2017年07月28日

“なかったこと”にしたい本丸は安倍政権そのものだ!

“なかったこと”にしたい本丸は安倍政権そのものだ!

やっと稲田網タイツKY防衛大臣が辞意を表明し、安倍も殊勝な素振りながらも、任命責任を口にしました。

まあ、遅きに帰したというよりも、最初から周りの反対を押し切って防衛大臣にした張本人が安倍でんでんですし、国の最高責任者が国防の何たるかを全く理解していないことが一番の原因なのですから、何をいまさらです。

マリンルックで視察に行ったり、最初の海外視察では海外旅行気分で出かけて、顰蹙を買っていたのはお愛嬌としても、ついこの間の都議選では本当に弁護士なのか疑われる、防衛省、自衛隊を背景にした選挙応援など憲法違反も甚だしいことでした。
本来大臣を辞めるだけでは済まされない、議員バッチも弁護士バッチもはく奪されてもおかしくないパチモン人間なのです。

極めつけは、南スーダンが実際は戦場であり、その緊迫する実態について報告する現場自衛官の日報は、危険な戦闘地域であり、派遣自体憲法違反であることが明白な事態にも拘わらず、これを隠ぺいするために、戦場への派遣も日報も“なかったこと”にしたかっただけです。

その後は、本来の憲法違反を隠す悪質な隠ぺい工作を日報の有無や自衛隊の内部統制の問題にすり替えています。
ここは例え防衛大臣を辞めたとしても、閉会中審査できっちり追及すべきで、野党もマスコミも追及の手を休めては相手の思うつぼです。

安倍でんでんにしてみれば、ここで稲田網タイツKY防衛大臣を辞めさせないと、来週にも開かれる予定の閉会中審査で任命責任だけでなく、憲法違反の自衛隊海外派遣について追及されるのを何とかしのぎたいからだ、というのは素人目にも見え見えです。

正に稲田防衛大臣がい“なかったこと”にしたいのだと思います。

辞めれば済む大臣なんて、お気軽な仕事だね!とぷんぷん

IMG_0095.JPG


ここ一連の内部からの情報リークは、自分達の失態、ミスは“なかったこと”にして部下である幹部だけでなく、自衛隊員全体を簡単に切り捨てる安倍でんでん悪徳・犯罪一味のいつもの作法に対する制服組の当然の反乱です。

そういえば、そもそもの悪行がばれ始めたのは、一昨日籠池夫妻が大阪特捜に事情聴取された、森友学園の事件からです。

どっぷり、しっかり、安倍夫婦でその思想に共鳴し、自分の名前を冠した幼稚園、アッキード事件として揶揄された嫁の名誉園長就任、さらには学園への100万円の寄付などとても親密な関係であったにも関わらず、事件化した途端そんな関係は全く“なかったこと”にして籠池氏たちだけを悪者にした非人間、偽日本人です。

振り返れば、雨の日に長靴を履くことをすら思いがいかず、役人におんぶされ顰蹙を買ったのに、反省どころか「長靴業界が儲かる」と言い放った復興政務官、共謀罪について自ら説明できず役人に答弁させたおバカ法務大臣、「学芸員はガン、一掃しろ」と言い放ち、最近は「あんたこそ一掃したい」と言われてもしようがない、加計学園事件の竹中経済ゴロとべったりの山本担当大臣など、すべて安倍でんでん悪徳・犯罪一味が任命した三役なのです。

これら以外にも「このハゲー」で名をはせた女や懲りずに復活パーティをしようとした不倫2世議員、元アイドル出身の不倫行脚など“なかったこと”にしたい人材オンパレードの失言・恥知らずの政権です。

さらには悪代官そのままの、収賄バリバリでまっ黒くろすけの癖に、仮病でとんずらし事件を“なかったこと“にした甘利大臣はじめ、ついこの前は復興大臣として、また人間として絶対言ってはいけない「東北でよかった」や記者に対して「会見場から出ていけ」発言の今村復興大臣も首を挿げ替えただけで”なかったこと“にしました。

極めつけは、今年のぶっちぎりの流行語大賞候補

「あったものをなかったと言うわけにはいかない」

の名言で官僚の鑑と謳われる前川氏の覚悟、人格、教養、能力、人間力全てにおいて完敗することも知らず、鼻をへし折られた菅官房長官にとっては、読売新聞に書かせた「出会い系バー」記事は最もなかったこと”にしたい、恥さらし会見でした。

一部とはいえ、事実が表に出ることで安倍でんでん悪徳・犯罪一味の恥部、でたらめさが判明してきました。しかしまだまだ油断は禁物です。どこまで大手メディアが本気を出して調査、報道するか、出来るか、また、われわれネット世論がどこまで粘り強く政権の酷さを追求できるか、ここからが本番です。

思い返せば小泉・竹中時代から特にひどくなり、野田、そして安倍といったここ一連の売国政権こそ“なかったこと”にしたい悪夢そのものだ、と思うのですが、みなさんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:35| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする