2018年06月25日

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!


昨夜は久しぶりに夜更かしをしてサッカーワールドカップ日本対セネガル戦を最後まで見ました。残念ながら勝つことはできませんでしたが、見ごたえのある面白いゲームで、引き分けの勝ち点1を獲得しました。

日本が負けずに決勝リーグに出られる可能性が高いので、余裕があるからかもしれませんが、相手チームもあまり南米チームのような汚いプレーがなく、互いに持ち味を出したナイスゲームだったと感じました。

一部キャプテンの長谷部選手やでフェンス人が肘鉄などを食らっているようにみえ荒っぽいプレーもあったようですが、日本チームは始終冷静かつ非常にハードプレイをしていて、勝ってもおかしくないゲームでした。

ワールドカップ前は直前に監督交代があり、数ゲームの強化試合は最終のパラグアイ戦までボロボロだったようで、前評判は惨敗が予想されていました。

監督が代わって多少の選出選手に違いはあったようですが、ここまで劇的にチームが変わるとはだれも想像していなかったようで、私も期待をせず夜更かししない程度に見ようと思っていました。

しかし、相手選手の一発退場で一人多いとはいえ、前回のブラジル大会でぼろ負けしたコロンビアに勝ったゲームを見て前評判とは違う、昔の勝負に対してもろい頃とは違う、いい意味で開き直ったといいますか、勝ち切る強さを感じさせました。

まあ、女子はすでにワールドカップで優勝しており、男子サッカーの頑張りが期待されながらなかなか実績が伴わず、もやもやさせられていましたが、今回はどうも様子が違います。

シロートからは戦術などはわかりかねますが、やはり西野監督のリーダーシップが優れているから今のような結果が伴ってきていることは想像できます。

テレビでの選手のインタビューなどで垣間見えるのは、やはりチームとしての目的と戦う上での責任ある行動力を監督が求め、皆が納得して共有しているのだろうな、と感じました。

また、記者会見で外国記者からセネガル戦への調整に関して問われたとき
「乾と大島の身長5cm体重5sアップに失敗したけど・・・」というジョークがネットでも話題になっていましたが、なかなかジョークもセンスのある監督さんです。

リーダーとは状況を変えられる人だねとプンプン

OWNER-PC - IMG_0167.JPG


次戦もこのままベストを尽くして決勝リーグに駆け上がってもらいたいと思います。

一方我が国の政治です。

国会を延長し、安倍でんでん悪徳・犯罪一味にとって重要な法案を通過させるためのようですが、どうも安倍はやめるつもりなどなく、森友・加計事件ももう済んだことにしようとしています。

どさくさにまみれメディアの都合も考えず当日の午前中に告知し、午後いきなり記者会見を行ってしまう加計汚さ、強引さ、ただ会見をやったというエビデンス作りのためだけに開いた相変わらず安倍一味のトンデモ記者会見でした。

こんな醜く、汚い連中がこの国を治めていることにどうして国民は平気なのでしょうか?

いえそんなはずは決してないと断言できます。この国の政治制度に問題があると思います。

サッカーのように常に結果が求められ、昨夜のゴールキーパーの川島選手などはたとえ実績があっても、たぶん今はできたら逃げだしたいほどの後悔と屈辱を感じながらも次戦に向けて努力しているはずです。

それがプロです。

それほど厳しいスポーツ選手に比べ何度もレッドカードを出されても汚い、しかも惨い政治運営をやって国民を不幸のどん底に落としている安倍でんでん悪徳・犯罪一味と与党議員たちの首を挿げ替えなければこの国の未来はありません。

いつまでも党離党略、省益優先のこの国の形を変えるには今の政治制度では、いつまでたっても無理です。

元文部省の事務次官だった前川氏のようなリーダーが生まれるためには、やはり国民が直接選べる大統領制が必要なのかもしれないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:20| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ビジネスマン大統領のトランプ爺さんの野望と正義とは一体?

ビジネスマン大統領のトランプ爺さんの野望と正義とは一体?


ビジネスマンとして不動産業だけでなくゴルフ場やカジノなど手広く事業を成功させてきたトランプじいさんですが、これまで何度も倒産しながらも這い上がってきたことはとても有名です。

また、リアリティショウのテレビ番組ではトランプ企業の役員の椅子を懸けて番組参加者が競う中、「お前はクビだ(You're fired)」との決め台詞で多くのファンがいたこともよく知られています。

確かにウィキなどで調べると出たがりのきわめて俗人的で成り上がり志向が旺盛で、しかも力強い雄のようで、元夫人が二人もおり女性のうわさが絶えないようです。

また、ずいぶんと個性的な髪形は一時カツラ疑惑で話題になりました。ゴルフ好きと聞きますが決してフォームは奇麗ではありませんがまあやはり個性的なことだけははっきりしています。

しかし米国史上初の政治家や軍人の経験がない、しかも歴代最高年齢でアメリカ合衆国の大統領になった稀有な人物です。

共和党のタカ派からは今でも攻撃され、常に既得権益側の意を受けた大手メディアからスキャンダルやねつ造ネタ含め批判され続けています。

そのため既存メディアをフェイクニュースと罵倒し、記者会見よりも自らツイッターを駆使して発信するというこれまでには考えられなかった大統領でもあります。

先日の北朝鮮のカリアゲ君との史上初の米朝首脳会談はノーベル賞狙いのパフォーマンスだとも批判されています。

まあアメリカ人に謙虚さを求めること自体ナンセンスだね!とぷんぷん

IMG_0104.JPG


暗殺されたケネディ大統領は既得権益権力サイドにとって自分たちの利権、特にドルの発行権を奪うかもしれないとか、CIAの利権である麻薬、偽札ルートを暴かれ解散させられるかもしれないと何かとその筋には邪魔な大統領なので暗殺されたのだと喧伝されてきました。

私はトランプ大統領も既得権益を死守する軍産・金融ビジネスの連中からにらまれており、ケネディ大統領の暗殺のあと大統領に就任したジョンソン副大統領と同じくその筋の子分ペンスが副大統領なのですから、同様の事態がいつ起きてもおかしくないと思っています。

しかしメディアでは攻撃されていますが、いまだ決定的な危険がトランプ大統領に差し迫っている風には見えないのはいったいなぜなのでしょう?と思ってしまいます。

確かに安全保障という名のフェイクを理由にあのオバマ元大統領でさえその筋の言いなりに最終的にはなってしまいましたが。。。
もしかするとトランプ大統領はビジネスマンとして損得が優先するという非常にシンプルな動機でアメリカ奥の院たちを説得しようとしているのかもしれないと今回の米朝首脳会談での発言を聞いて思ってしまいました。

戦争をコストがかかりすぎる「戦争ゲーム」と言い放ちましたからね。

「これまでは戦争ビジネスが一番儲かったし、傀儡政権を各国に作りそのトップに安倍でんでんのような無能のYESマンを置けばやりたい放題で儲かったかもしれない。

しかし今はもうそのビジネスモデルは流行らないし、儲からない。核兵器が使えない武器である限り、通常戦争はこれまでのような収益を生まず実は割に合わないのだ。

いつまでもあんたらアメリカ奥の院など一部の権益を重視していては、日本や中国そしてインドなどが得するだけでアメリカは疲弊ばかりなのが分からないのか?

それより儲かるビジネスモデルを構築できるようにすべきで、それまではアメリカ国民の多くが元気になるように、まずはアメリカンファーストを徹底するのだ!」

というようなことを考え、実行しその筋に対して説得しているのかもしれません。

でもなぜG7でも嫌がられ、国内でも散々たたかれ、いまだ政権のスタッフもままならない中で、しかも命の危険を冒してまでトランプ爺さんは大統領の座にいるのでしょう?

決して旧支配層と単に敵対して英雄を気取っているとは思えません。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:29| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

権力批判の限界! ペンは剣より弱い?

権力批判の限界! ペンは剣より弱い?


継続は力、を信じたいのですが、最近自信が揺らいでいます。

大手メディアは相変わらず安倍政権に対して本来のジャーナリズムを発揮せず、むしろ国民をだますことに精を出し続けています。

もちろん検察もしかり。

森友学園への国有地の不法売却、それを積極的に手助けした安倍の妻の関与と関係があったら総理も議員もやめると馬鹿な旦那が口走ったばかりに、忖度厄人が公文書を偽造したり、証拠隠滅を図ったり、隠ぺいしたりとできる不正の限りを尽くした、罪務省や国交省の関係者を起訴しませんでした。

本来であれば、これこそジャーナリズムが積極的に取り上げ、検察批判を繰り広げ世論を喚起する。そして世論に検察が恐れおののき、負け惜しみのへ理屈をつけても再度起訴に向けて重い腰を上げざるを得ない状況にするのが唯一の仕事のはずです。

今では和歌山の不審死した金持ちの話題やワールドカップに多くの時間が割かれて、モリ・カケ事件はもう終わったかのような雰囲気です。もちろん一部の週刊誌や日刊ゲンダイなどや朝日新聞、東京新聞などが追及していますが、影響力の大きいテレビが全く取り上げず世論としては今一つ盛り上がりを欠いているのが現状です。

あのでっち上げで小沢氏を検挙し、最終的には全くの無罪であったにもかかわらず、彼の政治家としての名誉も評判もメディアスクラムで滅茶苦茶に貶めました。
自民党政権にとって、小沢氏を有罪にすることは鼻から難しいことはわかっていたはずです。
しかし、検察とメディアが強力なタッグを組みさえすれば、なかったこともあったことに世論を誘導できる典型的な事例なのです。

目的は、でっち上げであろうが小沢氏を悪者のように多くの仲間のメディアに報道させるだけで十分だったのです。

つくづくメディアの罪は重いね!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


そんな中、巨悪への針の一刺しとの思いで多くの優れたブロガーが今でも頑張って政権批判をしています。私もそんな人たちの端くれとしてかなり批判をしてきました。

一方ネットで指摘されている今の経産省のセコイ大臣が副官房長官のころに組織化した、雇われブロガーがしきりに安倍を擁護するブログや我々のような政権批判のブログを攻撃しています。
私のこのブログにさえ批判のコメントが何度か送られてきました。

私のブログを応援してくれる方もおられ、勇気をもらうのですが、課題は政治やマスコミに関心のある人しか見てもらえないということです。

本当は政治やジャーナリズムに関心のない人や多少はあるけど生活に追われこのような問題に首を突っ込む時間や余裕のない人たちにぜひ読んでもらいたいと思うのです。

著名人ならいざ知らず私を含めほとんどが無名のブロガーにとって、本当はこのような人たちの一助になり、今この国で何が起こっており、NHK含めた大手メディアの情報を鵜呑みにせず一度立ち止まって考えてもらえたら、との思いで書いている人がほとんどだと思うのです。

しかしこのような人たちへのアプローチ方法はなかなか思いつかず、どうやったらいいのか日々悩んでいるのですが、ついそんな状況に自分の無力を感じ、心が折れて頓死しそうな気持になってしまいます。
なにかいい方法がないものでしょうかねえ。。。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 22:11| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする