2017年08月10日

ゲシュタポセコイ経産大臣曰く、「失言しないよう毎朝自分に言い聞かせている」だって!

ゲシュタポセコイ経産大臣曰く、「失言しないよう毎朝自分に言い聞かせている」だって!

本来隠すべき、言ってはいけない、本当の事、本音をしゃべってしまう、ことを失言といいますから、最初から心は国民にあらず、本来の為政者としては全く失格ですよね。
江崎大臣の発言を受けてですが、ようもまあ、恥ずかしげもなく自らの卑しさを晒してテレビの前で話すものです。

政治家、とくに最近の大臣にとても多く、流石官僚には少ないけど、しかしきっちり嘘をつく作法がまかり通っています。

前内閣は、まさに大臣も官僚もその通りの作法であったため、国民から見透かされ、見放されて来たわけです。それがわからないほど鈍感なのでしょうか?

勿論、大手メディアの読売、産経などは隠す事もなく、堂々とお仲間宜しく報道という名のフェイクを垂れ流していますから、いずれ倒産します。

しかし、今では本業となりつつある、時の権力者達から殆どタダで手に入れた本社や関連事業の土地の不動産業に精を出していますが、ジャーナリズムを放棄した段階で、国有地は返すのが筋なのに、ぬくぬくと生き続けています。

一方で、NHK、朝日、毎日などもたまにまだらボケなのか、それともエビデンス作りなのか、ジャーナリズムを発揮しますがイマイチですから、このままでは国有地返還も検討しなければいけません。

そんな中、東京新聞の望月記者は頑張っていますね。

昨日、「今日の望月記者」とネットでググると菅官房長官との会見で、草食系のだらしない男どもを尻目に、食い下がる様子の映像がみれますが、本当にジャーナリストの鑑です。

つられて、朝日の森?とかいう記者もいい質問を何度もしていました。

男子記者はしっかりしろ!とぷんぷん

IMG_0042.JPG


大体官房長官というものは内閣の広報責任者として、メディアの向こう側にいる国民に国の進める業務について真摯に伝え、理解を促進すべき立場の人間です。

不感症なのか、自分を偉いと思っているのか、選挙の時は目の前の人達に愛想を振りまき、聞く耳を持つ素ぶりを見せますが、多くの国民がメディアを向こう側にいる事を自覚できていません。
ましてや、あまりに鋭く熱心な望月記者に対して「すべての質問に答える必要はない!」と言い放つとは、あり得ない状況です。

民間企業が同様のことをしたら、昔の雪印と同様、社長は批判され会社も倒産するくらいメディアは糾弾するくせに、お仲間の記者クラブの連中はだんまりです。

まあ、いまさら記者の問いに答えられない程、嘘と隠蔽に終始するしかない、自業自得ですが、本来はメディアが一斉に糾弾したり、会見をボイコットするべきなのです。

安倍と同様の菅官房長官やお仲間の記者たちなどの悪徳・犯罪一味とは一体どの様な生まれで、どの様な育ち方や教育を受けて来たのでしょう。

自民党のとくに清和会などの政治家はただ、政治家の利権を与えてくれる、アメリカ奥の院の方しか見ていないのでしょうね。

日本人として、人間としての矜持を1ミリも持っていないのだと思います。

失言に気をつけ、嘘と詭弁を駆使して、忘れやすく、また大人しい日本人をよいことに、政権批判の台風をやり過ごす事だけを考えているとしか思えません。

今日の閉会中審査についても稲田元大臣さえも呼ばず行われたようです。東京新聞の望月記者に見習って大手メディアは追及しなければ、本当にこのまま、何もなかったことになる気配がして、たまりません。

随分と我々国民は舐められたものだと、腹が立つ日々に、この暑い天候が拍車をかけ、恨めしく思う今日この頃です。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:02| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

閣僚が事実を会見すると感動し、元文部次官が事実を述べると英雄に、NHKが事実を報ずるとニュースになる日本って一体!

閣僚が事実を会見すると感動し、元文部次官が事実を述べると英雄に、NHKが事実を報ずるとニュースになる日本って一体!

アメリカ奥の院日本支部の米軍に対し、しっかり物申す政治家がいたことに感動してしまった。

朝日新聞によりますと、
「江崎鉄磨・沖縄北方相は8日午前の閣議後の記者会見で、豪州沖で米軍オスプレイが墜落した事故に関連し、「日米地位協定は少し見直さないと」と語った。日本政府は日米同盟の根幹となる同協定の見直し方針は掲げておらず、閣僚が地位協定見直しに言及するのは異例。「閣内不一致」との批判を招く可能性もある。

 江崎氏は会見で、過去の米軍機事故に触れ、「操縦ミスだったか、機体が好ましくないのか、返事をいただきたい」と述べつつ、「地位協定は直すところは直すという交渉に(するべきだ)」と主張。「時間がかかってでも、沖縄県民の気持ちを政府がしっかり受け止めながら、米国には言うべきことは言いながら(見直すべきだ)、という考えを持っている」と述べた。」とのことです。

