2018年07月13日

ジジィの床屋談義でも安倍自民はNO!

ジジィの床屋談義でも安倍自民はNO!


毎日うだるような暑さが続いています。
さすがにこれだけ暑いと、夜はついさっぱりしたものが欲しくなり、昨夜はところてんを今年初めて頂きました。

そしてだいぶ伸びた髪の毛を切りに散髪屋に行ってきました。
散髪屋の親父からは「これだけ暑いと客もさっぱりで商売あがったりですよ」と嘆いていたのですが、話題はやはり西日本豪雨の話で、聞くと親せきが広島にいるそうで、家が浸水したらしいのです。

暑さと泥の掃除で年老いた親戚などはとても大変だということで、一体政府は何をやっているのか、他人事みたいな安倍や自民党は本当にこりごりだとこぼしていました。

もう一人のお客さんは近所の常連さんらしく、親父と話し込んでいるのですが、聞こえてきたのが

「安倍の支持率が上がったとニュースで言っていたけど、いったい誰があんな滅茶苦茶な政権を支持しているのか、さっぱりわからん。日本人はどうも馬鹿が増えたようだ」と憤慨していました。

散髪屋の親父が還暦過ぎの私と同じぐらい、ご近所の常連さんは80過ぎぐらいの爺さんです。

いつもこのブログで安倍でんでん悪徳・犯罪一味の批判をしている私としては、うれしくなり
「でもどうも安倍を支持しているのが若い連中と60歳以上の我々世代の年配者だということですが、どう思います?」
と話を振ると

「そんなわけないじゃない!年金は減るし、死ぬまで働け!みたいな法律も作って、アメリカに文句の一つも言えない安倍なんかとっとやめるべきだ。私の周りでも昔はやっぱり何だかんだ自民党だと思っている連中が多かったけど、いつまでたっても不景気だし、第一物価が上がって母ちゃんもブウブウ文句ばかりだよ。今時安倍政権を批判している年寄りは結構多いはずだよ」とその80歳代の爺さんが吐き捨てるように話してくれました。

気になるのは西日本の豪雨で被害にあわれた人たちや捜索や土砂などの後片付けに追われる人たちの健康です。

まだまだ暑い日が続くから対策を急げ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


ところで、地震 雷 火事 親父といいますが、日本の場合雨も度を越す量が降ればとても怖い存在です。
改めてこの国の自然災害の頻度や被害の多さに驚いてしまいます。

名前だけは立派で仰々しい、国土強靭化政策は一体今はどうなっているのでしょうか?
一時は安倍の肝いりと言われながら、実態は功を奏していないように見えます。

またアベノミクスと謳った経済政策も一部の上場企業には減税による収益増加や我々の年金をじゃぶじゃぶ投入しているおかげで株もあがり恩恵を被っているようですが、一般の国民には生活必需品や食料などの物価が上がるのに、給料は上がらずどんどん疲弊し貧困化が進んでいます。

今回の西日本の災害時に議員会館で酒宴を開催したアホな連中と盛り上がっていたことがバレ、非難が殺到したせいで、国会追求から逃げるためのヨーロッパ外遊をやっと取りやめたようです。

国民の生活や将来を一顧だにしない、その感覚はもはや尋常ではありません。

やはりどんなことをやってもメディアがいつも支持率を上げてくれ、しかも投票もどうとでもなる、と考えているから平気なのかもしれません。

安倍だけでなくこの酒宴に参加した自民党の連中が次回の選挙でも落選しないのであればネットではかなり指摘されている不正選挙を疑うしかないのかもしれませんが、皆さんは如何でしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 11:02| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

この男、鬼畜につき!

この男、鬼畜につき!


西日本での猛烈な雨による被害が報告されています。

6日の7時のNHKニュースでは繰り返し未曽有の雨による土砂崩れや川の氾濫の可能性に注意するように報道していました。

そのため最近お気に入りの番組「チコちゃんに叱られる」の放送が中止になりました。
かなりな天候なのかと思うほどニュースは危険を知らせていました。

しかし奇妙なのは映像で激しい雨の様子は放送されず、官邸にも対策本部が設置されず、民放ではほとんどこの件についてニュースでとりあげていませんでしたから、NHKの緊急の放送に何かとても違和感を覚えました。

その後は西日本各地での被害が川の氾濫や土砂につぶされた家などの映像とともにニュースになっていました。とても多くの死者と行方不明の方々が出たと報じていました。

不思議なのは非常に狭いピンポイントの地域で1000ミリを超える集中豪雨があったようで、何か異様な感じがして気味が悪くなりました。

まるで人工的な豪雨のようで嫌な感じがしたのです。

人間、一度その人間を悪と思い定め、疑いだすと、すべての悪事や不幸はその人間によって引き起こされたかのように思ってしまいます。

BBCでも詩織さん強姦男を無罪にした安倍の異様性を報道したよね!とぷんぷん

IMG_0046.JPG


以前安倍でんでんが森友・加計事件で窮地に立つと、まるで事前にカリアゲ君と相談していたかのように北からミサイルが発射され、メディア空間はこの話題で占められ、選挙になると突然台風がやってきて自民党に有利なように選挙民の足を止めました。

昔ソビエトとアメリカは気象兵器の使用を禁止したと聞いています。
つい、今回の西日本の局地的な大雨もそのたぐいの仕業かと勘繰りたくなります。

国民に嘘やねつ造や隠ぺいの限りをやり続ける安倍でんでん悪徳・犯罪一味ですが、毎回自分たちは安全な場所で、「適切に」とか「最優先で」とか見栄を張るだけで何も国民のために自ら先頭に立って行動を起こしたことはありません。拉致問題もそうです。
今回の西日本の災害に対してもNHKが危険宣言を7時のニュースを特番にしてまで呼びかけたにも関わらず、何の対策も準備もしていなかったことがバレ、ネットでは非難されています。

ネットでは「極めて深刻な事態なのに閣僚会議はたった15分、緊急対策本部も設置せずとは一体何を考えているのか!」と非難ごうごうです。

北のミサイルの危機をあおり、身を守るのにもあきれた子供だましの頭を手で抱えるしぐさ指導や役立たたずのJアラートを発動させて通勤ラッシュのサラリーマンを困らせることには熱心でした。

しかし多くの死者や行方不明がでている今回の豪雨に対して対策本部さえ設置しないとは以前も書きましたが国民の敵となった安倍でんでん悪徳・犯罪一味の正体とは!やはり安倍という男は鬼畜以外の何物でもなく、彼の出自や政治家としての本当の目的を白日の下にさらす必要があるのではないでしょうか?

なぜなら彼は日本人を憎んでいる、日本を壊そうとしている、としか思えないからです。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:12| Comment(2) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

不正義の象徴 検察や司法の検挙する事件や死刑執行は何を意味するの?

不正義の象徴 検察や司法の検挙する事件や死刑執行は何を意味するのか?


昨日文部科学省の局長が息子の医科大学への不正入学をお願いし、その代わりに大学に便宜を図ったという事件が大きく報道されていました。

そしたら今度はあのオーム真理教の主犯麻原彰晃はじめ他6名が死刑施行された、というニュースがながれ、テレビ各局は特番を組んでいます。

頑張ったサムライブルーのニュースは数少ない明るいニュースでしたが、それ以外は日大アメフト事件や高校のハンドボール部の悪質ラフプレイなどが情報空間を占領していました。

「ほかに重要な国内政治のニュースがあるだろう!」と突っ込みを入れたくなるほど、森友・加計事件についてまったく報道していません。

そして森友・加計学事件がらみの罪務省による一連の公文書書き換え、隠蔽、改ざん犯罪にかかわった高給厄人たちは全員不起訴にした検察が、今回はどういうわけか電光石火の早業で文部科学省の役人を検挙しています。

報道で知る限りではこの局長は息子の不正入学の見返りに大学に便宜を図ったということです。事実なら決して許されることではありません。

しかし収賄であるなら、安倍でんでんも昔からの友人である加計学園理事長へ便宜を図り、その見返りのゴルフや接待など年間1億円はくだらないとされる供与を受けているのですから、同罪なのにいまだに総理大臣席でふんぞり返っています。

旧聞ですがバリバリの安倍でんでん悪徳・犯罪一味で安倍の右腕といわれている甘利などもURの件では仮病で逃げまくりましたが同罪です。

なぜこうも悪い連中が跋扈する国なのか!とぷんぷん

ぷんぷん31日3.jpg



子供から
「どうして同じ罪なのに捕まる人とそうでない人がいるの?」
「なぜ?」と質問された大人は何と答えればいいのでしょう?

「持つべき友はクロをシロにできる権力者なんだよ、大人になればわかるよ」ですかねえ〜

また、今日のニュースのオーム真理教の主犯たちの死刑執行も私には唐突感が否めません。なぜ今日なのか?

刑の執行を下した法務大臣は、理由については答えられない、といったそうです。
なぜ答えられないのか?

???ばっかりです。

森友・加計事件ニュースを隠すいつものスピン対策なのか、それとも国民には知られたくない何かほかの悪だくみを隠し、進行させているのではないかと、勘繰りたくなります。

毎度のことであきれますが、日本には国民サイドに立ったジャーナリズムがNHKはじめ大手メディアでは全くと言っていいほど発揮されませんね。

せっかくサムライブルー西野ジャパンの活躍に酔いしれていたのも束の間、我が国のメディアや政治の堕落ぶりを思い出し、冷や水を浴びせられた今日でした。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:12| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする