2017年07月03日

いっそ共産党と組んで築地市場を中心もありかも!

いっそ共産党と組んで築地市場を中心もありかも!

自民党惨敗、まずは目出度いニュースでした。

自民はもっと減ってもいいと思いましたが、実は私にとってショックだったのは、都民の半分が投票所に行かなかったことでした。

これまでの都議選の中では結構投票率が良かったと報道していましたが、それでも50%ちょっとですよ。

選挙前の現政権の横暴さや議員や大臣などのあるまじき行動や態度にあきれたり、怒ったりする日本人が多くいると思っていました。今回最初で最後、唯一の外での選挙応援に安倍でんでんが秋葉原でやって来たとき、「帰れ!」「辞めろ!」のヤジがあったのをニュースで見ました。

そうだ!そうだ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


ですから、さすがにおとなしい日本人、東京都民も今回だけは、70%ぐらい投票率はあるのではないかと思っていましたから、とても少なくびっくりです。

ただ一方で問題はどこの政党に投票するかで私もとても悩みましたから、積極的に投票する受け皿の政党がないことがこの投票率になったのかもしれません。

今回の都民ファーストの躍進は、これまでの自民都議会でたまった、いろいろな膿や問題に嫌気がさした都民が小池都知事の示して来た姿勢に共感したのはもちろんでしょうが、むしろ今の自民党に嫌気のさしたことが大きな勝因だと思います。

まあしかし、現政権を支える自民、公明、維新を落とすことで、安倍でんでん悪徳・犯罪一味に鉄槌を下し、この与党に所属していては議員生命がなくなる、という危機感を与える目的はある程度達成されたように思います。

今回の選挙結果をきっちり都民ファーストが受け止め、まさに名前の通り今後も東京大改革を推し進めていかないと、民進党の二の舞になることは明白なので頑張ってもらいたいと思います。

ただ、国政レベルで考えますと、やはり小池氏の周りに寄ってくる経済ごろの竹中やアメリカエリートファーストの長島など売国奴がいることなど考えますと、考えてしまいます。

報道では自民NO、民主NOの人たちの受け皿の野党が望まれる中、小池氏の都民ファーストが国民ファーストとして政党を結成する待望論が高まっていると報じています。

小泉劇場や維新の橋元などで懲りた我々にとって、小池氏がどのような人たちと一緒になって何を実現しようとするのか、しっかり政治家としての品格を見定めて、評価していく必要があります。

そこで、まずは公明党との関係で豊洲移転を中心にしたと聞きますが、本当に築地市場をメインにしたいとの思いが強いのであれば、共産党と組んで議会でひっくり返す、思い切ったリーダーシップを発揮すれば、また小池氏を見る目も違ってくるのですが、さてどうなるか、ちょっと楽しみです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:13| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。