2017年03月16日

メディアジャックする凄腕ジャーナリスト菅野 冠!

メディアジャックする凄腕ジャーナリスト菅野 冠!

結果論かもしれませんが、菅野さんは個人ジャーナリストとして大手テレビ局を手玉に取り、翻弄しました。

というよりも、もし今回、弱小個人ジャーナリストとして(失礼!)自分の意見・考えを世論として注目させるための戦略として、今のポジション確立を考案したとしたら、たいしたものだと思うのです。

これまではどちらかというと籠池氏を批判する立場で評論していたということですから、どうやって今のポジションをとれたのか、非常に興味がわきますよね。

しかもつい1週間ほど前にそのような、ある種敵対関係から信用される立場になってしまった、というのですから、またまた菅野さんという人物に惹かれてしまいます。

惚れそうなぷんぷん

IMG_0033.JPG


これまでは菅野さんも、他の大手マスコミと同様に今回の事件を取材する立場であったにも関わらず、今は独占インタビューのポジションを獲得し、しかも昨日も書きましたが、まるで籠池氏のスポークスマン、というよりメディアを熟知した辣腕広報マンのようです。

さらにすごいのは、個人ジャーナリストとして限られた発表の場しかないハンディを今回の件で、大手メディアを利用して一気注目を集め、全国に発信されています。

これまでこのようなジャーナリストがいたでしょうか?

また、彼が放った言葉で

「取材対象は籠池氏ではなく、今回の学校用地取得や学校申請の許可に関する疑惑が問題になっているのだから、真相を知るのは土地習得や認可をした近畿財務局および大阪府それぞれのトップだ。
籠池氏には、土地習得や学校法人の認可についてはご自身でどうにかなるものではないでしょ。
だからあなたたちが取材しなければならないのは便宜を図り、認可した当時の責任者だろう」
と言ったのは、
ジャーナリズムの原点として全うな指摘です、とはいえ自分のおいしいポジションはさておいた物言いは、とてもしたたかな人物のようだと感じました。

しかも、籠池氏のキャラクターのせいでもあるのか、国会や時の首相夫妻まで巻き込んだ疑獄なのに、面白可笑しく報道するまるでタレントのスキャンダル報道のような大手テレビ局に苦言を呈した点も中々のものです。

さらに、大手メディアを面と向かって批判すると職業柄業界で食べて行くのが難しくなりますから、このような彼の姿勢は見事だとも思いました。

この辺のかれのセンスも私はとても好きですし、一方で今の大手メディア、つまり組織ジャーナリズムの限界を指摘しているようで素晴らしいと思いました。

これからも彼に注目していきたいと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:40| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。