2017年05月07日

結び「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めて三崎漁港に行ったけれど・・・

結び「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めて三崎漁港に行ったけれど・・・


漁船の君江丸直営店のおかみさんから紹介してもらったお店に向かう道すがら、たとえ少し値段が高くて、人が並んでいたとしても、どうせ他も混んでいることだしそのお店にしよう!と決め漁港から少し離れたその場所に向かったのです。

やはり予想通り混んでいるようで、外には30人ぐらいはいたでしょうか。
大袈裟ですが、覚悟を決めお店に入り予約表に名前を記入したのですが、なんと気が遠くなるような数字、36番目でした!

とにもかくにも、もうしょうがありません。どのくらい待つのか、恐る恐るお店の人に聞くと90分ぐらいはかかるかもしれませんとのこと、奥さんにその旨伝え二人とも黙ってしまいました。

まさかこんなに待つことになるなんて、全く思ってもいませんでしたから、改めて自分たちの愚かさ、甘い考えに愕然として外の壁にもたれ、とりあえずお店のそばの喫煙所で一服しました。

お店の前は車が6台ぐらいは優に入りそうな広さのですが、外で待っている人たちはその駐車場を囲むように、壁に沿って座ったり立ったりと、半ば諦め顔でそれぞれの番が来るのを待っています。

良く見ると六人の男女連れは待ちくたびれたのか、座り込んでなんと既にビールを呑んで宴会モードですし、灰皿のそばの店に入る階段で座って待っている二人組の女性たちもお菓子を食べています。この人たちもかなり前から待っていているようですが、折角美味しいもの食べられるのに、と思って眺めていました。

子供連れの家族の子供たちも時間がたつにつれて「おなかすいた、まだあ」と言い始めたのが、1時間ぐらいたった時だと思います。既に午後1時30分ぐらいになっていました。風も出てきたようで、肌寒く、子供たちは走ったり、ケンケンパアなどをし始めました。

これまでの人生で食事をするのにこんなに待ったことは、ありません。
普段は15分も待ったことがないのです。

それでもここまで来たら待つしかありません。
時間つぶしに煙草を何本か吸い、空を飛ぶトンビを眺めていました。
よく考えるとあの「ピーヒョロロ」という生のトンビの鳴き声を聴いたのは初めてかもしれないなどと思いながら待っていました。

もうそろそろかなと思い、トイレを借りにお店に入って順番を見たらあと5組もいるのがわかり、がっくりでした。

それでも、私たちより後に来た人たちも8組はいたと思いますから、みな我慢です。そうこうしている間に、お店の人が受付終了の紙をドアに張りに来たのですが、そのあとからも7,8組はやってきたと思います。みんな、そろそろ空くのではないかとやってきたのでしょう。残念そうに引き上げていきました。

やっと店の人から名前を呼ばれたのは、午後2時半近くで、なんと2時間以上待ったことになります。

体も冷えきっていましたから、まずは熱燗、そしていよいよお待ちかねの生ジラスやマグロなど注文しようとお店の人を呼んだのです。

が、しかし!なにぃ!!

なんと生ジラスがないのです!!!

そのためにわざわざ三崎漁港まで来たのに!生ジラスがありませんと!!

オオ マイ ガッ!なぷんぷん

IMG_0096.JPG


よっぽど日頃の行いが悪いのか!!!

そのあとから私は不機嫌だったようで、奥さんが後で怒っていました。
しかし、ないものはしょうがないので、サザエのつぼ焼きやらマグロ、光り物など寿司を食べました。


ただ、地元の人が勧めるだけあって味はとてもよかったのが、救いでした。特に春先のマグロは中トロより赤身がうまいと知りました。

やっと一息ついた時、ふと私たちの後から入ってきたお客さんたちを見ると、注文の時何やらチッケットを出しているのです。なんと駅のバス停で並んでいたときOL達が持っていたパンフレットなのです。話を聞いていると三崎口のマグロ丼がついた周遊チケットのようで、店内のお客はみなそのチケットで食事をしているのです。

後で聞いたのですが、キャンペーンで三崎港界隈の多くの食事処で食べられる食券みたいなもののようでした。ただし、混んでいるときは40分以内で食べなければいけないとのことで、やはり私たち酒呑みには無縁のものでした。

まあ時間も気にせず、ゆっくり寿司と日本酒を堪能し、店を出たのが4時頃でした。

先ほどの漁船の君江丸の直売所によって、せめて生ジラスを買い求めてと思ったのですが、こちらもすでに売り切れということで、結局生ジラスの沖付けを買い求め、バス停に向かいました。

帰りのバスは10分ほど並んで乗れたのですが、渋滞で、結局20分ほどのはずが、1時間20分も立ちっぱなしで、やっと三崎口駅に着いたときは日本酒が回ってきて足がもたついておりました。

結局家に戻ったのは夜の8時頃で、写真一枚も取らず、ただただ生ジラスを求めて一日かけてわざわざ三浦半島の先端まで行ったのですが、目的の生ジラスも食べれない、そして待ち時間と立ちっぱなしの長〜い、くたびれた一日でした。

唯一の救いは、翌日買ってきた生ジラスの沖付けが炊き立てのご飯にとっても合い、おいしかったことです。

三浦半島沿いの車窓に見えた青葉は美味しそうな春キャベツ畑

三崎の海で鳴いていたのは山ホトトギスならぬトンビ

そして今回の旅の目的であった、初鰹ならぬ初ジラスは食する事はかないませんでした!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 10:46| Comment(0) | 電車な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

続「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めて三崎漁港に行ったけれど・・・

続「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めて三崎漁港に行ったけれど・・・

見るとOLたちはおしゃべりに夢中で、またその前の家族は子供たちをなだめるのにそれぞれ忙しく、ババア達の割り込みには全く気づいていないようでした。

少し観察していたのですが、いかにもバス停はどこだろう、という風なそぶりで少しづつ列に近づいて来て、何食わぬ顔で並んでしまったのです。

私達だけでなく、多くの人たちが長蛇の列にがっかりしながらも、列の最後尾まで移動している様子を見たり、並んで4,50分も立ちかなり疲れていたのも手伝って、そのババアたちに

「割り込みはいけないでしょ!後ろにみんな並んでいるのだから」

と声をかけました。しかし、白々しくも「えっどうして、なんでしょ」みたいにすっとぼけるのです。

周りの人も一斉にこちらを見て、何が起きたの?みたいな感じで、前にいたOL達も加勢してくれればいいのに、われ関せずといいますか、黙っているだけなのです。

「後ろから並んでいた!?」
とそのババアたちに言ったら

「むにゃ・・流れの中で入ってむにゃむにゃ」と少しオロオロした風になったところで、奥さんが私の手をひっぱて「もういいよ止めて」といったもんだから、それきりになってしまいました。

ひとりのババアは杖を持っていたようで、奥さんが後で言うには、なんか、私がいじめているような、そんな風にも見えたので止めるたのよ、でも二人が割り込んできたのは知っていたわと。

私だって、本当に足の悪い年配がそんなに混んでない中で並ぼうとしたら、そして自分たちが一番後ろで並んでいたら、どうぞ前に、というぐらいの親切心は持っていると思うのですがね。

せっかくの休日不快な思いをしてまで、そのババアたちに注意しても埒が明かないとは思いましたが、いい年した大人がズルをするのを見ると、こんな風なババアが安倍でんでんを支持しているのだろうな、なぞと思ったりしてしまいました。

バスに乗り込んで、2,30分後に目的地の三崎漁港についたのですが、予定していた時間を過ぎて、12時を少し回っていました。

バス停の目の前はすぐ海で、ちょうど逆三角形の頂点のような入り江に漁船が並んでいました。湾の左手の先に城ヶ島があるようで、そこに向かっていく遊覧船に乗る人たちもいたようです。

すでにお昼時なので、市場の方に町が開けていて、その方角に他の人たちの後に続いて歩いていきましたが、すでに食事処はどこも外まで並んでいる状態でした。

さて、どうしたものか。

マグロ目当ての人がほとんどだと思いますが、我々のメインは生ジラスでそのほかおいしいマグロや刺身を肴に地元のお酒などをゆっくり味わうのが目的でした。

ですから食事処の外に出ているメニューを覘きながらぶらぶらしていたのですが、ここといったお店がなく、良さそうな店は、すでに2,30人は並んでいてハタと困ってしまいました。

そこで奥のほうを見ると、シラス専門という旗がなびいているではありませんか!やったと思いそちらのほうに行きますと、ちょうど市場に行く道の角に漁師さんの君江丸直営のお店と、あり、外ではマグロやサザエなんかを焼きながら食べられるテーブルもありました。

お店の中に入るとお目当ての生ジラスがあったのです!

やった!と喜ぶぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


お店の人に外のテーブルで食べられますか?と聞くと大丈夫ですよとのこと。お酒も飲めます?と聞くとそれはないとのこと。残念!

ゆっくり食べ呑みしたいので、どうしようか悩んだ末、どこかおすすめの食事処ないですか?と聞きますと、道を一本違えて100メートルほど行くと、少し高いけどいい寿司と和食のお店がありますよ、と親切に教えてくれたので、帰りにお土産で生ジラスを買いに来ますからとお礼の声を掛け、教えてもらったお店に急ぎました。

しかし苦難はまだまだ続くのです!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 20:06| Comment(0) | 電車な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めて三崎漁港に行ったけれど・・・

「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めて三崎漁港に行ったけれど・・・

昨日は「目に青葉 山不如帰 初鰹」 ならぬ初ジラスを求めてマグロが有名ですが、三浦半島先端の三崎漁港目指して、夫婦で出かけました。

天気も良く、正に観光日和、久々の休みで二人ともいつもと同じくらいに朝起きて、三崎漁港に生ジラスを求めて出かけました。

実は1週間前に本当は秋田の角館の武家屋敷を訪ねてそのあと遠野でも足を延ばそうかなどと話し合っていたので、依然仕事で数年暮らしたことがある甥におすすめの温泉宿をいくつか教えてもらい、予約しようとしたのですが、考えが甘く、推薦してもらった宿はすべて満室でした。

よく考えれば当たり前なのですね。さすがゴールデンウィークどこもすでに良い宿は予約で一杯なのです。
やはりスケジュールが直前まで決められない仕事をする人間は、定年後でなければ事前にいい宿を予約して行く旅行はなかなか難しいのだと改めて実感しました。

小田急最寄りの駅から登戸でJR南北線に乗り換えて京急川崎駅から快速で三崎口駅まで行き、そこからバスで三崎漁港にたどり着く、約2時間半の小旅行の予定でした。

南武線はめったに利用する機会はないのですが、聞くと戦時中は重要物資の石灰石を輸送していて、また沿線には軍事施設や重要工場が存在するなど軍事上重要な路線だったということです。

普段新横浜で新幹線を利用するときは小田急町田駅から横浜線経由で行きますので、南武線はあまりなじみがなく、座ることもできなかったので、車窓から景色をずっと眺めていました。

車窓には住宅や学校を始め、多くの有名なメーカーさんの工場や建物が立ち並ぶ中、一方では工場跡地に大きなマンションが建ち始め、若い人には横浜にも東京にも便がいいと人気の住宅街になっているようです。

車内には子供連れの家族や恋人同士の若い人など、やはり連休ということでにぎわっていました。

20分ほどでJR川崎駅に着き、南北線を降りて京急川崎駅に向かおうと歩いていたのですが、ずいぶん昔に降り立ったことがあった川崎駅も随分と様変わりしてしまい、右も左も全く分からず、うろうろしてしまいました。

しかもあまり案内が目に付かず、迷いながらやっと京急川崎駅に到着し、当初予定の快速より一本後の三崎口行きの快速電車に乗り込みました。

思ったより混雑していて、満員で私たち夫婦は座ることができませんでした。
まあ、でも途中で降りる人もいるだろうし、まさかみんな三崎口まで行くのじゃないだろうしと、思っていたのです。

しかし、後でわかるのですが、甘かったです。

甘いね君たち!とぷんぷん

IMG_0033.JPG


横浜を過ぎるころから聞きなれない駅名などが出てきて、もう何十年も東京にいるのに知らない駅が多いものだと思っているうちに、金沢文庫と聞いた駅名が出てきはじめたのですが、ほんの少しすいただけで相変わらずほぼ満員の状態なのです。

まさかこのまま最終の三崎口駅まで立ったままなのか?と少しがっかりしたのですが、次の金沢百景でやっと座ることができました。それでもおおよそ40分近く立っていたことになります。

体を壊して車を手放してから10年近くなりますが、それまでもその頃も宿泊を予約して、ゆっくり旅行に行くなどは無理だったので、車で行きあたりばったりの旅行でした。

泊る所は現地で空いているところに潜り込むという無計画な旅行が多かったのですが、車だったのでまあ、それなりに渋滞に巻き込まれるなどはありましたが、やはり今回の電車のように立って観光地に行くということはありませんでした。

とりあえず、何とか京急三崎口駅まで着き、改札を出ると人の波!駅前のバス停はどこに並べばいいのか全くわからないぐらい人、人、人だかりなのです!

ここへきて初めてやっぱり連休の観光地はすごい人出で、予定で考えていたことの甘さがはっきりしました。

やっと三崎港行きバスに並ぶ最終列にバスの係りの人がいるところがわかったのですが、先頭までおおよそ300メートルぐらいは並んでいたと思います。1列2,3人は並んでいたのでおおよそ600人以上はいたと思います。

案内の人に聞くと約1時間待ちとのことで、唖然として、思わず奥さんと顔を見合わせ、タクシー乗り場を見たのですが、タクシーの数も少なく、30人は並んでいました。

結局そのまま並ぶことにしたのですが、私たちの前にいたOL風の3人組がどうにかしてほかの方法でいけないか、パンフレットのようなものを熱心に見ながら話していたです。

周りの人も同じパンフレットをもっていたので、先ほど通り過ぎた駅の並びにあった観光案内所にでもあるのかと思い、その場所近くに進んだら探しに行ってみようと、列が進むのを待っていました。

2,30分ほど過ぎたあたりで、やっとバス停まで半分ほどのところ迄進みそこに観光案内所があったので、奥さんを残して中に入りパンフレットを探したのですが、見当たらず結局手にすることはできませんでした。列に戻ると前のOLたちはいまだにそのパンフレットやスマホを駆使して調べているようなのです。

そうこうしている間にやっと列が駅改札前まで進みあとバス2台ぐらいあとで乗れそうなところに来た時です。到着した電車から降りた乗客の人波が駅から吐き出されてきました。出てきた人たちは皆「すごい人!」「三崎港行きのバス停はどこ?」と口々に声を出しながら改札付近のバス停前はごった返していました。

行先ごとに3つしかバス停はないのですが人混みで並ぶ場所がわからず、人影で見えなくなったバス停を探しまわる人たちのほとんどは三崎港が目的のようで、長く続く行列の最後尾がずっと後ろだと気づくと、みな一様にがっかりして並ぶところへ急ぎ足で向かい始めるのでした。

その頃はすでに国道沿いまで行列が出来ていて、たぶん1時間30分以上は待たなくてはならない状況のようでした。

そんな時です。私たちの前にはOLの三人衆、その前は子供連れの4人家族だったのですが、先ほどの改札近くを過ぎたころ、

60過ぎの二人連れのババアが何食わぬ顔で、前の4人家族とOL達の間に割り込んでいるではありませんか!!!

このババア!たちへの怒りだけでなく、OLたちが持っていたパンフレットの意外な正体など、まだまだ生ジラスは遠いのです!

続く!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:33| Comment(0) | 電車な人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする