2017年08月15日

戦争ビジネスを生業にしている悪徳連中がいる限り、原爆の実態や終戦、敗戦の悲惨さの特別番組をいくら放送しても何も変わらない

戦争ビジネスを生業にしている悪徳連中がいる限り、原爆の実態や終戦、敗戦の悲惨さの特別番組をいくら放送しても何も変わらない

安倍でんでん悪徳一味が今回の森友、加計学院の事件に深くかかわり、主犯であることは明らかで、いずれ逮捕されなければいけないことははっきりしています。

しかし、もっと国民に取って重要なのは、あくまでアメリカ奥の院の意向に沿って、自分は安全な場所で高みの見物を目論んで、下々の国民が貧しくなろうが、戦争で死のうがどうなってもよいと考え、とにかく日本が戦争出来る法律を制定するべく、この秋には憲法改正まで持って行こうとしている事を暴露し、そんな現政権を葬り去らねばいけないのです。

もしこのまま、戦争が出来る国にしたいのなら、安倍自身はもちろん、現政権にいる大臣達や自民党議員は、自分の子や孫含め、必ず前線に送るという覚悟と約束を示さなければなりません。

しかし実態は、自分達は安全なところにいて、国民の命を守る気概や勇気や知力があろうはずがありません。

まあ、昨日も書きましたように北のカリアゲ君もアメリカの傀儡ですし、危ない国家を演じて危機をただ煽っていることを安倍は知っているのだと思います。
でなければ、日本海の漁民の危機感をよそにのんびりゴルフに興じたり、網タイツKY女を防衛大臣にすることなどできないのは明白です。

国民を馬鹿にするな!とぷんぷん

IMG_0096.JPG


昔、子供の頃九州の田舎で夏休みに、帰省しお盆の時に親戚まわりをすると、必ず爺さん達から戦争中の話を聞かされたものです。

食べるものがなくなり、トカゲやヘビを食べた話がとても印象に残っています。

人間腹が減ると、腹を満たすものであればその対象や味は二の次で、兎に角何か口に入るものであれば、例え普通は食べるのが憚れる物でも御構い無しになるのだと思い、爺さん達と一緒に食事をしている時には、ものを口に運ぶ様子をじっと見ていた記憶があります。

例えシジミでも、1日でも飼えば愛着が生まれます。
そうしますと、シジミはもう食べ物ではなくなるのが普通の生活をしている人間です。

しかし、戦争という極限状態に置かれ、空腹が我慢できなくなると、きっと殆どの人間は生きる為の動物としての本能にスイッチが入り、口に入るものはなんでも食べるのだと思います。

そんな状況を生む戦争をビジネスとして捉え、儲けようとする連中が確実にいるのです。
表向きは優雅で、お金持ちで、しかもエリートのような顔をして世界中で威張っているのです。

戦争の犠牲者やその家族の想いや苦悩に対して、これっぽっちも悼む気持ちはないくせに、首相と言うだけで沖縄や原発ドームなどの戦没者に対して花を手向けるニュースを見るたび、吐き気がします。

私なら、「どの面さげてやって来た!帰れこの売国奴!!」と声を上げるに違いありません。

どう考えても、安倍という人間は非人間的で、やはり偽日本人だからこそ、日本国家に対して非道なことも平気なのだと、終戦記念日を迎え改めて怒りがこみ上げてきました。

戦没者の方々に合掌。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:44| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

ネトウヨも普通の日本人もメディア批判だけは共通!?

ネトウヨも普通の日本人もメディア批判だけは共通!?


事実が何処にあるのか?

事実が見えないから混乱してしまう、ですからそこを巧みに利用する勢力の存在を知り、騙されないメディアリテラシーを発揮しなければ、仕掛ける連中の罠からいつまでたっても逃れられません。

最大の問題点がここにある、と私は考えます。

かく言う私自身もいろいろな情報をもとに仮説でしかモノを言えませんから、だいぶ心もとないことは承知しています。

この状況の一番まずいことは、日本人の国論を二分し、混乱させることが出来るということです。

それぞれを反目、混乱させたいのが目的ですから、まんまと引っかかっている訳です。

アメリカ奥の院のポチである現政権が危機に陥ると、芸能人のスキャンダルや北のカリアゲ君のミサイル発射など、国民の目をそらせる事態が必ずと言っていいほど発生します。それと共に、とくに北朝鮮に関する危機云々は日本の国防の必要性をあおることに利用でき、武器の在庫処分をしたいアメリカ奥の院配下の軍需産業はもろ手を挙げて喜んでいます。

自分の都合のいい報道でないものは全て否定する、ある種単細胞的な反応は、アメリカ奥の院及び安倍でんでん悪徳・犯罪一味の思うツボなのです。

よくよく、俯瞰して見れば、先の読売新聞の元文部科学省の前川事務次官に対する捏造記事の意図や安倍の自分のカミさんを含めて深くかかわっていた森友学園や加戸学園事件の事実を無視することは、どうしても無理があり、ネトウヨの人たちもおかしいと気づいているはずです。

もちろん前川さんが何処まで清廉潔白であるかは知る由もありませんし、動機が何処にあるのかの真実もわかりません。

しかしきっと役人としてのギリギリの誠意が、面従腹背しかないとご自身で宣言されたのだと思います。

「表面だけは服従するように見せかけて、内心では反対すること」
これがせめてもの次官まで上り詰めたまともな役人のギリギリの選択だと思うのです。

とかくこの世は住みにくい、と看破した、夏目漱石よろしく、権力サイドに身を置き、盾突くかなければ99%の官僚と同じく悠々自適の生活が前川氏には待ってにも拘わらずです。

しかし聖人君子ではないかもしれないですが、現実的な生き様の中、人間としての矜持を持ち続けていらっしゃったことはよくわかりますし、限りなく自分の利益だけを追求する、安倍でんでん悪徳・犯罪一味とは決定的に違う、やはり人格者である事は疑う余地はないと思まれます。

さらには、国税局長官に栄転し、いまだ就任記者会見を開くことができない、佐川何某の面従服従厄人の悪徳作法とは雲泥の差、比較するまでもない、前川氏の人間としての器、品格の違いは明らかなはずです。

この点だけ見ても、ネトウヨの人達が安倍でんでん及び面従服従で自分だけおいしい思いをし、国民に役に立つという意味の役人ではなく、国民の疫病神でしかない高給厄人の佐川何某含を支持する、ということはネトウヨ自身決して納得しているはずはないと思います。

ネトウヨの人たちが真に国粋主義的な考えを持っているのなら、夫婦そろって森友学園の籠池夫婦に対するあまりにも非道な裏切り行為一つだけとっても、安倍でんでんを支持することは、NGである事は明らかです。

ネット工作員に騙されるな若者よ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


おらが安倍さまの身内可愛さ故、ネトウヨと呼ばれている人達自体、自家中毒に陥っていて、本当は気がついているにも関わらず、やり場のないと気持ちの整理がつかず暴走しているとしか思えません。

国防の必要性や、日本愛に関してはわたしも異論はなく、ネトウヨの人たちの右翼的な気分や考えを完全否定するつもりはありません。

ですから理不尽なアメリカ奥の院による日本支配や中国の軍事行為にはキッパリとNO!ですし、半島の2カ国によるしつこい日本への批判や狡さにはうんざりします。

しかし、国と国民の間には、越えるに越えられぬ、政治家を中心とした国家権力という各国共通の葛藤、闘争が存在しています。またメディアを通じての判断材料しかない現状では、メディアが事実を隠し、場合によっては権力サイドに都合のよいフェイクニュースがまことしやかに流されては、お手上げです。
そのため、現状認識する上で、これらを混同してしまい、誤解や理性が働きにくい状況が生まれてしまうのだと思います。

日本人でも悪い奴はいます。そして中国人や半島人でもいい奴はいるのです。きっと。

問題は物事を単純化し、一方向へ世論を誘導したい、権力者やそれに盲従、追随するメディアが未だ強力な力を持っていることです。

アメリカではネットのお陰で、かなりの人が、決してメディアは弱者の為に存在している訳ではないことや、むしろ権力サイドの意向に沿って国民を誘導、だましていることに気づき、メディアを信用しなくなりましたから、トランプ大統領が生まれました。

トランプ大統領がベストな選択ではない事はアメリカのネット社会でも知られていますが、クリキントン悪徳・犯罪一味の世界だけはもう結構だ!というアメリカ国民のネット世論の結果だと思うのです。

北のカリアゲ君とトランプの激しい罵り合い、今すぐにでもミサイルが日本上空を超えグアム周辺に飛来するかもしれないと喧伝されています。

アメリカの敵役を演じることにうんざりして、アメリカ奥の院に抵抗し、中国を頼ったせいで暗殺された親父を見て育って来たのがカリアゲ君です。

わたしのようなまたマッチポンプかと、思っている人間にとっても、ついにこらえきれずに戦前の日本軍部と同様に、北の軍部に押し切られ国民玉砕を覚悟し、暴発する可能性もあるのかも、と少し危機感を持ってしまいました。

アメリカの奥の院、ヨーロッパのお歴々が消えれば世界は平和になる!

そのためには、事実を報道するメディアの登場が待たれますが、まずはメディアリテラシーを発揮し、国を愛する国民同士がフェイクニュースで二分されないようにしなければいけない、とつくづく思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 12:57| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

看板倒れの都民ファースト!

看板倒れの都民ファースト!

メディアの前で話さない政治家なんか不要!というか政治家になる資格はない!!!
とまずは言いたい気分です。

情報公開を一丁目一番地と位置付けた小池新党の都民ファーストの会が、未だ所属都議員へのメディア取材を規制している、と言う話がテレビ番組でありましたが、もし本当なら看板倒れも甚だしいことです。

中学生棋士の藤井君や高校生のサニブラウン選手のほうがよっぽどシッカリインタビューに答えしているのにもかかわらず、選挙で選ばれたいい大人が、政治家としてメディアの前で意見を述べられないなんて、やはり何処か変です。

国政でも、大臣はじめベテランの議員達が失言だらけで批判されており、都民ファーストの会としても、初当選の議員が多数いますから、まあ口は災いの元ということでリスクヘッジとしてやっているのでしょうが、どうもねと、思ってしまいます。

第一、メディアにその看板に偽りあり、と報道されて党のイメージに打撃を受けてしまったわけですから、リスクヘッジになっておらず、逆にお寒い限りの逆効果そのもので、政党としての体をなしていない、未熟な党運営であることを露呈してしまいました。

私としては、以前も触れましたが、政党政治の限界を指摘してきましたから、やっぱりまたか、との思いがあります。

議員一人ひとりが国民の代表であるにも関わらず、党に縛られ、1年生議員は政治家として仕事をさせてもらえず、金魚のフン、その他大勢の役割に終始していると思いますから、都民ファーストの議員の中にもこんなはずではなかった、とがっかりしている人もいるはずです。

基本的に、国民や都民より党の利益を優先する法案や議会運営に対し、個人の政治家としての意見や判断を反映できない政党という仕組みは、議員を選んだ国民に取っても納得できないものです。

そうだそうだ!とぷんぷん

IMG_0104.JPG


政治家という仕事に必要な要素として、コミュニケーションを図る能力が一番重要だと思っています。

例えどんな立派な考えやアイディアを持っていたとしても、その事を目の前の人は勿論、メディアの向こうにいる不特定多数の都民や国民に知ってもらい、興味や共感を得ることが重要な仕事だと思うからです。

その議員のメディアでの発言を記事や番組など関節的にしか、我々国民や都民はその政治家の人となりや考え、心情などを知る術がないのです。

しかし、初当選の議員達は選挙では名前と政党名の連呼と人寄せパンダの小池都知事を選挙カーに乗せただけで当選できた人も多くいたはずです。

であれば尚更、キチンと人前で政治家としての信条や実現したい政策などを話す機会をできるだけたくさん提供するのが都民ファーストの会幹部の重要な役割なのではないのか、と思うわけです。

自民党議員の中でも時代の風のおかげで当選させてもらった、有象無象の議員の自覚も無い連中が紛れ込んでいて、単なる知名度だけで当選したタレント議員のスャンダルを横目で見て危機感を募らせた、都民ファーストの会幹部が手綱を引き締めている一面もあるのでしょうけどね。

確かにメディアも相も変わらず節度なく、視聴率が取れる、部数が伸ばせるネタは、大歓迎ですから、こちらも困ったものですがね。

は〜あ、出るはため息ばかりです。

政治家にはメディアを諭す気概が、そして国民にも政治家とメディアを育ててやるぐらいの余裕があれば、この国ももう少しまともになると思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 16:05| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする