2018年07月30日

信用をなくした大手メディアの末路

信用をなくした大手メディアの末路


最近のメディア利用方法は、もっぱら今日はどんな嘘やねつ造を権力者サイドが流そうとしているか、を知る為に見ています。

このブログを通じて私は何度もメディア、特に大手のメディアが全く信用できない、むしろ害を与えるもので権力者サイドにとって都合のよい洗脳機関でしかない、と批判してきましたから一部の読者の方は幾分気を付けるようになられたのではないかと思います。

しかし困ったことに、いまだ多くの日本人はNHKをはじめ大手テレビ局のなどのニュースを事実として受けとっていることが大問題なのですねよ。

事実、真実を知るすべがない多くの日本人にとって、どうしてもこれまでの常識や価値観が邪魔してしまうのは残念ですがしようがない面もあります。

また、日々の生活で精いっぱいの人たちにとって、自分の生活に直結する政策について十分に検討する時間も知識も限られているので、どうしても昔から信頼されていることになっているNHKや大手民法テレビ局の情報に頼らざるを得ません。

最近では言葉巧みに日本人の優秀性や民族としての誇りをことさら強調し、そしてくすぐる非常に国家主義的な言動で注目される、とんでもない知識人や学者そして芸人などが若者の間で人気を博しているそうです。
その結果、これらの若者が積極的に安倍でんでん悪徳・犯罪一味を支援しているらしいのです。

本来はこの調子のよいいかがわしい連中の本質をあぶり出し、そのおかしさや倫理性を検証し、評価する役目が大手メディアにあるのです。しかし、現状は一緒になって煽っているのですから、たまりません。

まあ、読売新聞や産経新聞などは普通の常識人であればとんでもない新聞であることはわかりますからいいのですが、人のよさそうなそして虫も殺さないようなアナウンサーが報じるNHKの7時のニュースなどは始末に困ります。

嘘を喋らせるNHKの上層部って一体何様!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0165.JPG


こういうNHK的ないやらしさが厄介なのは、いかにも普段は日本の良心のようなトーンや物腰で淡々としかし今日の国民が知っとくべきニュースはこれなのだと上から目線で垂れ流していることです。

そしてどうしようもなく世間で話題になり無視せざるをえない政権や権力に関する醜聞などについては、あくまでも冷静に批判というよりも評価を下すが如く、まことに不感症がごときふるまいです。

しかし残念ながら、このような報道作法の表面的な態度に視聴者は騙され信用させられてしまうのです。
まさにいざという時に大事な事実や出来事をスルーしたり、ここぞという時に政権に同調して読者をミスリードしたりしてしまう事なのです。

昔は随分と騙されていましたが、最近ではどういう目的でそのニュースが流されているのか、なぜ今なのかといったことが割とすぐわかるようになりました。

これは私のメディアリテラシィが良くなったというよりもメディアの情報の作り方、流し方が粗雑になり、また登場する解説者や評論家のレベルがあまりにも低いがゆえに、偽、フェイクであることがわかりやすくなったといった方が正しいと思います。

このまま安倍でんでん悪徳・犯罪一味ありきの報道姿勢を続ける大手メディアに明日がないことは、いずれ証明され、倒産するしかないのでほっとけばいいですが、物事を判断するさまざま見方、そのために必要な情報をどのように入手するかは大問題です。

ですからつい仮説や推察にかたよりがちなのですが、やはり大きな枠、流れとしては認識でき正しいかなと思っていても、日々生活し、将来を見据える上では、目指すべき社会や仕組みなどについてよりきめ細やかな優先すべき事柄や知見、そしてそれに伴う具体的なファクトを知り実感・納得する必要が絶対にあります。

そうしますとやはり、既存の信用を無くした権力サイドの御用メディアにはさっさと退場してもらい、

「国民の 国民による 国民のための ファクトニュースメディア」

の出現がない限り、日本の劣化は避けられないと思うのですが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 13:14| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

台風が上陸し、ヘンテコリンなコースをとるらしい 

台風が上陸し、ヘンテコリンなコースをとるらしい 


やっと普通の夏らしい天気も台風のあとは異常高温の天気がやってくるようですね。
人間の感覚は相対的なようで、先日までの酷暑のあと普通でいえば30度の暑い日なのに、幾分涼しく感じるのにはちょっとびっくりしました。

しかし今回の異常気温は日本だけでなく、世界各地でも同様の様子ですね。

メディアによると、国連の世界気象機関が、今年6〜7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われている、と報じています。

 カナダでは熱波により多数の死者が出ているようで、ヨーロッパの北部では例年より3〜6度高い気温が続き、雨が降らず水不足で、農作物への影響が懸念されているそうです。

また、ノルウェーとフィンランドでは7月、気温が33度に達し、スウェーデンでは約50件の森林火災が発生したとのことです。

アメリカのカリフォルニア州デスバレーでも52.0度を観測、ロサンゼルス近郊で48.9度、さらにアルジェリアのサハラ砂漠では51.3度に達するなど、世界各地で異常な高気温を記録しているそうです。

世界気象機関は「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と異常気象分析しているようですがどうも素直には納得できません。

信頼がなくなるというのは面倒だね!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


といいますのも、一部の科学者からはCO2による温室効果は全く根拠がなく、単に原子力推進派が推進根拠として利用していたにすぎないとか、ただ単に地球が繰り返す周期でしかないとか、また、一方で気象兵器による陰謀説もあります。

何しろいまやアメリカ奥の院・ヨーロッパのお歴々VSトランプ氏、プーチン氏、習近平氏連合(?)の壮絶な権力、跡目争いが激化していますから何が、どこで、どのようなことが起こっているのか全く分からず、推測するしかありません。

大手メディアやそこに登場する専門家への信頼が私にとってゼロに等しいので、いったい何を信じればいいのかさっぱりわからなくなってきましたが、まあ、そうなれば自分の直観や仮説に磨きをかけるしかないのですけどね。


しかし惨いのは、テレビが報じる天気予報によると、今週末に上陸する予定の台風12号はこれまでなかったようなコースをたどり、復旧中の西日本方面へ向かう可能性があると言っていることです。

政府はどんな対策を講じているのでしょうか?

オーム真理教死刑囚の刑執行の前夜、西日本災害への対策をせず、非難されていましたが、どうもそれよりも彼らの死刑によって自分たちの正体をばらされることがなくなって祝杯を挙げたと疑われる安倍政権ですから、人の命なんかなんとも感じないのでしょうね。

できれば、台風のコースが変わり日本海に抜けることを祈りたいものです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:00| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

安倍でんでん悪徳犯罪一味のつけを誰がはらうのか?

安倍でんでん悪徳犯罪一味のつけを誰がはらうのか?


いまさらですが、やっぱりアベノミクスはハッタリ、インチキ、トンデモないフェイク政策であることがばれてきました。

しかしなんと姑息な政権なのでしょう。国会が終わったとたん身内のメディア、それも今では影響力もなくなった毎日新聞だけにしらっとニュースを流すなど、まるで確信犯の万引き犯が白々しく詫びる姿にも似て、本当に醜い吐き気を催す連中です。

安倍でんでん悪徳・犯罪一味の金融政策を推進する日銀が30兆円もごまかし、貯蓄から投資に国民が舵を切り始めたと喧伝してきた前提、根拠が真っ赤な嘘だったと認めたということです。

30兆円という金額、足し算もできない人間が日銀にいるはずがないのです。

しかしまあ、なんともすごい金額です。
30円ではないのです。30円の一兆倍、一兆とは0が12個です!

ミスなんかではなく確信犯、それも国会が終わった瞬間に毎日新聞だけにリークさせる。
どこまで国民を馬鹿にすれば済むのでしょうね。

30兆円もの計上をミスしていたとうそぶく日銀なんか不要です。

この際、アメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の財布でしかないこんな組織や機関はとっとと閉鎖して、ロシアと同様に、これまで日本から搾取したお金を回収し、日本人のための紙幣発行機関と仕組みを早急に作り上げなければいけません。

それに比べればかわいく見える金額ですが、当初予算の3倍近くにも膨れ上がっている北朝鮮危機に対処すべく、とこれまたうそ八百の理由でアメリカから押し付けられた陸上イージスシステムが6000億円ですって!

いったい誰がこんな金を払うかよ!
しかし結局このままでは我々が払わされることになるのは自明なのです。

国民は全員確定申告をすれば少しは税金への意識が高まる!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg


「そんな金があるなら西日本豪雨災害に回せ!」
「全国小学校や中学校などにエアコンを設置しろ!」
と国民はもっと怒るべきです。

しかしこれだけひどい政権であっても支持する国民が4割以上もあるなんて世論調査結果を報道していましたが、大手メディアは一体どんな神経をしているのでしょう?ありえません。

本当の数字であれば、どれだけ馬鹿で間抜けな国民がいるのか、ということになります。
まずありえない支持率です。

まあ、国会でもなんでも嘘、ねつ造、書き換えやりたい放題ですし、つい先日も働き方改革の必要性を示すためのデータが数百箇所ねつ造されていましたからね。

仲間のメディアが発表する政権や安倍でんでんの支持率が本当の数字であるとする根拠、信頼などあるはずがありません。

真っ赤なウソの支持率をでっちあげ、お仲間のメディアに報道、いえフェイクニュースとして流していると断言できます。

であるならば、やはり選挙自体も正しく運営されている保証は全くありません。

もうここに至っては、まともな国民はたとえ共謀罪だと言われようが政権を倒す大規模なデモストレーションを起こし、革命を叫ばなければいけない時期に来たのだと思いますが、皆さんは如何お考えでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 12:15| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする