2017年08月30日

カリアゲ君ミサイル問題の会議をわざわざ非公開にする、国連安保理のおバカさ!

カリアゲ君ミサイル問題の会議をわざわざ非公開にする国連安保理のおバカさ!

北朝鮮のミサイル発射について、毎度お馴染みの非難決議という中身も効果も何にもない宣言しかしないくせに、どうして非公開なのかさっぱりわかりません。

しかももっともらしく緊急会議なんてね。


話すべき、検討すべき内容がないから?

単に無能なだけ?

今後のマッチポンプビジネスについての方針が主要な話題なのでオープンに出来ない?

それとも常任理事国同士の利害調整がうまくいっていないからでしょうか?


どちらにしても国連自体がアメリカ奥の院、いまは亡きご主人、岩尺八の忘れ形見ですから、跡目争いでそれどころではないのかもしれませんね。

彼が死んで跡目を継ぐのは父親を殺害されたことで、敵対していた甥っ子、と言ってももう70代を、とうに超えているのでしょうが、アメリカ大統領出馬を岩尺八に邪魔された上院議員だともっぱらうわさされていました。

もし本当にそうなれば世界は平和になるのではないかとの期待がありました。

しかしそうは問屋が卸さないようで、むしろ世界の旧権力者たちとロシア、中国を巻き込んだ縄張り争いが水面下で激しくなり、新たな国取り合戦が始まっているのかもしれません。

私としてはトランプ大統領とプーチン大統領がモスクワで世界の支配構造を共同記者会見でバラしてくれないものかといつもの期待しているのですが、そう簡単にいかないのが権力闘争なのでしょうね。

他力本願しかないの日本は?とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


理想と現実のギャップというにはあまりにも理不尽なアメリカ奥の院とヨーロッパのお偉方を中心とした権力者達の外道ぶりがこれまで続いてきた世界情勢です。

一方で、それでも日本では少なくともこれまでは、公という立場の大人達には安倍でんでん悪徳・犯罪一味ほど露骨で下品でバレバレの悪徳三昧連中が表舞台で大手を振って威張っていることはなかったように思えます。

世界の権力構造の激変の中、ただアメリカ奥の院からも、ポチの役が余りのヘボ役者故ソロソロ2回目のお役御免にされる前に、自国民で少しでも早く安倍でんでんを退場させなければいけません。

北のカリアゲ君とのアソビなんかに付き合っていては、相変わらず呑気で御しやすい国民だといつまでもアメリカの奴隷国家のままです。

一日でも早く激変する国際情勢を見極め、日米安保を解消し、独立国家としてこれからの日本を考える国民意識の醸成や外交や国防についてもしっかり議論し、本来の民主主義国家として三権分立を機能させなければ、携帯電話と同様日本がガラパゴス化どころか漂流国家になりかねない危機がすぐそこまで来ていると考えますが、皆さんは如何でお考えでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:20| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする