2017年11月20日

醜くも哀れな大手メディアの正体9〜メディア支配者 電通(も神通力に陰りか?)1〜

醜くも哀れな大手メディアの正体9〜メディア支配者 電通(も神通力に陰りか?)1〜


今や政治家として目覚ましい活躍を見せ、しかも国民目線の政治とはどういうものか、を実践してくれている、そして限られた時間の中国会で与党を厳しく追及する、頼りがいのある山本太郎議員にはとても期待しています。

皆さんもよくご存じだとは思いますが、彼はタレント・役者だったころ、福島原発事故後、政府や東京電力の原子力事業批判をして話題になった人です。しかもテレビCFに起用され出演していた、広告主が原子力事業のど真ん中、ドンピシャの東芝であるにも関わらず、正々堂々批判したのです。私の知る限り芸能界では見たこともない、常識外れの見事な主張、行動でした。

まことに見上げたもので、強い信念を持つあっぱれで、とても立派な人物とだとても感心したものでした。しかし残念ながら最近では、あの50年近くも続いたサザエさんのスポンサーも降りざるを得ないほどおちぶれた東芝は勿論、他の広告からも降ろされ、それと同時に他の芸能活動でも干され、大変な逆風を受けました。

しかしご本人には大変申し訳ないのですが、我々国民にとってはむしろ幸いだったと言えるのではないでしょうか。

もしこの件がなければ政治家としての山本太郎は存在しておらず、国民には大きな損失であったと思います。

災い転じて福となす。

彼の生き様はまさにこの諺通りを実践しており、もし私が学校の先生であれば、授業の副読本として取り上げたいくらいの、素晴らしい生きたお手本だと思います。

是非これからも安倍でんでん悪徳・犯罪一味を国会で追及してほしいと思います。
さらにはいつの日かこの国の首相として、日本を導く政治家として成長してほしいと願っています。

きっとその筋は、まさか山本太郎氏の現在のような活躍は想像もしていなかったでしょう。ですから、広告代理店はじめ東芝など原子力事業にかかわる会社や不正を働く政治家、厄人は苦り切っていること請け合いです。

山本太郎お見事!よっ日本一!!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0027.JPG


話がずれました。

広告業界、その中でも圧倒的な強さを持っているのが、皆さんも多分ご存知の電通という広告代理店です。

ところで電通って変わった名前ですよね。

私がこの業界で働き始めた時、年配の電通マンの方から、電気関係の会社だと思い入社したのに全然違うのを知り、本当に困ってよっぽどやめようかと思ったと、真顔で言われたのを記憶していますが、それくらい広告業界を知らない人にとっては馴染みのない会社でした。

そう言えばこんな嘘の様な知人の話もありました。本人は海洋関係の大学を出て、市場調査(いちばちょうさ)の会社の新卒募集があったので、てっきり築地市場のような鮮魚などの市場に関して調査する仕事と思い会社を受け入社したそうです。

ところが入社してわかったのは実はマーケティング、(しじょうちょうさ)の会社だったというのですから、当時はいろいろなツワモノもいて、しかも就職活動ものんびりしてしていた訳です。

しかしその後彼はマーケティング界でも話題になるほど活躍するのですから、まあ、昔はいい意味でこの業界も多種多様な人材がいて、しかもある種のどかで、面白かったように思えます。

さて、広告業界の巨人、電通の話です。
この世界最大の広告会社はどの様にして今の地位を築いたのでしょう?
明日に続きます。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 21:50| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

醜くも哀れな大手メディアの正体7〜いまだ情報鎖国の日本!〜

醜くも哀れな大手メディアの正体7〜いまだ情報鎖国の日本!〜


高度成長期から近年まで、ほぼ普通の人にとって日本語で事足りる時代だった事もあり、また英語も教養の範囲でしかなく、生きて行く上でどうしても語学が必要な国々の人に比べたら、なんとも幸せな国でありました。

ただ、これからはそう言う訳にはいかない事態になってきました。
それはグローバルスタンダードといったまやかしの経済のためではなく、アメリカ追随の世界情勢しか報道しない、大手国内メディアの情報に毒されている不幸です。

海外のメディアでも日本語版がありますから、中国やロシアなどのニュースも見ることはできます。ただやはりその筋の情報に毒されているケースがあり、できれば海外の有力なブロガーなどの記事も読むと、流されているフェイクニュースに惑わされないようになります。ネットの発達のおかげで、本当にいろいろなニュースや情報に触れることができるのです。

かく言う私も不勉強を今頃になって悔やんでいます。ただ、あのグーグル翻訳が格段に進歩してくれて重宝しています。
情報を得たり、発信したりするには残念ながら英語が不可欠です。

私には英語で発信はまだ出来ませんが、海外情報を読む事でとても有益な情報や様々な視点で世界の出来事を知ることが出来ています。

ずいぶん前ですが、毎日新聞の海外向け英字新聞のでたらめな記事配信が批判されていました。ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、本当に酷いものでした。

まあ放置していた毎日新聞社が一番悪いのですが、あまりにも非常識で日本人を貶めるのが目的としか思えず愕然としたのを覚えています。

毎日新聞を批判出来ない他大手メディアも同じ穴の貉!とぷんぷん

IMG_0038.JPG


この一連の記事を信じ評価する海外メディアもいて、さらには報道もしたことで、多くの海外の人が日本人は性的変態の国であり、従軍慰安婦事件はやはり本当だったんだ、と反日的な人が増えたのではないでしょうか。

そういえば、アメリカでは 日本女性はタクシー(キャブ)のように気軽に乗れるイエローキャブとか、オーストラリアなどでもスクール・バスという風に言われているようで、この記事が原因ではないかと思ってしまいます。

どんな記事を海外に流していたか、ここで紹介するのは憚れるぐらい日本人を貶める記事なので、関心のある方はネットですぐ見つかりますから見てください。

この毎日新聞の英字紙による反日報道など、もっと英語を身近に使っている人が多ければ、ここまで酷く、また長い間見過ごされることはなかったのではないかと悔やまれます。

アメリカ奥の院の指示通りしか書かない日本の大手メディアとの違いを、特に国際的な大事件や日本メディアが大々的に取り上げる時に、グーグル翻訳を使って海外情報を覗いてみることをお勧めします。
いまであれば、北朝鮮危機のマッチポンプやテロ事件のフェイク性、TPPなど、ロシア、イギリス、中国などの主要メディアや有力ブログなどを見ると実感できると思いますよ。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:41| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

醜くも哀れな大手メディアの正体6〜内閣支持率という嘘〜

醜くも哀れな大手メディアの正体6〜内閣支持率という嘘〜


誰に聞いたの?
本当に調査したの?
どんな質問をしたの?
相手は固定電話?携帯電話?

世にいう調査ほど恣意的に結果をねつ造出来る方法はありません。それゆえメディア、企業はもちろん官庁、政府、国連など、今や信用できない団体の世論誘導手段としてよく使われています。

ただ素直ですれていない、また純朴な人たちは、世にいう権威のある団体が発表する世論調査を信じてしまいがちなのでしょう。

自分の五感や日常で見聞きしていることで感じていることと、権威があるとされる団体や学者、大手メディアなどが自分とは違う主張し、発表することがあります。しかしどういううわけか、自分の考えや感じ方より権威のあるほうが正しいのだろうと思い、疑問を持つことをやめてしまう人が多い、という現実があります。つまりその筋にとっては、御しやすくとても洗脳しやすい国民だと、思われています。

このシリーズの最初に作家マーク・トゥインの言葉
「この世には3種類の嘘がある、大きな嘘、普通の嘘、そして統計」
という話を紹介しました。

権威や信用を悪用した統計や調査結果による世論作り、評判作りが横行しているのです。

先日の衆院選でも、安倍寄りのメディアはかなり盛った支持率を出していましたね。
ネットでは既に数パーセントの支持率しかないのです。

私はタバコを吸いますので、喫煙所で知人などとよく雑談をします。知人の中には、たばこ仲間という共通点以外は、かなり私と正反対の性格やモノの見方をする人もいるのですが、安倍やトランプについて話す機会などでは、トランプ大統領を評価する人が大変少ないのは私としては残念なのですが、しかし安倍及び政権を評価する人も少なく、むしろ皆無と言っていいぐらいなのです。

一体どこでどんな人に聞いたら、安倍や政権を評価する人がいるのでしょうか?不思議でしょうがありません。

幽霊でもいるのかい!とぷんぷん

FullSizeRender.jpg


森友・加計学園の事件だけ見ても、暴露された安倍悪徳・犯罪チームは「金だけ、今だけ、自分だけ」のオンパレードです。しかも稲田網タイツKY防衛大臣の破廉恥な答弁や、海外派遣されている自衛官の安全など全く顧みない態度にもかかわらず、将来の女性首相と持ち上げたのも安倍です。

他にも共謀罪法案に関して説明できない醜態を晒しても、強行突破した金田法務大臣もいました。

今年の流行語大賞候補筆頭の「違うだろう!」暴言で秘書から訴えられ、落選した豊田女史も安倍チルドレンでしたし、ほかにも数えきれない程酷い政権を組閣したのが安倍です。

そして最も酷くて残酷なレイプ犯の逮捕を中止させた事件があります。
つい最近週刊新潮が、その逮捕を中止した張本人である、安倍友の警察官僚中村がレイプ被害にあった伊藤詩織さんの質問を振り切って、脱兎のごとく逃げる様子を晒してくれました。

本来NHK含め大手メディアはこのことこそ報道すべきなのです。
悪を取り締まるべき警察のトップ官僚が法を破り、恣意的な運用を図る、とてつもなく大きなニュースなのです。

これらは氷山の一角でしかなく、まだまだ世に出ていない安倍でんでん悪徳・犯罪一味の悪業が存在していると思います。

それでも安倍を支持する人とは、安倍の悪徳・犯罪一味の仲間以外で、一体どんな人達なのでしょうか?

これだけの悪業の事実を、流石の仲間であるメディアも全部ではないにしろ、事件の一端はニュースとして流していますから、まったく知らないはずはありません。

ですから、選挙に勝ったとはいえ、
NHKの先週末の世論調査で、安倍内閣 支持46% 不支持35%という、二人に一人が安倍を支持しているというニュースを見て、信じろというのが無理だと思うのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:49| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする