2018年04月06日

朝日新聞よ広告をやめよ!NHKよ国家予算を断れ!そしてガンバレ!!

朝日新聞よ広告をやめよ!NHKよ国家予算を断れ!そしてガンバレ!!


いよいよ腹をくくったのか、それともまだまだらボケなのか、NHKが東京新聞や朝日新聞に倣って安倍でんでん悪徳・犯罪一味に対して本来のジャーナリズムを発揮し始めたように感じます。

先日森友学園における国有地の不当売買に関して、財務省が森友に口裏合わせを強制していた疑いをニュースで流しました。

当時、値引き金額の根拠があいまいだ、と国会で野党が追及していた件で、去年2月の衆議院予算委員会では値引きの8億円がごみ撤去費用と説明していました。しかし野党から、もし撤去するとすればダンプカー4000台分ぐらいの膨大な量なのに、実際には撤去した様子はない、と追及されていました。しかもこの件を請け負っていた会社の社長は自殺したことになっています。

ところが実際は財務省理財局の職員が学園側に
「トラックを何千台も使ってごみを撤去したと言ってほしい」などと、うその説明をするよう依頼があったことが取材で判明したというのです。

ここ数日は防衛省の日報も網タイツKY元防衛大臣はじめ役人の忖度があったようで、やはり真っ赤なうそを述べていたことが白日の下にさらけ出されようとしています。

安倍でんでん悪徳・犯罪一味の実態がどんどん明らかになってきました。

ここにきてもいまだ変わらず高給役人達は国会で忖度継続中です。
しかし流石にNHKが本当のことをニュースにし始めれば一気に国民の覚醒が起き忖度だけでは自分の首が危ないことを役人たちも意識し始めたはずです。

朝日新聞のスクープから始まった安倍でんでん悪徳・犯罪一味への糾弾が功を奏し始めました。

きっと文部科学省の前川氏と同様、様々な有意のサムライ達が動き始めた証拠だと思います。
そしていよいよNHKも忸怩たる思いの局内でくすぶっていた、本来の報道関係者が反旗の狼煙を上げたように感じます。

敵はもうすぐ瓦解するぞ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


本当にあともうひと踏ん張りです。

我々国民もこれまでの売国的だとぼろくそに批判してきたNHKや朝日新聞ですから、簡単には許せない気持ちがありますが、ここはひとつ、過去は過去と怨念をわきに置いて、これからの日本のために、どうしても必要な世論の形成を図るには大手メディアの力が必要だと認識を改めようではありませんか!

ネトウヨと同じように過去にとらわれ単なるメディア批判だけでは前に進みません。

何かしら彼らメディアを味方にしていく工夫が必要であり、単なる批判だけではまた元の木阿弥で、何も解決しません。

ところで民間大手テレビ局などの総収入の7割以上が広告費です。
その広告によってメディアを支配しているのが、アメリカ奥の院の手下である電通です。

そしてその電通と結託しているのが、政府与党の自民党、および公明党、一部の民主党や維新などです。これらすべての連中を束ねるのが、アメリカ奥の院の虎の威を借り、事実上日本を支配しようと暗躍しているのが安倍でんでん悪徳・犯罪一味の偽日本人たちです。

NHKも国家予算により政権に牛耳られています。
ここはいっそNHKも民営化し新たな国民放送に変貌するチャンスだと気づくべきだと思います。

いま高校生棋士の藤井六段やメジャーリーグに巨額の契約金よりもベーブルース以来の二刀流目指して目覚ましいスタートを切った大谷翔平選手など、これまでの常識を覆す素晴らしい若者が登場しているのです。

腐りきって自分だけ、金だけのまことに美しくない安倍でんでん悪徳・犯罪一味を代表とする大人たちを退場させ、多くの若いまっすぐな力を育てていけば、まだまだ日本はいい国になれると思うのは私だけではないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:36| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。