2018年06月11日

米朝首脳会談 どんな芝居やフェイクニュースが流れるのだろう?

米朝首脳会談 どんな芝居やフェイクニュースが流れるのだろう?


世界中が注目する明日の米朝首脳会談ですが、何が話題になり、何が交渉の主要テーマでどこまで話がまとまるのか、それともどちらかが途中で席を立って決裂するのか?

表向きは北朝鮮の非核化、朝鮮半島の平和への道筋、そのためのカリアゲ君の体制・安全の保障と援助などがいわれています。

もちろんいきなりすべての課題解決への道筋が見えるはずはありません。

何せ、裏ではアメリカ奥の院による東アジアでの悪役として戦後何十年もその役割を果たすべく、国内では独裁者として君臨し、近隣の国が米国の武器を購入しやすくする軋轢を生んできたのです。

一般社会でも悪事を働き刑務所で服役し出所した元犯罪者に向けられる視線は決して一様ではありません。特に被害者や家族にとっては人生を狂わせられた恨みがすぐに消えるはずもないのです。

元TBSのインチキジャーナリスト山口何某のように明らかな強姦罪なのに安倍でんでん悪徳・犯罪一味による逮捕取り消しのようなことは北では日常茶飯事でしたでしょうから、詩織さんのように泣き寝入りしている女性は多数いると思います。

また元文科省の事務次官だった前川さんのように名誉を貶められ、有為な人材にも関わらず社会的地位を抹殺された役人もいたでしょう。

都合よく自殺や事故死した役人や記者もいたよね!とぷんぷん

OWNER-PC - FullSizeRender7.jpg


こうやって安倍でんでん悪徳・犯罪一味の犯罪を挙げていくとまるで安倍でんでんと兄弟のようなカリアゲ君であったことに改めて気づきます。

まあしかし、安倍より賢いのは世界の権力構造の変化、つまりアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々と言ったこれまで世界をコントロールし、我が世の春を謳歌してきた支配者階級の力の衰えを察知したことです。ですから彼らの命ずるまま悪役を演じ続けても、近い将来リビアのカダフィ大佐やイラクのフセイン大統領と同じ運命しかないことに気付いたのです。

座して死ぬよりは台頭するロシアや中国、フィリピン、シリアなどと歩調を合わせるほうが良いと判断したカリアゲ君のほうが、安倍より数段役者は上です。

日本をこれからどんどん不幸にし、まるでこれまでのカリアゲ君のように旧支配者に命乞いと媚びを売るしか能のない安倍をトップに頂く我ら日本人は、北朝鮮の国民が味わってきたような理不尽で不幸な世界が幕を開けました。

先日のG7、テーブル越しのトランプ大統領に迫るヨーロッパのお歴々の代理人たちの表情をとらえた写真が示しているように、世界は旧支配者VS新支配者の対立が鮮明になってきました。

そんな国際情勢の激しい動きの中で開催される明日の会議、一体何が起きようとしているのか、メディアリテラシィを発揮して読み解きたいと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:04| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

検察も国民の敵として自ら宣言した!

検察も国民の敵として自ら宣言した!


以前このブログで、「国民の敵となった安倍でんでん悪徳・犯罪一味」というタイトルで11回も書きました。

今回も淡い期待を持っていた大阪特捜部ですが、しょせん高給厄人の端くれ、安倍でんでん悪徳・犯罪一味として、見事に国民の敵でしたね。

まあ、検察も行政府組織の一員ですから、当然と言えば当然ですね。

政治屋も代官も瓦版屋も、み〜んな普通でまともな国民の敵です。

お先真っ暗なこの国は一体どこに行ってしまうのでしょうか?

私としては、このまま独立国家もどきが続く限り、この国の首相にはまた次回も安倍でんでんが再任されるでしょうし、たとえ別の首にすげ変わったとしても、体制は変わらないと断言できます。

もはや革命しかないような気分になってきます。

自民党、公明党の与党がいる限りアメリカ奥の院の仰せの通りに、見事な奴隷国家として日本は突き進む、いえもうすでにそうなっています。

特定秘密保護法・戦争法・共謀罪が可決した現在、アメリカの代わりに戦争を代行させられる国になってしまっています。若者には右翼もどきの威勢のいい人たちが結構安倍でんでん政権を支持していると喧伝されていますが、近い将来戦争に行くことを自覚しているのでしょうか?

非正規労働者としてブラック企業に勤めるぐらいなら、給料がよさそうな兵隊さんにでもなろうかなどと夢想しているのでしょうか?

今回のモリ・カケ事件などがこのままうやむやに消滅してしまえば、次は徴兵制の復活に着手するはずです。

昨日成立した働き方改革は税金を納める働き手を増やし、年金支給もどんどん遅らせ、健康保険の自己負担率増加もきっと目論んでいます。

「死ぬまで働け、国民という名の奴隷たちよ!」ということです。

もう批判する気力がなくなってきた〜とぷんぷん

IMG_0106.JPG

ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:40| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

野党はバカ総理を批判する時、馬鹿を支える与党議員も批判しろ!

野党はバカ総理を批判する時、馬鹿を支える与党議員も批判しろ!


いくら証拠を突きつけても、次から次とウソやごまかしやねつ造でその場をしのぐ現政権。そして仲間のNHKなどの大手糞メディアを動員して、芸能スキャンダルや事件などで情報空間を独占し、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体を煙に巻き国民に実態を知らせません。

どんな事態になるまで、こんな連中にこの国を任せる気なのか、与党議員たちは?

確かに戦後からずっとアメリカ奥の院による植民地の番頭よろしく、吉田茂や岸そして読売の正力などが女衒のごとく売国奴極まりない政治状況を作り出してきました。

官僚の中にも売国奴遺伝子を持つ罪務省が率先してせっせと国富を米国債などにつぎ込み、害務省もワインセーラーの充実と欧米悪徳サーバントへの接待にいそしんできました。

そしてその筋の覚えめでたい高給厄人達は各省の幹部に登用されて、日本の似非エリート社会が出来上がった日本社会、アメリカ奥の院に言われるまま、自分たちの意に沿う究極のバカを首相と不良品だらけの閣僚を頂き、未来永劫自分たちの栄華が続くと信じてきたのでしょう。

しかしいくら東大出の馬鹿でも、同じ遺伝子を持つ加計とワインで乾杯する「クリスマスの悪だくみ」と命名されたバカ首相の写真がネットに晒された頃からぎょっとしていたのではないでしょうか。

さらにはまことにおめでたいことに、この写真を公開したのがこれまたお花畑のヤ○中との評判が高い、安倍でんでんの嫁が自分のフェイスブックで晒してくれたのですから内心ヒヤヒヤの連続であったろうことは間違いありません。

傷が浅く、また将来のある、まともな役人やマスコミなどは徐々にこのままではまずいと、行動し始めています。一番小心者で、いまだに様子見でうろうろしている自民や公明議員もいるはずです。

恥ずかしげもなく政治家やってるわ ボーと生きているんじゃないわよ!とチコちゃんならぬぷんぷん

IMG_0046.JPG


こ奴ら小心者を脅かし、動かすのが、一番安倍でんでん悪徳・犯罪一味への強烈なパンチになるはずです。

どちらにしても今の国会運営、特にこれまたおなじみの馬鹿の一つ覚えで「理事会に諮ります」しか言えない各委員会の委員長などに証人喚問など要求しても与党の言いなりにしかできないのであれば、確固たる動かぬ証拠でも出てこない限り安倍でんでんは居座り続けます。

小心者の自民や公明の議員などは、安倍でんでん悪徳・犯罪一味に対して何も出来ないことよりも、ガラの悪い清和会系のヨイショ・体育会系議員と同じ人種だと地元で言われるのが一番堪えられないはずです。
そして、やはり安倍たちをのさばらせ、好き放題にさせている罪は重く、後で仕方なく支持せざるを得なかったと弁明しても同罪であり、いずれ国民が覚醒すれば、不正選挙をしない限り二度と国会議員になれないと自覚すべきなのです。

一方の野党もこれだけ不正や隠ぺい、そしてねつ造の好き放題の政権に対して、このまま手をこまねいていては、存在意義を疑われます。本当はアンダーグランドでは、昔の社会党と自民党のようにいまだに出来レースをやっているのではないか?とね。

ですから、今後の国会では安倍でんでんや麻生ボンボンへの批判だけではなく、必ず、与党議員に向かって

「あんたらこんな首相を野放しにして本当に国民の負託を受けた国会議員なのか?自分が情けなく、恥ずかしくないのか?」
と言い放つことが必要です。

たとえどんなヤジが飛んでも、名誉棄損だと言われても、このフレーズだけは野党は共闘して何度も何度も言い放ってNHKの国会中継で流れてほしいと切に望みます!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 17:09| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする