2018年05月07日

警官が銃を持つように日本も核装備すべきなのかも?

警官が銃を持つように日本も核装備すべきなのかも?


今回の朝鮮半島の南北融和はアメリカ、中国、そしてロシアといった安保理3か国の力関係を如実に浮き彫りにする政治的な出来事として、注目を集めていますが、これは核兵器を手にしたカリアゲ君の戦略が正しいのかもしれないと思えるようになりました。

安保理の連中の熾烈な権力争いの中、アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の支配力劣化の始まりによって、真の独立を得ようとする国々にはある種のチャンスなのかもしれないと思うようになりました。

フィリピンのドゥテルテ大統領はかなり積極的にアメリカ離れを推進しています。しかしその独裁的で熾烈な犯罪者への取り締まりなどは欧米のメディアでたたかれていますが、国民の9割以上が支持しています。

またロシアのプーチン大統領もその筋のフェイクニュースや偽のデモなどで、その強権的な指導が批判されていますが、国民の多くは支持しています。

また、中国についてはあまりわかりませんが、やはり強権的な体制がその筋のニュースでは自由主義社会からいつも批判されています。

みな共通しているのは強権的、独裁的で民主主義国家ではない、と欧米の大手メディアやその筋の学者、政治家は批判している事です。

強面のトラックの兄ちゃんと紳士然とした銀行員、一体どっちが優しいの?とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


しかしこれらの批判がどこまで正しいのか?

そんな国際世論の中で真の独立、自立を獲得するには残念ながら旧支配層と互角に対峙、交渉できる力がどうしても必要だと思えてなりません。

町の安全を悪人から守るために、警官は拳銃を携帯しています。

しかし世界の警官をうそぶいていたアメリカが、実は世界のほとんどの戦争を起こし、ビジネスとして大きな利益を上げ、繰り返し世界のなんの罪もない市民を犠牲にしてきた張本人であることがばれてきました。

そうであれば、そのような極悪人に立ち向かうには、たとえその力が核兵器であっても、必要なのではないかと感じてしまうのです。

また、悲しいかな言論やジャーナリズムさえも支配者サイドに握られ、かつメディアリテラシーのない多くの国民を説得するには、ある種強権的な指導体制もある時期まではどうしようもないことではないか、と思えるのです。

こちらが丸腰でも平気で襲ってくる、表向きは紳士然と見え、その実は獰猛な連中と対等に渡り合うには、それ相応の対処の仕方が絶対必要だと、そうでなければいつまでたっても自立した国家、人間らしい生活はやってこないと感じてしまいます。

そして、決して綺麗ごとでは何も解決しないのが今の世界支配構造なのだと思い知らなければ、いずれ日本もこのままアメリカの属国として、暮らしも希望も誇りもない国として世界から取り残されます。

もしくは新しいリーダーたちの国から敵国とレッテルを張られ、アジアだけでなく、世界からも孤立していかざるを得ないと考えるのは大げさなのでしょうか?
続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:25| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

産経の政治部デスクとは政治部にある「机」という意味みたい!

産経の政治部デスクとは政治部にある「机」という意味みたい!


昨日書こうと思っていたのですが、一日遅れてしまいました。
5月2日、産経新聞の政治部デスクノートという紙面があるそうですが、そこに「文書問題、諸々の根源は菅直人氏にあり」というのがgoogleニュースにありました。

産経新聞か、と思いましたがタイトルがここ一連の安倍でんでん悪徳・犯罪一味のとんでもない不祥事の原因が、あの管元首相にあるというタイトルが気になり、つい読んでしまいました。

もしかするとあの管元首相も魂をアメリカ奥の院に売り渡し、脈々と今の安倍政権とつながっているのか?とか

まっとうな独立国を目指した民主党を徹底的につぶした野田や前原や安住やらと管はやはりグルだったのか?
など何か新しい、また興味深い記事なのかと思ったのですが、まったくもってやはり単なる安倍でんでんの提灯持ちの記事でした。

しかもあろうことかなんの根拠も証拠もなしに記事化しただけでなく、説得力ゼロのこの記事こそ政治部デスクの筆者が指摘するねつ造やすり替え記事ではないかとあきれてしまいました。

もう産経新聞は新聞社の看板を下げた方がいい、というより百害あって一利なし、さっさとつぶれたほうがこの国のためになるし、来年入社を希望する学生さんが被害にあわずに済む、とつくづく感じた次第です。

本来、政治部デスク(次長)とは、昔は政治に関して記者たちが取材し、書いた記事を新聞社として掲載する価値があるか?
裏取りはしていて間違いはないのか?などをチェックする、報道の最前線を掌握する重要なポストであり、優秀な記者の中から選ばれた人がやっていたと記憶しています。

昔のテレビで見たキャップやデスクはかっこよかった!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0157.JPG


しかし産経では、文字通りデスクとは机という意味なのでしょうね。
単に机に座って政権擁護の記事をねつ造するのが仕事のようです。

グダグダとした記事から部分的に引用しますと、

『森友学園、加計学園、そして自衛隊海外派遣の日報の隠ぺいなど、安倍晋三政権に痛撃を与えている3つの問題は「文書管理」の在り方が問題だ』と言い切り、その文書管理をダメにしたのは東電の原発事故時に総理大臣だった民主党の菅元首相だ、というのです。

しかも当時民主党政権は徹底的に官僚を排除し、省議よりも閣僚と副大臣、政務官による「政務三役会議」を重視した政治主導を批判し役人による公文書を残させなかったかのような言いぐさなのです。
笑ってしまったのは『財務省では記録要員として文書課長を同席させていたというが、他省庁がどうだったかは分からず、政務三役会議の記録の多くは残っていない疑いがある。』と印象で記事を書いていました。

そして、『だから今の安倍政権を追及する野党の姿は滑稽で、公文書管理制度のつまずきは結局、菅内閣にあったのだ。議事録を作成すらしなかった菅政権の責任は極めて大きく、隠ぺいや改ざんよりも罪が重い』と改めて本当に政治部のデスクなのかと疑う文章で記事を〆ています。

時間つぶしにもならずあきれるだけですが、興味のある方はネットで調べればすぐ見つかります。しかし言うに事欠いて一連の不正の原因が民主党政権の菅元首相にある、という趣旨の記事を政治部デスクが書くというメディアには未来はないことだけは確信できました。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 10:04| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

トイレで大をしても水を流さず、ケツもふかず外に遊びに行くのはだーれだ!

トイレで大をしても水を流さず、ケツもふかず外に遊びに行くのはだーれだ!


朝鮮半島での南北首脳による会談以降、怒涛のようにカリアゲ君が動き始め、アメリカ、中国、韓国、ロシアなど世界が大きく未来に向けて舵を切り始めています。

しかし、いまだに前近代的な価値観に縛られ、我が身かわいさの大手メディアはとうとう頭のねじが何本か吹き飛んでしまったようで、世界の本当の動きを報じず、いまだに安倍や政権の支持率が3割もあると嘘をこいています。

もうここに至っては国内メディアなど無視して海外のニュースや優れたブロガーの言説を前提に自分で仮説を立て、検証したほうが精神衛生上とてもいいと感じている今日この頃です。

しかしわがバカ殿はまたも無駄な国費を投じて中東に遊びに行ってしまいました。

彼はトイレで大をしても、水も流さず、きっとケツも拭かず、もしかするとパンツも穿かず、そして当然ばい菌だらけの手も洗わず、外に遊びに行き、「オオカミが来たぞ!」と叫ぶことしかできないのでしょうね。

悲しいかな本当の友達もいず、金の切れ目が縁の切れ目の人間しか周りにはいないのです。

自分が蒔いた種のくせに、言っていることとやっていることがなんの脈絡もなく、バカそのもので、その場しのぎで逃げるしか能がない極めつけの本物の馬鹿を私は初めて見た気分です。

「みぞうゆう」の国難だよね!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


ところで、中東に行って一体何をやるつもりなのでしょう?
またいつものようにアメリカ奥の院の命令でイスラエルなどに金を貢ぐ算段?
シリアに余計なことを口走るのではないかとヒヤヒヤするのですけどね。

日本の絶望的な国難を招いた元凶は、安倍でんでんの私利私欲と彼のご主人様である、アメリカ奥の院に言われるがままの独裁政治が招いたことだと、ほとんどの日本人は知っています。

もちろんそれにぶら下がる与党自民党の清和会や公明党の政治屋や高給役厄人、そしてゴミのような図体だけ大きいマスコミといった悪徳・犯罪一味応援団が支援しているから実現できた構造です。

世界の支配構造の変革に気が付かないほど馬鹿なのか、それとも今更後戻りができないことが分かっているので、死なばもろとものヤケクソ状態でいるのか、どちらなのでしょう?たぶん半々なのでしょうね。

洗脳しやすい日本人を今度も馬鹿にして、芸能人や身内のトカゲのしっぽ切りなどできることはすべて動員し大手メディアにスピンニュースをばらまきはじめました。
もう末期症状この上ないめちゃくちゃぶりで、あきれます。

まあ、いちいち数えるのが面倒なほど、国民の財産を盗みただ同然で仲間に売り渡し、バレそうになるとばらされる前に夫婦ごと牢屋にぶちこむ。さらには表面化しただけのものでも、防衛省、文部科学省、財務省、厚生労働省と次から次とウソをでっちあげ、さらには公文書までねつ造する有様です。

しょせん東大出のバカ厄人も完璧な嘘をつきとおせるほどの頭の良さはないようで、どんどんばれ始めています。

はっきり言ってどこから手を付けていいのかまったく見当もつかない、司法、立法、行政が機能しない国になってしまいました。
信用ゼロの国家です。

前にも書きましたが、今度の米朝会談で、カリアゲ君とトランプ、そして習近平やプーチンなどが一斉にアメリカ奥の院およびヨーロッパのお歴々の正体をばらし、地球規模で新たな世界平和への道筋を示してくれることを心から願っているのですが、そう簡単にはいかないのでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:57| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする