2017年09月25日

自民党ぼろ負け!小池「希望の党」独り勝ちデジャブ!!

自民党ぼろ負け!小池「希望の党」独り勝ちデジャブ!!

先ほどまで小池都知事の新党の会見をテレビで見ていました。

掲げた理念、政策の大綱は少ししか読み取れませんでしたが、やはり並み居る政治家の中では、会見がうまい!と感じましたし、安倍でんでんの夕方予定の解散に関する記者会見前にぶつけてくる戦術もさすがで、注目の集め方が本当にうまいと感じました。

都知事をなげうった自身の出馬は表明しませんでしたが、状況がまるで昨年の都知事選と同様に、小池氏に有利に働いていると感じます。

一つには今の自民党、特に首相のまいた私利私欲の政権に国民はうんざり、いえもっといえば怒っていることに対し、民進党含め野党に国民の気持ちが全く動いていないことです。

東京都議選でも民進党は風前の灯で、都民ファーストが圧勝し、唯一議席を伸ばしたのは共産党ぐらいでした。国政でも同じ様相を呈しています。

たぶん、希望の党が議席を取る分、民進党と自民は議席を減らすことが予想されます。

公明党や共産党など組織票がしっかりしているところはほぼ変化はないのでしょうが、自民党や民進党などに投票しても何も変わらず、むしろ悪くなると直感的に国民は感じているので、希望を感じることができる新しい党として、希望の党がまさに党名にもあらわされておりかなり躍進しそうな予感がします。

小池氏の会見を聞いていて、うまいなあ、と感じたのは、記者からの質問で新しい党の役職などの質問などがあった際、「与党になるか野党になるかでいろいろ考えなければいけないのですが・・・」とかなんとか答えたときは、ぐっと来てしまいました。

女性初の首相を狙っているだけはあるね!とぷんぷん

IMG_0095.JPG


その覚悟、やるなら与党を見据える、とも取れます。

このような会見で与党という言葉を出すところが、人の心をつかむのが憎らしいほどうまいと感じさせます。

また、一度リセットして自分が代表になる、と表明する切れの良さもありました。中途半端な共同代表とか顧問とかではない思い切りの良さを伝えるうまさ、とでもいうのでしょうか。

さらには側用人ながら、現国会議員二人が先行して党を纏めようとしていた努力は認めながらも、枝葉末節と切り捨て、もっと大事なのは子供たちが希望を持てる国にしていくための、幹について今一度考えていくべきと、スパッと言い切るリーダーとしての強さも印象的でした。

一方の自分が国会で森友・加計学園問題で追及されるのが怖く、また乗り切る自信がない真っ黒な悪徳政治家である安倍には冒頭解散しかないと踏んでいるのでしょうが、よほどの不正選挙をしない限り勝つことはできないと思います。

まず小池氏と安倍では勝負になりません。

まあ、問題は小池氏という政治家のいう希望というものがどういうものか、安倍に変わるアメリカ奥の院の「くのいち」なのか?実態が見えないので一抹の不安は残ります。

まずは現政権を倒すのが野党のとるべき戦略であると思いますので、野党各党は今回の小池「希望の党」といかに選挙協力をしていくのか、見ものだと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:43| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。