2017年08月24日

高級スポーツクラブではなく、大阪拘置所に安倍夫婦ともども入れば痩せるぞ!

高級スポーツクラブではなく、大阪拘置所に安倍夫婦ともども入れば痩せるぞ!


先日森友学園元理事長の籠池氏の再逮捕のニュースがありました。

ネット世論では、連日続く暑さに籠池夫妻の健康を心配する声が上がっています。

定かではないですが、拘置所にはエアコンがないと言われていて、もし本当ならここ連日の暑さを考えれば、熱さや疲労でとても厳しい環境で過ごし、きっと熟睡もできない中、取り調べを受けていることになり、これはまさに拷問と言えるのではないでしょうか。

ただ、今回の理不尽で、不当な事態の原因である安倍でんでん悪徳・犯罪一味という国家権力に嵌められ、決して許すことができない、との思いを新たにされ、こんなことで負けてたまるかとご自身を奮い立たせているように想像しています。

また、個性的ではありますが、同志としても絆の深そうな奥さんも部屋は別でしょうが同じ拘置所にいると考えれば、テレビで映るほんの一瞬のしぐさから垣間見られる互いを想う様子に我々には伺い知る事ができないほどの愛情と信頼感を感じますので、きっと拘置所のつらい環境を和らげる救いになっているのではないかと思われます。

ですから、信念もなく、ただ自分が得する為だけに悪事を働いている悪徳・犯罪安倍夫婦が同様の扱いを受けたら、

「こんな蒸し風呂のような部屋で寝れるか!人権侵害だ!俺は総理大臣だ!こんな扱いをされる筋合いはない!責任者出せ!」

と悪態を衝くのが想像できます。

安倍の逮捕が先でしょ!とぷんぷん

OWNER-PC - FullSizeRender7.jpg


しかし籠池氏の場合は、国会での証言の時は堂々とした態度でしたし、また一方で100万円パフォーマンス含め大阪人らしい陽気な面もあり、厳しい状況ではあるでしょうが、頑張りぬくことができると確信します。

そもそも今回の事件は、安倍含めた財務省などが絵を書き、その通りにやるようにすれば良いという流れで、国が率先して不正な手続きをし、土地も認可もすべてやってくれる、と太鼓判を推したもので、多少の後ろめたさはあったにしても、建学の精神に安倍夫婦から共感され、他の多くの著名人からも賞賛を集めていたわけです。

籠池氏自身も「神風が吹いた」と言っているように、ほとんどの人間が、自分の信念でやろうとしている事業に対し、時の総理大辞や国の行政機関が率先して協力してくれるのであれば、ただただ、天祐と思うはずです。

そして何よりも理不尽なのは、手続き上の不正によって受け取った補助金はすでに返済もしているわけです。

これまでも多くの政治家や役人の不正が発覚しましたが、本人はその金を返金して逮捕されず事なきを得た事例は、履いて捨てるほどあります。

もちろん正気に戻れば、籠池氏も決して褒められたことではないことは自省していると思いますが、しかし今回の事件は他の不正搾取事件とは全く違い、まずは時の総理大臣含めた悪徳・犯罪一味が積極的に推進、協力していた点が決定的に異なります。

そして、一番醜く、また怒りを覚えるのは、保身のためなら仲間であっても地獄へ落とす、偽日本人安倍という男の非人間性だと思います。

今回担当の女性検事部長は腹の座った正義感のある人物とのうわさがあります。

もしそのことが本当であれば、ちゃんとした住環境を提供し、またうがった見方をすればお二人の身の安全を確保するために、あえて拘留しているのだと心から願いたいものです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:53| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする