2018年02月09日

世界の博打胴元・国際金融資本と株価暴落と世情不安の中オリンピック開幕!

世界の博打胴元・国際金融資本と株価暴落と世情不安の中オリンピック開幕!


今日からお隣韓国で平昌オリンピックが開幕しますね。

すでにジャンプやフィギアスケートなどの予選は始まっているとのことですが、驚異的な厳寒で選手や関係者には体調管理に最大の注意で試合に臨んでほしいと願っています。

スポーツ選手、特に国を背負ってぎりぎりの精神状態で臨む一流選手でもいつもの力を発揮できず、失意の帰国をせざるを得ないケースが多くあるのが、オリンピックです。

以前も書きましたが、メダルを期待され思うような結果が個人では出せず、それでも団体戦に臨むにあたり「正味期限は切れてしまったかもしれませんが、消費期限は切れていないので、頑張ります」という背泳ぎの入江選手の発言がありました。

国の代表として4年間,凡人には到底想像もできない厳しいトレーニングを毎日やっても届かない目標があります。

しかし彼らの姿には共感こそあれ、非難すべきものは一切なく、むしろ称賛に値する我々のお手本である人々だと思います。

それに比べ、仕組みそのものは素晴らしくとも、それを恣意的に運営・管理する側の思いのままのシステムである現代の資本主義が、今のすべての不幸、不公平を作り出しているのを知るといたたまれなくなります。

そしてそれを知っているにも関わらずそのことを世に知らしめない、それどころか率先して助長する大手メディアは、たとえどのように取り繕ったとしても許せるものではありません。

今の株価の乱高下の背景にある、まことに人間の欲をあからさまに見せつけ、毎日がギャンブルのような株式市場の売買と、それを管理するまるで博打胴元の国際金融資本の連中が一番責められるのはもちろんです。

そう言えば、いつぞやなぜ国は競馬の胴元として運営できるのか?

という疑問に対し、極力ギャンブルのように国民の生活を破たんさせないように、開催頻度を週に一度にしていると、なんとも苦しい言い訳を聞いたことがあります。

しかし、実際は警察の利権になり、しかも北朝鮮への資金還流になっていると指摘されているパチンコは、毎日でもすることができますし、実際ギャンブルです。

競争相手のいない競馬胴元は絶対損をしないもんね!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0157.JPG


株式市場も私にはパチンコと同様に見えます。

アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の国際金融資本にとって、資本主義の象徴として経済成長の源泉であり、企業の成長を助け、しかもだれでも等しく参加でき、将来の果実を得られる仕組みだと喧伝してきました。

しかし実際はいろいろ経済屁理屈を並べ立ててきましたが、それを権威づける学者や経済評論家、そして大手メディアなどが世論を形成しながら、結局は彼らの意向を踏まえた相場を何度も創出し、一般株主をどん底に突き落としてきました。

日本を代表する経済新聞の日経なども、世界金融資本の意向や罪務省、最近ではアホノミクスと揶揄される、金融政策を先導してきた日銀などの意向を忖度し、一般株主などごみとしか認識していないような報道です。

さらには、まじめに勤め上げた老人たちの大切な年金を、運用という名の実態は政権の経済政策がまるで成功しているかのように見せかける株高創出のために、じゃぶじゃぶ投入している有様です。

どこまで今回の株暴落が続き一般生活に影響を及ぼすのか?

とても心配ではありますが、アメリカ奥の院たちやヨーロッパのお歴々たちの世界金融戦略もどんどんぼろが出てきているようで、一度チャラにしようとしているのかもしれません。

本来株式市場という企業の成長を促す投資という面よりも、日々の株の売買による投機に必要な目先のギャンブル指標の記事を毎日垂れ流して、株の短期売買を促進しています。

その結果、長期の投資による健全な経済活動支援という面より、証券会社の利益に合致する売買の促進による短期的な株の売買、つまり日々ギャンブルのような一般投資家の投機をあおる役割を担っているのが日経新聞であり、百害あって一利なしではないでしょうか?

歴史を見ると自明なのかもしれませんが、今回の株価暴落、そしてアジアで危機をあおるアメリカ奥の院の思惑を見るに、今回のオリンピックが同時期に開催されるのは偶然ではないような、いやな感じがしてしまいます。

本来は素晴らしい仕組みであるにも関わらず台無しにする金融・株式市場という、博打システムの胴元の破たんが近づきつつあるように見えます。
またトランプ大統領やプーチン大統領などが進めている、軍事ビジネスの枯渇を意味する平和の推進を何としても阻止したいアメリカ奥の院およびヨーロッパのお歴々はかなり焦っているのでしょう。

イランやシリアの戦争が本格化できない中、世界の注目を集める今回の平昌オリンピックで、悪の権化役を担っている北朝鮮を追い込む一芝居を打って、負の遺産を一気にチャラにする大博打を行うような気がしてなりませんが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 10:57| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。