2017年10月11日

オートマチック投票はやっぱり怖い!

オートマチック投票はやっぱり怖い!

最近AIや車の自動運転技術の話題が目につくのですが、なんでもオートマチックな世界は一見便利で凄い未来の様に思えますが、本当にそうなのでしょうか?

むしろ私にとっては怖さの方が先に立ってしまいます。

むかし、よみうりランドと姫路セントラルパークにお目見えしたフリーフォールという絶叫マシンのアトラクションがありました。

当時、姫路セントラルパークに設置された時、仕事でテレビ局に取材をお願いしたとき、たまたま同乗する人間が足らず、リポート役の女性達と一緒に乗り込まされ撮影した経験があります。

はっきり言ってとても怖かった記憶が残っています。

撮影の取り直し含め、三度ほど乗ったのも原因の一つだと思いますが、私にとって為す術もなくその遊戯に身を預け、地上60mくらいから一気に自由落下するのですが、座っている座席の下から覗く恐怖とお尻が一瞬頼りなくなり、足がすくみ、そして一気にかかる重力で、ただただ、このまま死にたくないという思いに駆られたのです。

まあ、簡単に言いますと機械を信用していないことからくる不安が大きな原因だと思います。事故が起こらない保証はないのに、何が因果でこんなものに乗らなきゃいけないのか、その時は私の同乗を命じたテレビ局のディレクターを恨んだものです。

話がそれました。

ところが一緒に乗っているリポーター役の人二人の女性達はとても喜んで、楽しみ何度でも乗りたいというのです。

男と女のちがいなのか?
それとも私が弱虫なのか?と思ったほど女性たちは楽しそうなのです。

単なる弱虫なんだ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0157.JPG


実は他のアトラクションで、路面が滑るカートの運転を楽しむ施設の撮影もあったのです。

カートをコントロールするのは自分なのですが、中々運転は難しく、うまく運転できないと、他のカートに結構な衝撃でぶつかる遊戯でした。

私はとても楽しんだのですが、彼女たちはとても怖かったと言うのです。

私には、オートマチックに身を預ける恐怖より、自分の五感や能力を総動員し対応する恐怖のほうがずっと安心があり、楽しめたのです。

全てを預けざるを得ない状況、どうにも抵抗できないことに対しては恐怖を感じるのが男で、その抵抗を無駄と諦める、というより、どうしようもない事ならばさっさと見切りをつけ、現実を受け入れ、逆に楽しむことができるのが女なのかな、と当時は思いました。

フリーフォールの撮影の時は、たまたまそのような女性たちだったのかもしれませんから何ともわかりませんが、男の私にはやはり自分で何とかする、コントロールできる可能性があるほうが、たとえ、ほかの車とぶつかっても納得できると感じました。

この国の行く末を決める今回の選挙も、何とか国民の意思でコントロールできるものであって欲しいと願いながらも、どこか既にオートマチックな思考回路の人々によって、選挙の大勢は決まっているような感覚を覚えて、とても不安で恐怖を感じています。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:50| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。