2017年07月17日

安倍の背後の巨悪を断たなきゃだめ!その為にはNHKを国民が取り返すしかない!3

安倍の背後の巨悪を断たなきゃだめ!その為にはNHKを国民が取り返すしかない!3

一握りの心あるNHKのジャーナリストたちに、日本を支配する背後関係を明らかにしてもらうことは、やはり無理があります。

きっとこれまでと同様の悲しい事件が確実に起こり、悪徳一味に消されるのが落ちです。

彼らの手先は人を抹殺することに何の抵抗もない、偽日本人で非人間の連中が常にスタンバイしています。

ですからこれまでも義侠心のある何人もの人たちが犠牲になっていて、心あるジャーナリストもいるNHKの職員やほかのメディアの人たちを震えあがらせているので、ただ、頑張れというのは無責任です。確実に彼らから身を守る方法を確立しなければ、これまでと同様のことが起きてしまいます。

そういう意味では

「あるものをないことにはできない」

と記者発表会を行った前川前次官が会場の場所をオープンにせず、会見後も人知れず会場を後にしたことは、かなり周到なリスク対策を行ったのだろうと感じました。

平和ボケで、世界中で様々な陰謀が実際行われていることに、まったく鈍感な、それほど平穏で幸せであった日本人にとって、このような前時代的な恐怖に満ちた暴力を平気で行う連中が、世界を支配していることを実感できません。

もちろん私にも実感することはできませんでしたが、ネット上や本なので様々な情報や資料を見て来たおかげで、現実なのだと理解できるようになりました。

ごく一部の人たちは気が付いていますが、ほとんどの日本人は晴天の霹靂であり、全くリアリティを持てず今日まで過ごして来ています。

なぜでしょうか?


リアリティが持てないほど平和ボケなの日本は?とぷんぷん

IMG_0095.JPG

NHKはじめ大手メディアが全く報じない、いえ報じることが出来ないからです。

ですから世界で起こっている紛争や戦争、テロさへも対岸の火事でしかないのです。

そんなある種平和な日本で、どうして特定機密保持法や自衛隊派遣法、共謀罪の成立、そして憲法まで国民の反対を押しのけて改悪しようとしているのでしょう。

このような安倍でんでん悪徳・犯罪一味の政権に対して、怒りを覚えるのは私がおかしいからでしょうか?

いえ、アメリカではクリキントン悪徳ババアの正体がバレ始め、軍事費も枯渇し出した為、自由に軍隊を使うことができなくなったからです。それでしょうがないから、日本を使うことを考え始めたアメリカ奥の院からの命令で、ビジネスとして儲かる戦争を続けるために「自衛隊を戦地に送れるように早く法律を変えろ!」と命じているのです。

安倍でんでん悪徳・犯罪一味は単なるパシリでしかなく、言われるままに法案を可決しているに過ぎないのです。

このような背景があることを、あの自由党の小沢氏はじめ、山本太郎氏や森ゆう子氏さえも明らかにしません。というよりそのようなそぶりを見せれば、G7で読売新聞の偽日本女に薬を盛られ、ヘロヘロ会見をさせられ、自殺したことになっている中川元財務大臣の二の舞になるのを熟知しているからです。

きっと私のブログを始めて読んだ、特に女性の方は、「この人こんなこと書くなんて、おかしいのじゃないかしら?そんな時代錯誤な事は、とうの昔の話で、ちょっとパラノイアな方なんだわ」
と読むのをやめてしまうかもしれませんね。

確かに杞憂であればこれに越したことではないのですが、どう考えても今の政権が突き進もうとする意図が分からず、その意味を考えていきますと、「温湯につかるゆでガエル」のように日本がいつの間にか日本ではなくなる、死んでしまう日が来ると感じてしまうのです。

NHKはじめ、大手メディアもその筋の片棒をいやいやながらもいまだに担いでいますから、ますます一般の日本人が気づく機会がないのは事実です。

しかも「そういう難しいことはよくわからないし、きっと政治家や偉い先生たちがやってくれているから、私たちには関係ないと、いえ考えたくない」と人に人生を預けっぱなしの人たちにとっては、全く意味のないくだらない他人事でしかないのかもしれません。

問題は、前回も書きましたが、もしNHKが何故今日の様な事態に日本が置かれているのか、その経緯と真実をきちんと放送したら、一気に日本国民は覚醒し、本来の日本国家に戻れるのではないかと思うのです。

しかしながら、NHKが必ず放送するアイディは口で言うのは簡単ですが、具体的に実施する方法はとても難しく、なかなかいい戦略、戦術を思いつきません。

私がミッション・インポッシブルのトム・クルーズ扮するイーサンであれば、巧妙にしかも素早くNHKを占領し、全国民に事実を放送できるのですがね。はあ。。。

出るはため息ばかり、なにかいい方法はないのでしょうか?
とりあえず、考え続けます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 15:36| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする