バースデイはがき、結婚記念日などへのアニバーサリーなど工夫次第でいくらでもコミュニケーションを取ることができると思います。

顧客といい関係ができるためには一方的な情報発信だけでは無理がありますので、やはり2ウェイコミュニケーションが可能なネットは非常に重要で魅力的なツールだと思います。

いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


posted by ぷんぷん at 12:01| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

シニア起業を企てるぞ!今日は結婚記念日!!

結婚して随分と時間が経ったせいか、結婚した時のようなときめきは残念ながらなくなってしまいましたが、感謝の気持ちは増していると思います。

結婚後、奥さん方の兄弟や親戚などと、近親者の結婚式、お葬式などを通じて交流が深まるにつれ、とても穏やかで安らかな幸感を感じる一方で、人生の節目としての様々な出会いや別れが増えてくるにつけ、どこか慣れではないのですが、諦念のような感覚を覚えることが増えてきたように感じます。

人間として、ビジネスマンとして、夫として、父親として、色々な顔を持っていたはずなのですが、だんだんとメリハリがなくなってきたような・・・

多分、年をとるごとに個人的な考えやモノの感じ方が固定化していく、いやむしろあんまり深く考えないようになり、ただマスコミや人の話を聞いて批判するだけでドンドン、雄として男として退化しているようでいけませんね。

シニア企業を企てるぞ!と威勢はいいのですが、どうも掛け声だけで体がついてこないと言いますか、集中力がないようで、中々うまく前に進まず焦ってしまいます。まあこれが俗にいう老化と言うことなのでしょうが。

無意識にそうしてしまう、そうなってしまう心のありようなのでしょうか、それとも生来の怠け癖なのでしょうかね。

そんな愚痴を書いていたら、昨日のニュースで、都知事選挙50億円もコストがかかると出てましたね。

なんでそんなにコストがかかるのか?
1世帯の所得納税額を年間10万円として5万世帯、1世帯3人家族として15万人分の税金が使われると思いますと、とても無駄な経費だと感じるのは私だけでしょうか?
最近は特定の業者による開票システムがどうも違法に操作されているとのうわさをよく聞きます。本当の選挙結果を反映しているのなら致し方ありませんが、ネット、スマホの発達した今、もっと効率的でコストパフォーマンスもよく、しかも厳正な仕組みができるように思うのですがね。まあ、このコストが真面目で勤勉な人達の臨時ボーナスとして役に立てばそれでもいいのでしょうが、何か割り切れませんよね。

いつも読んで下さりありがとうございます!
「クリックしていただけると励みになります!!」



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


posted by ぷんぷん at 19:14| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする