2017年08月23日

マッチポンプ代含む防衛費5兆円って!税収の約10%だよ!!

マッチポンプ代含む防衛費5兆円って!税収の約10%だよ!!


普通の暮らしをしている家計の中で防衛費的な費目を考えますと、掛け捨ての保険料ぐらいでしょうか?

病気やケガのいざという時の最低の備えという趣旨でいえば月2〜3,000円程度の掛け捨て保険に加入できます。

保険の考え方は人それぞれですから一概には言えませんが、今の日本では子供の給食代が払えない、また若者世代の非正規雇用問題などにより貧困化が社会問題にもなっており、とても保険までは払えない人が増えているといわれます。

例え払えたとしても、月収20万円程度の若者にとって、月数千円、1%強ぐらいではないでしょうか?

当たり前です。

食うのに精いっぱいの人が、せめていざという時の保険さえも払えない貧困状態にあるのと同様、借金が国家予算のほぼ半分を占め、自転車操業の状態のわが国において、税収58兆円のなんと約10%を防衛費に充てようとしているのです。

あり得ない予算です。

本当にこの国のメディアは国民の役に全く立たないどころか逆に国民を不幸にしています。
国民はバカのままで何も考えず、ただ税金を納めてくれればそれでいいと、特に今の政府は考えているのです。それを後方支援しているのがNHK含めた大手メディアの連中です。

皮肉と言うより馬鹿にされている極致が、税をつかさどるトップ国税庁長官に栄転したのがあの佐川何某ですから何をかいわんやです!

日本人はバカなの?とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


自然災害が多い日本で、自分の家族も被害者になるケースが多々あるにも関わらず、被災者優先で、活動しています。また困難で危険を伴う救出活動において、真冬や真夏の災害地でも体を張っている自衛官たちの姿には、本当に頭が下がり、感謝の気持ちで一杯です。

ですから自衛官に対する給与を下げろとは毛頭思いません。またならず者から日本を守る国防として必要な武器や装備に予算を付けるのも当然です。

しかし、アメリカ奥の院及び在日米軍からの必要以上の、米国軍需産業が毎年生産する余剰武器の下取りや、高額兵器の開発費回収のための型落ちミサイルや安全性能の検証実験場として一般住民にも危険が伴うオスプレイなどを買わせられる謂れはなく、当然日本の税金で賄う必要は一切ありません。

最近では安倍でんでん悪徳・犯罪一味政権が危機に陥ると国民の目を逸らす為に、北のカリアゲ君がタイミングよくミサイルをぶっぱなしてくれます。これは日本人への危機を煽ってくれますから、国防の必要性を訴えることもでき、アメリカ奥の院も、そのポチである安倍でんでん悪徳・犯罪一味もとっても2度おいしい、マッチポンププログラムです。

やはり根本解決には日米安保の解消しかないと思っています。

そのためには、そろそろ安倍を支持しているといわれている若者層が、真の日本の政治実態に気付き、学生を中心に決起するしかない、と考えます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 13:06| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

昼ドラ「安らぎの郷」を見て 元TBSのレイプジャーナリスト山口何某にはMRレディになって貰おうじゃないか!と思ってしまいました

昼ドラ「安らぎの郷」を見て 元TBSのレイプジャーナリスト山口何某にはMRレディになって貰おうじゃないか!と思ってしまいました


ご覧になっている方も多いかもしれませんが、倉本聰の脚本でテレビ朝日の月曜から金曜日まで約20分放送されている「安らぎの郷」というドラマがあり、録画してまとめて2,3本分を一気に見ているのですが、先日興味深い場面がありました。

今進行している世相を反映したりして、単なる懐かし老人向け番組とは趣が違い結構はまっています。

主演は石坂浩二で、浅丘ルリ子、加賀まりこ、野際陽子、八千草薫、藤竜也、ミッキー・カーチスなど多くの往年のスター俳優が共演しています。

簡単に言いますと過去にテレビ業界で活躍した人たちの老人ホームと言うよりは至れり尽くせりの別荘みたいな施設で繰り広げられる、家族や孤独や死や戦争などはじめ、現代の話題もちりばめながら様々なテーマでドラマは進行していきます。

そんな中、今回は何故か唐突感が否めなかったのですが、この「安らぎの郷」内のバーを切盛りする若い女性バーテンダー(名前が出て来ませんが活躍している若手の女優)が遅くなり自転車で帰宅途中に強姦に遭ってしまいます。

このことを知った、同じホームで働く彼女に好意をもつ若いスタッフが、犯人が昔の暴走族の仲間であること知り、仕返しに行くのですが、返り討ちにあってしまいます。

このホームで働く庭師や介護や調理などの男性スタッフ陣は全員前科持ちで、今回返り討ちになってしまった若いスタッフも、保護観察中の身で今回の件が表ざたになるとまずいわけです。

まあ、とにかく皆若いころはまあブイブイ言わせていて更生した人間ばかりなわけで、仲間の女性バーテンダーや返り討ちになった若いスタッフの仇を取るため、殴り込みの準備をしていたのです。

このさい目には目を歯には歯をだ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0165.JPG


それを知った、藤竜也(多分高倉健をイメージした役柄)と伊吹五郎そして空手ファンには懐かしい倉田保昭の80歳前後の三人組の屈強爺さんたちが、スタッフたちの将来を考えて、彼等諫め、代わりに自分達が殴り込みに行くのです。

前置きが長くなってしまいましたが、この三人が老人と言えども相当強く、まあドラマですから、10人ぐらいは倒し、主犯の男二人の股間を見ているほうが痛くなるほど握り潰すわけです。

このシーンと藤竜也のセリフが中々振るっていて、最近とんと話がでてこなくなった元TBSの山口何某のレイプジャーナリストのことを思い出してしまいました。

きっと脚本家の倉本聰氏の理不尽な政権への強いメッセージがあったと思うのです。

強姦男も暴走族ですから2,3年も刑務所に行けば逆に箔がつくわけで、そんないい加減なことは許せない、たとえ警察につかまろうと女性バーテンダーの負った傷は決して癒えない、であれば仇を取るなら、二度と悪さができないようにする、という強い意志が感じられました。

現実世界では安倍でんでん悪徳・犯罪一味のせいで法治国家ではなくなった今の日本です、ならば元TBSのレイプジャーナリスト山口何某には不要の玉と竿を潰しMRレディになって貰おうじゃないか!とつくづく思った次第です。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:17| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

トランプ大統領を攻撃する勢力は小沢氏と植草氏を貶めた連中と同じ世界最強悪徳集団

トランプ大統領を攻撃する勢力は小沢氏と植草氏を貶めた連中と同じ世界最強悪徳集団

アメリカ追従に盾突き日本を本当の独立国家にしようとした小沢氏とアメリカの日本国富搾取の先鋒である経済ゴロ竹中のりそな銀行不正を正そうとした植草氏を嵌めた背後の悪徳集団は狂気の力を持っています。

共に国策捜査の名の元、マスコミを総動員して大掛かりな虚偽の疑いをかけ、結果小沢氏は無罪であるにも関わらずいかにも悪徳政治家のような印象を国民に与え、結果として鳩山氏に続く当時の民主党党首として総理大臣に就任できませんでした。

もしあの時、本来のジャーナリズムが発揮されていれば、今の日本とは全く違う状況、つまり戦後から続くアメリカ奥の院からの呪縛から解き放たれ、新の独立国家としての日本が生まれていたかもしれないと考えますと、まことに悔しい思いが募ります。

また、こちらもきっと冤罪であったと確信していますが、優れた経済学者として日本の経済政策、行き過ぎたグローバル経済の欠点、つまり貪欲な資本家らによる日本国富搾取への警告を発し健全な経済成長に必要な視点、視座を植草氏は示してくれていたと思います。

ご両人ともに命まではとられませんでしたが、社会的な名誉や活動に対して凡人には到底乗り越えられない打撃を加えられ、理不尽な立場に貶められてしまいました。

微力ながら応援するぞ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


勿論、当時の民主党の偽日本人である、今は落ち目の野田やのんびり党首戦に忙しく、パブリシティに精を出す鉄ちゃんやアイドル追っかけのご両人も小沢氏を貶めた連中の一味です。

それにも増して私としては許せなかったのが売国的なマスコミ連中です。

朝日の★やたまにテレビで見るとしおらしいふりをしている読売の橋本ゴロツキ、金を貰えなくなったのか、最近はまるで昔の自分はいなかったかのような変身ぶりで安倍政権を批判している共同の強盗謙次などは全力で協力していました。

当時検察や警察の理不尽で執拗な貶め作戦は見事功を奏しましたが、福島原発事故など含め国民をだまし、はぐらかしてきたのは、やはりアメリカ奥の院の力がとても大きく、また追随して世論を創作してきたNHKはじめ大手メディアの存在があったからだと言えます。

そして今、国民を舐めきった政治手法の安倍でんでん悪徳・犯罪一味は調子に乗って好き勝手を出来たのも、やはりアメリカ奥の院をバックにしていたからで、元々ちゃんとした政治思想も矜持も愛国心もなく、ただ自己中でこれまでやって来て、やっとその馬鹿さ加減で自ら墓穴を掘り始めているのが、森本、加計学院での安倍及び竹中達です。

残念ながらこの事実を徹底的に報道するジャーナリズムが無いことがこれまで同様の日本の実態です。
この事を分からないと何も事態は変わらないのです。

日本国内に関しては、余りにも安倍でんでん悪徳・犯罪一味の酷さと読売や産経の如く、追随し過ぎると信用を失墜し倒産の可能性があるが故の危機感が、たまにまともな事を書いたりする朝日や毎日ですが、今ひとつ信用出来ません。

読むに値するメディアと言えるのは唯一、東京新聞と日刊現代ぐらいでしょうか。

一方アメリカの状況を見ますと、トランプ大統領も小沢氏と同様に、メディアやお仲間総動員によるアメリカ奥の院からの執拗な攻撃に、ついに懐刀のスティーブ・バノン首席戦略官を解任せざるを得ない状況まで追い詰められたようです。

事実を知らない私にとって、あくまで仮説、推論でしかありませんから心もとないのですが、小沢氏や植草氏を貶めたアメリカ奥の院のしつこさや執拗さは普通の人間には考えられないエネルギーを感じ本当に恐ろしくなります。

とても個人で太刀打ちできない相手であり、簡単に彼らから独立するのは容易でないことが想像できます。

このまま大統領を降りざる負えなくなるなら、せめてトランプ大統領にはプーチンと組んで、アメリカ奥の院及びヨーロッパのお歴々の正体と彼らが世界中で行ってきた金融不正やマッチポンプの戦争犯罪などを暴露してほしいと切に願っています。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:18| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする