2017年08月03日

亡国・赤点内閣からしりぬぐい内閣へ? メディアは各大臣達の成績表を発表せよ!

亡国・赤点内閣からしりぬぐい内閣へ? メディアは各大臣達の成績表を発表せよ!

取りあえず内閣改造が発表されたようですが、まずは各メディアは赤点・亡国内閣についてしっかり総括し、国民目線の成績表を書くべきです。

その上で今度の内閣で何ができそうか、に行くべきです。

大事なのは、未解決で全く国民が納得できていない、ここ一連の森友、加計事件の本質にきちんと向き合えるのか、そうでないのかが一番の肝だと思います。

しかし、張本人の安倍や仲間の官房長官など基本の骨格が変わっていないので、全く期待はできません。
国民が今一番関心を寄せている国家の不正に対して、今回の内閣改造で本当に対処できるはずもなく、もし本当に出来ると思っているとしたら、本物のバカです。

単に目先を変える、なんちゃって内閣改造の可能性が十分にあり、これほど国民を馬鹿にした話もありません。

まずは森友事件の籠池氏の逮捕だけで済ませるのか、それとも税金不払い運動や佐川国税長官罷免運動の機運もある中、大阪地検特捜部は、近畿財務局の不正までしっかり突っ込むべきだと、河野外務大臣や野田聖子総務大臣はじめ新閣僚などがどのように対応していくか、しっかり見ていきたいと思います。

出来れば河野、野田両氏による爆弾発言を期待したいと思いますし、もしそうなれば自民党支持率は急激に回復し、二人とも首相候補になること請け合いです!


頑張れご両人!国民は期待してますよ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


一方で、大手メディアはすでに新入閣の大臣などの顔ぶれなど、安倍との距離感や次期総裁選との関係、また各自民党内の派閥の力学などを中心に報道しています。

しかし、まずは先日辞任した稲田網タイツKY防衛大臣や共謀罪担当大臣、今村復興大臣など、各行政機構のトップを務めたまことにひどい政治家たちを総括すべきです。

これらの失格、落第、赤点大臣などの評価をその職務についての資質や能力はもちろんリーダーとしての手腕など、さらには政治家としての品格などどうであったのか、ジャーナリズムを標榜するのであれば、しっかり評価する成績表を報道し、国民に報せるする義務があるはずです。

安倍の任命責任含めてきっちり各メディに発表してほしいと思います。
また、各メディアの評価の視点や理由などを知ることで、そのメディア自身に対しても自ずと我々国民は改めて評価出来るというものです。

まあ、新内閣もメディアも期待はできませんが、尻拭いだけに終止するのか、もしくは安倍でんでんの暴走をストップ、もしくは御せるのかしっかり見ていきたいと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」






posted by ぷんぷん at 18:55| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。