2018年06月29日

優先順位と決断

優先順位と決断


昨夜のワールドカップ日本対ポーランド戦を見ました。

ゲームの始まる前はポーランドに勝ち1位通過するしかない、と考えていました。もしそうなれば、スペイン以外はビッグネームのいないトーナメント側に入れるので、もしかするとベスト4、いえ決勝まで行けるかもしれないと妄想していました。

何せ大会前は様々なごたごたなどもあり、全敗と予想されていたにも関わらず、1勝1分けの勝ち点4でグループトップまで勝ち進んで来た西野監督の素晴らしいリーダーシップと勝負師のようなカリスマ性を垣間見て、結構いけるのではないかと思っていたのです。

しかしスターティングメンバーを見て最初はびっくりしました。
通常負けていない時はメンバーを変えないとされていたにも関わらず好調のメンバーを外し、6人も変えてきたので本当に驚きました。

ゲーム後半に日本が1点入れられ、そしてもう一つの会場のセネガルとコロンビアの対戦でもセネガルが1点入れられてからのゲーム終了までの15分ほどは、今まで見たことも感じたこともないスリル満載の出来事でした。

皆さんもテレビでご覧になったでしょうから詳しくは書きませんが、このゲームから考えさせられたのは、やはり組織はリーダー次第だということでした。

自分の手柄のように国民栄誉賞を与える誰かさんとは違うね!とぷんぷんOWNER-PC - punn.jpg



刻々と変わる状況の中で達成しなければいけない目的のために、どのような優先順位を事前に想定し、しかも予測不可能な要素がありながらも、時に不本意ながらも究極の選択を決断するか?

もし、西野さんの賭けが失敗したらどれほどの批判にさらされるのか容易に推測できます。

前回まで戦犯のごとき批判にさらされたゴールキーパー川島が見せた、面目躍如の2度のスーパーセーブの活躍やこれまでの戦い方を称賛されてきた選手たちに容赦なく浴びせられる、観客からのブーイングにもひるまず最後までボールを回し続ける選手たちの姿を私は責めることはできず、むしろプロとして素晴らしいと感じました。

試合後の西野監督の「不本意ながらも目的は決勝トーネメントへの出場が目的です」と言い切った姿には

「決勝トーナメントに出場してベスト8を目指すための作戦だった」と宣言しているように見えました。

単に勝ち切るためなら最後まで最初からのメンバーでいったほうが確実ですし、観客も満足し、さすがサムライブルーと称賛されたと思います。

しかし連戦でしかもスタジアムの気温は40度だと試合前に実況のアナウンサーが言っていましたから、相当な疲労がある中、ベスト8など無謀な願望にすぎません。

主力を休ませてベスト8をも見越した戦略を持つ素晴らしい監督だと思いました。

選手そして監督自身が前人未踏のベスト8という未来を目指して頑張る姿に、勇気と元気を我々はもらっているのですが
「金だけ、今だけ、自分だけ」の我が国のお偉いさん方は一体何を感じたのでしょうね?

沈みゆく泥船の船長には、せめて西野さんのような優れたリーダーになってもらいたいものだとつくづく思った次第です。

がんばれサムライブルー西野ジャパン!
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:09| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

キチガイに刃物!安倍に権力 を笑えない交番襲撃事件!!

キチガイに刃物!安倍に権力 を笑えない交番襲撃事件!!


放送禁止用語として使ってはいけない用語になっていますが、私は使いたいと思いあえてタイトルに書きました。

なぜなら最近「誰でも良かった、殺すのは」と言う無差別殺人のニュースが目に付くからです。
つい先日も新幹線で殺人事件があったばかりですが、昨日も元自衛官が交番にいた警官を刃物で刺し、その後近所の小学校の警備員に警官から奪った拳銃を発砲し、二人とも殺されてしまいました。

生物界の食物連鎖としての行為は殺人ではありません。
生きていくために必要な生命の営みのはずです。

しかし人が人を殺す、しかも恨みや憎しみの伴わない無差別殺人を起こす人間に人権云々を問うても意味がないように思います。

普通の人間にはよほど激高しその勢いで人を殺めてしまうことはあっても、ふつうは理性が働き人を殺すことはありません。
しかも殺人という罪の重さを知っているだけでなく、殺してしまった相手やその家族や恋人の悲しみやいたみに思いが至るからです。

理想としては多少理解できるのですが、やはり無差別殺人者の人権にはとても抵抗があります。

社会生活を営む上でこのような無差別殺人を行う人間に対してはちゃんと「キチガイ」というべきだと私は考えます。差別ではなく区別して対処しなければ犠牲者や家族は報われないですし、社会は混乱するだけだと思うのです。

そうすると今の政権の別名はキ○ガイ政権ってか!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


もちろんその最悪のキチガイの代表がアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々であり、いまだに紛争や戦争を行い罪のない人々を悲しませ、報復の悪循環で世界の不幸を生むことをやめません。

それともこのような悪魔の生き物の戦争も食物連鎖として生きる為に必要な行為なのでしょうか?

今の日本は安倍でんでん悪徳・犯罪一味たちに権力を持たせていますが、これこそまさにキチガイに刃物と同じことではないかと私は思います。

嘘とねつ造と検察まで自由にコントロールしている安倍でんでん悪徳・犯罪一味。

戦争法、秘密保護法、共謀罪そして一生働いて税金だけ払えという働き方改革など国民を不幸のどん底に落とそうと法案をどんどん可決している今の政権は一般の日本人にとってどのような人間たちなのでしょうか?

ワールドカップで頑張る日本チームの戦いぶりが世界から注目されていますが、特にフェアプレイによる見事で見ごたえのあるサッカーを展開し、まさにこのようなプレイが見たいサッカーなのだと称賛されているのです。

法も世論も無視して政治をわがものにする安倍でんでん悪徳・犯罪一味はキチガイに刃物、まさに日本はサッカーとは真逆の世界から見たら、とても危険な国家そのものだと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:04| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!

トップ交代で激変したサムライブルー!政権も首を変えろ!!


昨夜は久しぶりに夜更かしをしてサッカーワールドカップ日本対セネガル戦を最後まで見ました。残念ながら勝つことはできませんでしたが、見ごたえのある面白いゲームで、引き分けの勝ち点1を獲得しました。

日本が負けずに決勝リーグに出られる可能性が高いので、余裕があるからかもしれませんが、相手チームもあまり南米チームのような汚いプレーがなく、互いに持ち味を出したナイスゲームだったと感じました。

一部キャプテンの長谷部選手やディフェンス陣が肘鉄などを食らっているようにみえ荒っぽいプレーもあったようですが、日本チームは始終冷静かつ非常にハードプレイをしていて、勝ってもおかしくないゲームでした。

ワールドカップ前は直前に監督交代があり、数ゲームの強化試合は最終のパラグアイ戦までボロボロだったようで、前評判は惨敗が予想されていました。

監督が代わって多少の選出選手に違いはあったようですが、ここまで劇的にチームが変わるとはだれも想像していなかったようで、私も期待をせず夜更かししない程度に見ようと思っていました。

しかし、相手選手の一発退場で一人多いとはいえ、前回のブラジル大会でぼろ負けしたコロンビアに勝ったゲームを見て前評判とは違う、昔の勝負に対してもろい頃とは違う、いい意味で開き直ったといいますか、勝ち切る強さを感じさせました。

まあ、女子はすでにワールドカップで優勝しており、男子サッカーの頑張りが期待されながらなかなか実績が伴わず、もやもやさせられていましたが、今回はどうも様子が違います。

シロートからは戦術などはわかりかねますが、やはり西野監督のリーダーシップが優れているから今のような結果が伴ってきていることは想像できます。

テレビでの選手のインタビューなどで垣間見えるのは、やはりチームとしての目的と戦う上での責任ある行動力を監督が求め、皆が納得して共有しているのだろうな、と感じました。

また、記者会見で外国記者からセネガル戦への調整に関して問われたとき
「乾と大島の身長5cm体重5sアップに失敗したけど・・・」というジョークがネットでも話題になっていましたが、なかなかジョークもセンスのある監督さんです。

リーダーとは状況を変えられる人だねとプンプン

OWNER-PC - IMG_0167.JPG


次戦もこのままベストを尽くして決勝リーグに駆け上がってもらいたいと思います。

一方我が国の政治です。

国会を延長し、安倍でんでん悪徳・犯罪一味にとって重要な法案を通過させるためのようですが、どうも安倍はやめるつもりなどなく、森友・加計事件ももう済んだことにしようとしています。

どさくさにまぎれメディアの都合も考えず当日の午前中に告知し、午後いきなり記者会見を行ってしまう加計という人物の卑劣さ、強引さ、ただ会見をやったというエビデンス作りのためだけに開いた相変わらず安倍一味のトンデモ記者会見でした。

こんな醜く、汚い連中がこの国を治めていることにどうして国民は平気なのでしょうか?

いえそんなはずは決してないと断言できます。この国の政治制度に問題があると思います。

サッカーのように常に結果が求められ、昨夜のゴールキーパーの川島選手などはたとえ実績があっても、たぶん今はできたら逃げだしたいほどの後悔と屈辱を感じながらも次戦に向けて努力しているはずです。

それがプロです。

それほど厳しいスポーツ選手に比べ、何度レッドカードを出されても汚い、しかも惨い政治運営をやって国民を不幸のどん底に落としている安倍でんでん悪徳・犯罪一味と与党議員たちの首を挿げ替えなければこの国の未来はありません。

いつまでも党離党略、省益優先のこの国の形を変えるには今の政治制度では、いつまでたっても無理です。

元文部省の事務次官だった前川氏のようなリーダーが生まれるためには、やはり国民が直接選べる大統領制が必要なのかもしれないと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:20| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする