2017年07月12日

何故アメリカでディベートが発達、発展したのか?

何故アメリカでディベートが発達、発展したのか?

一時期ディベートが日本でも話題になり、高校、大学をはじめ、企業などでも持て囃されました。私もいくつか企業イベントの企画にかかわったことがありますが、率直に言って日本にはなじまないなあ、と感じました。

どうも基本的に攻撃的で、簡単にいいますと屁理屈をこねて相手をやりこめる、汚い話法、詭弁の道具だと感じてしまったのです。

そういえば、むかしあのオウム真理教の上祐氏が「ああいえば上祐」と揶揄されたことを思い出します。

もちろん本来のディベートの目的は物事の見方や表裏などについて多面的に検証し、むしろ事実を意図的に捻じ曲げる詭弁を正すことが狙いだと思います。

話がそれますが、今の国会などでの政府側の答弁は詭弁にもなっておらず、単なるウソの上塗りで、すでに論理破綻してお粗末な限りですけどね。

まあ、農耕器具の鎌でも使い方を間違えば人を殺す武器になるように、ディベートという技術も使い方を悪用すれば、人を陥れる道具にもなります。

ですから、今でも例え間違いであっても、人を説得する、貶めるための技術として欧米や日本で活躍するインテリやくざ弁護士には大切な悪徳ノウハウなのですね。

一方、古来日本人はそれを屁理屈と一刀両断して来た文化があり、男の風上にも置けない汚い作法だとしてきたと思います。

ただ今の偽日本人である安倍や政治家、一部の高給厄人にとってはとても大切な出世の方便、作法のようです。

しかし、メディアリテラシーのある人々やネットが発達したお陰で、彼らのおかしさ、詭弁に気付き始めた日本人が増え、だいぶボロが出て来始めました。

何時ぞやの、文部科学省の役人がメールを共有した職員の名前が判明した時の、答弁には笑ってしまい、流石の役人言葉、辞書にも無かったのか

「同姓同名のものはおります」と答えました。

説得力の全くない屁理屈の代表作です。

十人もしかも限られた部署にそんな偶然があるなんて、宝くじに当たる方がはるかに簡単ですよね。

確かに!とぷんぷん

IMG_0033.JPG


まあ、役人の防衛本能と、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の睨みがまだ効いているので、敢えて苦し紛れの言い訳をしたのだと思います。

しかし、もしかすると、この様な屁理屈にもならない答弁をさせる政権の酷さに気付いてほしい、との想いをこの役人は見せてくれたのかもしれない、とも思ってしまいました。

ネットが発達するまでは、テレビでよく見る御用学者と言われる著名大学の教授や評論家、専門家などの話す内容を何の疑いもなく信じている人がほとんどでした。

また、その筋のあおり屋プロが紛れ込んでいるせいか、いまのネットの世界でもまだまだ混乱しています。

特にネトウヨという人たちは、信奉している安倍でんでんこそ、偽日本人であり、でんでんを支持することが正に日本を貶める、権力側の思うつぼの反日行為であり、天に唾する行為だと気づいていないのが残念です。

自分たちの都合のよい正義や価値観を世界中に広めるために、世界の悪徳権力者層は様々なテクニックや技術を開発しています。

ですから、物理的な武器だけではなく、モノの見方や考える方法などさえもアカデミックやメディアを通じて広めているのだ、ということにそろそろ多くの日本人は気付くべきだと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:58| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

「俺たちがいないと困るだろう?」とうそぶく悪党たち「お前たちがいないと食い扶持がなくなるからな」とほくそ笑む保安官

「俺たちがいないと困るだろう?」とうそぶく悪党たち「お前たちがいないと食い扶持がなくなるからな」とほくそ笑む保安官


世界や日本の社会構造は本当は、すごくシンプルなのかもしれません。

権力を持ちいつまでもその座に君臨したい連中は、われわれには想像もできないほどのお金や彼らにとって便利な法律を自在に操れるようです。そういえばヤクザもマフィアも時の表の権力者とゴルフに興じるようですが。。。

生きて行く上で、日本語以外はあまり必要ではなく、まあそれなりの生活ができる日本人にとって、世界情勢などを気にする必要性や必然性を感じる機会は少ないのは確かです。

ですから、日本人の洗脳はメディアを通じて割と簡単に出来てきたのだと思います。

さらにはアメリカの悪徳・犯罪組織の手下になれば、政治家や官僚、そしてメディアの人間も、望外の将来が約束されていています。これらの連中たちが束になって国民を洗脳するわけですから、とても簡単だったわけです。

さらには大手メディアだけでなく映画やテレビドラマなどを巧妙に使って、簡単にいえば世界中の人を洗脳できてきました。

最近では生物学や化学などによる人間のマインドコントロールはもちろん、気象さえも自在にコントロールできる兵器も開発されているようで、科学の最先端技術をつかった地球規模のコントロールが可能になっていると聞きます。

ジョン・レノンの犯人も?とぷんぷん

IMG_0096.JPG


もちろん、科学や技術の発達のおかげで寿命も延び、昔に比べたらとても快適で便利な社会が出現してきたことも事実です。

しかし、一方でいまだに戦争や紛争などは世界のどこかで起こっており、先進国以外ではまだまだ貧困や病気は解決しておらず、搾取と理不尽がほとんどの世界を覆っています。

発展途上国の場合、大体が独裁者や富の偏在によって未来が閉ざされているのだと思います。もちろん日本を含め行き過ぎた資本家たちによる富の搾取が大きな原因で、そういう意味では随分と喧伝されたグローバリズム、そしてTPPなどというものもその延長でしかないと思っています。

昔、子供の頃に見て夢中になった鉄腕アトムには、きっと自分が大人になった頃には、人間の知恵や科学の力で世界はとても発展し平和で素晴らしい社会が訪れると信じさせてくれました。

しかし世界の悪徳権力者たちにとっては、決して平和で豊かな世界になっては困る理由があるのです。

きっとナポレオン戦争をいち早く知ることで、巨万の富を築いたとされるロスチャイルド家は、その経験を活かし、人より早く情報、事態をつかむことが富を得るのに一番の近道だと知ったのですね。

それであれば、戦争を自分でコントロールできる、つまり自分で起こせばもっと確実に大儲けできると。

「悪い奴ほどよく眠る」けだし名言です。

全ては権力を維持したい、アメリカ奥の院や欧州のお歴々などが仕掛けた、出来レースが世界中で展開されているわけです。

日本でもそろそろ用済みになってきた、彼らのパシリ安倍でんでん悪徳・犯罪一味の崩壊が始まったのかもしれません。

きっとG20で引導をその筋から渡され、読売ゴロツキ三文瓦版での支持率急落がGOサインの合図ということなのでしょうね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:54| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

何故前川氏ではなく、安倍の様な偽日本人が2度も総理大臣になれたのか?

何故前川氏ではなく、安倍の様な偽日本人が2度も総理大臣になれたのか?

とても一国の代表として国を納める、見識も覚悟も能力もなく、ただ日本国や日本人を貶めるだけに邁進するこの人が2回も総理大臣に何故なれるのでしょうか?

一方で前文部科学省次官の前川氏ような、見識も覚悟も能力もある人が、読売のようなゴロツキ三文瓦版から貶められなければいけないのでしょうか?

本当に不思議でアホな国です、我が国は。

ペットのように、いや単にいつのまにか消費される為だけに存在すれば良しとするその筋の思惑に、気づく機会がなかなか訪れませんでした。しかしやっと国民の3割ぐらいは現政権のおかしな思想や行き過ぎた政治に嫌気がさし、まずは都議会選挙でNOを突き付けたました。

お金はとても大事ですし、少しでも楽をしたい、できればおいしいものやきれいな服を着て死ぬまで暮らしたい、と思うのは人の常です。しかしこのまま安倍でんでん悪徳・犯罪一味に何もせず従っていれば、単なる奴隷として生きていくことが待っています。

ですから今国が進めてい政策に一つでも疑問を持ちさえすれば、奴隷のごとく飼いならされていることに気付く、とても分かりやすいことが、この国で起きているわけです。

なるほど!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg>


もちろん、NHKはじめ大手メディア、特にテレビが恣意的に政権に都合の悪いニュースを報道しないということが一番大きな問題であることははっきりしています。

しかし、ここ一連の現政権の大臣たちの言動などを見れば、どこかおかしいと思うはずです。一方で多少はお尻に火が付いたとはいえ、いまだに国民を馬鹿にしたように、もっと言いますと、支持率が落ちたとはいえ、政権にしがみついていられるのはなぜなのでしょうか?

一つの理由としては国民の政治に対する関心のなさがあるのでしょう。まさに読売ごろつき三文瓦版の戦略が功を奏しているのだと思います。

明日から施行される共謀罪の具体的な被害や恐怖を煽るテロの発生、さらには将来、自分の家族の自衛隊員の海外での戦死などが起きないとわからないのでしょうか?

前回のブログで、コップの中での争いに終始する日本は、このままでは本当に沈みゆくドロ船の如く、三流国家に成り下がる、と書きました。

ついマスコミに乗せられ、右へ左へと振り回され、いつの間にか生きているのかそれとも飼われているのかも自覚しないまま今日まで続いて来た日本、日本人です。

そうなってしまったもう一つの大きな理由は、以前も書きましたが、日本に必要以上の恨みをエネルギーに変え反日行動をとってきた偽日本人を巧みに利用し、政財界だけでなく、官僚機構やマスコミ、広告代理、芸能など各界の要所に偽日本人を配置し支配してきたのは、すべての資金とノウハウを提供してきたアメリカの旧権力層が暗躍している事実です。

安倍でんでんを背後で操る奴がいる?

ということを考えなければ、このような人間が前川氏のような優れた人を差し置いて2度も総理大臣になれるはずがない、と思うのは狂人の妄想なのでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:13| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする