2018年03月04日

反社会組織排除の会社法だと!どの口がそれを言うか法務省よ!

反社会組織排除の会社法だと!どの口がそれを言うか法務省よ!


開いた口が塞がらない!

お前達だけには言われたくない!

お前たちこそ法を守る番人のはずなのに権力の番犬に成り下がるだけではなく、自ら反社会的存在として積極的に国民を不幸にしている張本人ではないか!!

もっと巨悪がいるだろうがこのボンクラ!!!

と怒りまくっていましたら、なんと朝日新聞がトップニュースとして財務省が公文書捏造の疑い、との記事を書いたそうです。

「森友文書、書き換えの疑い 財務省、問題発覚後か 交渉経緯など複数箇所

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという。」2018年3月2日朝日新聞より


とことん腐った汚い連中で、やりたい放題のやはり悪徳・犯罪一味であることを証明しています。

昔なら市中引き回しの上、切腹にも値しない河原桟敷での斬首、さらし首に値します。

国家の基本である法だけでなく、人間として守るべきルールや道徳を無視する、そして公務員としての職務放棄であり、亡国、国家反逆罪の誹りを受ける犯罪行為です。

財務省のトップである阿呆大尽はもちろん課長以上の職員も失職、逮捕に値する犯罪です。

今の日本で、遵法精神をぶち壊している張本人がなんと法務省はじめ権力サイドの手先として暗躍する司法、検察、警察の関係者なのです。

これからは法を守るのが馬鹿馬鹿しいと思う国民が確実に増え、無法国家を促進していく可能性を誰も責めることはできません。
還暦過ぎた私でさえもういい加減、腐ったこの国なんか見捨ててどこかに行きたくなります。

でも何処に逃げるの?とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


今度の確定申告など、この朝日のスクープを読みますと、ますます納税拒否をしたくなる、いえ、すべきだと思いました。

申告の作業は面倒で、しかも時間がかかります。
「佐川長官がのさばり、なんのお咎めもなく居座っている限り、国民の義務とはいえ納税する気になれない。ましてや申告のために必要な書類を整理し、申告書を書き、しかもこちらが切手代を負担し郵便局へ行く手間、もしくは税務署に出向く行為は、まるで奴隷が使用主にへりくだるがごとき態度であり、あまりにも従順な馬鹿なような気持ちになるので拒否する!
しかし、そうは言っても国民の義務だから納税しないとは言わないが、この際税務署がわが家に出向き、必要な書類も自ら探し出し、そして書類を作成せよ!」と言いたい。

こんなことを書きますと、例え上が腐っていても、決められた法は守るべき、との意見が出てきそうです。

しかし、今の安倍でんでん悪徳一味、及びアメリカが支配する今の日本は、美しい国どころか醜く恐ろしい独裁国家、無法国家なのです。

キ印の犯罪者や殺人者が大切な人を陥れよう、殺めようとしている時、無抵抗の人はいないはずです。

たとえ自分の身が危うくなるとしても、本能として守ろうとしますし、また当然の正当防衛として阻止しようとするのが真っ当な人間のする事だと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 10:26| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。