2017年07月26日

国会答弁の速記なんか止めて、公務中の大臣の言動をすべて録音・録画せよ!

国会答弁の速記なんか止めて、公務中の大臣の言動をすべて録音・録画せよ!

一昨日の閉会中審査を録画していたのですが、途中で見るのやめました。
腹が立つのと無駄だと感じたからです。

これだけ国会の場で平気でうその上塗りを繰り返す、総理大臣、閣僚、役人たちは見たことがありません。

他の先進国でも同様なのでしょうか?

場を適切に仕切れない委員長、そして無駄に取材し国民視点に立っていないマスコミ、国民や国の行く末を本気で考えて討議している緊張感もなく、中には毎度腕を組んで寝ている、くまモンでも置けばまだ和む副総理、真剣に政治家らしい仕事をしている人間なんか数えるくらいしか見当たらない、まさに形だけで何も価値を生み出さない国会なんか、いらないと確信しました。

一方速記の人たちが入れ替わり、立ち替わり委員長の斜め前で真面目に黙々と仕事をしているのだけが目立つ委員会です。

私にはこの人たちだけが仕事、作業をしているように見えるのですが、しかし本来のきちんとした討議が行われていれば、役にも立つのでしょうが、くだらない「記憶にない、記録がない」の連発では、プロの速記でなくても、私にも出来そうです。

役人の用意した資料を棒読みするだけで、野党からの鋭い指摘に対しては、
「知らぬ存ぜぬ」
としか答弁しないのですから、委員会そのものも速記記録も全く意味がありません。
ただ我々の税金が無駄使いされているだけです。

不買運動ならぬ不納税運動をしよう!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


さて上場企業ではHPにすべてFAQが用意してあるから顧客や株主に取り立ててコミュニケーションをする必要はない。下手なトップが余計なことを言うリスクをなくすために、マスコミには極力出させず、どうしても必要な時は十分なシミュレーションとして模擬記者会見の練習と周到なQ&Aを用意して、広報がサポートする、というような重厚長大産業の経営者が日本には結構存在します。

しかし、最近の東芝やあの重大事故を起こした東京電力なども徐々にそのような体質がユーザーだけでなく株主はじめマスコミから糾弾され、その存在が社会から疎まれるようになってきています。
本当はとっくに倒産させるのがすじなのです。

大手企業の中にも悪徳政治家や官僚と同様に表向きは「お客様、有権者、納税者は神様です」と宣っていますが、心の中では上から目線、バリバリの独裁者顔負けの偽善者です。

そのようなリーダーや組織体にならないように、きちんとした企業の場合、株主は経営を、社員は業務を、ユーザーは商品サービスの安心と品質をチェックし、トータルとしてメディアが企業イメージを創出し、その企業が社会にとってなくてはならない存在であれば、優れたブランドとして評価されます。

民間企業ではウソをつき続ける経営者や会社は、マスコミや警察、検察がその筋の威光がない限り速やかに市場、社会から追い出しますが、国民にとって一番大事な国政に関しては、全く機能していません。

せめて一部上場企業に求められている、コンプライアンス、法令順守ぐらいは最低守ってもらいたいものです。

マスコミや検察が動かない以上、もし違反したら、政治家だろうが民間議員だろうが官僚だろうが、オートマチックに罰せられる仕組みが絶対に必要です。

そうなれば安倍でんでん始め、経済ゴロの竹中平蔵や国税庁長官に出世した佐川のような悪徳・犯罪一味が跋扈することはなくなるはずです。

本来はマスコミが機能すれば簡単に解決するのですが、アメリカ奥の院から支配されていて当面無理でしょうし、選挙もコントロールされているフシがあり、国民には為すすべがありません。

やはり、国務大臣の公務中の会合や会食などは全て録音、録画をする法案を民主党の一部、自由党や共産党、社民党あたりが法案を提出すべきだと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:35| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

選びたい政治家がいない今、前川氏のような志を持つまともな人達が立候補する国に!

選びたい政治家がいない今、前川氏のような志を持つまともな人達が立候補する国に!

今の政治家や官僚そしてマスコミを見て、若者は自分の将来として選ぶ職種ではなくなっていると思うはずです。この今の日本の状況を何とかしなければいけないと日本に未来はないとつくづく思います。

ところで、また懲りずにNHKは昨日の日曜討論のテーマは閉会中審査ではなく、なんとヒアリの対策についてだったようです。

国民を馬鹿にしているとしか思えない、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の為のNHKです。

何故、今ヒアリなの?

先日その筋のマッチポンプネタじゃないかと書きましたから、もう突っ込むのは止めますが、それにしてもおかしいのは、今年から突然始まった現象なのか?とても素直には信じがたいですよね。

いくつもの?を感じます。

本来もっと大事で、国民の関心が集まっている森友、加計学園事件について今日から2日にわたって開かれる閉会中審査について、討論するのが先でしょう!

国民はこんなNHKに税金も、受信料もダブルで負担しているのですから、もっと怒っていいのではないでしょうか?

プンプン!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


もうすでに閉会中審査は始まっており、午前中はどうせ自民、公明の質問らしいのでみても腹が立つだけですから午後から録画しています。

そういえば先日は支離滅裂な山本特命大臣の今治市へ事前告知をやった、忘れたと、日本獣医会の記録に関してしどろもどろの会見をしたようです。

自分はこの世で一番あたまがいいと公言していたようですが、自ら、それを覆してしまったようです。嘘をつくには、相当頭が良くないと、辻褄が合わなくなり、凡人にはとても難しい作法です。

しかし一方で、大手メディアがメディアスクラムを組むと本当のように事実を捏造し、世間にまき散らすことが可能になります。

前回も、触れましたが第四の権力として、自らの力に驕り、最近では他の権力組織さえもコントロールしているのではないかと、勘繰りたくなるような状況ですが、ネットがあるおかげで、メディアリテラシーを発揮する人たちにとって、だいぶメッキが剥げてきました。

基本的にメディアの情報、特に大手メディアが一斉に報じるニュースには何か裏がある、場合によっては逆が信なり、という見方のほうが間違わない可能性が高いと確信するようになりました。

ただ、あのナベツネがアメリカ奥の院の門前小僧でしかないのに、主筆として偉そうに君臨していることを知らずに入社した若い人たちの中にも、こんなはずではなかった、といまだ社会正義に燃え、屈折しながらも心ある記者はいるはずです。

政界の再編が確実になった今、メディア界でも改めて国民の為のメディア再編が起きて欲しいと願っています。

ただ、政界に関しては、民進党の幹部が隠れ自民党として野党再編を拒んでいるようですし、
民進党をでて小池都知事にすり寄っている長島のような議員が巣くう議員モドキ達が多く生息しています。

このようなヤクザ崩れの議員たちの寄せ集め野党ができても、同じことの繰り返しでしかないと思うと、選ぶ政党や議員がいないのも事実です。

小沢さんや森さん、そして山本太郎さんのような誇りも能力も度胸もある人たちが、アメリカ奥の院やその意向を汲んだメディアから邪魔されず、また前川氏のような優れた人たちが集まり、複数の立候補者を立てることができる状況にするには、一体どうしたらいいのでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」


posted by ぷんぷん at 12:44| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

ヒヤリとしたヒアリ騒動は一体!メディアと組めばなんでもできる、この世界!?

ヒヤリとしたヒアリ騒動は一体!メディアと組めばなんでもできる、この世界!?

どうすれば未来永劫儲かるのか?

アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の思考、行動原理はこれに尽きる。
そのためのまさにフェイクショウが世界各地で行われていると考えれば腑に落ちます。

その指令通りに動き、まことに御しやすく、しっぽを振る代表が日本では安倍でんでんであり、その背後で働き蜂のように支える、行政やマスコミは、時代劇の悪徳代官や創作瓦版の版元たち、という構造です。

この儲かることをやり易くする一番重要な役割を担っているのが、メディアです。

最近では読売、産経などだいぶボロが出てきて、その役割を果たせなくなっていますが、それでもまだまだ、NHKはじめ、朝日も毎日含め大手テレビ局は信用できません。

よほど気を付けてメディアリテラシーを発揮しないと、すぐ洗脳されてしまいます。

つい先日まで、ヒアリという猛毒蟻に関して、いかに猛毒で怖い蟻か、しかも全国各地で見つかったと多くのメディアで報じられていました。

ところが、ここのところぱったりとニュースがなくなりました。

しかも環境省のホームページで「ヒアリ」による被害について、米国で年間100人の死亡例がある、と知らしていた記述を削除したとのことです。

その道の専門家の指摘により、データを裏付ける明確な根拠がないとのことですが、それなら最初から専門家に聞けよ、と突っ込みたくなるのは私だけではないと思います。

なぜこんな偽情報が出るのでしょう?
それも今??

???なぷんぷん

OWNER-PC - FullSizeRender7.jpg


そういえば、以前代々木公園でもテング熱騒動があったのを思い出します。
あれも結局やらせなのでしょうね。

理由はいくつか指摘されていました。

一つは代々木公園に人が寄り付かないようにするため。
当時も安倍が首相の頃ですよね。
当時全国各地で原発反対運動が起こっていた頃で、代々木公園での大規模原発反対運動の集会を潰すためだと。

これもメディアが政権側の意向に沿って、大々的にメディアスクラムを組んでテング熱を煽ったといわれています。

そういえば、当時国会周辺での大規模な原発反対デモをNHKはじめテレビ局がニュースにしないとネットでは批判されていました。

もう一つは薬メーカーのワクチンや解熱薬の開発によるメリットも疑惑にかけられましたね。

ワクチンを売りたい、在庫処分したい国際的な薬メーカーのやらせ?

有名なのは国連がインフルエンザのパンデミックを発表し世界中がパニックに陥ったこともありました。

当時アメリカ奥の院メンバーのラムズフェルド国防長官から委託され毒性インフルエンザを日本にばら蒔いたのは自民党の議員だったという話を聞いたことが在ります。

まさにマッチポンプそのもので、薬を売る原因を作り、メディアであおり、売上だけでなく株価も上がることを見据えて、インサイダーとして事前に株を買い占めて丸儲けの二度おいしいビジネスを仕掛ける。

金儲けのためなら何でもあり、現代のベニスの商人シャイロック達はメディアを手中に収めやりたい放題です。はあ〜。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:20| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする