2017年07月24日

選びたい政治家がいない今、前川氏のような志を持つまともな人達が立候補する国に!

選びたい政治家がいない今、前川氏のような志を持つまともな人達が立候補する国に!

今の政治家や官僚そしてマスコミを見て、若者は自分の将来として選ぶ職種ではなくなっていると思うはずです。この今の日本の状況を何とかしなければいけないと日本に未来はないとつくづく思います。

ところで、また懲りずにNHKは昨日の日曜討論のテーマは閉会中審査ではなく、なんとヒアリの対策についてだったようです。

国民を馬鹿にしているとしか思えない、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の為のNHKです。

何故、今ヒアリなの?

先日その筋のマッチポンプネタじゃないかと書きましたから、もう突っ込むのは止めますが、それにしてもおかしいのは、今年から突然始まった現象なのか?とても素直には信じがたいですよね。

いくつもの?を感じます。

本来もっと大事で、国民の関心が集まっている森友、加計学園事件について今日から2日にわたって開かれる閉会中審査について、討論するのが先でしょう!

国民はこんなNHKに税金も、受信料もダブルで負担しているのですから、もっと怒っていいのではないでしょうか?

プンプン!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


もうすでに閉会中審査は始まっており、午前中はどうせ自民、公明の質問らしいのでみても腹が立つだけですから午後から録画しています。

そういえば先日は支離滅裂な山本特命大臣の今治市へ事前告知をやった、忘れたと、日本獣医会の記録に関してしどろもどろの会見をしたようです。

自分はこの世で一番あたまがいいと公言していたようですが、自ら、それを覆してしまったようです。嘘をつくには、相当頭が良くないと、辻褄が合わなくなり、凡人にはとても難しい作法です。

しかし一方で、大手メディアがメディアスクラムを組むと本当のように事実を捏造し、世間にまき散らすことが可能になります。

前回も、触れましたが第四の権力として、自らの力に驕り、最近では他の権力組織さえもコントロールしているのではないかと、勘繰りたくなるような状況ですが、ネットがあるおかげで、メディアリテラシーを発揮する人たちにとって、だいぶメッキが剥げてきました。

基本的にメディアの情報、特に大手メディアが一斉に報じるニュースには何か裏がある、場合によっては逆が信なり、という見方のほうが間違わない可能性が高いと確信するようになりました。

ただ、あのナベツネがアメリカ奥の院の門前小僧でしかないのに、主筆として偉そうに君臨していることを知らずに入社した若い人たちの中にも、こんなはずではなかった、といまだ社会正義に燃え、屈折しながらも心ある記者はいるはずです。

政界の再編が確実になった今、メディア界でも改めて国民の為のメディア再編が起きて欲しいと願っています。

ただ、政界に関しては、民進党の幹部が隠れ自民党として野党再編を拒んでいるようですし、
民進党をでて小池都知事にすり寄っている長島のような議員が巣くう議員モドキ達が多く生息しています。

このようなヤクザ崩れの議員たちの寄せ集め野党ができても、同じことの繰り返しでしかないと思うと、選ぶ政党や議員がいないのも事実です。

小沢さんや森さん、そして山本太郎さんのような誇りも能力も度胸もある人たちが、アメリカ奥の院やその意向を汲んだメディアから邪魔されず、また前川氏のような優れた人たちが集まり、複数の立候補者を立てることができる状況にするには、一体どうしたらいいのでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」


posted by ぷんぷん at 12:44| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする