2017年07月20日

食う、寝る、遊ぶ

食う、寝る、遊ぶ

「24時間戦えますか?」

時代を象徴する有名なドリンク剤のCMコピーがありました。

とてもエネルギッシュで、ある種平和ボケとさえ今では言えるのでしょうが、30年ほど前に日本全体が浮かれて元気な頃の広告。

俗にいうバブル時代の始まりのこの時期にも、今の安倍でんでん悪徳一味のような政治家もいたのでしょうが、金権政治が話題になっていたように記憶していますが、今ほどの反日的な政権にはなっておらず、昭和が終わり平成が始まった時期でした。

確かにまるで月替わりのように首相が次々と誕生しては、消えていった記憶があり、その当時からいまと変わらず、アメリカ奥の院による熾烈な日本支配が繰り広げられていたのでしょうね。

しかし当時はインターネットもなく、ほとんどの日本人にとって大手メディアのニュースの情報だけで、それゆえに今よりもその筋による世論操作もしやすかったのでしょう。

今思えば、日本の真の独立のために頑張っていた、今の文部科学省の前次官、前川氏のような人たちは悪者にされ、それをそのまま信じていたことが悔やまれます。

このようなC★Aの情報をもとにでっち上げの研究で名を挙げた立花隆や文春、その他多くのメディアから悪者のように言われ続けた田中角栄氏だけでなく、何人かの政治家は政治的な不名誉だけに終わらず、不審な死を迎えています。ネットで調べればすぐにわかる今は、まことに便利です。

しかし、当時30代を少し過ぎたくらいの私なんかは、今のように政治の世界に興味を持つことはほとんどなかったと思います。そしてNHKを含め、大手テレビや新聞のニュースに疑問を持つことはなかったように記憶しています。

確かに!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


そういう意味で、マスコミがそれまでの周到に計画され、創造された信用を担保に、様々なことをニュースとして流せば、多くの国民はなんの疑いもなく、政府のこともメディア、とくにNHKの言うことやそこに登場する、俗にいうオピニオンにも信頼を寄せていたことは明らかです。

もちろん当時でもごく少数のジャーナリストや学識者などが異論や正論を唱えても、まるで異端児のような扱いを受け、酷評されることもあったように思います。

しかし、きっとそのような方のほうが、本当は未来の日本を危惧し、日本の政治的課題や日米関係の正体などについて、警鐘を鳴らしていたのだと思います。

程度の差はあれ、今でも何故安倍でんでん一味が偽日本人なのか、何故アメリカがそんなに悪者で、酷いのかなど気が付かず、またそのような言説を信じられず、むしろ特殊な考え、思想だと思っている人がいるのも仕方のない事かもしれません。

特に当時日本は好景気で生活環境もどんどん良くなり、日本の経済力でアメリカ全土を2度も買える経済力を持っている、という自信を持つまでになりました。ですからこのまま政治なんか適当に政治屋に任していればよい、と多くの国民は高をくくっていました。

アメリカなんかすぐにでも追い越して、未来永劫日本は繁栄すると信じていたのだと思います。私もそう考えていた一人であり、日本の置かれている状況を深く考えたりするより、むしろビジネスや自分のキャリアについての関心が一番大事だと思い生活していました。

もし30年前にアメリカ奥の院や安倍でんでん悪徳・犯罪一味のような偽日本人たちの存在、実態について友人から聞かされても、

「そんな事あり得ないよ、そりゃ陰謀論だよ。それより稼いで、いい女とフレンチを食べながらドンペリで乾杯しようぜ!」
と言い放ったと思います。


「みなさんお元気ですかあ〜」

と井上陽水が登場した車のCFがありました。

「食う、寝る、遊ぶ」という広告コピーは、会社「ほぼ日」が上場公開した糸井重里の作です。
当時の行き過ぎたバブリー感をあざ笑い、自然体のかっこいい大人を描いているように感じたものです。

しかし、30年たった今、若い人たちには、このコピーさえも贅沢なのでしょうね。

ですから当時のメディアリテラシ―のなさを反省し、今からでもできることはしなければとの思いに駆られブログを書いています。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:16| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

内閣改造ごときのなんちゃって骨格ではなく、日本の骨格をどうするか、その始まりだと思いたい!

内閣改造ごときのなんちゃって骨格ではなく、日本の骨格をどうするか、その始まりだと思いたい!

前川氏&文部科科学省の反乱から、防衛省も続いたのか、稲田網タイツ勘違い防衛大臣のウソを共同通信がリークしましたね。それだけでなく、今朝の東京新聞と毎日新聞は一面トップ、そして朝日新聞も一面で報じています。

今夜の7時のNHKフェイクニュースがどのように報じるか見ものです。
お昼の各局のワイドショウでも取り上げているので、まさか知らんぷりはできないと思いますがね。

われわれ日本人にとっては、政府の中央官庁から真実が出てくることは、非常にめでたく、とてもいい兆候です。

やはり、その先陣を切った、文部科学省の前次官、前川氏の功績が大きいとみんな思っていると思います。中央官庁の次官を務めた人が自ら国会で証言するわけですから、忸怩たる思いの、厄人ではなく役人はまだまだ多くいます。

ファイト一発!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


ですから今回の就任からずっとひどい、偽日本人による閣僚の一人である、稲田網タイツKY防衛大臣への部下たちの反乱は、起こるべくして起きたのだと思います。

できればこれに続いて、悪徳・犯罪一味の覚えめでたい、証拠隠滅を図るために財務省のパソコンを全部変えた、佐川局長の国税長官栄転に対して不満を持つ、そして文書を保管している役人は絶対いるはずです。

是非この機会に、内部告発でもメディアへのリークでもよいので公表してもらいたいと切に思います。

みんなでやれば怖くない、です。国民は絶対応援します。

来週には臨時予算委員会では安倍でんでんに対して、森友、加計学園の不正にまつわる国会での野党の質問が控えています。

ここで一気呵成に全省庁の役人が反旗を翻し、野党からの質問に対し大臣が答える、ペーパーを事実に書き換えてましょう!

きっとそのまま読んでしまうぐらい、レベルの低い閣僚ばかりです。

とくに総理や副総理は漢字が読めないので、答弁用資料はルビかひらがなで書かれており、そのまま内容も理解せず読むはずで、拍手喝さいの花火大会になること請け合いです。

また、8月3日に現在の安倍でんでんを支える、麻生副総理、管官房長官といった内閣の骨格は変えず、なんとか内閣改造で逃げ切ろうとしているようですが、そんなもので逃げ切れるほど、世論は甘くありません。

潮目は変わりました。どんどん内部告発やメディアへのリークを各省庁はやるべきです。

国民の公僕であることが政権への忖度より優先するのです。

厄人から役人へ変われるチャンスが来たのだと。みんな安倍でんでんからネズミのように逃げ始めています。この流れは変えられず、内閣は総辞職し、安倍には議員辞職だけでなくしっかりと犯罪者として堀の中で勤めを果たしてもらいましょう

きっと週末の各メディアの世論調査では、安倍の支持率は20%を切るのではないでしょうか。とても楽しみです!

最終的には、アメリカと日本の関係の真実を明らかにし、全く機能していない三権を見直し、日本という国の骨格を根底から変えていかなければ、本当の民主国家は生まれないとの想いを強くしました。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:52| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

NHKを国民に取り戻すには、全国のNHK前でデモをするのがいいかも、それでもだめならゴルゴ13に頼むしかないか?

NHKを国民に取り戻すには、全国のNHK前でデモをするのがいいかも、それでもだめならゴルゴ13に頼むしかないか?


さて前回、真の日本独立を勝ち取るのに一番の近道は、なぜ安倍のような無能で能力も見識もない、日本人の誇りを台無しにする偽日本人が、首相に二度も選ばれ、国民をだまし、戦前のような軍国国家にしようとしているのか、その経緯と真実をNHKが放送するしかないと書いてきました。

ではNHKが真実を放送する、させるためにはどうしたら良いのでしょう?

NHKの職員も一枚岩ではありません。

以前からも書いていますように、政治部を中心に政権寄りの報道をする連中だけではなく、批判しようとしている職員もいます。ですから思い出したように政権の問題を正しく報道することもあり、普通の人から見れば、混乱してしまう、まるでまだらボケのようにも見えるのです。

アメリカ奥の院のいう通りに従い、その代わり分不相応な権力や地位を与えられ、どっぷりと悪徳に浸かり、これまで日本を貶めて来た、NHKの幹部とその幹部を積極的に支援して来た連中。

嫌々ながらも知らんぷりして会社の方針に従って来た職員(実はここの連中が一番罪深く、また多い?)

そして問題意識もなく知ろうともせず、ただ、報道に携わっている自覚もなく、ただ給料をもらう社畜の職員(ここは初めからあきらめたほうがいいのでしょうね。)


何とか本来の公共放送として国民に少しでも真実を伝えようと、苦労している職員(この人たちを支援できないものか?)

反旗を翻し、冷や飯や抹殺された人達(名誉を挽回してあげたいものです)

もっと色々な想いを抱えている人がいるかもしれませんが、これらの人達の安全を守り、真実を知らしめて呉れる様にするにはどうしたら良いのでしょうか?

官邸や国会での抗議デモもいいかもしれませんが、渋谷の本社だけでなく、全国のNHKの前でデモをする、これしかないのかもしれません。

「嘘つくな!だますな!本当のことを報道しろ!」

「報道しなければ7時のフェイクニュースと名前をかえろ!」

「税金と受信料を払っているのはだれだ!」

「真実を報道しろ!じゃないと解約するぞ!」

「一人だと怖いけどみんなでやれば怖くない!」

「我々は味方だ、見殺しにはしない!」

そうだ!そうだ!とぷんぷん

IMG_0020.JPG


できれば毎週、数十万単位のデモを実施すれば、目立ちます。

さすがにこのデモをニュースで取り上げないわけはいかないと思うのです。

電話やメールでの抗議も多いと聞きますが、やはりインパクトが小さいと思うのです。

どちらにしても、共謀罪に触れない様に、如何に多くの賛同者を集められるか?にかかっているのですが。。。

しかしこのようなデモを行っても埒が明かない時にはどのような手があるのでしょう?
我々が相手にしている連中は、一般の常識的な方法や、インドのガンジーの様な抵抗運動では、とてもあきらめさせることが難しい、しかも凶暴な相手です。

これはもう、日本人VS偽日本人及びアメリカ奥の院との戦争ですよね。

いよいよ不味いとなれば、アメリカ奥院の傀儡でマッチポンプ役の北のカリアゲ君に命じて、ミサイルをどこかの原子力発電所にぶっ放すかもしれません。

ですから、そうなる前に

「目には目を歯には歯を」の例に倣って

ゴルゴ13に効果的な一撃を頼むしかないのかもしれません。はあ〜。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:49| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする