2017年07月07日

世界権力のパワーバランスの激変で、臭い芝居がばれはじめた、日本の政財界、官僚機構そしてマスコミ

世界権力のパワーバランスの激変で、臭い芝居がばれはじめた、日本の政財界、官僚機構そしてマスコミ

日本というコップの中の争いにそろそろ決着をつけないと、日本はつぶれてしまう、との思いがますます強くなってきました。

森友、加計学院事件だけでなく都議選でも、結局自民党の悪徳・犯罪一味を援護射撃する野豚民進党の役割もだいぶボロがで始めたようで、ネット世界でもかなり辛辣な批判を浴びています。

まあ、折角小沢氏が二大政党を実現して、欧米の寡頭勢力から自立しようとしたのを見事に破壊した張本人なのに、未だに恥も外聞もなく政治家に収まっている野豚が民進党幹事長なのですからね。

既に都議選を見てもそうですが、益々存在意義がなくなり、風前のともし火の民進党です。

今度の安倍抜き閉会中審査で、何をどの様に政権を追い詰め、安倍でんでん帰国後に臨時国会でとどめをさせるか、この一点に国民の目は注がれている、と信じたいのですが多くの国民はどうなのだろうか?とても不安です。

さらには、アンダーグランドでどちらも小さなキズで済む様に、マスコミ幹部や電通などのプランナーと談合している可能性があります。

彼らにとっていいアイデアが出ればNHKも堂々と中継するのでしょが、そうでなければ放送しない可能性が高いですね。

確かにNHKも内部では安倍さま命の政治部岩田や日曜討論の島田たちに反旗を翻す人達もいると聞きますから、ここはぜひ頑張って貰いたいものです。

しかし、そうは言っても警察官僚たちの持ちネタの芸能人やスポーツ選手の浮気、薬などのスキャンダルネタだけでなく、北朝鮮のミサイル撃つぞう詐欺、疑わしい気象テロの地震や台風など、アメリカのアンチトランプの既得権益を持つ連中に力を借りて、いやいやソロソロ、オウム真理教ならぬIS日本版によるフェイクテロを作動させるのかもしれません。

もちろん最悪は第2の原発事故の再来です。
原発絶対反対!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0157.JPG


所詮、日本は戦後から今日までアメリカの戦利品でしかなく、俗に言う、便利なATMとしてトコトン吸い上げられてきましたが、利用価値が無くなれば見向きもされないみじめな国になる事請け合いです。

東芝含め日本の大手企業が次々と倒れる事態が進行してします。

少子化も進み、国内の借金とはいえ、国債という名の紙屑が天文学的数字になって来ています。

私も安倍でんでん悪徳・犯罪一味や三権、マスコミ含め批判してきましたが、やはり
根っこを断たなきゃダメですね。

51番目の州にもなれない、未だ沖縄を含め治外法権の米軍基地がある我が国は、フィリピンの様に、日米安保含めNOを突きつけ独立運動をしなければどうしようもないのではないでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 10:55| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。