2021年04月07日

やっぱり大谷翔平はすごかった!政治屋やメディアは彼らを食い物にするな!!

やっぱり大谷翔平はすごかった!政治屋やメディアは彼らを食い物にするな!!

先日けが、手術から復帰して先発投手、バッター2番の本当の二刀流で登場した大谷翔平君ですが、初回の表に投げては160キロを優に超える今年最速のピッチングをしたかと思えばその裏に初球をなんとも表現できない音とともに特大のホームランをかっ飛ばしました。

もう漫画にも描けないほどのストーリー、快挙です。➡ 大谷翔平 投げて 打って 走る!まるで野球少年のよう!! 

また最近では水泳の池江選手もまさかの日本水泳選手権で復活優勝、次のオリンピックを目標にしていたのがリレーメンバーで東京オリンピック出場が決まりました。

そういえばあの名言「賞味期限は切れたけど消費期限はまだ切れてない」➡オリンピック入江選手と国務大臣と前回のオリンピック背泳ぎの入江選手も31歳にもかかわらず頑張っていました。
ほかにも今年の全豪オープンで優勝した大坂なおみ選手も見事復活しました。

何度もスポーツの世界の頂点を目指す人たちの素晴らしさに触れてきました。そしてその優れた才能はもちろんですが、頂点を目指し実現するまでの彼らの努力、モチベーションは全ての人の生きる指針になるといつも確信させられます。

一方、池江選手の快挙に対し、だから東京オリンピックは開催、成功させなければいけない、という世論誘導しか頭にない政治屋や大手メディアの醜さに私は腹が立ち、うんざりしています。

どうして人としての素晴らしさを称賛することより、なんでも自分たちの都合に人を利用する醜い権力者やメディアなのか?

またそんな悪徳連中をなぜ我々国民はいまだに排除できないのか!と愕然とするのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 11:15| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

宇宙の果てしなき大きさを前に、人間社会の批判を書くむなしさよ

宇宙の果てしなき大きさを前に、人間社会の批判を書くむなしさよ


先日、暇に任せてテレビをつけたら、ディスカバリージャパンのブラックホールについてやっていたので何気なく見ていました。

宇宙なんて夜空の月を眺めるぐらいでした。もちろん中高生の物理の知識ぐらいはありましたし、アポロの月面着陸のテレビ中継に心躍らせました。しかし今では「2001年宇宙の旅」を撮ったスタンリーキューブリックが殺される前に、あれは自分が作ったものだとばらしてくれて、興味を失ってしまいました。

まあ、彼が殺されたのはトムクルーズやニコールキッドマンが出演した「アイズ ワイド シャット」を撮ってすぐでした。
殺された理由はいろいろ取りざたされていますが、いま世界中で摘発が相次いでいる幼児性愛・ペドフィリア及び恐ろしく残酷な、恐怖を与えた子供の脳が材料の若返り薬アドレノクロム取引を暗示していたため、その筋から消されたというのが有力な話です。

いずれトランプ大統領が世界にさらすと思いますが、ローマ教皇などの聖職者や英国王室、さらには世界各国の首脳などやハリウッドの映画人や音楽関係者などびっくりするような連中が主要顧客とされています。

またまた話がそれてしまいました。
ついこのテレビ番組もどこまで本当なのか、という疑いの気持ちも沸いてきたのですが、とても面白く見入ってしまいました。

宇宙とは実に想像を絶する広さと時間といいますか気が遠くなる世界でした。
無限という概念を理解するのはとてもできない、というのが実感です。

還暦過ぎていよいよコロナ禍で劇的に変化しつつある現実に振り回されこれからどのように暮らしていくか、移住を本気で考え始めたところで、何をどうしようと悩んでいたのですが、この番組で改めて宇宙の営みを知り、人間のなんと小さいことか、くだらないことにかまけていたら残りの人生がもったいないと実感したのです。

昔の記憶を総動員してもまずブラックホールが単に破壊だけでなく創造の主だというのは知らず驚きでした。

そのメカニズムなど到底理解できませんがとにかく宇宙の大きさに圧倒されました。

我々が暮らす地球は太陽(恒星)の惑星です。仲間の惑星は水金地火木土天海冥と習いましたが、最近では冥王星の扱いが変わり、準惑星に分類されていました。

我々の太陽系は銀河系(天の川)に含まれているのですが、皆さんは一体いくつの恒星がこの銀河系にあると思いますか?

なんと1000億個です!

私は二つがやっとなのに!とぷんぷん

FullSizeRender.jpg


この辺りは習ったのかもしれませんが記憶にないのでまずその数にびっくりしました。

恒星(太陽)が1000億個です。

番組では地球上にある全ての砂の数より多いと説明していました。
当然その周りには複数の惑星がありますし、月のような衛星もありますからとんでもない数です。

そして銀河系の帯状の大きさはウィキペディアによりますと、直径105,700光年、厚さ1000光年ですって!
ちなみに地球の直径は12,742 kmです。

覚えています?光は地球を1秒間に7周半する速さです。

銀河系の端から端まで光の速さで105,700年もかかる、もう想像できません!

つい行ったこともない銀河の大きさなんか本当に測れるのか?アインシュタインは光は曲がると言ってなかっけ?などなどまた悪い癖が出てきましたが、ここでは置いておきます。

しかしこれで驚いていてはいけません。なんと銀河系のような銀河(太陽が含まれる我々の銀河以外)の数にのけ反ります。

なんとこのような銀河が2兆個!!

2兆個×1000億個の太陽=??? 算数ではもう理解不能です

もう想像を絶する、気の遠くなる信じられない世界です。
なじみのあるアンドロメダ銀河の直径は220,000光年もあります。
そんな話を聞いていたら何を感じるか?

私は日々の暮らしで出くわす煩雑な事やこれまで批判してきたマスコミや政権、そしてこの世界を支配する連中を非難することになんかウンザリしてしまいました。
そんな思いの中、残りの人生の生き方はやはり晴耕雨読が一番なのではないか、とつくづく感じた次第です。

さてどこに移住するか?
天の川をはさんで夏の夜空に輝く七夕の星、織姫と彦星が見えるところが理想ですね。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:28| Comment(0) | 心と体のビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

天災よりも怖い人災国家でのオリンピック開催 もう厚顔無恥無知も甚だしい!

天災よりも怖い人災国家でのオリンピック開催 もう厚顔無恥無知も甚だしい!


昔は地震 雷 火事 親父というのが怖いものの代表で、特に自然災害はどうしようもないものでした。

しかし近年の火事、地震や津波などは国家運営のかじ取りが原因で起きているものも多くあります。経済性=利権ありき、の国土計画があの東日本大震災における福島での被害を大きくしました。

特に深刻な放射能汚染をもたらし、日本の未来を台無しにしている福島原発の爆発は人災の最たるものです。当時の官房長官だった安倍でんでんが共産党議員による国会質疑で危険性を指摘したのに、あろうことか完全に無視し、もうすぐ始まるオリンピックと同様まったく問題ない、すべてコントロールできていると内外に真っ赤な嘘をついたことが原因です。
もちろん安倍だけでなくその仲間である悪徳犯罪一味の東電や経産省などがグルになって今の悲惨な状況を生み出しました。

つまり人災なのです。

つい先日の福島での地震はあれから十年もたつのに余震だと言われています。さらにメディアは報じませんが今回の地震で原発現場は非常危険な状態なのだと言われています。

それにも関わらずオリンピックを開催しようとしているのですから、もうあきれ果ててしまいます。

馬鹿で悪徳の厚顔無恥無知の政権がこのまま続けば日本は住むことができなくなるのは目に見えています。

いよいよ聖火リレーが始まるようですが、いったいどうなるのでしょう?

辞退者だらけで犬や猫まで走る?とぷんぷん

OWNER-PC - punn.jpg


コロナによる緊急事態宣言もオリンピックのために無理やり解除しました。
まあ、コロナはインチキだと政府は知っていますからどうでもいいのでしょうが、一応世間体は気にしつつ非難されるのも計算済できっぱり、予定通り開催するわけです。

むしろオリンピック利権のほうが奴らにしてみますと重要ですし、電通や大手メディアも死に物狂いで開催にこじつけようとしています。

私は世界のアスリートの最高峰のスポーツ大会として昔から大好きでした。
特に4年に一度の舞台に各国の代表選手が集い、人間のさまざまな力や技、そして可能性や奇跡を生み出す競技に毎回感動していました。

もちろん国威発揚のために一生涯国が面倒を見、栄誉を授ける一部の国やスポンサーとの破格の契約を獲得するための場だとの批判があります。本来のオリンピック憲章とは相いれない利権実態はロサンジェルス大会から顕著になり莫大な予算が話題になりました。

今回の東京大会の当初予算は数千億と言われていたものが蓋を開ければ3兆円を優に超えています。
また各国誘致委員に対する電通による買収疑惑も一部報じられました。さらには元オリンピック委員会の竹田委員長は真っ黒なまま辞任しましたよね。

純粋スポーツの祭典など、夢また夢なのだと思っています。

そもそもナチスのベルリンオリンピックの政治利用は有名ですし、モスクワオリンピックは日本含め西側諸国のボイコットがありました。

そういえばオリンピックの利権はヨーロッパのお歴々です。冬季オリンピックでは金、銀、銅を総なめにしたジャンプの日の丸飛行隊やヨーロッパ貴族のための競技ともいわれたノルディック複合で荻原氏が金メダルを取るとルールやレギュレーションを変更するという汚らしさには、何がオリンピック憲章だ!と毒づいたのを今でも鮮明に覚えています。

今回出場する選手たちの不運は本当にかわいそうの一言に尽きます。

しかしあえて将来のスポーツやオリンピックへの思いがあるのであれば、こうなる前に全世界の選手会の総意をまとめ、オリンピックの意義と開催の条件をIOCに付きつける行動を、選手たちやOBたるメダリストたちはとる選択肢もあったのではないでしょうか?
そうすればきっと世界中のスポーツファンは選手たちを支持したと思うのですが、皆さんは如何でしょうか。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」

ブログランキング・にほんブログ村へ

posted by ぷんぷん at 12:16| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする