2018年05月24日

自由と平和を実現している真の民主主義国家はまだ存在しない!2

自由と平和を実現している真の民主主義国家はまだ存在しない!2


これまで覇権を持つ限られた人々によって創作され、世論として形成されてきた思想や正義、そして民主主義というものに立脚し維持されてきた世界秩序に陰りが見え始めてきました。

これはやはりインターネットの登場によるメディアリテラシーを持つ多くの覚醒した市民がアメリカに登場したことがきっかけだったといえます。

そうでなければこれまでと同様にトランプ大統領は誕生せず、その筋が決めていたクリントンが大統領になっていたはずです。

当時大統領選挙が始まり、終盤に差し掛かるまで、その筋の手下である大手メディアは、アメリカ、ヨーロッパはもちろん日本でももっともらしく民主党のサンダース候補との戦いを制したクリントンが優位でトランプが勝つことなど天地がひっくり返らない限りありえないと報道し続けました。

しかし、結果は全くメディアの予想を覆す結果となりました。

ブッシュ元大統領が最初に導入したとネットで喧伝されている不正投票システムをも凌駕する、メディアリテラシーに目覚めた、反アメリカ奥の院、反戦争ビジネス・金融資本、反巨大マスコミを希求する、ネット住民たちの歴史機的な勝利でした。

またこの歴史的な出来事がその筋、つまり「世界の支配者たちの限界が来た」と理解した民族主義的なロシアや中国といった大国のリーダーたちの台頭という大きな変化を生み出し、カリアゲ君の豹変、朝鮮半島の激変が起きているのだと考えられます。
「このままだとイラクのフセイン大統領やリビアのカダフィ大佐のように抹殺されるだけだ!」と覚悟したのですね。

悲しいかな世にいう民主主義という幻想はアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々たちによる富と武力、そして巧妙に利用されている司法、立法、行政という三権分立やジャーナリズムの仮面をかぶった世論操作によってコントロール、作り出されてきたにすぎません。

よくよく考えれば、民主主義や三権分立が本当に機能し平和と繁栄を成しえた国は残念ながら一つも存在していない現実があります。

理想と現実のギャップということ?とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0157.JPG


敗戦からの奇跡の成長を遂げ世界から尊敬と畏怖のまなざしを注がれてきた日本が、世界NO2の資本主義国家を謳歌した一時期さえも、巧妙にアメリカ奥の院の管理下でかりそめの独立国家であったことが、安倍でんでん悪徳・犯罪一味によるとんでも内閣の暴挙で多くの人が気づき始めています。

アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々たちの本当の狙いは、強敵を絶対に存在させない戦略です。

フセインやカダフィなどは悪の象徴としてその筋が作り上げた、傀儡政権でしたが、その事実がばれそうになるとあっさりお役御免と、抹殺されてきました。カリアゲ君と同じ構造です。

一方で世界には民主主義という正義があるかのように、社会主義や民族主義を敵視させる世論を作り上げてきました。
そのために偽りの自由と正義を世界中に信じさせ、あるはずもない、というより絶対実現させない幻想の民主主義という名で、国民に絶対的な信頼と力のあるリーダーを独裁者として糾弾し、葬ってきました。

あの田中角栄氏や小沢氏もそうですし、今はロシアのプーチン大統領やトランプ大統領です。

学校教育やアカデミズムなどを総動員し、うわべだけは平和な日本で戦後育ってきた常識人にとって、民主主義や自由と平和が絶対だと刷り込まれてきましたからとても厄介なのです.もちろん崇高であり目指すべきは自由と平和であることはまちがいありません。
しかしその筋にしてみれば、自分たちの絶対的な権力の正体が絶対にばれないように、したたかに煙幕のように存在させ、実際はコントロール下での似非の代物として存在させていただけです。

例えば、保守的な共和党に対して民のためとその存在意義を喧伝していた民主党の元大統領候補であるクリントン元国務長官による多くの不審死、非道がアメリカでは表ざたになっていますが、日本の大手メディアでは一切報道されていません。

まことにその筋の戦略とは常識ではなかなか見抜くことが難しいほど巧妙です。
しかし、いまやその筋の親分の一人であるロックフェラーの死により、クリントン元国務長官の非道やCIA、FBIなどの不祥事、不正義など随分とほころびが目立ち始めました。

それゆえ、このことに気付いたネット世論に覚醒し、自分の頭で考えるアメリカ国民はベストとは言えないまでも、トランプ大統領を選んだわけです。

もちろんトランプ大統領はいまだにその筋から猛烈な攻撃を受けています。
カリアゲ君との史上初めての米朝会談にストップをかけるポンペイオ国務長官やボルドン首席補佐官など、アメリカ奥の院の手下がまたぞろ復活してきているのが何よりの証拠です。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:54| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。