2017年11月30日

未だに続く戦後体制は終わるのだろうか?3

未だに続く戦後体制は終わるのだろうか?3


アメリカの大統領にトランプ氏が就任し、アメリカ奥の院の一味であるヒラリーが敗れたことで、世界の支配構造の変化が読み取れます。

アメリカの国民は自分の国を支配している権力構造にネットの発達によっていち早く覚醒しました。
いくらCNNやニューヨークタイムスなどの支配者サイドの大手メディアが必死に世論誘導をしてきたにも関わらず、ヒラリーは勝てませんでした。

日本でも同様にトランプ大統領を貶める、アメリカの権力サイドのメディアの情報をそのまま垂れ流して、批判していましたが、だんだん日本国民もメディアリテラシーのある人たちから順番に少しずつですがフェイクニュースに気付き始めました。

トランプ氏をはじめ、いち早く国内のアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の勢力を排し世界に警鐘を鳴らし、反旗を翻してきたロシアのプーチン大統領、そして最近では同様に中国の習近平国家主席も江沢民などを排し、盤石の国内体制を築き始めました。

いまだ旧支配層のメディア情報をそのまま垂れ流す日本の大手メディアのために、多くの日本人はアメリカ・イギリスが正義で、ロシア・中国は悪だと洗脳されています。また旧支配層の手下である世界の主要メディアから俗にいうフェイクニュースでこの三人はいつも貶められ悪者扱いが続いています。

しかし今まさに新旧支配者たちの権力争いが鮮明になってきたのですが、この熾烈な戦いの実態を日本人の多くは残念ながら理解できていません。

今国会では安倍でんでん悪徳・犯罪一味の嘘がどんどん白日の下にさらされ、厄人も安倍もしどろもどろの反論にもならない論戦でいよいよ墓穴を掘り始めました。
その途端、また北の刈り上げ君が援護射撃よろしく、ミサイルをぶっ放し、大相撲の不祥事報道がテレビ空間を占拠しています。

最近ニュースは腹立つから見ない!とぷんぷん

IMG_0105.JPG


まさにスピン報道一色で、本当にうんざりしています。

もちろん、北のミサイルも大相撲もどちらも無視できない事件ではありますが、これほど微に入り細に入り報道する意図は何なのか?ちょっと疑問を持ってネットを見れば大手メディアの異常な意図に気付くはずです。

600億円もの税金を使って、逃げまくる安倍でんでん悪徳・犯罪一味の最後の足掻きに付き合わされる大手メディアもいい加減ウンザリしないのでしょうかね。

たぶんネットではバレ始めた、戦後70年以上続く偽国家運営、そして自分たちの正体がばれる恐怖から、必要以上に必死になって大手メディアを使って誤魔化そうとしているのが目に見えるようです。

国の代表とその夫人による国家の私物化、行政無視、しかも国会で証人として出席した森友学園の元理事長夫妻をいまだ起訴も裁判も行なわれていないにも関わらず、詐欺師であると決めつけ公共放送で言い放つ男を取材しなくて関取を追いかけまわす馬鹿さ加減、何が偉そうに報道機関でしょうか、あきれてしまいます。

まことに法律も知らない馬鹿殿が我が国の首相であることや一連の行状をニュースにするほうがよほど重要で空前の視聴率請け合いのネタなのになのです。

逃げも隠れもしない籠池夫妻を4か月以上も留置所にぶち込んだままです。さらには自分をヨイショしたキモイ安倍本を書いたバカ友による、伊藤詩織さんへの強姦男山口何某は娑婆でのうのうと暮らしています。しかもこの強姦男を逮捕寸前でこれまた安倍友の警察官僚中村何某が止めさせる無法など、法治国家の体をなしていない今の日本について無関心な国民にも大きいな問題、責任があります。

もし、このまま大手メディアが本来のジャーナリズムを発揮できず、司法も行政も安倍でんでん悪徳・一味の悪行を国会で明らかにし、堀の中に送り込むことができなければ、アメリカでは居場所のなくなってきた旧支配者層による直接支配がますます露骨になり、戦後支配体制は、革命でも起こさない限り続いていくと思うと、ぞっとしますが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:01| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。