2017年03月23日

証人喚問で何が出る?

証人喚問で何が出る?

いよいよもうすぐ大阪森友学園事件について国会で籠池氏の証人喚問が始まります。
NHKも中継をすることになったようです。まずはよかったと思います。

さてテレビ各局は昔の証人喚問はプレッシャーがいかに大きいか、印象的なシーンを繰り返し流しています。

特にダグラス・グラマン事件で証人として呼ばれた日商岩井の海部副社長が宣誓書にサインをするときの、手が震え、「書けない!」と呟くシーンの映像を何度も流していました。

うがった見方をすると、各局がどのように放送するか関心があり見るであろう籠池氏へプレッシャーを掛けたいのかと思ってしまいます。

しかし、私はこれまでの証人喚問は国会からの要請で呼ばれた人が多いと思いますが、今回の籠池氏の場合自分から、言いたいことをはっきり言いたいという理由で申し出たわけですから、多分状況は違ってくるように感じます。

納得するぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0168.JPG>


基本的には彼は自分の信ずる学校教育を行うため、金もない社会の理解も得にくい中、必死で学校の認可、土地の確保のためいろいろな関係者、特に政治家への働きかけをしてきたのだとおもいます。

その籠池氏を自分たちの政策や利権に利用とした政治家や役人が忖度だろうが何だろうが仕組んだものだと、世間は疑っているわけです。

籠池氏には土地を取得するお金も力もありません。学校法人としての認可を得る決定権もありません。すべて近畿財務局や大阪府の決定がなければ出来なかったわけですから、まさにこの2点がなぜ可能になったのかが国会で究明されるのが本筋だと思います。

ドイツなどでは籠池氏の教育方針である軍国的な思想を自分で判断できない幼児に教えること自体が精神的な虐待になり、許されないことのようです。

しかしながら、この教育、思想的なことに関しては改めて批判、評価されるべきですが、
今日の証人喚問はあくまで土地習得、および学校認可に関して、特定の政治家や役人が具体的にどのように関与していたか、そしてでんでん首相や夫人の主張が本当なのかを解明するためにあると思います。

あと10分ほどで証人喚問が始まりますが、最初の質問者が、ドスのきいた、しかも鋭い質問で定評のある自民党の西田氏から始まるようで気になります。

まあ、関西弁VS関西弁ですから籠池氏もあまり緊張感はないかもしれませんが、ここは

肉を切らせて骨を断つ、との思いで頑張ってほしいと思います。
では国会中継をみる用意をしようと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 09:49| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。