2018年06月13日

トランプ会見に割り込んだ安倍の何が緊急記者会見だ!

トランプ会見に割り込んだ安倍の何が緊急記者会見だ!


やはりNHKは安倍さま命まっしぐらな事がはっきりしましたね。

トランプ大統領の米朝首脳会談に関する記者会見が夕方5時過ぎに行われるのをNHKで見ていました。

30分ほど経った時どこの媒体かはわかりませんでしたが、アジア系、多分NHKの記者が拉致問題について質問し、トランプ大統領から「私の友達であるシンゾウから言われた、拉致も重要な問題でカリアゲ君に伝えた」と言う答えを引き出した後でした。

間髪を入れず、画面が突然安倍の緊急記者会見に変わったのです。

一瞬どうしたのか?何かあったのか?と思い他のテレビ局はどうなっているのだろうと、ザッピングしたら、TBSとテレ朝(多分)以外同様に安倍の会見を流していました。
その後TBSなども時間を置いて安倍の緊急記者会見を流しました。

この件で二つのことが明らかになったといえます。

一つは、NHKは生放送ではなく明らかに2〜3秒ほど遅れて放送していたことです。

今回は全テレビ局が米朝首脳会談の特集を流していました。そんな中、特にトランプ大統領の記者会見は一斉に全局同時に中継をしていましたが、私がザッピングした時に生放送のはずなのに明らかにNHKは他局に遅れて放送していたのが分かりました。
生放送なら他局からNHKに戻した時、先に進んでいなければいけないのにすでに見た同じ内容が少し遅れて流れていたからです。
多分いつでも安倍政権に都合の悪い放送事故(国民にとっては知りたい真実)があった場合操作できるようにしているのです。

画面にはわざわざLIVEと表示しているのがわざとらしいく醜い限りでした。

リスク管理ってか?とぷんぷん

IMG_0095.JPG


もう一つはトランプ大統領の会見中にぶしつけに割り込んで、緊急記者会見とわざわざ断って安倍の会見に映像を切り替えたことです。

えげつなさ、いやらしさだけは天下一品の安倍でんでん悪徳・犯罪一味の作法です。

どこが緊急で、しかもみんなが注目しているトランプ大統領の会見中に割り込む必要のある内容なのか?
あの間抜けで卑しい安倍はトランプ大統領が自分との約束通り拉致問題をカリアゲ君に伝えたと、単にアピールする為だけの緊急記者会だったのです。

何と浅はかで、馬鹿な総理大臣なのでしょう!

普通の神経を持つなら、世界が注目するトランプ大統領の記者会見に割り込んで、しかも緊急記者会見と銘打ってまで、自分のアピールの為にしゃしゃり出てくる人間はいません。

しかも全く緊急性のかけらもなく、誰も興味もないヤラセバリバリの自己中会見なのです。
改めて、知性のかけらもない、痴性としか言いようのないど阿呆総理です。
例えセコイ経産省大臣か何かのアイデアだとしても、その政治的広報センスのかけらもない事を自ら証明しているのです。

まるで根性なしの馬鹿が人を雇って意中の女性を襲わせ、そして英雄のごとく彼女を救う、本当に臭い芝居と同じです。

先日のG7前のトランプ大統領との会談ではこの仕込みをお願いしていたのですね。会見で記者に質問させるから拉致問題の件よろしくお願いしますと。
見返りに一体いくらわれらの税金が使われることやら。

こんな総理大臣に一体いつまで日本は我慢しなければいけないのでしょうか?

しかしそれでも騙される馬鹿な国民がいることの方がショックです。本当にこんな首相を支持する国民がいるのか、いまだに信じられません。

諸悪の根源はやはりNHKをはじめとした大手メディアの存在であることは明らかです。
このようなくだらない、しかも国民を愚弄する連携プレイを許し、言われた通り放送する日本メディアは本当にいりません。

何度も書いてきましたが、国会への抗議デモよりNHK含めた大手メディア付近でデモをやるほうが効果的だとつくづく感じましたが皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 14:07| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。