2018年06月15日

権力批判の限界! ペンは剣より弱い?

権力批判の限界! ペンは剣より弱い?


継続は力、を信じたいのですが、最近自信が揺らいでいます。

大手メディアは相変わらず安倍政権に対して本来のジャーナリズムを発揮せず、むしろ国民をだますことに精を出し続けています。

もちろん検察もしかり。

森友学園への国有地の不法売却、それを積極的に手助けした安倍の妻の関与と関係があったら総理も議員もやめると馬鹿な旦那が口走ったばかりに、忖度厄人が公文書を偽造したり、証拠隠滅を図ったり、隠ぺいしたりとできる不正の限りを尽くした、罪務省や国交省の関係者を起訴しませんでした。

本来であれば、これこそジャーナリズムが積極的に取り上げ、検察批判を繰り広げ世論を喚起する。そして世論に検察が恐れおののき、負け惜しみのへ理屈をつけても再度起訴に向けて重い腰を上げざるを得ない状況にするのが唯一の仕事のはずです。

今では和歌山の不審死した金持ちの話題やワールドカップに多くの時間が割かれて、モリ・カケ事件はもう終わったかのような雰囲気です。もちろん一部の週刊誌や日刊ゲンダイなどや朝日新聞、東京新聞などが追及していますが、影響力の大きいテレビが全く取り上げず世論としては今一つ盛り上がりを欠いているのが現状です。

あのでっち上げで小沢氏を検挙し、最終的には全くの無罪であったにもかかわらず、彼の政治家としての名誉も評判もメディアスクラムで滅茶苦茶に貶めました。
自民党政権にとって、小沢氏を有罪にすることは鼻から難しいことはわかっていたはずです。
しかし、検察とメディアが強力なタッグを組みさえすれば、なかったこともあったことに世論を誘導できる典型的な事例なのです。

目的は、でっち上げであろうが小沢氏を悪者のように多くの仲間のメディアに報道させるだけで十分だったのです。

つくづくメディアの罪は重いね!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


そんな中、巨悪への針の一刺しとの思いで多くの優れたブロガーが今でも頑張って政権批判をしています。私もそんな人たちの端くれとしてかなり批判をしてきました。

一方ネットで指摘されている今の経産省のセコイ大臣が副官房長官のころに組織化した、雇われブロガーがしきりに安倍を擁護するブログや我々のような政権批判のブログを攻撃しています。
私のこのブログにさえ批判のコメントが何度か送られてきました。

私のブログを応援してくれる方もおられ、勇気をもらうのですが、課題は政治やマスコミに関心のある人しか見てもらえないということです。

本当は政治やジャーナリズムに関心のない人や多少はあるけど生活に追われこのような問題に首を突っ込む時間や余裕のない人たちにぜひ読んでもらいたいと思うのです。

著名人ならいざ知らず私を含めほとんどが無名のブロガーにとって、本当はこのような人たちの一助になり、今この国で何が起こっており、NHK含めた大手メディアの情報を鵜呑みにせず一度立ち止まって考えてもらえたら、との思いで書いている人がほとんどだと思うのです。

しかしこのような人たちへのアプローチ方法はなかなか思いつかず、どうやったらいいのか日々悩んでいるのですが、ついそんな状況に自分の無力を感じ、心が折れて頓死しそうな気持になってしまいます。
なにかいい方法がないものでしょうかねえ。。。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」




posted by ぷんぷん at 22:11| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

トランプ会見に割り込んだ安倍の何が緊急記者会見だ!

トランプ会見に割り込んだ安倍の何が緊急記者会見だ!


やはりNHKは安倍さま命まっしぐらな事がはっきりしましたね。

トランプ大統領の米朝首脳会談に関する記者会見が夕方5時過ぎに行われるのをNHKで見ていました。

30分ほど経った時どこの媒体かはわかりませんでしたが、アジア系、多分NHKの記者が拉致問題について質問し、トランプ大統領から「私の友達であるシンゾウから言われた、拉致も重要な問題でカリアゲ君に伝えた」と言う答えを引き出した後でした。

間髪を入れず、画面が突然安倍の緊急記者会見に変わったのです。

一瞬どうしたのか?何かあったのか?と思い他のテレビ局はどうなっているのだろうと、ザッピングしたら、TBSとテレ朝(多分)以外同様に安倍の会見を流していました。
その後TBSなども時間を置いて安倍の緊急記者会見を流しました。

この件で二つのことが明らかになったといえます。

一つは、NHKは生放送ではなく明らかに2〜3秒ほど遅れて放送していたことです。

今回は全テレビ局が米朝首脳会談の特集を流していました。そんな中、特にトランプ大統領の記者会見は一斉に全局同時に中継をしていましたが、私がザッピングした時に生放送のはずなのに明らかにNHKは他局に遅れて放送していたのが分かりました。
生放送なら他局からNHKに戻した時、先に進んでいなければいけないのにすでに見た同じ内容が少し遅れて流れていたからです。
多分いつでも安倍政権に都合の悪い放送事故(国民にとっては知りたい真実)があった場合操作できるようにしているのです。

画面にはわざわざLIVEと表示しているのがわざとらしいく醜い限りでした。

リスク管理ってか?とぷんぷん

IMG_0095.JPG


もう一つはトランプ大統領の会見中にぶしつけに割り込んで、緊急記者会見とわざわざ断って安倍の会見に映像を切り替えたことです。

えげつなさ、いやらしさだけは天下一品の安倍でんでん悪徳・犯罪一味の作法です。

どこが緊急で、しかもみんなが注目しているトランプ大統領の会見中に割り込む必要のある内容なのか?
あの間抜けで卑しい安倍はトランプ大統領が自分との約束通り拉致問題をカリアゲ君に伝えたと、単にアピールする為だけの緊急記者会だったのです。

何と浅はかで、馬鹿な総理大臣なのでしょう!

普通の神経を持つなら、世界が注目するトランプ大統領の記者会見に割り込んで、しかも緊急記者会見と銘打ってまで、自分のアピールの為にしゃしゃり出てくる人間はいません。

しかも全く緊急性のかけらもなく、誰も興味もないヤラセバリバリの自己中会見なのです。
改めて、知性のかけらもない、痴性としか言いようのないど阿呆総理です。
例えセコイ経産省大臣か何かのアイデアだとしても、その政治的広報センスのかけらもない事を自ら証明しているのです。

まるで根性なしの馬鹿が人を雇って意中の女性を襲わせ、そして英雄のごとく彼女を救う、本当に臭い芝居と同じです。

先日のG7前のトランプ大統領との会談ではこの仕込みをお願いしていたのですね。会見で記者に質問させるから拉致問題の件よろしくお願いしますと。
見返りに一体いくらわれらの税金が使われることやら。

こんな総理大臣に一体いつまで日本は我慢しなければいけないのでしょうか?

しかしそれでも騙される馬鹿な国民がいることの方がショックです。本当にこんな首相を支持する国民がいるのか、いまだに信じられません。

諸悪の根源はやはりNHKをはじめとした大手メディアの存在であることは明らかです。
このようなくだらない、しかも国民を愚弄する連携プレイを許し、言われた通り放送する日本メディアは本当にいりません。

何度も書いてきましたが、国会への抗議デモよりNHK含めた大手メディア付近でデモをやるほうが効果的だとつくづく感じましたが皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 14:07| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

米朝首脳会談 どんな芝居やフェイクニュースが流れるのだろう?

米朝首脳会談 どんな芝居やフェイクニュースが流れるのだろう?


世界中が注目する明日の米朝首脳会談ですが、何が話題になり、何が交渉の主要テーマでどこまで話がまとまるのか、それともどちらかが途中で席を立って決裂するのか?

表向きは北朝鮮の非核化、朝鮮半島の平和への道筋、そのためのカリアゲ君の体制・安全の保障と援助などがいわれています。

もちろんいきなりすべての課題解決への道筋が見えるはずはありません。

何せ、裏ではアメリカ奥の院による東アジアでの悪役として戦後何十年もその役割を果たすべく、国内では独裁者として君臨し、近隣の国が米国の武器を購入しやすくする軋轢を生んできたのです。

一般社会でも悪事を働き刑務所で服役し出所した元犯罪者に向けられる視線は決して一様ではありません。特に被害者や家族にとっては人生を狂わせられた恨みがすぐに消えるはずもないのです。

元TBSのインチキジャーナリスト山口何某のように明らかな強姦罪なのに安倍でんでん悪徳・犯罪一味による逮捕取り消しのようなことは北では日常茶飯事でしたでしょうから、詩織さんのように泣き寝入りしている女性は多数いると思います。

また元文科省の事務次官だった前川さんのように名誉を貶められ、有為な人材にも関わらず社会的地位を抹殺された役人もいたでしょう。

都合よく自殺や事故死した役人や記者もいたよね!とぷんぷん

OWNER-PC - FullSizeRender7.jpg


こうやって安倍でんでん悪徳・犯罪一味の犯罪を挙げていくとまるで安倍でんでんと兄弟のようなカリアゲ君であったことに改めて気づきます。

まあしかし、安倍より賢いのは世界の権力構造の変化、つまりアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々と言ったこれまで世界をコントロールし、我が世の春を謳歌してきた支配者階級の力の衰えを察知したことです。ですから彼らの命ずるまま悪役を演じ続けても、近い将来リビアのカダフィ大佐やイラクのフセイン大統領と同じ運命しかないことに気付いたのです。

座して死ぬよりは台頭するロシアや中国、フィリピン、シリアなどと歩調を合わせるほうが良いと判断したカリアゲ君のほうが、安倍より数段役者は上です。

日本をこれからどんどん不幸にし、まるでこれまでのカリアゲ君のように旧支配者に命乞いと媚びを売るしか能のない安倍をトップに頂く我ら日本人は、北朝鮮の国民が味わってきたような理不尽で不幸な世界が幕を開けました。

先日のG7、テーブル越しのトランプ大統領に迫るヨーロッパのお歴々の代理人たちの表情をとらえた写真が示しているように、世界は旧支配者VS新支配者の対立が鮮明になってきました。

そんな国際情勢の激しい動きの中で開催される明日の会議、一体何が起きようとしているのか、メディアリテラシィを発揮して読み解きたいと思います。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:04| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする