2017年05月10日

自民党はアホ集団?安倍でんでんが党首である限り、インチキ選挙でもしなければ弱小政党になり下がる

自民党はアホ集団?安倍でんでんが党首である限り、インチキ選挙でもしなければ弱小政党になり下がる

昨日の国会答弁で、安倍でんでんは

「読売新聞に書いてあるのでそれを熟読して頂きたい」と言い放ったようです。

こんな首相、総裁を選んだ自民党議員、党員たちは何も感じないのでしょうか?
きっと耳と心がないのですね。

私だったら、即刻退場してもらうべく、党内に働きかけるでしょうね。とても恥ずかしくて表を歩けないと思います。

恥を知れ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


昨日もウソとごまかしで成り立つ国会であるなら、税金や時間の無駄でそんな国会は不要と書きました。

それにもまして、一応この国の行政の最高責任者が説明責任を投げ出した、とんでもない事件です。

驕りの極み、前代未聞の国会軽視であり、国会は国民の代表たちがこの国の大事な将来を左右する事柄を審議する場です。

安倍でんでんを選んだ国民と質問者の議員を選んだ国民との代理審議のはずです。

今回の件で、このなんちゃって首相が国民への奉仕など一顧だにしていないことが判明しました。

国民を代表する総理大臣にはまったくもって落第な人物であることを、メディアは批判しテレビならトップニュースで新聞なら一面トップで書くべき事柄なのです。

読売新聞を読めばわかるとは、自分の頭で考えていないから答弁できない、素直でお粗末なお馬鹿さんが思わず本当のことを言ったに過ぎないのかもしれません。だとしてもやはり情けない話です。

多分真相は、うかつに口が滑り、つい本当の気持ちを述べたのでしょうが、特定のしかもかなり自民党の宣伝メディアとして確信犯の読売新聞を国民は読むのが当たり前だ、とのまるで読売の販促担当者のような人間が日本の最高権力者の座にいるのですから、これはもう呆れてしまい、普通の国民にしてみればたまりません。

今日のニュースで知りましたが、年間4000円の党費が必要な自民党員を年間1000人集められない議員には罰則があるとのことです。最盛期には500万人強いた党員が一時は70万人に落ち込み、現在100万人余りいるようです。

確かに多くの賛同者、しかも会費まで払ってくれる党員を増やす活動は選挙で選ばれるわけですから、本人にとっても重要なことなのでしょう。

しかしせっかく議員になったとしても、自分の親分にこのような無能なだけでなく害を及ぼす人間をトップに据えていることに、恥ずかしいと思う議員はいないのでしょうか?

党内力学や利害関係があるとはいえ、いつまでもこのようなトップを支え、また次から次と大臣の資質もない議員を内閣に据えていると、ふつうは国民の信頼を確実に失います。

自民党自体が世の中の常識からかけ離れた集団として認識され、イカサマ選挙でもしなければ確実に選挙で落ちることでしょうから党員確保は益々難しくなりますよね。

まあ、私としては今のままの自民党であるなら、いずれは抹消政党になることまちがいないでしょうがその時はすでに日本はどこかの国の属州になっているかもしれませんね。はあ。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:10| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。