2017年12月11日

国民の敵となった安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体とは?2

国民の敵となった安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体とは?2


日本にそして日本人に恨みを持つ人間とはどんな人たちが考えられるのでしょうか?

親、兄弟、そして妻や子供の命を理不尽な形で奪われた過去のある人たちが、愛する人の死を悲しむだけでなく、加害者に対して恨み、仕返し、復讐を考えたくなる、ということは想像に難くありません。

昔の武家の場合は個人的な恨みだけでなく、当時の身分制度に基づいたお家断絶や武士の面目、対面を保つというような考えかたから、赤穂浪士の討ち入りのような大掛かりな仇討ちがありました。

しかし民主主義の現代において仕返しとして、殺人で仇をとることなどほとんどないと思います。
ただ、被害者の傷はいえることはなく、また往々にして最近ではマスコミによる加害者よりも被害者のプライバシーが侵される、というひどい状況にあるのが大きな問題になっています。

伊藤詩織さんに対する殺人に等しい安倍友のレイプインチキジャーナリスト山口何某はもちろん、その逮捕を直前にストップした、元警察官僚中村何某なども加害者として本来裁かれるべき人間モドキです。

話がずれました。

つい先日、歴代横綱の名前を刻んだ横綱力士碑があり、横綱を呼んで土俵入りなどで著名な富岡八幡宮での猟奇的に見える殺人事件がありました。宮司にあるまじき生活態度により父親から解任された弟がその職を継いだ姉を恨み、しかも日本刀で殺害し、また一緒に犯行に及んだ妻も殺害後、自殺したというものです。

ざっとしか記事を読んでいませんので詳しいことはわかりませんが、長い間宮司の跡目争いによる骨肉の争いが続いていたということですが、そのまま鵜呑みにできない気がしてしまいました。

父親からある種自分が招いた宮司にあるまじき素行がもとで、いくら地位や財産を奪われたといっても、亡き父に代わって宮司を務める姉を殺害するなど狂気の沙汰です。

しかもよりによって日本刀で殺害するなどというのは常軌を逸しているとしか思えません。

まるで八つ墓村のようにオドロオドロしくて怖い!とぷんぷん

IMG_0096.JPG



もちろん精神的に病んでいたのかもしれませんが、最後は妻も殺し自殺したというのですが、妻は計画を止めることはできなかったのでしょうか?それとも妻までも精神的に病んでいたのでしょうか?

ところで安倍でんでん悪徳・犯罪一味を支える団体に全国の神社をまとめる神社本庁という、誠に国の行政機関と間違えるような名前の民間団体があります。

全国の約8万の神社を束ねている団体で、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の進める軍国的な政治を支援する日本会議とも協力関係にある、と言われる神道団体です。

ここのところ不可解な土地取引や強権的な地方の大手神社への人事介入などんも問題が表面化して注目されています。特に今回宮司の殺人事件で耳目を集めている富岡八幡宮の離脱問題は今年この世界では大きな話題になっておりました。
また、八幡宮の総本宮である大分の宇佐神宮とも全面的に争う状況になるなど、いろいろ問題を抱えているように見えます。

神社本庁の思想は戦前回帰にあるといわれ、安倍でんでんを支える団体、日本会議よりも先鋭的とも言われています。

今回、富岡八幡宮の殺害された姉が、宮司になるための手続きを神社本庁に数度具申していたにもかかわらず、回答がなかった為、神社本庁を脱退し独自に宮司になる手続きをとったと報道されています。一方脱退したことによって、犯人の弟は永久に宮司に戻れる道が立たれたことが、犯行の大きな動機だとも記事に書かれていました。

今回のブログのテーマとしては少し話がずれるかもしれませんが、私にはメディアが報道する今回の富岡八幡宮の猟奇的な殺人事件は、単に肉親の骨肉の争いだけではないような気がしてなりません。

何やら強権的に全国の有力神社を支配下に置こうとする神社本庁の姿勢と安倍でんでん悪徳・犯罪一味の進める警察国家観とが重なって見えてしまうのです。

まるで「逆らうとこうなるぞ!」という見せしめのような、とてもいやな感じがしてしまうのですが、単なる妄想に過ぎないのでしょう。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:31| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

国民の敵となった安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体とは!