あまりにもひどいアメリカべったりで国民ファーストでは全くなく、アメリカ&自分ファーストの現政権になれてしまったが故に、本当に驚きましたね。

本来、独立国家であれば当たり前のことです。

「フィリピン大統領ドゥテルテ氏のように毅然と独立国家を目指すべきだ」と思っている私としては、久々にうれしいニュースでした。

裏切らないでね!とぷんぷん

IMG_0027.JPG


未だにアメリカ軍の許可なく、東京の上空を自由に飛ぶことができない日本、そこら中に治外法権の米軍基地があり、52番目の州にもなれぬ属国です。

特に沖縄は悲惨な状況にも拘わらず大手メディアは実態を報道しませんから、ネットに接しない、もしくは政治に関心のない国民の殆どが実態を知りません。

入閣を一度は固辞し、「大臣就任にあたっては官僚の書いた答弁書通り話す」とか「自分はシロートなので」とか何分頼りなさそうな人物像が伝わっていましたから、意外な発言に驚きました。
しかし、閣内のアメリカ奥の院べったりの閣僚や官僚たちに比べれば、非常にまともな発言であり、きっと安倍でんでん悪徳・犯罪一味は慌てて、米軍やC★Aに言い訳に走っているのかもしれませんね。

すかさず、江崎沖縄北方相のスキャンダルネタ探しで警察上層部は忙しくなるのでしょうね。

「俺が私が」の自民党議員らしからぬ人のようですから、このまま国民の評価が上がる事態になると困る政府は、発言の撤回やフェイクニュースで人望を貶める作業に入るかもしれません。

真の独立国家を目指すにはアメリカと対等の関係を仕切り直すしかありません。
ただ、あまりにもアメリカの奥の院にとっては、おいしい利権である日本をそう簡単には手放してくれそうもありません。

あの民主党政権で小沢氏や鳩山氏を偽日本人の集団、清和会系の自民党議員や公明党、学会、マスコミなどに命令し、一斉に潰しにかかり見事に破壊しました。

今回も事の次第によっては同様のことが起こるかもしれません。

ここはしっかりフェイクニュースに騙されず、粘り強く江崎大臣を応援しようと思います。

弱り目に祟り目でいまにも崩壊しそうな政権の中で、江崎大臣に続いて、野田総務大臣や河野外務大臣には是非続いてもらいたいものです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 11:56| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月08日

日本ファースト?国民ファーストじゃないの!!

日本ファースト?国民ファーストじゃないの!!

日本人にはどちらでもいいように感じますが、海外から見たら日本以外の国はどうでもいい、アメリカのトランプ大統領と同じように、非常に排他的に聞こえてしまいます。

小池氏の都民ファーストを支援してきた仲間で、検察出身の若狭勝衆議院議員が旗揚げした政党名が国民ファーストではなく、日本ファーストだそうですが、違和感がありますよね。

アメリカ奥の院、特に日米合同委員会の中心メンバーで、彼らの忠実な手先と言われる官僚の中でも、10人近くが検事総長になった、検察出身で特捜副部長を務めた経歴とはいったいどう見ればいいのでしょう?

プンプン匂うよね!とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


日本、国民というネーミングの違いは明らかで、どうも国家権力を前面に押し出し、おなじような政党で右翼・国粋主義な日本維新の会と同じ匂いがします

きっとアジアの中国や半島も同じようなニュアンスを感じ、叩いてくるように思えます。

また、このネーミングに込めた意図をぜひ本人に聞いてみたいと思いますが、日本維新の会が失敗したのを受け、アメリカ奥の院が小池都知事の人気にあやかり、バックアップしているのかもしれません。

先に民進党を離党した、バリバリの隠れ自民で、アメリカのポチであった長島何某が加われば、その時点でやっぱり、と判明しますから、その時に判断したいと思います。

やはりこのあたりの政治状況、つまり日本という国の骨格は、戦後からずっと続いているアメリカ奥の院と在日米軍による日本支配であることを国民が認識しないと、何も変わらず、目先の政局とメディア報道に惑わされるだけです。

このようなことを書きますとまたジジイの陰謀論が始まった、と感じる人が多いのは十分に予測できます。

しかし今の安倍でんでん悪徳・犯罪一味がのうのうと存在できる背景を突き詰めていくと、どうしてもアメリカ奥の院、そして互いに利用しあうのが都合のよい、日本に悪意を持つ偽日本人たちにとって、御しやすい神輿が安倍であること以外説得力のある仮説はやはりないように思うのです。

ますます混とんとしてきた国際社会と日本の政治状況、是非一度アメリカと日本の関係について考えることをお勧めしたと思いますが、みなさんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 12:06| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする