2018年01月29日

貧乏国家or民意を高める?選択してこの国を洗濯しなければ皆一家心中?!

貧乏国家or民意を高める?選択してこの国を洗濯しなければ皆一家心中?!


前回、アメリカ奥の院が見切りをつけるほど民意が高まるか、それともいっそ逃げ出すほど貧乏な国に成り下がるかと書きました。

政府や御用メディアはしきりに株価は上がっているといいますが、既に多くの国民は収入がどんどん減り、将来の夢も希望も持てないほど貧困化が進んでいます。

それにも関わらず安倍でんでん悪徳・犯罪一味は、気前よく海外には札束をバラ撒き、アメリカ国債を買い込んでいます。

さらには消費税も控えているのに、たばこ税やビール税など取りやすいところからむしり取ろうと増税まっしぐらです。

ですからもう既に貧困化まっしぐらの状況なわけです。
海外なら暴動が起きてもおかしくないレベルに近づいています。

しかし熾烈なサラ金は貧乏人からも搾取しますから、いくら貧乏国家に日本が陥っても、アメリカ奥の院は、生かさず殺さずの奴隷のごときを我々に強いて、永遠に絞り取るように安倍でんでん悪徳・犯罪一味に命令し続ける可能性が高いです。

サラ金から逃れるには方法は二つ

夜逃げか、一家心中です。

国の場合、夜逃げが出来る裕福な国民は、すでにごく一部ですが実行しています。
しかしこのままの政権では、ほとんどの国民の選択肢は一つ、一家心中しかありません。

4権を牛耳られた我々が日本を取り戻すために残された手段は、やはり民意を高め正常な独立国家になるしかありません。そして、アメリカ奥の院およびその手下である安倍でんでん悪徳・犯罪一味を追い出すのが根本解決であり、日本の未来を取り戻す唯一の方法だと思います。

夫や子供を戦地に送り出す事態が起きないと無理なの?

IMG_0101.JPG


でもどうやるのか?

責任感が強く、仕事も誠実にこなすがゆえに、一日の仕事を終え家に着く頃には疲れ果て、世の不正に立ち向かう時間も気力もなくしている人たちが多く存在します。

薄々おかしいことには気づきながらも生活するのが精一杯で、気が付かないふりをするしかないこれらの人達がいるからこそ、何とかやっとこの国の経済も生活も維持できています。

また、世の中の不正に対し少し鈍感でNHKなどや朝日新聞などのフェイクニュースを疑うことを知らない、馬鹿正直でしかし根はまじめで初心な人達がいます。

日々懸命に生きているのですが、メディアリテラシーが欠落しているため、安倍でんでん悪徳・犯罪一味を知らないうちに支援してしまっていることを、残念ながら自覚していません。

一方で、どこで間違ったのか、何がきっかけだったのかわかりませんが、多分メディアが作り出す反日フェイクニュースを真に受けた人たち、特に若い人たちがいるようです。

間違った相手を敵と思い込み、感情をむき出しにして無駄なエレルギーとその筋の意図通りに動いてしまい、本来敵である安倍でんでん悪徳・犯罪一味の積極的な支援者層になってしまっている人が政権を支えています。

きっと私も世間を知らずにいた若いころは、この人たちと同じように、反日に対する悪感情をもってしまったでしょう。
本当は口先だけなのですが、ミサイルをぶっ放す北朝鮮を糾弾する安倍でんでん悪徳・犯罪一味を応援したかもしれません。

しかし、これら人たちは事実を知りさえすれば、みな安倍でんでん悪徳・犯罪一味がいかに国民ではなくアメリカ奥の院のための政治をやっているか、正しい判断が出来る人たちです。

今この人たちの覚醒が一番重要で必要なのです!

そういう意味ではNHKはじめ大手メディアは万死に値します。

最悪な人々は、世の中のことにまったく無関心な人や自分のことさえ良ければ日本なんかどうでもよい付和雷同の人などだと思います。ですから、これらの人はたとえ世の中が変化しても必ず存在する人たちですから、聖人君子ではない私たちは鼻から相手にする必要はないと考えます。

やはり、今国会で我々の声に力を得た野党に現政権の不正を追及してもらい、安倍でんでん悪徳・犯罪一味の犯罪を明らかにし、議員辞職だけでなく堀の中にぶち込むしか選択肢はありません。

さてそのような国会にするには一体どうすればいいのでしょう?

またまた良いアイディは出ず、ため息しか出ないのですが。。。
考え続けるしかありません。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:58| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

日本を取戻すには、アメリカ奥の院の手先、三権と報道を潰すか貧乏になるしかない?!

日本を取戻すには、アメリカ奥の院の手先、三権と報道を潰すか貧乏になるしかない?!


安倍でんでん悪徳・犯罪一味はあまりにもアンポンタンで、またアメリカ奥の院も弱体化しているのか、最近のやる事なす事見る人が見ればその悪事はバレバレです。

まことに政治をはじめ、行政、司法、そして報道の全てにおいて破たんし始めているにもかかわらず必死で辻褄を合わせようにも限界が来ているのも確実です。

しかしこんな末期的状況にあるにも関わらず、ネットで批判されている国会中継の情報を見ますと相変わらず、野党のまっとうな意見や鋭い指摘に対し誠実に答えてはいません。
まあ確信犯ですから悔しいですけど泣き寝入りしかできませんね。

しかし不遜な態度でウソとごまかしで総理大臣はじめこの国の各行政のトップは高給役人が用意した予定調和の答弁を繰り返すだけの姿には心底吐き気をもよおします。

あれだけ森友・加計学院の不正がはっきりし、しかもレイプ似非ジャーナリスト山口何某の無罪放免にし、また佐川何某の国税庁長官の就任させた政権です。
さらにはスパコン疑惑、リニアに関する巨大疑惑など悪事のオンパレードにもかかわらず、国会の大臣席にふんぞり返っている連中は全くわれ関せずと、のさばっています。

よくよく考えてみますと、こんなにひどい状況を生み出しているのは、アメリカ奥の院の指示通りに動く、司法、立法、行政、報道の4権という構造があるからです。

もちろん4権が本来の役割を発揮して国民のために機能していれば、何ら問題はないのです。

しかし、実態はそうではありません。どんなに非難を浴びても革命でも起きない限り変わりそうにもありません。

革命にリアリティが生まれるにはどうしたらいいの?とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


どこが国民の公僕と言える行政を高給厄人は行っているのでしょう?

どうして国民の付託ではなく、むしろ国民に負を託すだけのヤクザまがいの政治屋が跋扈しているのでしょう?

最悪なのは、都合の悪いことや知られたくない悪事はニュースにせず、むしろ全くのうそを本当のことのように報道して世間をだまし、時には正義の人を悪人に仕立て上げ社会的に抹殺する大手メディアの洗脳集団が存在していることです。

何か一つでも世の中のおかしさに気づくきっかけがあれば、ネットで少し調べるだけで芋ずる式に国家の基本ともいえる、この4権、つまり司法、立法、行政、そして報道のおかしさに気づきます。

すべては日米合同委員会、つまりは支配者であるアメリカ奥の院が植民地経営よろしくこの国を自分たちの都合のよいようにこの4権を巧みに利用し支配しているからです。

表向きはいかにも自由の国アメリカと言いつつ、実際は沖縄の人たち含め日本人を植民地の召使ぐらいしか思っていません。

この現状がある限り、いくら4権を批判しても何も変わりそうにありません。

この4権が乗っ取られている今、我々に対抗する方法、手段はあるのでしょうか?

先日も書きましたが、警察官が逮捕しようにも、刑務所が定員オーバーになり逮捕できないほどの大規模のデモかやはり納税一斉拒否などを実施するしか、現政権は倒せそうもありません。

しかし国民の多くが団結しないことには無理ですし、しかも強権的な政府は共謀罪を成立させてしまいました。

本質な解決策は、本来の機能を発揮せず無用の長物と化し、むしろ国民を不幸にしかしないアメリカ奥の院の力の源泉になってしまった4権を潰すことしかないように思えます。

でもどうやったらいいのでしょう?

アメリカの奥の院が見切りをつけるほど民意が高まるか、それともいっそ逃げ出すほど貧乏な国に成り下がるか?

出るはため息ばかりですが、考え続けるしかありませんね。はああ。。。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:39| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

百万言の非難より、百万人の抗議デモが急務!

百万言の非難より、百万人の抗議デモが急務!


今国会で安倍でんでん悪徳・犯罪一味の一掃が出来なかった場合、アメリカ奥の院に牛耳られた司法を初めとした行政もマスコミも当てできない覚醒した日本人ができることは一体何があるのか?

年初には蟻の一穴になぞらえて一人一人は非力でもブログなどで糾弾するしかない、と考えていましたが、もはや言葉による非難では効果がないことがはっきりしているように思われます。

だいぶ力が弱まり、アメリカでは苦境に立たされ始めたとはいえ、何せ70年以上も昔から、巧妙にずる賢くしかも強権的に日本を支配してきた、ノウハウと歴史と資金を持つアメリカ奥の院を退場させるには、たとえ正義感あふれる有為の人材が立ちはだかろうにも、様々な機会をとらえ、不正なやり方で恫喝し、たとえ命のやり取りも覚悟したとしてもあまりにも力の違う相手に単発に戦いを挑んでも無駄死しかありません。

相も変わらず沖縄では住民をまるで虫けらのごとく扱っているのが明白な、反省などこれっぽっちもなく、属国の日本人など一顧だにしない米軍の横暴が続いています。

沖縄の人たちの怒りは、メディアが真摯に報道しない影響で、同じ国民である私たちには遠い国のことのようにしか伝わってきません。

明治の廃刀令は近代化にとって確かに必要だったと思います。いつもは護身用とはいえいまだに銃を所持するアメリカ人を馬鹿にしてきましたが、今は少し違う感覚を持ってしまいます。なぜなら対峙するアメリカ奥の院は人類の敵、犯罪者だからです。

ネイティブアメリカンが、狩猟の弓矢で自分たちの土地や女子供や伝統を守ろうと戦いましたが、銃を持ったキリスト教徒による侵略を防げず滅びていった歴史を見るに、帯刀とそれに伴う責任と誇りを持っていた武士のいた日本を征服するのは容易ではありませんでした。
しかし、明治維新という内紛を起こさせ、150年もの時間はかかりましたが、同じような事態が今起こりつつあると感じます。

とにかく私に言わせれば、アメリカ奥の院の連中は誠に卑怯で同じ人間とは思えないほど悪徳に満ちた非道の連中です。

そうであるなら綺麗ごとだけではアメリカ奥の院と対峙するのは不可能だと思うのです。

目には目を歯には歯を!ってどうするの?とぷんぷん

OWNER-PC - FullSizeRender7.jpg


アメリカからの独立を真剣に考え、日本人の国富を搾取し続けるアメリカ奥の院にNOを突き付け、対等の力として核武装を唱えた当時の財務大臣の中川昭一氏は国際会議で混濁した姿を世界に晒され多くの国民は非難しましたが、実態は全く逆であり、ほかの対米強硬派への見せしめとして、父親と同じくその筋から暗殺されたと考えられます。

また先日は独自の保守政治観を持ち、アメリカからの独立を勝ち取るには核武装も必要と宣言し、一部にはネットウヨの生みの親ともいわれながらもアメリカ追随の安倍政権を罵倒し、
「馬鹿な国民が馬鹿な安倍を選んだのだから馬鹿な政治になるのは当たり前だ」と言い切った西部邁氏が78歳の老齢にもかかわらず入水自殺したとニュースがありました。

西部氏の意図、意思はいったい何なのでしょう?
なぜその年齢で?なぜ今?

何か強烈なメッセージがあるような気がしてなりません。

一体、我々には言葉以外の武器は何があるのでしょうか?

国会や霞が関や県庁、またNHK本体や地方局、さらには大手マスコミなどの最寄り駅を利用する人たちが(疲れて一刻も早く帰宅したい気持ちは重々承知しているのですが、安倍や菅、そして佐川国税庁長官の顔を思い浮かべれば気持ちも昂ると思いませんか?)安倍でんでん悪徳・犯罪一味を退場させるまで1時間でもいいので退陣するまで抗議デモを行うというのはどうでしょう?

できれば散発的ではなくこの国会期間中に100万人規模になるようなデモです。
そのとき、
「安倍でんでん悪徳・犯罪一味は退場しろ!」と気勢を上げるのはもちろんですが、

「ヤンキー ゴー ホーム!」
懐かしのフレーズですがこれも絶対必要だと思います。

東京だけでなく全国規模で実施したいものです。
きっと相も変わらず国民の多くは無関心がほとんどでしょうが、さすがにメディアも無視できないほどの100万人規模になれば付和雷同でもデモに参加する人も増えるはずです。

こんなことを言うと警察の許可が必要だし、面倒だという人間も出てくるでしょうが、デモも表現の自由であり、警察が介入することはできません。

この国のための1時間の残業と思って参加できないものでしょうか?

なぜなら会社の帰り道に最寄りの駅で、ちょっと寄り道しながら抗議の声を上げるだけです。

行儀よくしかし100万人単位で抗議をするのです。

ユーチューブや海外のメディアはきっと取り上げてくれ、絶大な効果があると思うのですが、皆さんは如何お考えでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 16:59| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする