2017年10月08日

安倍でんでんの応援が入る、友人の街頭選挙演説に行ってきました。3

安倍でんでんの応援が入る、友人の街頭選挙演説に行ってきました。3


安倍でんでんも都議選の秋葉原のように非難する人間が一人もおらず、拍手や歓声が沸いていたので、機嫌よく、手を振り終始笑顔を振りまいていました。

ひと段落してからは、友人の演説が始まり、地元の抱える交通問題への取り組み実績や自民党の今回の公約の中から、消費税10%増税の必要性と理解、そして安保の必要性を訴え、少し緊張しているのか早口で15分ほどアピールしました。

そして、その後を受けて安倍でんでんの応援演説が始まりました。

話の内容は、厳しい選挙の中、消費税も安保の話しも国民の生活と安全のためにはどうしても必要なので理解してもらいたいと、いつものような調子で訴えかけていました。

ただ、やはり聞いていて鼻につくのは、まるで森友・加計学院事件での私利私欲にまみれ国民を愚弄しつくした解散前までの批判のことなど、まったくなかったかのような態度で、景気回復などしていないにも関わらず、何十兆円も増加し、実態とは逆の経済成長の自慢話を続けたのです。

まるで雇用も増え戦後二番目の景気が続いているなどと、うそをつき、アベノミクスの正当化やマッチポンプであるにも関わらず、北朝鮮への毅然とした対応など、聞いているほうが恥ずかしくなるくらい、明るく自信たっぷりにアピールしました。

だんだんイラつき始めたぷんぷん

IMG_0101.JPG


裸の王様とはこの様な人間を評するためにあるのだとつくづく思いました。さすがに頭にきたのでよっぽど、「この売国奴、ウソつくな!」とヤジを飛ばしたくなったのですが、情けないのですが、つぶやきしか出てきませんでした。

10分以上の演説の中には、何もこちらの心に響く話はありませんでした。
きっと脳みそまで思考は届かず、反射的に脳髄あたりで調子のよい言葉が口から出るままに任せ話す様子は、本当に軽い人間そのままの演説を行いました。

そして最後の締めとして友人をまた是非国会へ送ってくださいと何度も頭を下げ、ご機嫌な様子で固く友人と握手し聴衆に手を振り、二人で選挙カーを降りました。

そのあとはお決まりの聴衆の中に入って握手しながら駅前を歩き始めました。

裸の王様の行列の様子はテレビで見るのと同じで、残念ながら非難や怒号の声は上がらず、ほとんどの人が安倍と友人と握手するために二人を取り囲み、なかなか前に進めない様子で聴衆の中を進んで行き、私は巻き込まれないようにその場を離れ、遠くから眺めていました。

30分ほどかけてバスロータリーを半周して、笑顔を振りまいてロータリーの端まで来て、友人と握手をし、一言二言声をかけ、さっさと車に乗り込み車の隊列は去っていきました。

大げさではなく、まるで有名人の故郷での凱旋イベントのような安倍でんでんご一行さまイベントでした。

初めて生の安倍を見て感じたことは、総理大臣という日本を代表し、その責務の重みを自覚し、自分の頭で考え、自分に不利になる政策についてもその必要性を訴え、今後の日本にとって重要な課題や解決策を述べたり、我々に考えさせたりする、元文部科学省次官、前川氏のような人物にははるかにほど遠い、本当に薄っぺらな男なのだとの思いを新たにしたのです。

そしてたとえ政策実現、さらには政治家として食っていかざるを得ない立場とはいえ、こんな軽薄で嘘つきを党の代表に選び、傅かなければならない友人を見るにつけ、とても複雑な気持ちになりました。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 09:54| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。