2017年10月09日

安倍でんでんの応援が入る、友人の街頭選挙演説に行ってきました。結び

安倍でんでんの応援が入る、友人の街頭選挙演説に行ってきました。結び


今回の友人の選挙応援に安倍でんでんがやってきた演説の場に身を置いてみていろいろと考えさせられました。

一番は日ごろこのブログで安倍でんでん悪徳・犯罪一味の批判をかなりしてきたにも関わらず、現場で一言も批判の声をあげられなかった自分に対しひどくがっかりしたことです。

もちろん、言い訳はいくらでもいえます。例えば私の周りの人々は珍しいもの、普段では接することができない首相を間近にして、歓迎の声を上がる中、批判や野次を飛ばす空気、雰囲気ではない事を肌で感じたのですからと。

さらには曲がりなりにも、立候補の友人から案内され、ヤジを飛ばせば確実に注目を浴び、それに友人が私に気づけば、嫌な思いをするだろうと思ったのも事実です。

しかし、どこか逃げているような感覚もありました。

メディアが政治の問題、課題をちゃんと丁寧に解説し報道をすれば、本当はとてもシンプルなものだと思います。しかし現状は如何にも難しげに、政局という国民の関心とは程遠くどちらかと言うと、関係のない政治家、政党の利害調整の話ばかりを取り上げ、煙に巻くので、何か特別で難しいものだと一般人に感じさせている事が大きな問題だとも思いました。

変な例えですが、農薬だらけで直ぐには身体の健康には影響は出ないけど、確実に身体を蝕む事を知らない、また知ろうともしない人にとっては、ただ安ければ買い求める、しかも見た目はとても綺麗な野菜が売られています。

政治、政治家、政党という存在もこれらの毒を孕む野菜と全く同じ構造なのだと、今回安倍でんでんの応援演説ただ珍しがり歓声を上げる人々を間近に見て実感しました。


政治、政治家って一体何なんだ!とぷんぷん

IMG_0106.JPG


政治や行政、そして法律に関して、何も知らない、知ろうともしない人々にとっては、身近な自民党支持者から言われなくとも、今日の様な安倍の演出された応援演説を見せつけられると、その強烈な印象のまま安倍アピールを鵜呑みにしてしまう可能性は十分にあります。

ましてや森友・加計学院の不正などの事を知らない人であれば、きびきびした警備のSPたちのプロフェッショナルな立ち振る舞いの話を聞けば、安倍首相は色々言われているけど、やっぱり日本の総理大臣は安倍しかないよ、北朝鮮への批判を率先して、国際社会を引っ張ったり、アベノミクスで景気を良くしたりしているのだから、などと納得してしまうのかもしれません。

何度も書きますが、政治に関心がない人にとって今回体験した応援演説入りの非常に視覚的に効果的な登場演出であったことは確かです。

もしかすると、ここにいた普通の聴衆は森友の事件を単に知らないだけかもしれません。

わからない事だらけです。

影響力を持つ、大手メディア、その中でもNHKが安倍でんでんの悪徳ぶりをしっかり報道せず、むしろどちらかと言うと、政権に有利な情報を垂れ流していることが功を奏しているのかもしれません。

それとも、そもそも政治家なんかそんなもんだと、皆諦めているのでしょうか?

「世の中そんなもんだ。自分とは関係のない遠い世界の出来事で、今更どうしようもないのさ」
とあきらめて、選挙さえも行かない人が多いのでしょうか。
まあ、珍しいものでも見るように今回の安倍でんでんの応援演説を見ていただけなのかもしれません。

私自身も今回友人が批判対象の政党から立候補することに対し、とても複雑な思いをしました。

「情に棹させば流される 理に働けば角が立つ とかくこの世は住みにくい」
夏目漱石の一節をしみじみ思い出しました。

個人としては神奈川での選挙権がないので友人に投票できないことが唯一救いではありました。しかし、安倍に対してヤジの一つも出来なかったことはとても恥ずかしく感じました。

明日は告示で、いよいよ選挙が始まります。

またいつものように、政党名と候補者の名前の連呼と最後のお願いばかりのうるさい選挙カーが走りはじめるのでしょうね。

ダメな政党、政治家を落とす為ではなく、この人に、この政党に一票を投じこの国の未来を託したい、そんな想いで投票所に足を運ぶ日がいつか来ることを祈り、今度の選挙を迎えたいと思います。
終わり。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 17:32| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。