2017年07月14日

安倍の背後の巨悪を断たなきゃだめ!その為にはNHKを国民が取り返すしかない!2

安倍の背後の巨悪を断たなきゃだめ!その為にはNHKを国民が取り返すしかない!2

日本を第二次世界大戦以降ずっと今日まで戦利品として支配してきた勢力は、一言でアメリカと言えないところが悩ましいのですが、簡単に言えば金融と戦争が一番儲かるビジネスだと考えて世界中で暗躍している一種のコングロマリットだと思っています。

ですから表向きは普通の優良企業やメディア、研究機関などですから、一般の人にとってはまさかあの企業が?あの経営者が?あの学者が?と、とても信じられない程、彼らは非常に巧妙に日本を支配してきたといえます。

一方、これらのアメリカ奥の院からの指令・命令は日米合同委員会を通じて行われていることは非常に有名で、ほとんどこの会議で決められた内容に基づいて日本政府はその年の方針を決め、その通りに行っています。

つまり、特定秘密保護法、改正刑事訴訟法、共謀罪など警察国家まっしぐらの一連の法案を安倍でんでん・お気軽内閣はアメリカに言われる通りに立法化したわけです。

これらの要求されたことを忠実に実行して、国民の方ではなく、法外の地位や報酬を与えてくれるアメリカ奥の院に尻尾を振り続けてきた連中が、ほぼ日本の中枢を抑えている状況なのです。

しかし、このような状況を私たち多くの国民に知られ、自分たちの不正や悪行がバレルことを一番恐れているのも事実です。

ばらせ!でも誰が?とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


そのような彼らにとって困る、国民の不審な動きを少しでも早く察知するために、警察公安や宗教団体などが日常的に監視、スパイ活動をしていることは容易に推測できます。

国民がこの事実を絶対に知ることがないように、共謀罪なども成立させたわけです。

ですから、もしこの事実、真実を表ざたにしようとすれば、その人物やジャーナリストは非常に危険が付きまとうことになります。

昨日触れました、不審死にされた有為のジャーナリストたちは、残念ながら平和ボケの日本において、まさかそのような危険が日本で起きるはずがない、と危機管理が非常に乏しいことが招いた悲劇です。

一方、悪徳一味にとっては、見せしめとして抜群の効果を発揮するわけで一石二鳥なわけです。

ですから、歴代の上層部から代々申し送られ、これまでアメリカ奥の院の意向をくんで安倍などの神輿を担ぎ、加担して来た、政治家、宗教、政党、マスコミ、警察、検察などの幹部たちも、自己保身の為、猛烈な締め付けを行うのは明らかです。

さらには、共謀罪も施行され、先日の詩織さんの人生をめちゃくちゃにした、レイプジャーナリスト山口何某を逮捕寸前でストップをかけた警察官僚が共謀罪のトップですから、むかしの特高のように容赦なく取り締まるはずです。

彼ら日本人をだましてきた偽日本人たちにとって、行くも戻るも地獄なので、死ぬ気で邪魔してくるはずです。
何故なら、その筋の命令を無視すれば、本人は勿論近しい家族も同様の恐怖の末路が、待っています。

もし事実を明らかにし、許しを国民に請うても、残りの人生刑務所で過ごすしかないあわれな未来なのですから。

さて、日本のさまざまな要所を支配されており、生半可なやり方では、以前の民主党の小沢さんや鳩山さんの二の舞になってしまいます。

しかし、もしNHKが何故今日の様な自体に日本が置かれているか、その経緯と真実を放送したら、一気に日本国民は覚醒し、本来の日本国家に戻れるのではないかと思うのです。

ではNHKをそうさせる為にはどうしたら良いのでしょう?
難しい。。。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:37| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする