2017年01月09日

リーダーと成人式

情報公開を一丁目一番地と位置づけ、他県では無料の行政資料を東京も有料であったものを無料にし、コピーも半額の実費として十円にして情報公開を進めるとの、小池都知事。

今回の件がニュースで出てくるまで、このような事実を全く知りませんでした。そういう意味でも小池都知事の東京大改革は期待でき、やはりどのような組織でもトップがその気になれば変わるのだと、つくづく感じました。

しかし役人の考えは、はっきり言ってセコイといいますか、いったい何のために生きているのか全く理解できませんね。もちろん一部の人だけだと思いたいのですが、そうでもないのですね。

無用の、俗にいうのり弁、何を根拠に資料を真っ黒にするのか?

先日豊洲市場移転に関する資料も、のり弁の部分が公開されたのを見たのですが、わざわざ塗りつぶす必要もないと私には思える文章まで真っ黒にしているのを見たとき、やっぱり役人という人種の思考が全く理解できませんでした。

よく読めばそれなりの意図があるのでしょうか?
きっと思考停止している役人にとって、何も考えずそのようにしておけば、問題が生じないと考えているのでしょうね。

そのように何も考えないのであれば、別に人間が時間とコストをかける必要はありませんよね。

いずれAIロボットが登場するとき無くなる仕事に役所仕事を対象にすれば、今よりももっと効率良い行政サービスが実施されるのではないか、と思うのは私だけではないと思いますが、皆さんは如何でしょうか?
思考中のぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


人間、自分の経験したことのない価値感や行動はやはり理解できず、まして心が貧しいといろいろなことに感動したり疑問を持ったりするとことができなくなるのだと思います。

稼ぐことやチャレンジすることも同様で、小池都知事やトランプさん、孫さんのような人たち、つまり、1から足し算していく人生ではなく、ほぼ0から、場合によってはマイナスから作り上げていく起業家、企業家の思考や優先順位、そして最初に考え、挑戦し、そして失敗を糧にして、自分の目指す未来を創出するまで行動し続ける人たちしか、新しい世界は作れないのですね。

私はせめて感受性さえ死んでいなければ、そのようなリーダーを支え、自分も人生を変えていこうと一歩前へ歩みを進めることができるのだと思います。


今日は成人式、どのような訓示を各自治体のトップは述べるのでしょうか?

選挙権が与えられた18歳と成人、いったい何がその間にあるのでしょう?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 11:11| Comment(0) | 先人・偉人からのギフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。