2018年06月29日

優先順位と決断

優先順位と決断


昨夜のワールドカップ日本対ポーランド戦を見ました。

ゲームの始まる前はポーランドに勝ち1位通過するしかない、と考えていました。もしそうなれば、スペイン以外はビッグネームのいないトーナメント側に入れるので、もしかするとベスト4、いえ決勝まで行けるかもしれないと妄想していました。

何せ大会前は様々なごたごたなどもあり、全敗と予想されていたにも関わらず、1勝1分けの勝ち点4でグループトップまで勝ち進んで来た西野監督の素晴らしいリーダーシップと勝負師のようなカリスマ性を垣間見て、結構いけるのではないかと思っていたのです。

しかしスターティングメンバーを見て最初はびっくりしました。
通常負けていない時はメンバーを変えないとされていたにも関わらず好調のメンバーを外し、6人も変えてきたので本当に驚きました。

ゲーム後半に日本が1点入れられ、そしてもう一つの会場のセネガルとコロンビアの対戦でもセネガルが1点入れられてからのゲーム終了までの15分ほどは、今まで見たことも感じたこともないスリル満載の出来事でした。

皆さんもテレビでご覧になったでしょうから詳しくは書きませんが、このゲームから考えさせられたのは、やはり組織はリーダー次第だということでした。

自分の手柄のように国民栄誉賞を与える誰かさんとは違うね!とぷんぷんOWNER-PC - punn.jpg



刻々と変わる状況の中で達成しなければいけない目的のために、どのような優先順位を事前に想定し、しかも予測不可能な要素がありながらも、時に不本意ながらも究極の選択を決断するか?

もし、西野さんの賭けが失敗したらどれほどの批判にさらされるのか容易に推測できます。

前回まで戦犯のごとき批判にさらされたゴールキーパー川島が見せた、面目躍如の2度のスーパーセーブの活躍やこれまでの戦い方を称賛されてきた選手たちに容赦なく浴びせられる、観客からのブーイングにもひるまず最後までボールを回し続ける選手たちの姿を私は責めることはできず、むしろプロとして素晴らしいと感じました。

試合後の西野監督の「不本意ながらも目的は決勝トーネメントへの出場が目的です」と言い切った姿には

「決勝トーナメントに出場してベスト8を目指すための作戦だった」と宣言しているように見えました。

単に勝ち切るためなら最後まで最初からのメンバーでいったほうが確実ですし、観客も満足し、さすがサムライブルーと称賛されたと思います。

しかし連戦でしかもスタジアムの気温は40度だと試合前に実況のアナウンサーが言っていましたから、相当な疲労がある中、ベスト8など無謀な願望にすぎません。

主力を休ませてベスト8をも見越した戦略を持つ素晴らしい監督だと思いました。

選手そして監督自身が前人未踏のベスト8という未来を目指して頑張る姿に、勇気と元気を我々はもらっているのですが
「金だけ、今だけ、自分だけ」の我が国のお偉いさん方は一体何を感じたのでしょうね?

沈みゆく泥船の船長には、せめて西野さんのような優れたリーダーになってもらいたいものだとつくづく思った次第です。

がんばれサムライブルー西野ジャパン!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:09| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。