2018年09月28日

大手メディアはいつまで宙ぶらりんを続けるのか?

大手メディアはいつまで宙ぶらりんを続けるのか?


これまで安倍でんでん及びその配下の悪徳・犯罪一味の肩を持ってきた、お仲間の大手メディアの連中が先日の自民党総裁選では目を疑うほど、でんでんを批判していました。

そろそろ大手メディアもでんでん及びその背後にいるアメリカ奥の院やヨーロッパのお歴々の凋落に気づき、その呪縛から解きはなたれ始めたのか、と喜んでいました。しかし一方で死なばもろとものお仲間メディアもいるのでしょうね。

先日はトランプ大統領のご機嫌伺に行ったでんでんの国連での演説を聞くまばらな出席者という状態は、不人気というよりも相手にされていない様子などについては、一切報道されていません。

しかし笑ったのは、最近目につくようになった何とかニュースジャパン、たぶんセコイ経産相の配下のネットニュースなのでしょうが

「安倍首相が国連総会で一般討論演説を行い、北朝鮮の核、ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の早期解決、さらには自由で公正な貿易の重要性を、国際社会に訴えました。
演説が終わった後、出口には、たくさんの国々の方々が私を待っていてくださり、一人ひとりご挨拶をさせていただきました。」との記事を流し、出口ででんでんを待つ人達の写真を載せていました。

疑えばきりがありませんが、アメリカの人材派遣会社か売れない役者を動員して並ばせ写真を撮ったのではないかと思ってしまい、思わず笑ってしまいました。
各国の人たちが出待ちするぐらいなら、なぜ国連総会会場に人がまばらなのかわかりませんよね。

しかもこの記事への反響として、読むのが恥ずかしいほどのでんでんへの称賛コメントの数々、
たぶんこれらも仕込みでしょう。
これらの費用が我々の税金から出ていると考えると、怒りを通り越してうんざりです。

鵺のような大手メディアはいい加減にせい!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0151.JPG


また昨日の日刊ゲンダイには

「安倍首相が米国に差し出す農産物 受ける打撃は2兆円規模」という記事がありました。
 
茂木経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部代表による日米貿易協議が、米ニューヨークで開催されたようなのですが、茂木大臣は「大きな方向については一致した」と曖昧な発言しかせず、詳細は同27日未明の日米首脳会談後に公表するらしいのです。

記事では

「 日米貿易協議について安倍政権はこれまで、「農業分野ではこれ以上妥協できない」「自動車の追加関税は適用除外を求める」「2国間FTAではなく、米国のTPP復帰を促す」と主張してきた。しかし、中間選挙を前にして、対日貿易赤字削減で目に見える成果が欲しいトランプは強硬だ。」と報じています。

また「トランプ大統領はツイッターで『米国は日本を助けるために多くのことをしているのだから、もっと互恵的な関係を築きたい』とつぶやいた。意味するところは、『北朝鮮の拉致問題で金正恩委員長に伝言したりするなど散々、協力してやったのだから、今度は安倍首相が私(トランプ)に協力する番だ』ということ。米国は、対中貿易戦争の結果、中国に買ってもらえなくなる大豆などの穀物類を日本が肩代わりするよう要求してきています」(自民党関係者)」
と報道していました。

トランプ大統領からきっと

「お前は私の敵の丁稚だよな。私はお前のボスたちと対峙しているのに一体何を私に期待しているのか?私たちが仲がいいと日本メディアで流してほしいだけだろ。よくもまあ国民を騙して総理大臣なんかやっているな。
しかし表向きの立場もあるから今はお前を罵倒しない。その代わりに今度の中間選挙前に農産物をそれなりの規模で買え!」とかなんとか恫喝されたのだと思います。

中国との貿易戦争が激化しているトランプ米国、どんだけでんでんは保身のために、アメリカンファーストに精を出し、日本の農業をこれから犠牲にしていくのか、それとも自動車関係なのか?

どちらにしても「外交の安倍」とヨイショしてきた大手メディアはまだまだ国民に背き嘘やねつ造を垂れ流し続けるのでしょうかね、はああ。。。
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 17:55| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

メディア論調の変化?いよいよトランプ大統領により悪魔たちの正体が晒されるのか?

メディア論調の変化?いよいよトランプ大統領により悪魔たちの正体が晒されるのか?


様々な売国活動としてアメリカ奥の院の指示で戦争を代行できるようにしたり、国の天然資源である水を売りとばす算段をしたりと、もう数え切れないほど本当にひどい政権ですが、3期目のでんでんの狙いはずばり憲法改正ですよね。

あれだけ不正や嘘、ねつ造をやってもまた日本の総理大臣に就任できたのです。
私は本気で不正選挙を疑っています。

普通の人間ならこれだけ批判されれば、辞任するはずがその気がないのは、もはやここでやめたら刑務所行きしかない人間ですから、自分を守ってくれる、アメリカ奥の院の言われるままなのでしょうね。

もしかすると三期と言わずこのまま永久総裁を狙っているのかもしれません。

しかし頼みのアメリカ奥の院の悪業がトランプ大統領によりそろそろ表に暴露されようとしているようです。

トランプ大統領のご機嫌伺に早速行ったようですが、アメリカ奥の院の実態を確かめに行ったのが本当の狙いなのではないでしょうか。何しろ自分の後ろ盾がどうなるかで、でんでんの運命は天と地ですからね。

先日の日刊ゲンダイによりますと、「アメリカの有力紙が、司法省のナンバー2の副長官が去年、憲法の規定に基づきトランプ大統領の事実上の解任を周囲に提案していたと報じました。副長官は報道を否定していますが、メディアが大きく伝えていて、関心が集まっています。」とありました。

大統領の地位の継承について定めた憲法修正第25条では、副大統領と閣僚の過半数が「大統領が職務を行うことができない」と議会に通告した場合、副大統領が代わりに職務を行うと規定されているようなのです。

さらに日刊ゲンダイによりますと、大統領解任の提案があったのは、あのでっち上げのロシア疑惑の捜査にあたっていたFBIのコミー長官がトランプ大統領に解任された時期と重なり、ローゼンスタイン副長官はことの次第に危機感を募らせていたようです。

日本でも同様の危機感にさいなまれている安倍でんでん悪徳・犯罪一味の連中がいることでしょう。

ざまーみろ!とぷんぷん

OWNER-PC - IMG_0035.JPG


ローゼンスタイン副長官は報道内容を否定する声明を出した様なのですが、今回の報道をきっかけ多くの主要メディアが伝えて関心が集り、波紋が広がっているということで、何やら日本のメディアの変調もこの動きに連動しているように思えます。

トランプ大統領は「司法省やFBIで明らかになりつつあることを見てみよう。司法省の人々は大半がすばらしい人だが、悪い人もいる。消えない悪臭は取り除かれるだろう」と批判したらしいのですが、私にはなにやら余裕のコメントに感じられました。

また、同時にいかにも旧聞に過ぎないスキャンダルを出してまで最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏の新たな性的不品行疑惑をフェイクニュース筋が書き立てたとありました。

今頃になって学生時代にカバノー氏からわいせつな行為をされたとする女性が登場したようなのですが、きっとこれもヤラセです。彼らの狙いは次期最高裁判候補を貶め、なき者にしようとしているのです。
これらのなりふり構わぬ行動を見るにつけ、自分たちが行ってきた悪事をばらされないように躍起になっているアメリカ奥の院たちの焦りが目に見えるようです。

ブレット・カバノー氏が最高裁判事になればFBIやCIAが抵抗している様々な文書をオープンにするようにトランプ大統領が命じることが可能になるので死に物狂いで抵抗しているのだと推察できます。

先日も書きましたが、今回の自民党の総裁選前に、あの読売の橋本ゴロツキが突然でんでんに厳しい質問をしたことに触れましたが、他のでんでんをヨイショしていたメディアの連中も同様なのは、いよいよそんな慶事が近いのかもしれず、わが身可愛さのフェイクニュースの連中の手のひら返しなのではないかと勘ぐっています。

トランプ大統領がどこまでやるのか、またそれ相応の身の安全を担保するためにいろいろ交渉するのでしょうが、アメリカ奥の院のメンバーである民主党のクリントンおばさんや旦那、さらには共和党のブッシュなどの悪事が表ざたになり、逮捕までされる事態になったら、いくらNHKやほかの大手国内メディアでもごまかすことができません。

その日がいつ来るのか、早ければ年内という話もあります。
もしそうであれば、来年そうそういい正月を迎えられそうですが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 18:49| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

茶封筒より薄っぺらい安倍の応援に行く人々

茶封筒より薄っぺらい安倍の応援に行く人々


自民党総裁選は、安倍でんでんが3選を決め、また首相になりました。

本当にうんざりですが、対抗の石破氏が善戦したとメディアは報じています。
次を狙うと石破氏はコメントを出したようですが、やはりいまだに同じ穴の貉の気がしていますので、もうどうでもいいような投げやりな気持ちなのが正直なところです。

しかし今回の総裁選で気になったのが、どういう風の吹き回しか、多くのメディアが安倍批判を行ったことです。

あの安倍でんでんのちょうちん持ちの読売の橋本ゴロツキが記者会見で厳しく追及したとか。
私にしてみれば何をいまさら!との思いが強いのですが、何か大きな変化が起きているのでしょうか?

もしかするとやっとアメリカ奥の院の影響力が衰え、世界の権力構造がトランプ大統領、プーチン大統領、そして習近平主席に移行する中、変わり身の早いメディアの連中が時代の趨勢に乗っかり始めたのかもしれません。

まあ、これはいい傾向で、今回の総裁選で唯一明るい兆しのように感じました。

今回の総裁選の結果を見ると、安倍陣営は当初目標として「党員票の7割を獲得する」と掲げていたようなのですが、安倍でんでんを選んだ党員票の結果は55.3%(224票)で石破茂氏は予想に反して44.7%(181票)も獲得し、地方で善戦したそうです。

しかしこの数字が本当だとはいまだに信じられません。
現政権を支える自民党員でもよほどの利権関係者でなければ、安倍の政治がやってきたことはいずれ自分や子供の首を絞めることはわかるはずです。ですからもっと石破氏への票が入ってもおかしくないと感じてしまいました。

本当の数字だとしたらやはりよほどの馬鹿か日本に恨みを持つ偽日本人が自民党員の正体だとしか思えません。

軒を貸して母屋を取られる!とぷんぷん

IMG_0095.JPG


ニュースサイトのリテラによりますと、秋葉原での安倍でんでんの演説会では「安倍辞めろ!」とコールしていた市民の前にでんでん応援のぼりが乱立し、でんでんに抗議する人たちの姿を隠そうと動員された人たちで遮られていたそうです。

テレビのリポーターが、年配のグループに声をかけると

「動員がかかっているんだよ(笑)。大変だよ。川崎から来たんだから(笑)」
「1万人、最低集めなきゃいけないんだから」
という答えが返ってきたようです。

さらには街頭演説会の参加者に対し「茶封筒」が配られる様子がテレビに映し出されていたそうです。

演説会の終了後、参加者らは安倍陣営のテーマカラーである赤色の布をある男に返却したあとそばの女が参加者に茶封筒を渡していたということです。

一体いくらもらったのか、自民党の末端の支持者、党員などというのは自分の将来にかかわる総裁選なのに、薄っぺらい茶封筒一枚で喜んで参加する連中なのですね。

こういうことがテレビで放映されることへの危機感とか全くない政党なのです。
隠すことすらしない、堂々と金で人を動かすことに何ら恥ずることのない政党だからできるのですね。

安倍でんでんを支えている、茶封筒より薄っぺらい考えの人たちはもうすでに日本人としての矜持も責任も放棄した、立派な似非日本人だと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?
ご訪問ありがとうございます!!
「クリックしていただけると励みになります!!」



posted by ぷんぷん at 19:08| Comment(0) | 権力とメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする