2017年05月31日

ジジイ通信の田崎ジジイが安倍でんでんを擁護すればするほど、政権の悪徳・犯罪性がバレていく!!

ジジイ通信の田崎ジジイが安倍でんでんを擁護すればするほど、政権の悪徳・犯罪性がバレていく!!

さすがの安倍でんでん御用達のジャーナリストや学者たちも、次から次と悪行がばれてくると相当大変なのでしょうね。

特にいまだに、一生懸命安倍でんでんを擁護する田崎ジジイなどはもともと卑しく品格のかけらも感じませんでしたが、最近では人相の悪さにも拍車がかかっているように見えます。

あのような安倍でんでん一味のお仲間たちは、いったいどのような育ちや価値観があれば出来上がるのか、不思議でしょうがありません。

生まれた時から悪徳遺伝子を持って生まれたのでしょうか?

そういえば、以前安倍でんでんの傍にいつもいて、テレビ映りを気にしだしたか、髪の毛だけはさっぱりしたけど、こちらも卑しく見ているだけで吐き気を催すナチスのゲシュタポをほうふつとさせる、そしてなんと、今や経済閣僚に収まっている自民党の広報担当、そう、セコイあの男は、バカの一つ覚えでメディアに圧力をかけ、田崎ジジイを使っている戦略が墓穴を掘っていることに気づいてない、やはり単なる阿呆であることが判明しましたね。

ぜひ田崎ジジイにはこのままテレビに出まくってもらい、だんだん見ている人たちもジジイのうさん臭さに気づいて、きっと開眼してくれるでしょうから、レイプジャーナリスト山口何某のように落ちぶれるまで頑張ってもらいたいと思います。

がんばれ田崎ジジイ!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


そういえば昨夜テレビのニュースで、いま加計学園汚職で問題の国家戦略特区諮問会議に安倍でんでん目の前に座っていた、こちらも筋金入りの売国奴、平蔵親分とは真逆の竹中平蔵を久々に見かけました。

小泉政権下で竹中は、りそな銀行がらみの犯罪や本人自らインサイダー取引の不正に関与したことをばらされる不安と植草氏への劣等感から、有為の経済学者を嵌め冤罪の罪を着せた、経済ゴロです。

こんなとんでもない連中が脇を固める安倍でんでん内閣がいまだ続いているという事実に、大手メディア、特にNHKはそろそろ引導を渡さないと読売、日テレと同様この世からなくなるということに気が付かない大ばか者なのでしょうか?

それにしても前川氏に続いて、テレビ朝日のドラマで活躍する内藤剛志主演の「警視庁・捜査一課長」ように、本物の警察幹部が検察と共謀してこの国の膿を出してくれる日はまだまだ先なのでしょうかね、はあ〜。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:28| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い!悪徳親分を切らねば自民は都議選の敗北は必至!!

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い!悪徳親分を切らねば自民は都議選の敗北は必至!!

政党政治の限界、終焉を迎えたと、前も書きました。

例え優れた議員であっても、利権まみれの老害だけでなく、犯罪者の総裁・総理、官房長官を幹部にしている限り、まともな議員活動など無理です。

ましてやヤク物によるレイプ犯の御用記者山口何某の不起訴まで手を貸した総裁を未だ排除できずにいる自民党議員、公明党議員および彼らの支持者たちも同罪です。

先日の文部科学省元次官、前川氏の命がけの記者会見に続き、レイプ犯の山口何某を不起訴にした検察への抗議の記者会見を行った、まるでジャンヌ・ダルクの様に勇気のある美しいジャーナリスト詩織さんは、まさに女性の人生をかけた訴えです。

なぜ私がこんなに断定的に書くかといいますと、今回の山口レイプ事件を報じた週刊新潮に、なんと山口何某本人、安倍でんでん一味の北村内閣情報官に事件のモミケシを依頼したメールを間違って送ってしまったからです。

まさに身から出た錆です。

しかし一方で、これは詩織さんの仕掛けたハニートラップではないかと、安倍でんでん犯罪一味が早速もみ消し工作を始めたようです。

共謀罪が成立していないから、検察、警察さらには読売、日テレなどマスコミなどを、総動員して犯罪を隠蔽しています。

もし共謀罪が成立してしまったら、たぶん、前川氏や詩織さんもすぐに、しかも簡単に刑務所送りです。

こんなまさにヤクザよりも横暴で暴力装置と化した安倍でんでん総裁を許す自民党所属の候補者を、あなたは都議選でも支持するのですか?

絶対支持しない!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0025 (00000002).JPG>


と、自民党や公明党及び友党の維新支持者に聞きたい、と思うのは私だけではないと思いますが、皆さんは如何でしょうか?


メディアが本来のジャーナリズムを発揮しだした今、ますます次から次と安倍でんでん犯罪一味の悪巧みや此奴にぶら下がっている連中に苦しめられた人々が声を上げ始めると思います。

ですから司法や検察の関係者で、まだ少しでも人間としての良識がある人たちには、

「今こそ前川氏に続いて立ち上がれ!」
「このまま何も行動を起こさないと、子々孫々に至るまで恥を晒すことになるぞ!」と言いたい気持ちです。

今度の東京都議会選挙は豊洲市場やオリンピックなどの政策への評価だけが争点ではありません。
むしろ今回の東京都議選の大きな争点は、国の行く末に大きくかかわる

「自民党政治を終わらせるか、それとも日本を終わらせるか」

の選択だと思うのです。

総理大臣や官房長官といった坊主を私たち国民は選べず、またやめさせることもできません。
であるならば、袈裟である自民党、公明党所属の都議を落とすしかありません!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:47| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

変態止まれ!陰謀前へ!!

変態止まれ!陰謀前へ!!

安倍でんでん悪党一味のような変態は一度立ち止まらせ、その陰謀の全容を世の中に広く知らしめ、お縄にかけなければお天道様が西から東へ沈みます。

いよいよ森友学園、加計学園に関する安倍でんでん一味の悪行の構造や実態がはっきりしました。

また事の次第や全容は朝日新聞はじめ、まだらボケから目が覚めた毎日新聞などいくつかの新聞やテレビニュースが取り上げ、これまで政治に関心のなかった人たちも知るところになったと思います。

そういう意味で、先日の文部科学省元次官、前川喜平氏の行った記者発表会はまことに素晴らしく久々の慶事でした。

しかし一方それでも、理屈にもなっておらず、また話の本筋をごまかそうとする輩がいるのです。

そのひどい言いぐさは、ある種変態ではないかと思うほどで、TBSお昼のワイドショウ「ひるおび」に出演している、ジジイ通信の田崎ジジイなのです。

すでに論理破綻をしているにも関わらず、すべてが安倍でんでん擁護の詭弁に終始していました。
金以外に何か安倍でんでんに弱みを握られているのでしょうかね。

一番あきれたのが前川氏の記者会見について、ものすごく狭く大勢の記者でごった返し、皆大粒の汗を掻いていたことを知っていたくせに、まるで前川氏がウソを言っているとばかりに「彼はことの真相に関することを話している時大汗をかいているでしょ!」と得意げに言い放つのです。

変態恥を知れ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


いつまでもこんな犯罪者の共犯者をテレビに出しているTBSやフジは、読売と同様決定的に信用を落とすことになること請け合いです。

また、隣に座っていた元読売新聞の大谷昭宏氏が珍しくまともなことを言っていたのにはびっくりしました。この人はジャーナリストとしてどうもブレが大きく信用していませんでしたが、

「今回の会見場所は一切知らしてはいけない。また会見後、前川氏の身柄の安全が確保されるまで報道してはいけない。こんなことは聞いたのは初めてで、官邸からの脅しがよほど効いてるのか」といって驚いていました。

また、先日の読売がどうでもよい前川氏の過去の話を、さもいかがわしい人間であるがごとく前川氏を貶める記事を、全国の読売新聞(本来東京、大阪など本社ごとに印刷するので、簡単に言うと別の新聞なので、ふつうは同じ内容でも、各地域で多少記事の内容や場所が違うものだそうです)に全く同じ内容で、同じ紙面の場所に書かれいたという意味は、明らかに官邸から指示があって書かれたものだと、も言い放ちました。

確かに、トランプを罵倒していた元共同の後藤や毎日の女性論説委員などの豹変は、メディアの潮目が変わってきたように感じうれしいのですが、安倍でんでんべったりのNHK政治部岩田女子などはまだまだ健在のようですね。

しかし改めて前川氏の決断に感謝したいとの想いを強くしました。

その勇気ある姿は、先日の朝日新聞に全文が出ていた、文部科学省の職員に宛てたメールにある、「気は優しくて力持ち」はまさに前川氏自身のことと、思い定め深く感動しました。

また、やはり大手メディが本来のジャーナリズムを国民のために発揮してくれればこの国は変われることも証明したように思います。

あとは、何とか野党に頑張ってもらい、安倍でんでん一味を国会から追放してほしいと願っています。

今でさえ、これだけ官邸の圧力があるのに、共謀罪が決定すればどうなるか、考えただけでも恐ろしいと思うのは、私だけではないと思いますが、みなさんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:14| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする