2016年09月30日

2100年の科学ライフ

先日仕事関係の人たちと呑んでいる時に、話題になったのが、最近の大手企業では事業に直接関係ないことも含めた未来予測が重要視されている、という話になりました。

その中で、経済学や社会学系はかなり恣意的で当てにならないね、という話になりました。

理由はもちろん前提条件が変われば予測しにくいし、場合によっては、俗に言う支配者層と言いますか、権力者やマーケットを自分たちに有利なように世論誘導したい人たちが、意図的にそのような本を企画・出版しているのかもしれませんしね。

そんな話の中、紹介されて今読んでいるのがミチオ・カク氏という日系の理論物理学者が著した「2100年の科学ライフ」という2100年までに科学は私たちの生活をどう変えるのか?をテーマに書かれた本です。

私達が今まで見たことのある映画、例えばバックトゥザフューチャーやジェラシックパーク、ブレードランナーなどの話を交えながらとてもわかり易く、面白い本だと思っています。

ざっくり紹介しますと、時期を2030年まで、2030年から2070年、それ以降から2100年の各段階で、コンピュータや人工知能・医療・ナノテクノロジー・エネルギー・宇宙旅行・富・人類などの未来について、最後は2100年のある日という順に、現在の技術はどのように発展し、日常生活がどのようになるのかなど、「未来」の世界を物語る、といった内容です。

まだ、半分も読めてないのですが、というのも医療や遺伝子に関するところなどは文系の私には基礎知識と理解不足のため中々前に進むことができない状態なのですが、とても面白く何度も読み返すことになるだろうなと期待してます。

まだ途中ですが、人工知能やロボットに関してどこまで進化するかについての考察が書かれている箇所で、

感情を持つロボットが登場するかもしれない可能性に触れているのですが、この感情についての考察が面白いのです。

作者いわく、昔から学者もSF作家も感情の本質は決してわからない、と言われているそうです。

しかし現在感情に関して色々な研究のアプローチがあり、南カリフォルニア大学の神経学者アントニオ・ダマシオ氏が脳の損傷や病気の患者を調べて

「脳内の思考と感情を司る部位の結合が切れている人たちは、感情を表現しづらいことを除けば他は我々と同じだった」と述べています。

つまり、
「その患者の人たちにとって例えば、買い物は苦痛だ」と、

値段やデザインなどいろいろな選択肢がある時、どれにするか選ぶことができない、選ぶのが苦痛だという事なのだそうです。

どれもみな同じ価値として認識してしまい、いろいろなバリエーションに対して判断がつかない、感じることができない。

つまり、感情というものの主な目的の一つは、

「私達に価値観を与え、何が重要で、何が高価で、何がかわいくて、何が貴重なのかを決められるようにすることなのだ。感情がなければ、全てが同じ価値になり、無数の決断がどれも同じ重みで身動きが取れなくなってしまう。」原文のママ

今の人工頭脳のレベルは、まあ簡単に言えば如何に人間の動きや反応を高度に真似できるか、であって、いまのところ人間のように自分で判断、学習できるようなロボットにはまだまだ程遠く、ゴキブリにも太刀打ちできないそうです。

人間関係もコミュニケーションもブランドも仕事なども、全ての活動で様々な判断、決断をしている訳ですから、この感情という能力、要素が非常に重要なのだと気づかせて貰いました。

脳は大きく3つの段階があり、一番下等な例えば蛇などは相手と目を合わせる時、蛇は相手が餌かどうか、つまり食べられるのか否か、ということ以外は何も考えていないそうです。

我々の世界でも政治やメディアだけでなく身近な知人の中にも同じレベルの、人間の形はしているけど随分と蛇のような人がいるように感じるのは私だけではないのと思いますが、如何でしょうか?


ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 16:16| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

都民ファーストと情報公開

国会よりも都知事に注目が集まっていますね。

一方、昨日は、安倍首相の所信表明の時のスタンディングオベーションが、まるで北朝鮮のようだとかの批判が出ていましたが、本当にこの国はどうなってしまうのか、気にすればするほどお先真っ暗な感じを受けてしまうのは私だけではないと思います。

先日NHKが放送した「縮小日本」の悲惨な将来像を見た若い人たちが夢も希望も持てないと感じるのも無理ないことだと思いました。

たしかアインシュタインだったか誰だったか

「新し事を生み出したり、世の中を替えたりする人に悲観論者はいない、全て楽観論者だ」

まさに名言で、そんな中今の国のリーダーがそういったビジョンを示すこともできず、抜本的な政策も全て失敗しているのに、いまだ空元気を通り越して、独裁的な方向に進んでいるように感じてとてもつらいですね。

還暦をすぎた私ですら、これから事業を興そうと思っているのに、もっと若い人たちがいろいろなチャレンジができるような環境を作っていくのが、政治家や我々大人の役目だと思うのですが。

さて、国会よりも東京都や都知事についての関心が高いのは、やはりトップが変わればこれだけ色々なことが動き出し、もしかするといい方向に行くのではないかと期待が高まり、興味を持つのは当然のことだと思います。

マスコミも本来の機能を発揮できるチャンスだと思うのですが、他の番組を見ていないので分かりませんが、今日の名古屋CBCのゴゴスマを見た限りでは、司会の石井氏を中心にコメンテーターも視聴者目線を踏まえて、専門家らしい視点でコメントしていたと思います。

小池都知事の所信表明の約30分の時間を内容のテーマに割り振った時間などにして詳しく書いて見せてくれたり、今後何が解明されていくのか、そのためにはどのような手続きや制約があるのか、など東京都民だけでなく、多くの政治不信に陥っている人たちに期待される、小池知事の手腕をじっくり見て行こうという空気が感じられました。

私も、防衛大臣の頃の言動や小泉元首相の子飼いとの見方もまだまだ捨てきれず、注意深く見て行きたいとは思いますが、ここまでオープンにしてきた以上期待できるのではないかと思っています。

私自身、昔はリーダーには人徳が一番で、それ以外は周りに優秀な官僚がいればいいのではないかと思っておりました。

がしかし、やはり今の首相と都知事を見るにつけ、トップに必要なのは、一番が覚悟であり、
そしてリーダー自身も人間である限り弱いものですから、自分を縛る意味でも選挙民ファーストと情報公開だと思います。

それにやはり官僚に便利に使われるバカは無用と言うより害があるつくづく感じています。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 16:46| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

シニア起業を企てるぞ! 勝手に一人ブレスト レインカット第2弾

先日濡れた傘のしずくを取るレインカットの企画について勝手に一人ブレストと言う形で書きましたが、尻切れトンボになってしまいましたので、また、勝手に一人ブレストの続きをやってみたいと思います。

前回は電鉄会社、鉄道会社などとメーカーが組んで、使用促進と商品認知を目的としたコンテスト企画を実施し、メディアも関心を持って取り上げてくれれば電鉄会社もレインカットの導入を検討してくれるかもしれない、との大雑把な企画方針でしたが、このような企画をいきなり提案するのは電鉄会社の多くの利用者から導入してほしいとの声でもなければ中々難しいなあと、思っていました。

そこでつらつらと考えていて思い付いたのが、そのままのレインカットを導入、設置するのでは、スペースの問題がなかなか大変なので、既存の駅の設備を利用する方向で何かできないだろうかと。

で、一つは、今の駅の改札を利用するというアイディアです。
現在の改札はほとんどがカード形式のプリペイドカードや定期をかざして通る形式が多いので、いっそこの改札通路自体にレインカットの機能を一体型にする事はできないか、と思いました。

今は一人通るのを前提にしていますから、幅を広くしなくてはいけないのかな、とも思いますが、長さ的には同じようなのでいいのかもしれません。まあしかし、技術的、メンテナンス的、価格的、また相当な水の処理などの問題など、素人の私でもいくつか思い付きますので中々難しいかもしれません。

しかし、全ての改札をそのような改善を施すのではなく、テストマーケ的に一部に導入するというのはあり得るのではないか、と。

また、改札が無理であれば、改札からホームに上り下りする階段や、地下鉄などの地上出入り口と駅改札の間の階段などの側面を利用するのはどうだろう?

フムフム意外といけるかも・・・

さらには階段ではなくて、いっそエスカレーターの側面を利用するといったことも検討する価値があるかも知れない!
なんてね・・・お読みになった方はばかばかしい!と思われた方もいらっしゃるとは思いますが、これがブレストですし、まあ、本当は後2,3人のメンバーでやれば、

「じゃあ、こうしたら、ああしたらいいじゃないといい」

と言った意見が出たりするのですが、まあこの辺は一人ブレストの限界ではありますね。


さて、めげずにブレストを引き続き・・・

鉄道会社にとって重要なポイントは何か?

コストと技術、また利用できるスペースなどいろいろ課題や解決しなければいけない事はたくさんありますが、鉄道会社にとって利用客へのサービスに対する優先度が高いものは何か?

それは、やはり安全と利便性ですから、まったく可能性がないとは言えないのではないかなあ?

もし他社に先駆けて導入したら、多分利用者にはもとても喜ばれ、マスコミが取材し報道が流れ、その鉄道会社のイメージアップはもちろん他社との差別化差サービスとして注目されるのは間違いないと思うんですよね。

う〜ん、そうだ!!

東京オリンピックがあるじゃないか!!!

そうです、メーカーさんとどこかの鉄道会社を口説くには、これがいいかもしれないです!

つまり、4年後の東京オリンピックを控えて、「おもてなし」の一つの具体的なモノとしてこのシステムと言いますか商品を作りましょう!と国や東京都に提案するのです。

雨の日でも海外からの客さんに喜ばれますよ!というふうに、補助金なんかもつくかもしれませんしね。

とまあ、一人で勝手に盛り上がっているのですが、本当のビジネスとしての依頼業務であればもっともっといろいろアイディアが出てきたり考えるのでしょうが、取りあえず今日の勝手に一人ブレストはこのあたりにしておきます。

いっそ
「現在どのようなマーケティング戦略をお考えなのか分かりませんが、一度検討されたらどうですか?」
とレインカットのメーカーさんに提案してみましょうかね。

もしご意見などあったら是非お聞かせください!!!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 17:32| Comment(0) | シニア起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする