2016年12月30日

やり残した宿題は、いつまでも追いかけてくる!

今日は晦日です。
今年もあと一日で終わります。

去年から始めたブログも途中までは毎日書き続けたのですが、三か月ぐらいで息切れし始め、いつものように三日坊主になりかけました。

初めてのブログということで、最初はブログの作り方から、初歩的なルールなど覚え、日記のように毎日書こうと思って意気込んだのはいいのですが、だんだん続けることが苦痛になりました。

大体私の場合、一つのことがなかなか長続きしません。
食べることと、寝ることそして風呂と歯磨き以外に毎日着実に続けて何かをやり尽し、もうこれ以上できないというところまでやり切ったことは何一つありませんでした。

子供のころは、勉強でも音楽でもスポーツでも興味のあることが出てくると、最初は非常に夢中になり、やっている内にいつの間にか人よりうまく出来るようになりました。

それで割と通用してしまう器用さがあったようでだんだん、いろんなことを舐めていくようになり、他のことに興味が移っていきました。

これまでずっとそんな具合でした。

しかしそれも高校生ぐらいまででしょうか。それ以降は受験から始まり、就職、仕事などそれなりに時間をかけ何度も何度もトライ&エラーを繰り返さないとすぐには、納得できる結果は出なくなり、何かしら全てが中途なものになっていったように思います。

今更ですが、どんな分野でもそのトップを目指そうとするとなかなか難しく、つい言い訳がましく、

「努力なんてダサい!」

とかいって、次から次と興味の赴くままいろんなことに手を出し、結局何一つ何事かを極めるという事が出来ませんでした。

「今日できることは明日でもできる」とうそぶいて、生来の怠け癖が拍車をかけたのと、割と飽きっぽい性格のせいだと反省しています。

反省しているぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


ただ、還暦を過ぎて自分の人生を振り返りますと、すべてが中途半端で、簡単に言いますと何も成し遂げていない自分に気づき愕然となりました。

人間の才能などさほど差がないとよく聞きます。私もそう思います。

ですからやはり重要なのは限られた時間の中、何か一つのこと続けて成し遂げる、まさに継続力とそれに伴う努力が重要なのだとつくづく思い知らされました。

「やり残した宿題は、いつまでも追いかけてくる!」

大前研一氏の言葉だったか、田坂広志氏だったか、それともだれか他の方だったのか情けないですが忘れてしまったのですが、本当に人生その通りだと思います。

まあ、そこまでたいそうなことではないのですが、まずは三日坊主で終わりそうなブログをちゃんと続けてみようと思い、この8月から毎日は無理なので、月・水・金の週3日はブログを書こう、と決め何とか今日まで続けてこられました。

来年は月曜から金曜日の5日間やろう!

とはまだまだ言えませんが、もう一日、例えば祝日とかにはいつものテーマとは別のものを書いてみるとか、何かしらトライしてみようかと思っています。

それでは皆様よいお年をお迎えください!

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:08| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

国債暴落?それとも戦争?

オバマ大統領と一緒にハワイの真珠湾を訪れ、慰霊を行ったとのわが国首相のニュース。
形上はオバマ大統領の広島訪問のお返しにということだそうです。

演出もスピーチの内容や長さもほぼ広島の時と同じ様相だったと聞いて、なんか本当に芝居なのではないかと不愉快になりました。

伊勢志摩でのG7でも、ロシアのプーチン大統領の訪日の時もそういう風に感じたのですが、こんなくさい芝居ばかり見せられたらいい加減うんざりしますし、腹が立って来ませんか?

不機嫌なぷんぷん

IMG_0106.JPG



アベノミクスの3本の矢はすべて失敗に終わったのがはっきりしてきました。
ありえないほどの国債を日銀が買い込んで、お金を湯水のように出しても、お金は回らず、全然経済も活性化していません。

ようはお金が未来の日本が元気になるような投資に向かっておらず、とりあえず国や公務員たちの投資ファンドを中心に株に行っているだけです。

本当に有望な企業への投資になっているのなら、もっと生きのよい企業の話が聞こえてきそうですが、とんと聞こえてきません。たぶん投資という将来の夢を支えるリスクテイクではなく目先の利食いの投機でしかないのでしょう。

孫さんのようにこのままでは日本国内の成長は望めないので、どんどん海外での投資に向かって行き、ガラケー状態の日本はこのまま沈んでいくように感じます。

当然ですよね。お金を持っている年配者は年金破たんに備えてお金を貯めこんでいますし、働き盛りは家のローンと教育費でフウフウ言っていますし、若い人たちはバブル世代の親たちを斜めに見ながら明日に夢が持てず、しかも正規労働につきたくとも就くことが大変な時代です。だから企業も個人もこれだけ低金利でもお金を借りません。

今は円安で株高をいかにもアベノミクスのおかげみたいなメディアの報道がありますが、実体のない株高は税収増にはならずいつか破たんします。

財務省は国債を暴落させスーパーインフレを起こすしかもう手がないのかもしれません。
もしくは

「待ってました!」

とばかりに日米同盟VS中国&ロシアの第3次世界大戦がはじまるのでしょうか?

今日のオバマ、安倍両首脳の真珠湾イベントを見ていて本当に嫌になってきました。
本当に戦争は二度としないというのならあんなスピーチにはならないはずです。

75年前の戦争原因がどうだとか、どっちが悪だとか、戦勝国だとか、敗戦国だとか、どうでもいい話です。

世界から戦争をなくすために昔の敵同士が今は同盟国として世界平和を実現するために手を取り合う、というスピーチがなぜできないのか?

アメリカと日本のGNPと互いの欠点を補えばできないことはないはずです。

ビジネスとして戦争が儲からないようにする、これしかないですね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 18:33| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

清しこの夜

清しこの夜

連休初日の23日は、久しぶりに休みの取れた奥さんと二人で、経堂にあるフレンチレストランでディナーを頂き駅ターミナルの年末抽選でティッシュと500円の商品券が当たりました。

翌日クリスマスの夜は久しぶりに新宿に出て、新しくメガネを作り、伊勢丹の天一のカウンターでおいしいてんぷらを食べました。メガネ作りで予定外に時間がかかり、お店についたのは午後3時前。
遅めだったのが功を奏して、6席しかないカウンターに座ることができました。

久しぶりに贅沢に好きなものを夫婦それぞれ店長に揚げていただきました。
最初、私はビールで奥さんは白ワインで有頭エビや銀杏、茄子などを頂いたのですが、途中から二人とも芋焼酎に変えて、遅めのお昼とはいえ酔いの任せるままにおいしく頂きました。

何処もかしこもクリスマス一色で結構寒かったのですが、通りを逝く人たちの声は華やかで、よかったのは笑顔がいっぱいだったことです。

最近はメディアや政治などについていろいろ批判的なブログを書いているのですが、軟弱なのかクリスマスと正月はいつも楽しむことにしています。

まったく違う文化や宗教的な行事なのに、私にとっては小さいころの異文化的経験と言いますか、西洋的な象徴として、サンタクロースやケーキは特別なものでした。

サンタが来て喜ぶぷんぷん

IMG_0027.JPG

また年ごろになってからは、何かしらロマンティックなイベントとして今の若い人ほどではないでしょうか、日本人の私にとってクリスマスは、とてもロマンティックな気分にしてくれるイベントであったと思います。

それがいまや、クリスマスイブに天ぷら屋です。
それでも中々いいものです。

天一の店長が
「クリスマスイブなんですけど、これから予約のお客さんでいっぱいなんですよ」と話してくれ同じような人がいるのだな、と一人ごちました。

クリスマス当日にジョージ・マイケルが亡くなったそうです。。。

クリスマスソングの名曲はいろいろありますが、私にとっては達郎のクリスマス・イブやジョン・レノンのハッピー・クリスマスそしてジョージ・マイケルのラスト・クリスマスだと思っています。

合掌

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 19:53| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする