2017年08月15日

戦争ビジネスを生業にしている悪徳連中がいる限り、原爆の実態や終戦、敗戦の悲惨さの特別番組をいくら放送しても何も変わらない

戦争ビジネスを生業にしている悪徳連中がいる限り、原爆の実態や終戦、敗戦の悲惨さの特別番組をいくら放送しても何も変わらない

安倍でんでん悪徳一味が今回の森友、加計学院の事件に深くかかわり、主犯であることは明らかで、いずれ逮捕されなければいけないことははっきりしています。

しかし、もっと国民に取って重要なのは、あくまでアメリカ奥の院の意向に沿って、自分は安全な場所で高みの見物を目論んで、下々の国民が貧しくなろうが、戦争で死のうがどうなってもよいと考え、とにかく日本が戦争出来る法律を制定するべく、この秋には憲法改正まで持って行こうとしている事を暴露し、そんな現政権を葬り去らねばいけないのです。

もしこのまま、戦争が出来る国にしたいのなら、安倍自身はもちろん、現政権にいる大臣達や自民党議員は、自分の子や孫含め、必ず前線に送るという覚悟と約束を示さなければなりません。

しかし実態は、自分達は安全なところにいて、国民の命を守る気概や勇気や知力があろうはずがありません。

まあ、昨日も書きましたように北のカリアゲ君もアメリカの傀儡ですし、危ない国家を演じて危機をただ煽っていることを安倍は知っているのだと思います。
でなければ、日本海の漁民の危機感をよそにのんびりゴルフに興じたり、網タイツKY女を防衛大臣にすることなどできないのは明白です。

国民を馬鹿にするな!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


昔、子供の頃九州の田舎で夏休みに、帰省しお盆の時に親戚まわりをすると、必ず爺さん達から戦争中の話を聞かされたものです。

食べるものがなくなり、トカゲやヘビを食べた話がとても印象に残っています。

人間腹が減ると、腹を満たすものであればその対象や味は二の次で、兎に角何か口に入るものであれば、例え普通は食べるのが憚れる物でも御構い無しになるのだと思い、爺さん達と一緒に食事をしている時には、ものを口に運ぶ様子をじっと見ていた記憶があります。

例えシジミでも、1日でも飼えば愛着が生まれます。
そうしますと、シジミはもう食べ物ではなくなるのが普通の生活をしている人間です。

しかし、戦争という極限状態に置かれ、空腹が我慢できなくなると、きっと殆どの人間は生きる為の動物としての本能にスイッチが入り、口に入るものはなんでも食べるのだと思います。

そんな状況を生む戦争をビジネスとして捉え、儲けようとする連中が確実にいるのです。
表向きは優雅で、お金持ちで、しかもエリートのような顔をして世界中で威張っているのです。

戦争の犠牲者やその家族の想いや苦悩に対して、これっぽっちも悼む気持ちはないくせに、首相と言うだけで沖縄や原発ドームなどの戦没者に対して花を手向けるニュースを見るたび、吐き気がします。

私なら、「どの面さげてやって来た!帰れこの売国奴!!」と声を上げるに違いありません。

どう考えても、安倍という人間は非人間的で、やはり偽日本人だからこそ、日本国家に対して非道なことも平気なのだと、終戦記念日を迎え改めて怒りがこみ上げてきました。

戦没者の方々に合掌。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:44| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする