2017年03月14日

外国人記者クラブで籠池氏会見!トカゲのしっぽの反撃か!!

網タイツ防衛大臣のウソがばれましたね。もちろん本人は記憶違いと言い逃れをしています。
子供がいるのか知りませんが、もし子供がぐれたりしたら網タイツ防衛大臣の責任ですよね。
親として人間として、そして法律家として恥ずかしくないのでしょうか?

国政の場でうその答弁をしても虚偽罪にはならないとは知りませんでした。
なんと政治家に甘い法律なのでしょうか。本人も法律家のようなのでよく知っているのでしょうね。

しかし、トカゲのシッポさんはそういうわけにはいかないでしょう。
今回の学校法人認可の取り下げで、破産寸前、しかも大阪では立件されれば刑務所に行く可能性もある、まさにがけっぷちなのですから。

明日の大阪カルト学園のトカゲのしっぽさんが外国人記者クラブで記者会見を行うということは、トカゲにとってはこのままでは今夜眠れないでしょうから、夜はいろいろ算段に動くのでしょうね。

しかし今夜どのようなハードネゴシエーションをシッポさんはトカゲとやるのか興味津々です。

興味深々なぷんぷん

IMG_0104.JPG


できればシッポさんにとって、今夜の交渉が満足いかない裏取引であってほしい、と思うのは私だけではないと思いますが、みなさんいかがでしょうか。

ぜひ彼には徹底的な反撃ののろしを上げてもらい、真相を暴露してくれれば、この国は救われることになるのですが、でもきっと彼以外のしっぽ切りに踏み切る可能性が高いのでしょうねトカゲ達は。

網タイツ防衛大臣か、先日のこんにゃく議員か、それともやっぱり彼は事故に遭ってしまうのか?


外国の記者は日本のお抱えメディアとは違い、シビアな質問が来ると考えられます。
何しろ今回の事件は海外の有力メディアも報じてましたし、特にカルト的な学校への総理大臣夫婦の関与に驚き、とても関心が高いのですから。

本当にトカゲのシッポが腹を括ったとしたら

「自分は純粋にこの国の未来のために新しい教育が必要という思いだけだった。
そんな私に共感したはずなのに、あいつらトカゲ達は私を利用するだけしたのに、自分が危ないとなった途端、私を切ったのは絶対許せない!

だいたい今回の計画は、ミゾウユウの国家危機にシッポの教育観は必要だとするジジイと、まさにガイチテキではない画期的なスキームだとデンデンする独裁者が感激し全面的に協力するというので、頑張ったんだ!」

という風になればいいなあ、と思わずほくそ笑む今日のわたくしです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 20:21| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。