2018年04月28日

非核より平和、統一が悲願だと思いますが、厳しい道のり!

非核より平和、統一が悲願だと思いますが、厳しい道のり!


三度目の正直となるのか、昨日は朝鮮半島の南北両首脳の会談の模様が全世界に生中継されました。

メディアでは北朝鮮の非核への具体的な方法やスケジュールがないという批判をしきりに報道していますが、当事者のカリアゲ君にすると、絶対的な体制保持と生命の保証がない限り、そう簡単には核を手放すはずはないはずです。

元来、国連の常任理事国5カ国アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国は自分たちだけは別格だと言わんばかりに核を保有してまったく論理は破たんしているのです。つまり戦後体制そのままに、今も世界を見下し、支配者気取りなわけです。

そもそも朝鮮半島の分断も当時のソ連とアメリカの都合で行われてきたわけですから、なにをかいわんやですよね。

しかし、カリアゲ君は大した役者でした。

心臓が悪いのかゼイゼイ言いながらも、登場から帰るまで、映像を見る限り現場をリードしていたのはカリアゲ君だと思えました。

年も若いのに、敵ながらたいしたものだと感じました。
報道をみた多くの人たちも同様の感想を持ったと思います。

広報センス、戦略の視点から評価しますと、ほぼ完ぺきで、我が国のアンポンタン首相や副総理に比べると、月とスッポン、大人と鼻たれの差を感じました。
生放送というある種賭けが成功したといえます。その筋が編集して報道することをさせなかったのですからね。

変な言い方ですが独裁者、リーダーとしての器の違い、もしくは一国のリーダーの真剣な覚悟とはどういうものか?を見る思いでした。
また独特のカリアゲスタイルもいつもはからかう対象だったのですが、今回は妙に個性的でしかもその若々しさが際立って見えたのはいったい何なのだろうと思ってしまいました。

もちろんいまだにアメリカの都合に振り回されている停戦中状態ではありますが、両国首脳の会談や共同発表に謳った声明には、今までの親父さんたちとは違い、後戻りはしない決意を感じさせるものであったと感じました。

あれは演技でなく本物だよ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


もちろんそう簡単に、南北が統一され、平和な朝鮮半島が実現するのは並大抵のことではないことは容易に予想できます。

これまでの両国民の中には70年以上も分断されて生き別れになった人や理不尽に殺された人もたくさんいます。
また韓国だけでなく日本にも拉致被害者の問題もあります。

何より独裁体制と民主主義という大きな体制の違いもあります。

ただいちばんのネックは、やはりマッチポンプ役として世界やアジアで悪役を演じさせてきたアメリカ奥の院、その手下のCIAなどによる支配状況が今どのようになっているのか、これが一番の問題だと思えます。

落ち目とはいえ、いまだにトランプ大統領も簡単には手出しができず、彼も常に暗殺の危険にさらされている現状においては、アメリカ奥の院の軍事ビジネス連中と完全な袂を分かつことは現在もできておらず、タイトロープな綱渡り状態です。

ですから、今回の南北首脳の会談の中で一番印象的なシーンは二人だけで散歩し、ベンチで話し込む姿でした。

いろいろメディアは言っていましたが、ようはトランプ大統領との米朝首脳会談に向けて、どのような落としどころを考えるか、アメリカ奥の院の出方それについてのトランプ大統領の立ち位置、また中国習近平氏の対応など、二人で真剣に話していたのではないかと思いました。

盗聴技術の発達した現在、どの程度まで突っ込んだ話し合いをしたのかわかりませんが、後戻りのできない覚悟で臨んだカリアゲ君を父親のような気持ちで支えようとしている文大統領という風に感じたのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 21:11| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。