国民の敵となった安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体とは!


単なる悪徳・犯罪一味ではなく、ここ一連の日本を貶め、破壊しようしているようにしか見えない数々の所業を考えますと、単なる悪徳・犯罪一味の枠を超えているように思えます。

ここに至っては、まことに国家の敵、国民の敵としてみるのが正しいと思うようになりました。

アメリカ奥の院の脅しにおびえながらも、言われたとおりに戦後最悪の首相として法の改悪に邁進している様は、ほかの理由、つまり単なる権力欲だけではない、何かもっと強い動機、例えば日本自体を憎んでいるように思えてなりません。

また、日本の国富を平気でアメリカ奥の院に差し出し続ける竹中平蔵なども、心の底から日本が不幸になることに喜んで手を貸しているようにしか見えないのです。

とうぜん安倍でんでん悪徳・犯罪一味の中には、様々な思惑の違う連中が存在しているのだと思います。

単に出世や金だけで一味の一端を担っている人間もいるでしょう。

また逆らうことができない弱みを握られている人間もいるのでしょう。

しかしアメリカ奥の院が背後にいて逆らえないとはいえ、場合によってはむしろ積極的に自ら進んで日本の将来を滅茶苦茶にする意図を持っている、としか見えないのは、何かもっと他の理由があるような気がしてなりません。

一体どんな動機が考えられ、またその正体はなんなのでしょうか?

もちろん性悪の子供より数段まぬけな行状が最近ばれ始め、国会答弁などで何度も自分で自分が馬鹿であることを証明し、誰が見てもリーダーとしての資質のかけらもない、人間モドキの安倍晋三が総理大臣でいる、という事態を理解できないでいる、私の単なる妄想にすぎなのかもしれません。

な〜んだ妄想か!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


しかし自分の野望や欲だけでこのようなできそこないの人間が日本のトップに上り詰めることはやはり難しいと思います。

口では「美しい日本」といいながら、やっていることは真反対であるのは歴然としています。
しかも権力欲だけでなく、日本という国に憎しみを持ち、その仕返しを独裁者として行政も立法も司法も抑え込んで行っているとしか見えない時があります。

あくまで仮説にすぎませんが、やはりそのような人間モドキが首相にまで上り詰め、ここまで強権的になるには、それなりの理由と背景、そして多くの同様の動機をもつ仲間、支持者がいて可能なはずです。

究極の元締めは、戦後の日本を戦利品としか見ないアメリカ奥の院であり、彼かのバックアップがあるから可能だと、ということはすでに何度も書いてきました。

しかし、曲がりなりにも選挙で何度も当選しなければ政治家にも総理大臣にもなれません。

彼を政治家にしてきた、山口県民もその多くはメディアが協力して創り上げてきた虚像と彼の代々続く政治家という出自などを理由に自分たちの代表として、また地元への利益誘導など含めて政治家にしてきたのも事実だとは思いますが、それ以外にも何か違う理由がありそうです。
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:33| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

世界で進行中の邪魔者・国は消せ!最終(とりあえず)

世界で進行中の邪魔者・国は消せ!最終(とりあえず)


前回の福島原発の悲劇について書いたブログを読んだ知人から、アメリカ奥の院の目的はもう一つあると指摘を受けました。

日本に対する原爆使用は、日本を降伏させ軍国政権による罪もない日本国民を救うためだと、未だに創作したストーリーでしらばっくれて来たアメリカ奥の院です。

しかし裏ミッション、つまり本音は広島、長崎で核兵器の威力や人体などへの影響を調べる実験も兼ねていたことがばれないように読売新聞はじめ手下たちによって都合の悪いことは知らせないように画策してきたのです。

当時ポダムというCIAのコード名を持つ読売新聞社主、正力松太郎もその手下で、今日の福島の悲劇を起こすことになる原子力推進も、自分がメディアを支配し首相になるため画策していた私欲の一つだったいわれています。

しかし自分が日本人の立場ならば、原爆で廃墟にされたことは絶対に許さないと考えるアメリカ奥の院たちは、日本人も同様に考えると信じ、いつか仕返しをされると考え、決して日本を信用していないわけです。

ですからの現在に至るまで未だに日本からの仕返しを警戒していて、日本の再軍備、核兵器につながるいかなる技術開発、施策も絶対許さないのです。

つまり石原慎太郎などの核武装推進議員達がもんじゅ再稼働を推進しようとしていることへの警告として、福島への核による大震災を起こしたと思っていました。

しかし理由はそれだけでなく、アメリカWTCビルの911でも使用されたとされている新型の小型核兵器の実験もかねていた可能性が高いと指摘してくれたのです。

事実であれば二度も日本を地獄の実験台にしたのです。

ゲッ!ウソッ!!ホント!!!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


たしかに、事故が多発する未完成のヘリ、オスプレイも自国での実験がやりづらくなり、世論も厳しいので、属国の日本に金も出させ、しかも犠牲がたとえ出ても安倍でんでん悪徳・犯罪一味のバックアップで、自由に技術・安全性の実験、確認ができる日本で好きにやっています。

また、最近では先日の総選挙の時、誠にタイミング良く投票日にかけて投票率を下げさせるには最高の天候、季節外れにも関わらず、台風がやってきました。

このことも単なる自然現象による偶然の台風ではないのではないか、という意見がネットでは指摘されています。

アメリカ奥の院の兵器開発は核兵器が実質戦争に使えない中、自分たちの存在を巧妙に隠しながら敵国への攻撃やテロを実施することが可能な気象兵器の開発を進すめているようです。

以前このブログで世界的に有名な物理学者であり、フューチャリストの日系アメリカ人ミチオ・カクさんの著作「2100年の科学ライフ」ついて2度ほど紹介しました。
➡  2100年の科学ライフ

博士の本を読んだ後に、たまたまネットで見つけたTOCANAというブログで紹介されていたのですが、博士が出演していた米3大TVのひとつ「CBS」のニュース番組で「レーザー光線による気象操作」を説明している最中に、TVキャスターがあわてて発言の訂正をせまるという記事でした。

この記事で私が特に注目した箇所は、

『「レーザーによる気象操作は可能か」と聞かれると、「もちろんです。科学者は人工的な気象操作をずっと研究してきた」と暴露したのです。

納得がいかないキャスターが「本当に可能なのですか?」と問うと、カク博士は

「ベトナム戦争中でさえ、CIAはこの技術を使ってベトコン相手にモンスーンを引き起こしていましたよ。政府はずっと……」

慌てたキャスターは政府に言及しようとしたカク博士を制止、「……という疑いがあるということ、ですね?」』と訂正を求めたのです。

日本ではほとんど知られていないことを、世界的な科学者がさも当たり前のようにサラッと話していている様子に、CIAやアメリカ政府の実態を垣間見た思いでした。

科学の進歩は我々の想像を絶するほど進化していているようです。

ただし、その技術を平和目的で利用するのかそれとも世界を支配するために用いるのかで我々の生活風景、未来が変わります。

今回のタイトルのように、我々に隠れて支配している悪魔のような人間モドキが実際に存在している事実。

そして今なお表向きは世界の邪魔者に仕立て上げていますが実はマッチポンプのビジネスパートナー、例えば北朝鮮とかアフガニスタンとか、リサイクルできないほど利用したらポイ捨てすることを厭わない連中であること。

そしてわが日本にとって最悪なのは、ロシアも中国もフィリピンもそのような連中と懸命に決別しようとしているにも拘らず、安倍でんでん悪徳・犯罪一味は、忠実なポチ軍団として尻尾を振り続けている現実です。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 15:37| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする