2018年06月25日

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!


昨夜は久しぶりに夜更かしをしてサッカーワールドカップ日本対セネガル戦を最後まで見ました。残念ながら勝つことはできませんでしたが、見ごたえのある面白いゲームで、引き分けの勝ち点1を獲得しました。

日本が負けずに決勝リーグに出られる可能性が高いので、余裕があるからかもしれませんが、相手チームもあまり南米チームのような汚いプレーがなく、互いに持ち味を出したナイスゲームだったと感じました。

一部キャプテンの長谷部選手やディフェンス陣が肘鉄などを食らっているようにみえ荒っぽいプレーもあったようですが、日本チームは始終冷静かつ非常にハードプレイをしていて、勝ってもおかしくないゲームでした。

ワールドカップ前は直前に監督交代があり、数ゲームの強化試合は最終のパラグアイ戦までボロボロだったようで、前評判は惨敗が予想されていました。

監督が代わって多少の選出選手に違いはあったようですが、ここまで劇的にチームが変わるとはだれも想像していなかったようで、私も期待をせず夜更かししない程度に見ようと思っていました。

しかし、相手選手の一発退場で一人多いとはいえ、前回のブラジル大会でぼろ負けしたコロンビアに勝ったゲームを見て前評判とは違う、昔の勝負に対してもろい頃とは違う、いい意味で開き直ったといいますか、勝ち切る強さを感じさせました。

まあ、女子はすでにワールドカップで優勝しており、男子サッカーの頑張りが期待されながらなかなか実績が伴わず、もやもやさせられていましたが、今回はどうも様子が違います。

シロートからは戦術などはわかりかねますが、やはり西野監督のリーダーシップが優れているから今のような結果が伴ってきていることは想像できます。

テレビでの選手のインタビューなどで垣間見えるのは、やはりチームとしての目的と戦う上での責任ある行動力を監督が求め、皆が納得して共有しているのだろうな、と感じました。

また、記者会見で外国記者からセネガル戦への調整に関して問われたとき
「乾と大島の身長5cm体重5sアップに失敗したけど・・・」というジョークがネットでも話題になっていましたが、なかなかジョークもセンスのある監督さんです。

リーダーとは状況を変えられる人だねとプンプン

OWNER-PC - IMG_0167.JPG


次戦もこのままベストを尽くして決勝リーグに駆け上がってもらいたいと思います。

一方我が国の政治です。

国会を延長し、安倍でんでん悪徳・犯罪一味にとって重要な法案を通過させるためのようですが、どうも安倍はやめるつもりなどなく、森友・加計事件ももう済んだことにしようとしています。

どさくさにまぎれメディアの都合も考えず当日の午前中に告知し、午後いきなり記者会見を行ってしまう加計という人物の卑劣さ、強引さ、ただ会見をやったというエビデンス作りのためだけに開いた相変わらず安倍一味のトンデモ記者会見でした。

こんな醜く、汚い連中がこの国を治めていることにどうして国民は平気なのでしょうか?

いえそんなはずは決してないと断言できます。この国の政治制度に問題があると思います。

サッカーのように常に結果が求められ、昨夜のゴールキーパーの川島選手などはたとえ実績があっても、たぶん今はできたら逃げだしたいほどの後悔と屈辱を感じながらも次戦に向けて努力しているはずです。

それがプロです。

それほど厳しいスポーツ選手に比べ、何度レッドカードを出されても汚い、しかも惨い政治運営をやって国民を不幸のどん底に落としている安倍でんでん悪徳・犯罪一味と与党議員たちの首を挿げ替えなければこの国の未来はありません。

いつまでも党離党略、省益優先のこの国の形を変えるには今の政治制度では、いつまでたっても無理です。

元文部省の事務次官だった前川氏のようなリーダーが生まれるためには、やはり国民が直接選べる大統領制が必要なのかもしれないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:20| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。